キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

お金がないので借金返済できない。もう無理なときどうすればいいの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

お金がないのにお金を借りてしまい、案の定借金返済をすることができなくなってしまった。無計画に借金をしてしまった罰ですね。

最悪なことに借金返済することができないため、また新しい借金をしてしまった。こうなってしまうと完全に借金地獄です。解決方法はあるのでしょうか。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

お金がないのに借金してはいけない

お金がないのに借金してはいけない

まだ借金地獄になっていない人のためにひと言ご説明しておきます。すでに借金地獄になった人はこの項を読み飛ばしても構いません。

基本的にお金がないのに借金をしてはいけないのですが、どうしても出費が重なってしまい今月だけ生活が苦しいという場合は、カードローンで一時的に借金をしても借金地獄に陥ることは少ないです。

お金がない状態で借金をしても良い人

お金がない状態が今月だけで収束するのか、それとも来月以降もお金がない状態が続くのかによって変わってきます。

普通の月なら収入に見合った生活をしている。カードローンで借金をしていても毎月の返済額もきちんと支払うことができて滞納することもない。生活費に困ることはなくある程度余裕を持って生活をすることができる。

ところが急なお金の入用が出来てしまい生活費を使ってしまったがためにお金がなくなってしまった。 例えばお葬式で5万円程度の出費をしてしまったため、生活計画が思うようにいかなくなってしまったような場合。

大手消費者金融カードローンなら、新規会員に限ってのサービスとして30日間無利息期間を設けています。

現在借りているカードローンの返済状況に特に問題がなければスムーズに手続きをすることができ、審査にも通ることでしょう。

日常の生活に差し障りのない程度の借金を負っていたとしても、緊急事態が発生したならある程度やむを得ません。

お金がない状態で借金してはいけない人

しかし現在借金を負いながら日常の生活にも事欠く状態で借金をしてはいけません。

借金を返済したために生活費がなくなってしまう、さらに急な出費によって生活費はますます困窮を極めてしまう状態にある人は新たに借金をしてはいけないのです 。

カードローンで2社目の契約をすることはかなり慎重に行わなければなりません。2社目の借金は借金地獄、返済地獄となってしまう入り口となるからです。

サラリーマンなら収入と支出のバランスを考えてみましょう。借金返済によって毎月家計収支が赤字の状態でさらに借金をしたらどうなるか分かりますよね。

返済地獄に入ってしまったら借金地獄になってしまうのも時間の問題です。毎月生活費が赤字になってしまうという人は新たに借金をすべきではありません。

お金がなくて借金返済できないとき

お金がなくて借金返済できないとき

お金がなくて借金返済できないときは、消費者金融カードローンなど金融機関からお金を借りてはいけません。

お金を借りれば当然返済しなければならないことと、返済するには利息がかかってしまうことです。もちろん返済に遅れるようだと遅延損害金として延滞金を支払わなければなりません。

支払期日までにきちんと返済しなければ、その情報は信用情報機関に「滞納」や「未払」として借入状況にマークがついてしまいます。

遅れながらでもなんとか返済していくことができたとしても、他社借入状況があまり良くなく、常習的に滞納繰り返していると金融機関によっては延滞情報として金融事故扱いされることがあります。

1年間に3回支払い滞納をしてしまうと、金融事故とみなして信用情報機関に登録してしまう金融機関も少なくありません。

どうしてもお金がなくて借金返済できないときは次の方法を考えるようにしましょう。

親からお金を借りる

金融機関からお金を借りてしまうと既にご説明のように、利息がついてしまうことや滞納してしまうと信用情報にキズがついてしまうことがあるため、まずは身近な親に借金の相談をしてみてはいかがでしょうか。

それほど多額の金額でなければお金を貸してくれると思いますよ。

社会人にもなって給料をもらっているのに、親に借金の相談をするのは恥ずかしくて仕方がない気持ちは分からないではありません。

もちろん親には親の事情があるためいくらお金を貸して欲しいと頼んでも借りることができない場合もありますが、とりあえず頭を下げて必ず返済することを約束する、場合によっては借用書を自ら用意して持って行くくらいの気持ちで頼んでみましょう。

