プロミスの審査は他社借入があるとどう影響するのか

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスは他社借り入れがあっても審査に通るのか。すでに他社からお金を借りている人にとって気がかりですよね。

審査に通らなければお金を借りることができない。それは分かっていても、プロミスに申し込む場合は、他社借入がどの程度審査に影響するのか心配している人のためにご説明します。

この記事はこんな人におすすめ
  • 他社借り入れはプロミスの審査に影響があるのか
  • プロミスから借りるには収入証明書が必要なのか
  • プロミスの審査に通るポイント

以上の疑問や質問を持っているなら、ぜひ今回の記事をお読みください。きっと解決の糸口になるでしょう。

なお記事を読み終えるまでの時間は5分から10分です。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

プロミスは他社借入があっても借りれる!

プロミスは他社借入があってもOK

他社借り入れがあったらプロミスの審査で落ちてしまう、と考えていませんか?

他の消費者金融ですでに借りているのだから、プロミスの審査に通らないだろうと諦める必要はありません。

まずはっきりさせておきたいのが、

  • プロミスは他社借り入れがあっても借りれる

ことです。

もちろん審査に通るためには、他社借り入れ以外にもいろいろな条件がありますが、審査は何も他社借り入れだけではない、と認識しておく必要があります。

総量規制が審査のポイント

プロミスは総量規制対象なのが重要

押さえておかなければいけない知識として、プロミスの貸付は総量規制対象であるということです。

総量規制とは、貸金業者が個人に対して貸付できる上限額を定めたもので、上限額は年収の1/3までとなっています。

具体例を挙げれば、

  • 年収300万円なら100万円
  • 年収600万円なら200万円

が総量規制枠です。

つまり他社借入があっても、総量規制枠に達していなければ審査に通る可能性が残されているのです。

逆に他社借入が既に総量規制枠に達しているか、または総量規制のギリギリになっている場合は、審査に落ちてしまう確率が高くなってしまいます。

プロミスに申し込む場合、審査に落ちないためにも必ず押さえておきたいのが、年収に対して他社借入が1/3未満になっていること。

これが審査に通るための最低条件です。

そもそものプロミス申し込みの条件

つまり、基本的にプロミスは他社借入があるからといって、必ずしも申し込みができないことはありません。

それはプロミスの公式サイトを見てもわかるように、申込対象者は以下の条件を満たしている人であるからです。

  • 年齢が20歳以上69歳以下
  • 継続安定した収入がある
  • パート収入やアルバイト収入でも申し込み可能

借入申込できる人は、以上3点を満たした人がプロミスに申し込めるわけであって、他社借入を理由に申し込みを断られることはないのです。

プロミスの申込条件には、他社借り入れについては含まれていませんね。

ただし審査に通るかどうかは別の問題です。

実際に、他社借入があっても審査に通る人、他社借入があったために審査に落ちてしまった人が存在します。

しかし前項でご紹介した「総量規制」の知識をきちんと持っておかないと、どのような借金が総量規制対象となるのか(他社借り入れとなるのか)の判断が難しいですね。

総量規制と聞くと、なんか難しそうだな、と感じる人も多いかもしれません。

次項では、総量規制についてわかりやすくご説明していきたいと思います。

関連記事をチェック!

9361view

2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

「すでに銀行や消費者金融のカードローンで借り入れしているけど、お金が足りなくてもう少し借り入れがしたい。」 この記事を読んでいるのはそういう人だと思います。 「他社借入があると、審査に通らないって...

総量規制の対象になる他社借入とは

他社借入の総量規制対象の貸付とは

同じ借金でも、総量規制に含まれる他社借入と、総量規制に含まれない他社借り入れながあります。

またこれは他社借り入れに含まれる借金なのかな?と、判断しにくいものもありますね。

  • クレジットカードの利用料金
  • ショッピングリボの利用残高
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン

など、一般的によく利用されている各種ローンについて、及びショッピングのリボ払いや、分割払いなどは借金に含まれるのか、他社借り入れに含まれるのか、金融知識がないと判別しにくい分野です。

では総量規制の対象となる他社借り入れには、どのように借金が含まれるのか見ていきましょう。

対象は消費者金融やクレジットカードのキャッシング

他社借入に含まれる総量規制対象貸付とは、消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンクが、個人向けに融資している貸付のことです。

