キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

少額融資希望なら銀行カードローンでお金を借りる?【即日融資は可能?】

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

10万円以内の少額融資だからこそ選びたいのが金融業者です。給料日の前になって必ず5万円足りなくなる人も多いのでは?

少額だからといって友人からお金を借りることはやめておきたいですね。人間関係にヒビが入る可能性が高いです。それくらいならカードローンでお金を借りましょう。

少額融資ならカードローン

少額融資ならカードローン

景気が良くなったという割にはそれほど給料も上がらず、新社会人にとっても初任給が以前よりも高くなったという印象はありません。

収入に見合った生活をしていても、独身で親元から会社勤務しているのであればいいのですが、一人暮らしでアパートの家賃を負担しているとなるとどうしても貯金に回すだけのお金がありません。

あと一週間で給料日。そんな時に限ってお葬式ができることや、友人から飲み会へのお誘いがかかるものです。どうしても断ることができない出費もありますよね。

あと5万円あれば、給料日までに生活できるのにと考えることもあるでしょう。どうしてもお金が足りないとなれば親に頼るか友人から借りるか迷うところです。

親はともかく、友人からお金を借りることは人間関係や信頼関係を失う可能性があり、たとえ少額でもお金を借りることはおススメできません。

タバコを一本もらう、自動販売機で小銭がないから100円や200円を借りる程度ならお互い様、の感もありますが、たとえ少額だとしても1万円以上のお金を借りることはやめておくべきです。

社会人になったのなら自己解決の道を選択しましょう。少額融資ならカードローンでお金を借りるという選択は悪い方法ではありません。

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

クレジットカードを持っているならキャッシングしよう

どうしてもカードローンに申し込むのがイヤだ、と言うなら仕方がありません。あなたの持っているクレジットカードキャッシング機能を使ってみませんか。

クレジットカードに申し込む際にキャッシング枠不要としない限り、あなたの年収に応じて20万円から30万円程度のキャッシング枠がついているはずです。

年収が多ければ60万円以上のキャッシング枠がついていても不思議ではありません。

カードにキャッシング枠がついているのかどうか分からなければ、カード会社の会員サイトにログインし「利用限度額」などのメニューから調べることができます。

そこにキャッシング枠20万円とあれば20万円までならお金を借りることができるということです。

コンビニや銀行のATMにカードを挿入し、暗証番号を入力することでお金を借りることができます。

返済方法はクレジットカードの利用代金に加算されて請求されます。10万円借りたのならカードの支払い期限に利息を追加した金額を入金しておけば借金を完済することができます。

気になってしまうのはATM手数料と利息ですね。1万円を超える金額を借りる場合のATM手数料は税込みで216円になっていることが多いです。

クレジットカードの締め日に注意

また利息は借りた日にちによってかなり変わってきます。

クレジットカードには締め日がありますね。例えば締め日を10日とし支払日を翌月の10日と仮定します。

9日にお金を借りれば10日の締め日に間に合いますので、利用期間は30日です。

10万円借りれば30日分の利息を返済すればいいわけです。利息はおよそ1,479円かかります。それにプラスしてATM手数料216円を支払うことになります。

残念なのは給料日まであと7日で、少額融資なのにも関わらず1か月分の利息を支払わなければならない、しかもATM手数料まで取られてしまうというのはシャクに障ることですね。

仮に締め日の翌日にお金を借りてしまうと、最大で2カ月分の利息を負担しなければならないということも注意しなければならない点です。

クレジットカードのキャッシングで少額を融資することは簡単でも、負担しなければならない利息を考えなければ損をしてしまいます。

カードローンなら利息は日割り計算

カードローンなら利息は日割り計算

その点カードローンでお金を借りれば、返済期日が決まっていたとしても繰り上げ返済することができます。

つまり給料日までの7日間だけ借りたいという場合は、7日分の利息を支払えばそれで借金を完済することができるのです。どれだけの利息がかかるのか、それは金利に左右されます。

消費者金融カードローンであれば標準的な金利は年18.0%、銀行カードローンなら金利は年14.5%程度です。少額融資ならカードローンを持っていてよかった、と思うこともしばしばありますよ。

そもそもカードローンで多額の金額を借りることはおススメできません。計画的に収入に見合った分だけの少額融資で利用するのがお得で賢いカードローンの利用方法です。

関連記事をチェック!

借入日数の計算方法

借入日数計算は何が正解? カードローンを利用している方の中には利息の計算方法や基本的なルール、および慣習など金融業界に詳しくないと理解できないことが多いですね。 例えばこんな感じです。...