生活費用見直す

お金がない状態がある程度我慢できるのなら、早速生活費を見直してみましょう。

インターネットで「節約生活」などのキーワードで検索すれば見直すべき生活費を調べることができます。

目からウロコになることは必至ですよ。

今まで気がつかなかったような節約方法が満載ですから、それをもとにできることから確実に行うことが大切です。

・携帯電話の契約内容を見直すことや格安スマホに切り替える
・生命保険や車の任意保険を見直す
・一回読んだらもう読むこともないような雑誌は買わない
・コンビニで買い物をしない

食事は当然自炊にすることを実践するだけでも月額2万円や3万円は違ってきます。

クレジットカードの支払方法を変更する

クレジットカードのショッピングを利用しているなら、支払い方法を一回払いではなく分割払いやリボ払いに変更してみましょう。

分割払いやリボ払いは金利手数料がかかってしまうため本当ならやめておきたいことですが、現在の生活水準を赤字から黒字になるまでの間は、なるべく毎月の出費を抑えるための暫定的措置です。

支払方法の変更はカード会社の会員サイトから簡単に変更することができます。

生活の見直しによって十分に家計収支が黒字になったのなら元に戻すことを忘れないようにしましょう。

関連記事をチェック!

定額のリボルビング払いについて

筆者がクレジットカード会社に勤務している時、お客からよくリボルビング払いについての仕組みを質問されました。 おそらくリボルビング払いを利用している人で、正確に仕組みを理解している人は5割もいなか...

関連記事をチェック!

クレジットカードの借金も借り換えして一本化しよう

クレジットカードの借金も借り換えしておまとめローンなど、借金の一本化をすることができます。返済がラクになりますよ。 クレジットカードは使い勝手が良く、ショッピング以外にもキャッシングにも利用する...

おまとめローンで返済節約

おまとめローンで返済節約

複数借金していて返済にお金がかかってしまい、お金がない、複数返済していくことができないと言うなら借金の一本化、おまとめローンを検討しましょう。

30万円のカードローンを3社契約するよりも、90万円のカードローンを1社で契約した方が返済しなければならない金額を抑えることができます。

3社から借り、それぞれ例えば1万円ずつ支払っていたとしましょう。その1万円の中には利息分と元金分が含まれていますよね。

90万円のカードローンにしたとしても負担しなければならない利息の額は変わりませんが、元金分は、バラバラに3社へ支払っているよりも1社に支払うことで少なくなります。

なお借金の一本化をするのなら、金利が出来るだけ安い銀行カードローンを利用するようにしたほうが利息の額も少なくすることができるため、毎月の返済額を抑えるのに効果的です。

関連記事をチェック!

キャッシング返済をまとめたい!

複数キャッシングを行っている人の多くは早晩多重債務者になってしまうことが多いです。返済困難となる前にまとめる対策しましょう。 最初のうちは軽い気持ちでキャッシングを行っていたとしても、キャッシン...

返済しないとどうなるの?

返済しないとどうなるの?

お金がないから借金を返済することができません、という理由は金融機関には通用しません。

支払い期日までに返済しなければ型通りに督促請求をされてしまいます。

そのときにお金がないからと、払えないものは払えないと開き直るのは、金融機関の担当者を怒らせてしまうだけで何の得にもなりません。

とりあえず督促請求されたら、お金がなくてどうしても支払うことができない窮状を訴えるようにしましょう。

そうすれば金融機関の担当者も返済方法についてリスケジュールを立ててくれると思います。

今までの毎月返済額が2万円だったら、1万円に減額するとか、場合によっては先に元金分だけを返済し、元金分の返済が終わったら利息の返済をするような方法をとってくれる場合もあります。