クレジットカード会社の融資とは、クレジットカードによるキャッシング、及びクレジットカード会社が商品化しているカードローンです。

なおショッピングの利用分は、一括払いでも分割払いでも、またはリボ払いでも他社借り入れには含まれませんし、それらの残高は総量規制の対象にはなりません。

アコムやアイフルのおまとめローンも総量規制の対象

総量規制を超える借金をまとめられる、アコムやアイフルのおまとめローンを利用していると、プロミスの審査に影響があるのか心配になりますね。

ここでも考えなければいけないのが、おまとめローンでいくらまとめたのか、その金額です。

当然ながら消費者金融のおまとめローンは、他社借り入れとして総量規制の対象です。

おまとめローンで借り換えした金額が、年収の1/3に達していれば、その時点で総量規制オーバーとなり、プロミスの審査を受けても通りません。

しかし年収が多く、おまとめローンの金額も総量規制の範囲内であれば、審査に通る可能性も出てくるでしょう。

銀行ローンは総量規制の対象外

したがって銀行による貸付は総量規制の対象とはなりません。

銀行の貸付商品には様々なものがありますね。

例えば、

  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 目的ローン
  • フリーローン
  • 自動車ローンなど

以上のような、銀行が融資している各種ローンについては、総量規制の対象外となります。

銀行の貸付は貸金業法ではなく、銀行法によって定められているためです。

関連記事をチェック!

131view

プロミスの目的ローンに総量規制は適用される?

プロミスには、利用目的に応じた借り入れ方法があります。 一般的なフリーキャッシングなどの他に、目的に応じた金額を利用できる『目的ローン』という商品も利用できます。 目的ローンは、必要以上の...

他社借入に銀行カードローンは含む?

もちろん銀行カードローンも、銀行貸付になりますので総量規制対象貸付ではありません。

よって、プロミスに申し込む場合は、銀行が貸付しているカードローンの借金があっても、年収の1/3に含まれる借金とはなりません。

具体的に言えば、年収300万円で銀行カードローンを50万円借りていたとしても、プロミス側では総量規制にカウントしませんので、総量規制対象となる借金額はゼロと考えます。

他にも総量規制に含まれないものとして主なものをあげると、

  • 自動車のディーラーローン
  • クレジットカード会社によるオートローン
  • クレジットカード会社のショッピング利用分
  • 不動産などの有担保貸付
  • ショッピングクレジットなど

上記の通り、何気なく私たちが使っている各種ローンについても、総量規制に含まれません。

総量規制対象貸付以外の借金は、プロミスに申し込む場合の申込書に記入する必要もありません。

しかし借入申込書の入力フォームに、銀行借入分についても記入してください、との注意書きがあった場合は、 必ず記入するようにしましょう。

あくまでも、銀行以外のノンバンクから、無担保無保証で借入している借金額が、年収の1/3未満になっていれば問題はないのです。

関連記事をチェック!

6070view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

他社借入があると収入証明が必要?

他社借入があると収入証明が必要?

次に他社借り入れがある状態でプロミスに申し込む場合、収入証明書が必要になるのか、ですよね。

結論から言えば、収入証明書は必ずしも必要ではないけれども、条件によっては収入証明書の提出が不可欠となる場合があります。

またはプロミスの審査の内容によって、審査担当者が「収入証明書が必要だな」と判断すれば、条件に関わらず収入証明書は提出しなければなりません。

どのような場合に収入証明書を提出しなければならないのか、知っておきたい情報としてご説明して行きたいと思います。

関連記事をチェック!

5113view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

関連記事をチェック!

186view

総量規制で年収証明書の提出が必要となる条件は?

カードローンなどで借入する時に無視できないのが総量規制です。 総量規制で定める借入可能額は年収で異なるため、年収証明書の提出が必要になりますが、年収証明書が不要で借入できることもあります。 年収証...

