専業主婦は他社借入があるとお金を借りられない?2社以上契約するには

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

収入がない専業主婦は借入をするのは無理だと考えている人がいるようですが、収入がない主婦でも借入をすることや、既にお金を借りている状況で他社借入をすることはできます。

専業主婦がお金を借りるときには、収入がないため多少条件がついてしまうことはありますが、借金をすることができますのでその方法を紹介します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

専業主婦が借入を制限されるのはなぜか?

専業主婦が借入を制限されるのはなぜか?

専業主婦は消費者金融から、お金を借りられないと思っている人も多いようです。しかし、消費者金融を規制している、貸金業法には配偶者の同意があればお金を借りることができるとされています。

したがって、本来であれば条件付きで、専業主婦もお金を借りることができるのです。そこで、消費者金融以外に目を向けてみると、銀行のカードローンは専業主婦でも借りられるところが存在します。

また、クレジットカードに付帯している、キャッシングの機能でも手軽にお金を借りることができます。

専業主婦でもお金を借りる方法は意外と見つかるものですが、そもそもなぜ専業主婦はお金を借りるのに制限があるのでしょうか。

その理由とともに、既にローンを使っている人が、新たに他社借り入れができるのかこれから解説をしていきます。

借金をしている人が他社からの借入は誰でもできるか

借金をしている人が他社からの借入は誰でもできるか

専業主婦に限らず、すでに借金をしている人が、別の金融機関から借入をすることは可能ですが。しかし、誰でも他社借入ができるわけではありません。

そこで、金融機関によって条件が様々ありますが、共通して重視されるポイントについて説明します。

多重債務者ではない

ローンのための審査に通るためには、多重債務者でないことが条件になります。多重債務者とは、複数の金融機関から借金をして月々の返済で、生活が困窮している人のことをいいます。

銀行などは審査が厳しいため3件以上の借入になると、審査が厳しくなる傾向があります。ただし多重債務者であっても、返済状況に問題がなく、公務員などの属性が良好な人は診査に通過できることもあります。専業主婦の場合は、配偶者の勤務先の属性が大事になります。

返済状況がよくない

現在借入をしている場合、ローンの返済状況が悪い場合は審査を通過しにくくなります。借金を約束どおりに返していないのに、さらにローンの申し込みをする人を信用はできないでしょう。

新たに借入を申し込みするときには、既存の借金の返済状況には気をつけて遅れないようにしてから借入を検討しましょう。

関連記事をチェック!

4122view

信用情報機関にクレジットカードやローンの滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損害金...

審査で不利になる条件

ここまで説明をしてきた他に、審査で不利になってしまう条件があります。そのひとつとして、借入の申し込み時に嘘の申告をすることです。

借入は金融機関から信頼されることが重要なので、嘘が悪質であると判断された場合は審査を通過することは不可能です。

また、過去5年間で携帯電話や家賃、ローンなどの支払いを滞納したことがある場合は審査で不利になります。

さらに、過去5年間で代位弁済をされたことがある場合、もしくは過去10年間に自己破産した経験がある場合も審査通過はまず難しいでしょう。

ここまで説明してきた条件にあてはまると、審査が不利になる可能性が非常に高いので気をつけましょう。

関連記事をチェック!

2794view

借り入れ審査に通る基準とは【銀行融資審査員が語る】

他社借入状況の嘘はバレることを知っておこう ローンの申込時には「他社借入金額と件数」を申告する欄がありますが、嘘は基本的にバレるものだと考えておきましょう。 審査には誰もが落ちたくないものです。 ...

専業主婦でも借入は可能か

専業主婦でも借入は可能か

専業主婦というのは収入がありません。借入には収入がどれだけあるかというのが大事なポイントになるため、収入が確実にある人よりは審査通過が厳しいところがあります。

しかし、専業主婦でも審査がとおりやすい金融機関や、審査基準など借入できる方法を紹介します。

専業主婦が審査を通過するためには

どのような立場の人にも共通することですが、借入の審査で基準になるのは「返済能力」です。自分自身に置き換えて考えると、貸したお金を返してくれないかもしれない相手にはお金を貸したくはないですね。

お金を借りる以上、きちんと返せるあてがなければ、審査に通ることは難しいです。専業主婦は自分には収入がないので、配偶者に安定した収入があり、融資の希望金額が高額にしないことに気をつければ審査に通る可能性があります。