金融機関としては貸したお金が全く返ってこないよりは、最低でも元金分だけ取り戻したいと思うものです。

元金分だけならなんとか返済していくことができるというのなら、担当者の提案を受け入れましょう。

しかし督促されても電話に出ないのでは返済計画を練り直すこともできません。

そうなってくると順番的に催告書が届き、最終的には裁判所に訴えられることになってしまいます。

裁判所から呼び出し状が来ても出頭しなければ金融機関の言い分がそのまま通ってしまい、強制執行による財産の差し押さえや、給料の差し押さえも覚悟しなければなりません。

裁判所から呼出状が来たら必ず出頭するようにしましょう。

借金を返済しないで済むということはないとしても、毎月いくらなら返済できるのかという相談ができます。

給料はいくらまで差し押さえできるのか

アナタにめぼしい財産がなければ金融機関は給料の差し押さえを行います。

裁判によって債務名義を取得されてしまえば簡単に財産の差し押さえをされてしまうのです。

給料はいくらまで差し押さえされてしまうのか心配になりますね。

全額差し押さえされてしまったのでは生活していくことができず、ますますお金がなくなってしまいます。

法律上、給料を差し押さえする場合は44万円未満の給料なら1/4まで給料から天引きされてしまいます。

30万円の給料なら7万5,000円、 25万円の給料なら6万2,500円を強制的に持って行かれてしまいます。

給料を差し押さえするには勤務先に裁判所から命令書が届きます。

命令書が届けば会社に借金をしている事実がバレてしまうばかりか、返済していないことさえわかってしまうため気まずい雰囲気になることは間違いありません。

信用情報機関にキズがついてしまう

給料を差し押さえられるということはそれだけ借金の返済を滞納しているということですから、差し押さえられる前に延滞情報として信用情報機関に登録されてしまいます。

延滞情報は金融事故と扱いは変わりません。

金融事故を起こしてしまうとお金に関する契約を結ぶことは限りなく難しくなり、クレジットカードの更新も出来なくなってしまうことが多いです。

またアパートなど賃貸住宅を借りる場合、保証会社が消費者金融業者やクレジットカード会社、信販会社のような金融機関の場合は当然信用情報機関に加入していますから、アナタが金融事故を起こしたということがわかってしまいます。

金融事故を起こしてしまうとアパートさえ借りることができない状態も考えなければなりません。

返済できないなら債務整理も

返済できないなら債務整理も

あらゆる手段を尽くしてもお金がなく借金返済できないなら、債務整理も視野に入れて検討しましょう。

すでに借金返済をすることができず金融事故として登録されているなら、信用情報にキズがついているわけですから、債務整理によって新たに信用情報に登録されたとしてもそれほど気にする必要はありません。

債務整理の方法には個人の力で裁判所に申請する方法と、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼する方法があります。

法律の専門家に依頼すれば費用がかかってしまいます。費用は債務整理の方法によって違うものの20万円から50万円かかってしまうことがあります。

お金がないのにそんなに費用を支払うことができないなら、個人でもできる債務整理をやってみましょう。裁判所を通じて行えば数千円から1万数千円で間に合うことも多いですよ。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