他社借入との合計が100万円になるかがポイント

他社借入があってプロミスに申し込む場合は、既存借入額との合計がいくらになっているのか注意しなければなりません。

基本的に、他社借入額との合計が100万円を超える場合は、収入証明書を提出しなければなりません。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

など、直近の収入を証明する書類を用意しておきましょう。

この際基準となる他社借入金額との合計100万円について、

  • プロミスの借り入れ額+他社借入残高=100万円以上となるか

を考えておきましょう。

また、他社借入金額との合計額が100万円に満たない場合でも、プロミスの借り入れ金額が50万円を超える場合は、収入証明書を提出しなければなりません。

及び、審査担当者が借入申込者の返済能力を確認するために、収入証明書の提出を求める場合があります。

たとえ収入証明書を提出しなければならない条件でないにしても、事前に収入証明書を用意しておくことでスムーズに申し込みができるというものですね。

年収の水増しはNG

プロミスに申し込む際に、申込書にある年収額を水増しするようなことをしてしまうと、借金の総額が総量規制枠内だったとしても審査に落ちてしまうことがよくあります。

本当の年収は300万円なのに、400万円と書くことで、総量規制枠を広げよう、その方が審査に通るのではないか、と思う人が少なくないようです。

年収を水増ししても、信用情報機関に登録されている個人信用情報を見れば、他の金融機関が入力した直近の年収が分かってしまいます。

またプロミスでも、過去の顧客データを持っているため、このくらいの規模の会社で、この年齢なら年収がどのくらいになるのか、を推測することもできるわけです。

虚偽の申告はプロミスにかかわらず金融機関にとって重要なことです。

申込書に嘘を書いてしまうと、「信用のおけない人」とされてしまい、審査に落ちてしまうことがあるのです。

また収入証明書を提出することで本当の年収が分かってしまい、プロミスの申込書に書いた年収と食い違いが出てきます。

正直に年収を書いても他社借入額が総量規制枠内であれば、わざわざ審査に落とされるような年収の水増しはやめておきたいですね。

他社借入のせいでプロミスで借りれるか心配なら

他社借り入れがあってもプロミスで借りられるかな?、と心配になったら試してみたいことがいくつかあります。

まずは現在の借金額が総量規制の範囲内であるかどうか、これは自分でも判断できますよね。

あくまでも他社借り入れがあっても、総量規制内に収まっていることを確認した上で、プロミスの公式サイトにある Web ツールを使って再確認するのも良い方法です。

簡単入力のお借入シュミレーションで借り入れ可能額をチェック

プロミスの公式サイトには、三つの項目を入力するだけで借り入れ可能かどうか結果が分かります。

ただし信用情報機関を利用しての審査ではありません。

ですからシミュレーションツールを使って、借入 OK となっても実際に審査したら落ちてしまうことを理解しておきましょう。

入力する項目は、

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社借入金額

以上です。

プロミスではクレジットカードのショッピング利用代金と、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンの借入額については入力する必要はありません。

入力後に「シミュレーション実行」をクリックするだけで、総量規制の範囲内に収まっているかどうか分かる仕組みです。

シミュレーションを実行しても、申込情報にはカウントされません。信用情報機関には何も登録されませんので、試しにやってみると良いですね。

以下のリンクはプロミスの公式サイトです。ぜひご活用ください。

お借入シミュレーション

プロミスのカードローンの返済シュミレーター

プロミスに申込前に、返済シミュレーションを使って返済計画を立てることが可能です。

用意されているツールは、

  • 返済金額シミュレーション
  • 返済期間シミュレーション
  • 借入可能額シミュレーション

以上三つのシミュレーションです。

◆返済金額シミュレーションとは、借入希望金額と返済期間を入力すると、毎月いくら返済していくのか金額をシミュレーションしてくれます。

借入希望額返済期間借入利率
〇〇万円〇〇カ月17.8%

以下はプロミスの公式サイトのリンクです。無理のない返済金額を計算するために利用したいですね。

返済金額シミュレーション

◆返済期間シミュレーションとは、借入希望金額と返済期間を入力するだけで、借りた金額を返済するのにどのくらいの期間が必要なのか、シミュレーション可能です。

借入希望額毎月の返済額借入利率
〇〇万円〇〇円17.8%

以下はプロミスの公式サイトのリンクです。借金を完済するのにどのくらい期間がかかるのか、確認することはライフ設計によっても違ってきますね。

ですからライフプランに合わせた借入ができるかどうか確認してみましょう。

◆返済期間シミュレーション

借入可能額シミュレーションは、毎月の返済金額と、返済期間を入力すると、いくらまで借りられるのか、借入可能額を算出してくれます。

毎月の返済額返済期間借入利率
〇〇円 〇〇カ月17.8%

以下はプロミスの公式サイトのリンクです。収入から生活に必要なお金を差し引き、いくら残るのかを計算した後、無理のない範囲内で借金返済ができるかどうか判断できますね。