専業主婦が他社借入をすることができるか

専業主婦でも借入することができる金融機関があることを説明しましたが、お金を既に借りていて他社借入をする場合はどうでしょうか。ここまで説明をしたとおり、借入が多いほど審査に通過するのは難しくなります。

2社程度であれば他社借入をすることはできますが、3社以上になるとかなり厳しくなるでしょう。専業主婦はパートなどをしているわけではなく、収入がゼロになりますので返済能力は配偶者に頼ることになります。

そのため、3社以上から借入をするのは、金融機関から見てリスクが高く、審査を通過するのが難しいでしょう。どうしても借入が必要な場合はパートや内職などをして、収入源を獲得するといいかもしれません。

関連記事をチェック!

2413view

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦は配偶者に安定した収入がある場合のみ、銀行カードローンから借り入れすることができます。 また、パート、アルバイトを経験した後、パート・アルバイト向けカードローンにて申込することも可能です...

カードローンを利用する

カードローンを利用する

専業主婦が借入をする場合、おすすめなのがカードローンです。消費者金融は条件が厳しいところが多く、大手消費者金融の「アコム」「プロミス」「アイフル」「SMBCモビット」などは申し込みができません。そこでおすすめなのが、銀行のカードローンになります。

カードローンをおすすめする理由

カードローンは限度額が定められていることが多く、金利が低いため専業主婦でも利用することができます。借入できる金額は30~50万円程度で、それ以上になると返済が厳しいと判断されているため借入をできないことがほとんどでしょう。

銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンよりも一般的に金利が低いため、家計をやりくりする専業主婦には特におすすめになります。

カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリットは、配偶者の同意が不要であり、配偶者に安定した収入があれば借入の申し込みができます。また、消費者金融に比べると、低金利で借り入れができます。

デメリットをあげると、専業主婦の場合は借入金額が制限されていることです。必要な借入金と限度額をよく確認してから借入を検討してください。

おすすめの金融機関

収入のない専業主婦が審査に通る金融機関は、専業主婦OKとしているカードローンを販売している銀行です。例えば、「三菱UFJ銀行」のバンクイックなどがあります。

「セブン銀行」「イオン銀行」のようにスーパーやコンビニが展開している銀行も専業主婦に借入をしてくれます。

関連記事をチェック!

172view

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は専業主婦でも利用可能?

テレビ窓口を利用すると、ローンカードをその場で受け取ることができるバンクイックは、家族に内緒で利用したい人には魅力的です。 自宅に郵送される書類がないので、カードローンに申し込んだことを知られたくな...

配偶者貸付の利用

配偶者貸付の利用

専業主婦が借入する場合には、配偶者の収入が必要になると話しました。先にも説明をしましたが、消費者金融からカードローンを借りるための制度として、配偶者貸付というものがあります。

配偶者貸付を利用するためには3の条件があり、ひとつは年収額を合算する2人が夫婦であること、専業主婦の場合は夫に安定した収入があること、そして配偶者の同意があることです。

配偶者貸付を利用できる消費者金融などで、一般的な必要書類は本人の確認書類、夫婦であることを証明する住民票や戸籍抄本、夫の同意書、夫の収入がわかる源泉徴収や確定申告などの証明書です。

配偶者貸付を行っている業者

配偶者貸付を行っている金融機関にはセディナや、レディースフタバなどがありますが、配偶者貸付を行っている消費者金融はとても少ないです。

なぜなら、配偶者貸付は通常の貸付と違い、必要な書類が多いため金融機関の業務量が増えてしまいます。そのため、顧客の多い大手消費者金融では、事務管理コストに見合った利益を見込めないのが、取り扱いをしていない大きな理由ではないでしょうか。

専業主婦のカードローン複数利用の可能性

専業主婦のカードローン複数利用の可能性

専業主婦だからカードローンの複数利用ができないということはありません。

基本的に複数のカードローン利用は可能でしょう。

しかし、問題となるのが審査です。

専業主婦は無収入であることが影響して、収入が安定している方と比べるとどうしても審査基準は高いハードルが設定されてしまいます。

申し込みは可能でしょうが、実際に審査に通過するかと聞かれれば、その確率は決して高いとは言えません。

よって複数利用ではなく、計画立てた借り入れと返済を行い、カードローン業者の信用度を上げて利用限度額の増額をする方が確実でしょう。

関連記事をチェック!