個人でできる債務整理

個人でできる債務整理

法律知識も必要とせず裁判所に申請するだけで借金の軽減や利息のカット、または借金の全額をゼロにしてしまう方法があります。

ただし裁判所に数回足を運ぶことになりますので、仕事が忙しくなかなか休むことができないと利用しにくい面もあります。

特定調停

特定調停とは裁判所が任命した調停委員がアナタと債権者の間に入り、借金の減額交渉を行います。

減額交渉に応じない業者もないとは言えませんがそれは法律の専門家に依頼したとしても同じことです。

裁判所は国の直轄機関ですからある程度強制力を持った方法で特定調停を進めることも可能です。

解決するまでに早ければ3カ月程度、遅くても6カ月あれば多数抱えている借金を減額することができるでしょう。

必要な費用は債権者1件につき1,000円もあれば十分です。

自己破産

アナタの持っている名義の財産が20万円未満であれば自己破産によって借金を全額ゼロにしてしまうことができます。

ただし車のローンを支払っている場合は、ローン会社によって車を引き上げられてしまうこともありますので注意しなければなりません。

なお必要な費用は債権者の数に関係なく1万数千円あれば間に合います。

アナタ名義の財産が20万円以上になると、生命保険の解約返戻金や預金を含めた財産を債権者に配当しなければならない面倒な手続きになることもあります。

破産管財人を立てなければ手続きを進めることができません。

破産管財人は裁判所が任命する弁護士がなります。当然弁護士費用がかかってしまいますが費用はおよそ20万円+1万数千円です。

民間の法律の専門家に依頼するよりは費用を安くあげることができますね。

法律の専門家に債務整理を依頼する

法律の専門家に債務整理を依頼する

裁判所に何度も足を運ぶことができない、どうしても仕事を休むことができないのなら法律の専門家に依頼して債務整理をすることになります。

当然費用はそれなりにかかってしまいますが、一括でなく分割で費用を支払うことに対応している法律事務所も多いですから、依頼する場合はどのくらい費用がかかるのか、分割払いはできるのかなど相談しておくことです。

任意整理

任意整理とは特定調停と同じように借金の軽減を図るものです。

交渉は法律の専門家が行い交渉がまとまったら契約内容にしたがって支払っていきます。

また抱えている借金の中に過払い金が含まれている場合は、同時に過払い金請求を行うことができます。

過払い金の金額によっては借金が0になることも、または払いすぎた利息が返ってくることもありますので、20年くらい借金を支払っているなら裁判所ではなく法律の専門家に依頼した方がいいかもしれません。

個人再生

不動産や自動車などを失いたくない、でもお金がなくて借金返済することができない人が利用します。

条件は住宅ローンを除き借金の総額が5,000万円以下であることで、安定継続した収入が期待できるサラリーマンなら借金を1/5に軽減することができます。

個人再生は裁判所を通して行うのですが、法律知識がないとなかなか再生手続きが進みません。そのため個人再生によって債務整理をする場合は法律の専門家に依頼した方が簡単です。

債務整理するなら一刻も早く行う

債務整理するなら一刻も早く行う

お金がなくて借金返済ができないことがすでに確定しているなら一刻も早く債務整理を行うことです。

債務整理によって信用情報にキズがついてしまいますが、借金で悩んでいるうちに精神的にも肉体的にも参ってしまうことがあります。早く債務整理することで借金の悩みから解放することができますよ。

金融機関から差し押さえをされる前にできるだけ早く債務整理の道を検討しましょう。

返済がもう無理だと感じる時

借金は何もカードローンやクレジットカードのキャッシングだけではありません。

住宅ローンも借金ですし車のローンも借金です。住宅ローンや車のローンはカードローンに比べたら桁がひとつもふたつも違いますよね。

人間その気になれば3,000万円の住宅ローンを返済や、600万円程度の車のローンの返済はできるものですよ。

せっかく手に入れた我が家、手放すまでは30年ローンだって構わない。

欲しかった車。ちょっと高かったけれど毎日運転するのは楽しい、だから借金返済は10年ローンだって構わない。

なんとなくおわかりでしょうか。借金返済に対するモチベーションが違いますね。

カードローンやクレジットカードのキャッシングはお金を単純に消費してしまうことが多いですよね。

たとえ高価なブランドもののバッグやアクセサリーを借金して購入したとしても、ブランド好きな人は次から次へと欲しいものが出てきてしまいます。

目の前にある商品は借金で買った、嬉しいという気持ちは既にもう残っていないのです。

飲食代にお金を消費してしまった、キャバクラ通いにお金を使ってしまった、競馬やパチンコで借金をたくさん作ってしまった、となると残っているのは借金返済だけです。

これではさすがに借金を返済していこうというモチベーションは保つことができませんね。

返済可能な借金は50万円まで

カードローンの借金で返済できる金額は50万円までと言われています。50万円なら毎月の返済は毎月1万3,000円で約60回払いです。

サラリーマンの平均年収は400万円から450万円とも言われていますが、実際お金を使うことができる額は各種税金を差し引きした後の金額です。

手取り年収に換算すれば330万円から350万円くらいでしょうか。ボーナスを年間2回もらうとして1回あたりの金額を50万円とすれば、月額の手取り金額は約20万円そこそこですよね。