借入可能額シミュレーション

各種ツールを利用して、自分の収入に見合った返済計画を必ず立てるようにしましょう。

他社への返済実績は審査へのメリットにもなる

他社借り入れがあってプロミスから借りれるか心配、という以外に、逆に他社借り入れがあることでプロミスの審査に有利に働くことがあります。

簡単に言えば他社借入の返済実績が良ければ、プロミスの審査に通りやすくなるということです。

その理由は、お金を貸す際に本当に返済してくれるかどうか、お金を貸すプロミスにとっては重要な問題ですよね。

そこで他社借入の返済状況を見れば、毎月きちんと返済しているかどうかが、個人信用情報によってわかるのです。

他社借入を返済滞納することなく、また借入残高が順調に減っていることで、返済能力に余裕があるな、と審査担当者は思うでしょう。

返済能力に余裕があれば、プロミスとしては契約しても滞納する恐れがないと判断できるわけです。

当然ながら他社への返済実績は、カードローンだけでなくクレジットカードや信販会社のショッピングローンなども含まれます。

また携帯電話端末機器代を含んだ、携帯電話料金の支払い状況も返済実績になります。

良い他社への返済実績によって、プロミスの審査に有利になれば他社借り入れがネガティブに判断されることはありません。

関連記事をチェック!

196view

プロミスは返済中に借り入れ可能

プロミスでは、返済中に借り入れすることを追加融資と言います。 すでにプロミスの審査に通り利用している人なら、審査することなく利用限度額の範囲内で、返済途中でも借り入れが可能です。 なお、返済中に借...

プロミスは返済中に借り入れ可能

他社借入があるときのプロミス審査のポイント

他社借り入れがあるときの審査のポイントについて、注意したい点が四つほどあります。

  • 他社借入が年収の三分の一を超えていないか
  • 他社借入の件数は3件以内か
  • 他社借入の返済を延滞していないか
  • まわし返済でないか

どの項目も、プロミスの審査において重要な項目です。必ず目を通し、審査に通るかどうかの判断材料にしてください。

他社借入が年収の三分の一を超えていないか

今までのご説明の通り、他社借り入れがあってプロミスの審査に通るためには、現在の借金残高が年収の1/3を超えていないかどうか、が最も重要です。

信用情報の各項目が良好でも、年収がいくら多くても、すでに借りている借金額が総量規制オーバーしていたのでは審査には通りません。

法律によって年収の1/3を超えて貸付してはいけないと定められているからです。

他社の借入件数は3件以内か

他社借入件数は3件以内にする

他社借入金額の他に、他社借入件数もプロミスの審査に影響を与えます。

審査に通過するためには他社借入件数は多くても3件以内、できれば2件以内が条件です。

他社借入があるのにプロミスに申し込む理由は何なのでしょうか。申込件数をやたらと増やしてしまうと多重債務になってしまいますね。

多重債務は返済の滞納を引き起こしてしまう確率が高く、最悪貸し倒れとなってしまう引き金になってしまいます。

できることなら新たにプロミスに申し込むことなく、現在借りているカードローンの利用限度額を増額すれば解決できることです。

プロミスは考えるでしょう。他社カードローンの利用限度額を増額することができなかったから申し込んできたのだ、と。

利用限度額の増額ができないほど信用力がないのか、と思われてしまうとかなり生活に困っているのではないか、返済するのも大変な状況なのではないかと判断するわけです。


関連記事をチェック!

3422view

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。 銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共...