1675view

専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の方も、急にお金が必要になる時ってありますよね。 しかし、収入が低いパートの方や本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異...

銀行カードローン複数利用の可能性は?

銀行カードローン複数利用の可能性は?

それでは専業主婦がカードローンの複数利用が可能なのかを各諸条件を見ていきながら検証していきます。

まずは専業主婦申し込みOKを掲げる銀行カードローンです。

専業主婦の利用限度額は低い

銀行カードローンは配偶者に安定した収入があることを前提に、専業主婦へのカードローン利用を推進しています。

専業主婦であることが配偶者に十分な年収がある判断基準とすることで、配偶者の同意や審査を必要とせず、専業主婦の本人確認書のみで申し込みできます。

よって専業主婦にとっては一番申し込みやすいカードローンと言えるでしょう。

しかし、利用はできますが借入限度額は最高で50万円、実際の融資額は30万円といったところが普通です。

借入限度額の上限設定が低い理由は、銀行カードローンが収入のない専業主婦に本人保証のみで貸付している無担保ローンであることが一番の要因でしょう。

各銀行の借入限度額は下記のとおりです。

・三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 30万円まで
・みずほ銀行カードローン わたし応援ローンMyWing 30万円まで
・イオン銀行カードローンBIG 50万円まで
・セブン銀行カードローン 50万円まで
・東京スター銀行カードローン 限度額設定なし
・三井住友銀行カードローン 限度額設定なし
・ジャパンネット銀行 限度額設定なし

中には限度額設定がないところもありますが、返済を配偶者の年収に頼るしかない専業主婦に100万円を超えるような借入限度額設定が行われるとは考えられません。

よって30~50万円というのが利用限度額の上限と考えた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

5161view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借入する場...

銀行カードローンの借入限度額の増額は可能か?

それでは次は借入限度額の増額が可能かどうかを見ていきましょう。

その結果は下記のとおりです。

・三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 50万円まで
・みずほ銀行カードローン わたし応援ローンMyWing 増額不可
・イオン銀行カードローンBIG 増額不可
・セブン銀行カードローン 50万円まで
・東京スター銀行 カードローン 増額不可、増額希望の場合全て返済後解約、
再申し込み後の再審査が必要
・三井住友銀行カードローン 300万円まで
・ジャパンネット銀行 増額不可

上記の結果から増額は可能なところもありますが、その上限は50万円程度が一番多く、ここでも専業主婦に対する設定額の低さが顕著に現れています。

以上のことから銀行の専業主婦に対する借入限度額の上限の考えは、概ね50万円程度と予測されます。

となれば複数社の借り入れは不可能ではないが、その借入限度額の上限が50万円であるとしたら、1社目の限度額設定にもよりますが、複数利用は多くて2社くらいと推察するのが妥当なラインでしょう。

つまり、1社目で幸運にも50万円の限度額設定があった場合は、それが今度はアダとなって2社目の契約を阻止する原因となるわけです。

配偶者が上場大手企業の役員であるとか、よほどの高収入でない限り、専業主婦が複数の銀行カードローンを利用する際は下記の2つが必須条件となり、全く不可能ではないが複数社利用は難しいのが現状だと理解しておきましょう。

・総借入限度額は50万円程度
・複数社利用は多くても2社まで

複数社利用の可能性が高いのは消費者金融

複数社利用の可能性が高いのは消費者金融

先程も申しましたが専業主婦に対する銀行のカードローン申し込みのスタンスは、配偶者に年収があることを申込条件にしていますが、配偶者が審査対象になるわけではありません。

あくまでも専業主婦個人の責任においてカードローンの利用となります。

これが借入限度額の低さや、複数社利用を阻む要因となっています。

そこで注目してもらいたいのが消費者金融カードローンです。

消費者金融は貸金業に当たるため、貸金業法に定められた総量規制を遵守する必要があります。

この総量規制がアダとなって消費者金融は収入のない専業主婦への貸し付けができません。

総量規制は貸金業者に対して、個人年収の3分の1を超える貸し付けを禁止しています。

よって、収入が全くない専業主婦個人に対して貸し付けはできないのです。

しかし、この総量規制をアダともせず、専業主婦が消費者金融から借り入れする方法があります。

それが配偶者貸付制度です。

配偶者貸付制度とは?