20万円からあらゆる生活費を差し引いていくら残るか、親と同居しているのなら家賃はかかりませんので毎月1万3,000円の金額を捻出することは可能です。

しかしアパート暮らしとなると毎月1万3,000円は重い負担となりますよね。それも5年にわたって返済しなければならないとなると、さすがに気が滅入ってしまいます。

それでもなんとか返済していける借金は50万円までなら十分に可能です。

借金と年収が同じ金額…対処法はある?

長期返済は気持ちが弱くなる

借金払いは短ければ短いほど精神衛生上良いものです。

いつになったら返済できるのか見通しが立つのは目標ができて借金返済を頑張ろう、との意識を高めることができます。

しかしカードローンは使い方によって返済計画を狂わせてしまいます。

お金が足りなくなったら借りれば良い、と考える人ほど長期返済地獄の苦しみを味わうことになるでしょう。

4、5回返済しては借入している状態で急にお金が必要になった、となるとせっかくカードローンの残高が減ってきたのに追加借入をしなければなりません。

今まで支払ってきた月日は全てリセットされてしまい、新たに5年間の借金支払いが始まってしまいます。

借金返済で大切なのはモチベーション

多重債務の始まりは節約しても間に合わない

追加借入金額では足りないとなると新たな借金を作ってしまいます。

2社以上の借入は多重債務と言います。多重債務になってしまうと借金額が膨れるばかりでなく、返済額も増えてしまいますよね。

フィナンシャルプランナーは生活の見直しをすれば良い、無駄な経費は削減すれば良いと簡単に言いますが実際行動を起こすとなるとなかなかできるものではありません。

独身ならまだ貧乏メシでも食べていれば良いかもしれませんが、家族持ちとなると貧乏メシというわけにはいきませんね。

あまり節約の考えが強すぎると家族の雰囲気が悪くなり、ストレス解消のために飲み屋に直行する回数も増えてしまうことでしょう。

これでは節約の意味がありません。

ATMでお金に余裕があるなら随時返済すれば良いというのも、机上の空論、絵に描いた餅同様、多重債務なのにお金に余裕があるときなんてあるはずがないのです。

いくら返済計画を立てても予想外の出費が出てきた場合は全て台無しです。

予定通りに借金返済できるのは返済能力がある人だけで、返済能力のない人はいくら頑張っても借金は返済することはできません。

闇金に手を出したらそれこそ人生終了

借入件数が2件に増えるとあっという間に年収の1/3まで借金を作ってしまいます。お金を借りることに対して感覚が麻痺してしまっているのですね。

消費者金融は総量規制によって年収の1/3までしか貸してくれません。借入件数が3件ともなるとほぼ年収の1/3近くになることでしょう。

1社あたりの借入限度額が50万円なら、3社で150万円です。150万円を借りるには年収450万円なければなりません。ちょうどサラリーマンの平均年収と同じです。

手取り給料で3社に返済していくことができるでしょうか。それも予想外の出費もなく計画通りに返済を進めたとしても5年かかるのです。

大抵の場合はまわし返済と言って、複数ある借入先を順繰りに返済しては借入を繰り返すことを言います。そうなってしまうと150万円の借金は到底返済することができません。

急にお金が必要になっても総量規制に引っかかるため借りるとしたら闇金しかありませんね。

闇金からお金を借りたらそれこそ人生終了です。お金を借りたそのときは何とかなったとしても、10日ごとに金利30%や50%を支払い続けていくことができると思っているのでしょうか?

貸金業法とは~過剰貸付の禁止・総量規制・年収3分の1以上の借入~

闇金利用者の末路は悲惨だった【借金地獄】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談