他社借入の返済を延滞していないか

他社借入の返済滞納がないこと

プロミスの審査に通るには他社借入があっても、既にご説明のように、条件を満たしていれば審査に通る確率は高くなります。

しかし他社借入の返済状況が悪いと、総量規制や他社借入件数の条件を満たしていても審査に通るのはかなり難しくなります。

3カ月以上の長期延滞とならないまでも、毎月のように返済期日に遅れてしまうのは審査に良い影響を与えません。

プロミスにとって重要なのは、お金を貸しても毎月きちんと返済してくれるかどうかです。

返済期日に遅れるのは家計収支が悪化していることを表します。

家計収支が悪化していれば、返済の遅れが生じ、次第に長期間になってしまうことを予想するのに難しくありません。

返済遅れは最終的に債務不履行となる前兆と考えます。

プロミスに申し込む場合は少なくても、直近1年以内に返済期日に遅れることなく支払っていることが審査に通るためには必要なことです。

関連記事をチェック!

2183view

他社返済滞納中でもおまとめローンなら利用可能?

ローンの返済を滞納していると、返済額も大きくなりますが、何より精神的に追い詰められていくでしょう。 1回の返済を終えても、またすぐに次回の返済があり、常に金策に奔走しなくてはなりません。 複数の借...

まわし返済でないか

審査に通らないまわし返済

他社借入があっても返済期日に遅れることなくきちんと支払っているのは、プロミスの審査に通過するには必要なことです。

しかしいくら返済期日をきちんと守っていたとしても、借金を借金で返すようなまわし返済を行っていると審査に通ることはありません。

まわし返済はすでに返済地獄に陥っている兆候だからです。

信用情報機関からデータを取得することで他社借入状況がわかります。

1、2回返済しただけで、利用限度額いっぱいまですぐに借りてしまうことを繰り返しているのは、まわし返済を行っていることを証明するようなものです。

まわし返済を行うと、カードローンの利用限度額を増額することはまず不可能です。

結局利用限度額を増額できないからプロミスに申し込んだのだ、となってしまいますね。

他社借入があってまわしし返済行っていると、審査に落ちる原因となります。

【重要】プロミスに他社借入はばれる

繰り返すようですが、大変重要なことですのでもう一度確認しておきましょう。

プロミスに申し込む際に他社借り入れについて、借入件数や金額を過少申告しても必ずバレます。

借入件数の過少申告は、他の金融機関からいくら借りているのか理解していないのではないか、とネガティブに判断されます。

何件借りているのか分からないほど、お金に困っているのかとなりますので、申し込みフォームに記入する際は正しい借入件数を入力してください。

また借り入れ金額についても同じことが言えます。

10万円程度の誤差であれば、それほど審査に影響がないとしても、50万円単位で他社借入金額を少なく書いてしまうのも、借金の管理ができていないと判断されてしまいます。

ではなぜ、他社借り入れについて虚偽の申告がばれてしまうのか、次の項でご説明したいと思います。

審査で信用情報を確認される

プロミスは契約する際に必ず審査を行います。

審査は信用情報機関から取得する個人信用情報に基づきます。

プロミスが加盟している信用情報機関は JICC と CIC の2箇所です。消費者金融やクレジットカード会社など、お金に関する契約を行っている業者は必ず信用情報機関に加盟しています。