そもそも総量規制は借りすぎによる生活の圧迫から国民を守るために制定された法律です。

基本は国民の生活を守るための法律ですから、この総量規制が妨げとなって国民の生活に支障が出る場合には、総量規制の対象外として消費者金融から借り入れできます。

その制度の1つが配偶者貸付制度です。

配偶者貸付制度とは、夫婦の年収を合算した金額の3分の1まで借り入れができる制度で、これを利用することによって収入のない専業主婦も消費者金融からの借り入れが可能になります。

借入可能額 = (妻の年収 + 夫の年収) × 3分の1

専業主婦でも配偶者に300万円の年収があれば、下記のような借り入れが可能です。

(妻の年収0円 + 夫の年収300万円) × 3分の1 = 100万円

関連記事をチェック!

469view

配偶者貸付は総量規制対象外

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸付とはい...

配偶者貸付制度なら複数社からの借り入れも可能

この配偶者貸付制度を利用して消費者金融カードローンに申し込めば、銀行よりも高い確率で複数社の利用が可能になりますし、希望の借入限度額も通りやすくなります。

配偶者貸付制度を利用しての消費者金融カードローンへの申し込みの際には、申込者の本人確認書以外にも下記のような書類が必要になります。

・配偶者との婚姻関係を立証する書類
・配偶者の同意書

この2つのうち注目してもらいたいのが配偶者の同意書です。

この同意書の内容は下記のとおりです。

・配偶者貸付を利用して借り入れ申し込みをすることへの同意
・審査時に必要となる個人情報を照会することへの同意

つまり、配偶者貸付制度とは配偶者も審査対象となるのです。

しかも申込者が収入がまったくない専業主婦ともなれば、審査の比重は申込者よりも配偶者の方がメインとなり、配偶者が個人で申し込みした時と同じ審査が行われることになります。

申込者は妻であったとしても、配偶者が個人で申し込むのとなんら変わりがないというわけです。

となれば配偶者の属性内容や信用情報内容にもよりますが、専業主婦が個人で銀行カードローンに申し込むよりも、複数社利用できる確率はグンと高くなってきます。

関連記事をチェック!

8326view

年収の3分の1以上でも借りれる方法

総量規制が2010年6月の貸金業法で法律が改正され、消費者金融では年収の3分1以上のお金は借りる事が出来なくなってしまいました。 執筆者の情報 名前:小川 馬吉(39歳) 職歴:大手消費...

年収の3分の1以上でも借りれる方法

配偶者貸付制度のデメリット

配偶者貸付制度を利用すれば複数社利用の確率は高くなりますが、この制度にはデメリットもあります。

よって、そのデメリットをよく把握してからの申し込みが必要です。

そのデメリットは下記のとおりです。

・旦那バレを回避できない
・配偶者も審査対象となる
・配偶者の勤務先へ在籍確認の電話が入る
・大手消費者金融は配偶者貸付に対応していない

申込時には同意書の提出が必須になる上、配偶者の勤務先へ電話による在籍確認が行われます。

よって、旦那バレは確実となるので、隠れて借りたいという方にはおススメできません。

また、返済トラブル等があれば配偶者の信用情報へもその旨が記載されることになるので、将来的に自動車や住居等の高額ローンを申し込む予定がある方にもおススメできません。

そして、一番肝心なのが配偶者貸付制度に大手消費者金融が全く対応していないという点です。

対応しているのは中小の消費者金融業者に限られており、大手のような絶対の信用度や安心感はありません。

中にはヤミ金が隠れていることも考えられるのです。

よって、利用する際には申し込み先の消費者金融が信頼できる会社なのかを、シッカリと事前調査する必要があるでしょう。

2社以上の消費者金融に申請する際のポイント

2社以上の消費者金融に申請する際のポイント

2社以上のカードローン申し込みをする際に絶対、気をつけてほしいのが申込ブラックにならないことです。

カードローンに申し込むと審査に通過しようがしまいが関係なく、申し込んだ情報が登録され6ヶ月に渡って保管されます。

この申し込み記録が短期間に重複すると申込ブラックと判断されます。

申込ブラックとは?

なんで複数社申し込みくらいでブラックなどと呼ばれなければならにのか、そう思われる方もいることでしょう。

しかし、短期間の複数社申し込みは審査時には下記のように判断されるのです。

・よほどお金に困っている
・返済能力に問題がある

よって貸し付けにも否定的になりますし、実際に短期間の複数申し込みNG件数を決めて、審査NGとしているところも少なくありません。

関連記事をチェック!

729view

カードローンの申込.審査落ち履歴が悪影響を及ぼす可能性

どうも馬太郎です。カードローンに何度も申し込んでいると、申込履歴がカードローン審査、さらには住宅ローン審査に悪影響を与えないか心配になってきます。 今回は申し込み履歴が実際どのような、悪影響を及ぼす...

申込ブラックとなる条件は?

ここで気になってくるのが申込ブラックとなる条件です。

気になるのは下記の2点でしょう。

・短期間の期間はどれくらい?
・申し込み件数は何社から総判断されるの?

この2点については規定がないので、明確な数値を言及することはできませんが、概ねは下記の条件となるでしょう。

・短期間 1ヶ月以内
・申し込み件数 3社以上

よって一番確実に申込ブラックを避けるには、1ヶ月以内に3社以上のカードローン申し込みを行わないという点をキッチリと守ることに尽きるでしょう。

関連記事をチェック!

3044view

カードローンの同時申し込みはNG?複数したら審査通ったけどww

どうも馬太郎です。 どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くない...

申込み前にできることはないのか

申込み前にできることはないのか

安定した収入を得ている人でも、複数借入れは審査が厳しくなります。

したがって、収入がない専業主婦にとっては、カードローンを複数社から借りるということは、苦難の道となり得ます。

しかも、複数の金融機関に申込みを行うと「申込みブラック」になってしまいますので、「数打ちゃ当たる」という訳にもいきません。

ただし、審査に通過するかどうかは、カードローンの申込みをしてみないことには分かりません。

しかし数多くある金融機関から「確実にいけそうだ」と判断することは至難のワザです。

何か自分で、申込み前にできることはないのか見ていきましょう。

ホームページの無料診断を活用

カードローンの申込みを希望する、金融機関の公式ホームページで無料診断があれば、試しに使ってみるといいでしょう。

無料診断は匿名でできますので、利用しても申し込みブラックになることもありません。

無料診断のほとんどの場合で、その場で回答結果が分かるようになっていますので、審査結果を長々と待つ必要もありません。

AIスコアレンディングで確認

とは、みずほ銀行とソフトバンクが作った合併企業(J.Score(ジェイスコア))の金融商品です。

他社との大きな違いとして、審査はAIがスコア診断を行います。

そのときに基準に達しなかった場合(600点以下)でも、申込み履歴にのることはありません。

また申込みのときに、単に仮審査が結果だけではなく、借入れ可能額と適用金利も分かるようになっています。

収入面を増やす努力も

専業主婦の審査が厳しくなるのは、収入に不安な要素があるからです。

そのため短時間のパートや、在宅でできる仕事をするなど、少しでも収入を得られるように努力することをおすすめします。

各家庭で事情はあるかとは思いますが、できる範囲で収入を増やしていくことを考える方が、借金を増やすよりも精神的にも安定します。

また、何より必要な収入は、稼いだ方が無駄な利息を払わずに済みます。

仕事を始めたとしてもすぐに給料が手に入る訳ではありませんが、長い目で考えると申込先を検討しながら、仕事先を探すのもいいのでしょう。

まとめ

専業主婦でも他社借入は可能ですが、借入する先は2社が限界と考えておくといいでしょう。なお、専業主婦は借入審査の通過が難しい場合もあるため、信用力を高めるため返済に遅れがないように計画的な借入をしましょう。

収入がないからと借入を諦めている専業主婦人も、色々な金融機関を比較してみて、一度は検討してみてはどうでしょうか。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-11-18 07:56:02

    こんにちは。
    金融機関の紹介は行っていません。どこの金融機関なら借りれるのか、こちらのサイトで説明していますので参考にしてくださいませ。

  2. 佐藤三宝さん|2018-11-17 09:27:00

    私は専業主婦ですけど、障害年金を受け取ってて、私の年収は130万ぐらいだけど、主人は働いてるので、私の年収と主人の年収を合計したら600万ぐらいなんだけど、私は3社から借り入れしてて、あと10万ぐらい融資してもらえるとかがないか、何社かに融資のいらいをお願いしたんだけど、全部から断られて、でも主人に内緒で融資してくれるところを探してるんですよ。
    どこか融資してくれるところを紹介してもらえませんか。