そして金融機関は契約の内容を信用情報機関に登録しなければならない義務があります。

単に契約内容だけでなく、毎月の返済状況についても登録していますので、プロミスに借り入れを申し込めば必ず、他社借入について全て分かってしまうのです。

総量規制以上のお金を融資してもらいたいなら

他社借り入れがあってプロミスの審査に通らない、という状況にあるなら、それはおそらく総量規制以上に借金があるのではないでしょうか。

総量規制が年収の1/3と定められているのは、年収の1/3以上の借金があると返済が困難になるだろうと、推測できるからです。

これ以上借金を増やさないためにも、早急に手を打たなければ返済地獄や借金地獄になることは時間の問題ですね。

総量規制以上の借金があるんだよね、という場合は次の方法を試してみてください。

総量規制以上の借金をまとめるおまとめローン

年収の1/3以上ある借金は、年収によっては生活さえままならない状況を生み出すことでしょう。

次第に生活が苦しくなり、同時に借金返済も滞ってくる事態に発展しかねません。

そこで利用したいのがおまとめローンです。

プロミスでは貸金業法に基づくおまとめローンとして、300万円までの借金を一本化できる商品を用意してあります。

おまとめローンで借りることで、借金を一本化でき、借金返済の管理をラクにするものです。

ただし他社借り入れが滞納していたのでは、おまとめローンの審査に通るのは難しいでしょう。

返済困難となる前に、プロミスのおまとめローンで借金を一本化しましょう。

追加で借りるなら銀行カードローン

総量規制以上の借金があっても、生活する上で全く問題はないという場合は、銀行カードローンを利用するのも方法ですね。

銀行カードローンは銀行による貸付ですから、総量規制の対象ではありません。信用力や返済能力によっては年収の1/3を超えて借りることもできるでしょう。

ただしむやみに借金を増やすのは得策ではありませんね。

銀行カードローンを利用する場合は、他社借り入れを借り換えることを念頭に申し込みするのがベストです。

Q&A:プロミスと他社借入に関する5つの質問

最後に Q & A として、プロミスと他社借入れに関するよくある質問と回答を5つご紹介します。今さら他人には聞けない質問もあるかと思います。
ぜひ参考にして、プロミスの借り入れ審査に通るようにお役立てください。

①三井住友銀行カードローンで総量規制以上借りていてもプロミスで借りれる?
ほぼ不可能と考えてよいです。なぜなら三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミス( SMBC コンシューマーファイナンス)だからです。保証会社は銀行カードローンの会員が債務不履行になった場合に、借金全額を銀行に立て替えなければなりません。そこでプロミス自体でも融資してしまうと、万が一貸倒れになった場合、ダメージが大きくなってしまいますね。返済能力という点でも、すでに年収の1/3以上借りているなら返済能力なしと判断されてもおかしくはありません。
②住信SBIネット銀行で借りていてもプロミスの審査に通る?
銀行による貸付は総量規制対象外ですから、消費者金融であるプロミスとは総量規制を気にすることなく貸すことができます。ただしプロミスは返済能力のない人にはお金は貸しません。基本的に銀行カードローンで年収の1/3程度借りていると、これ以上の借金は返済能力無しと判断されてしまいます。よって住信 SBI ネット銀行からの借金が総量規制範囲内であれば、プロミスの審査にも通る可能性があります。
③他社借入って借り入れ残高をみられるの?それとも限度額?
正確にお答えすると、他社借り入れは現在の借入残高で計算します。ですから総量規制の範囲内かどうかは、あくまでも現在の借入残高の合計が、年収の1/3以内に収まっていればOKです。しかしお金を貸す側とすると、プロミスは総量規制対象貸付となるため、現在の借入残高の合計が総量規制の範囲内でも、他社借り入れを限度額いっぱいまで借りてしまうとプロミスが貸し出す余裕がなくなってしまいます。よって審査は、利用限度額の合計がいくらか、で判断されるのです。
④信販会社のショッピングやリボ払いの利用は他社借入に含まれる?
他社借り入れには含まれません。ショッピングの利用代金やショッピングのリボ払い残高は、割賦販売法に定められている基準であるため、キャッシングの法律である貸金業法には無関係なのです。しかしだからといって、お金を借りることによって生活が出来なくなったのでは意味がありません。お金を借りる場合はショッピング利用代金も借金の一部と考え、いくらまでなら生活に余裕があるのか計算してください。
⑤完済しているけど解約していないレイクALSAはプロミスの審査に影響する?
影響が出ると考えて良いです。解約していなければレイクALSAのカードはいつでも使える状態ですよね。単に現在の借金残高が0円になっているだけで、急に利用限度額まで借りられてもおかしくない状態です。ですからプロミスの審査に通るには、残高0円のカードローンも含めて、年収の1/3以内に収まっているかどうか確認してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。他社借り入れがあっても総量規制の範囲を超えていなければ、審査内容によってプロミスの借り入れ審査に通ることがわかりいただけたと思います。

また他社借り入れに含まれる借金や含まれない借金など、実はわかっているようで分かっていない借金もあることがご理解いただけたでしょう。

他社借り入れがあっても、返済状況が良ければ逆に審査に通りやすい場合もあるのです。

しかしいくら借金額が総量規制の範囲内だとしても、プロミスからお金を借りることによって、返済額が増えてしまい生活費が足りなくなるのでは本末転倒ですね。

借入する場合には、きちんと返済シミュレーションを立てることは言うまでもなく、毎月いくらが返済できるのか、利用計画を立ててから借入申し込みをしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談