カードローンなら即日融資が可能

カードローンなら即日融資が可能

大手消費者金融業者を中心に銀行でも即日融資に対応している銀行が増えています。

地方銀行になると申し込み時間が平日の12時まで、融資方法は振込融資となることが多いです。

しかし消費者金融や、銀行カードローンの一部は無人契約機を持っていることから、土日祝日でもお金を借りることができますし、なんといっても審査時間は最短で30分という早さです。

申し込みから融資実行まで60分程度あればお金を借りることができるのもカードローンの魅力です。

消費者金融カードローンで少額融資

消費者金融カードローンで少額融資

◆金利年18.0%で5万円を借りる
7日で返済した場合の利息は172円ですから、クレジットカードのキャッシングを利用するよりもかなり安く借金を返済することができますね。

5万円の少額融資なら利息もそれほど気にする必要はありません。

◆金利年18.0%で10万円を借りる
たとえ10万円の借り入れだとしても、7日で返済できるのであれば必要な利息はおよそ493円です。

銀行カードローンで少額融資

銀行カードローンで少額融資

◆金利年14.5%で5万円を借りる
銀行カードローンで5万円の少額融資を受けた場合、金利の差はどのくらいの利息の差となって表れるものでしょうか。

負担しなければならない利息はおよそ139円です。

消費者金融カードローンと比べて利息の差は33円ですね。少額融資ならほとんど無視できるほどの利息の差であることがお分かりになると思います。

◆金利年14.5%で10万円を借りる
10万円を借りたとしても7日で返済してしまえば必要な利息は278円です。

消費者金融カードローンと比べて利息の差は215円です。わずか215円とはいっても銀行カードローンの方が利息の面で有利なことは確かなようです。

関連記事をチェック!

即日発行できる銀行系カードローンってあるの?

銀行カードローンは審査が厳しく、融資を受けるまでに時間がかかるという印象がある人も多いのではないでしょうか。 たしかにそういう傾向はありますが、かならずしも審査が厳しく、融資までに時間がかかるわ...

少額でもATM手数料を節約したい

少額でもATM手数料を節約したい

可能な限り経済的負担を考えれば銀行カードローンの方がお得です。

利息が安いのは当然ながら、銀行カードローンの多くはATM手数料がかからないからです。

消費者金融カードローンのATM手数料は、お金を借りたときもお金を返済したときも手数料がかかってしまいます。往復で手数料を負担しなければならないのは明らかに損をしていますね。

・1万円以下の取引:108円
・1万円超の取引:216円

ATM使用1回につき以上の金額が利息の他にかかってしまいます。借りる金額によっては、少額融資なのにATM手数料の方が高くなってしまうこともありますよ。

少額融資でも信用情報は大丈夫?

少額融資でも信用情報は大丈夫?

カードローンに申し込む場合は信用情報にキズがついていないことを確認しておきましょう。

5年から10年以前に任意整理をしたことがある、または自己破産をしたことがある、及び3カ月以上の延滞をしたことがある場合は金融事故情報として残っている可能性があります。

金融事故情報は事故情報の内容によって5年から10年間保存され、その後削除されることになっています。

しかし何らかの手違いで金融事故情報がそのまま残っていると、カードローンに申し込んでも審査に通ることはありません。

過去に金融事故を起こしたことがあり、情報が残っているのか気になる場合は信用情報機関に対して情報の開示請求を行いましょう。

信用情報機関は3つありますのでそれぞれに請求をしなければなりません。

請求に必要な書類は全て信用情報機関の公式サイトからダウンロードすることができます。

手数料として1,000円かかってしまいますが、心当たりがあるなら念のために確認しておくことも良いことです。

関連記事をチェック!

自分の信用情報を調べる方法~ブラックになる条件とは~

カードローンの審査落ちをする原因には、幾つか原因がありますが、中でも申込者の個人信用情報が悪いことが理由のこともあります。 そこで、カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調...

少額融資なら審査に通りやすい

少額融資なら審査に通りやすい

少額融資はカードローンの審査に通りやすいということをご存知でしょうか。

少額融資とは基本的に10万円以下の借入のことを言います。大抵の消費者金融業者や銀行カードローンは10万円からお金を借りることができます。

もちろん信用情報機関に対してデータを照会することは避けることはできませんが、少額融資に対しては比較的審査が甘いことが通例です。

借入申込書に書いてある内容に不審な点がない、信用情報にも悪い情報がないと言うのであれば、在籍確認さえ行わないで審査に通る場合があります。

金融機関は少額融資を積極的に活用し顧客拡大を狙っています。

顧客を獲得してしまえばその後の返済状況によって、徐々に利用限度額を引き上げる増額融資を勧誘してきます。必要であれば申し込めばよく、必要なければ申し込む必要はありません。

また増額融資に申し込んだとしても、借りる金額を少額融資の10万円以内に留めておき、お金を利用しなければそれでOKです。

10万円以内の少額融資ならパートやアルバイト収入でも十分借りることができますね。

消費者金融は総量規制の対象です。年収が100万円のパート主婦、年収が100万円未満のアルバイト学生でも、借入希望金額を10万円にすれば審査に通る確率はかなり高くなります。

もちろん銀行カードローンでも同じことです。総量規制の対象外だとしても自主規制によって借入上限額年収の1/3までとしている銀行が増えています。

少額融資を希望する人は計画性があると判断されやすい

審査に通りやすい背景には、カードローンの申込者がお金を借りることに対してどのような考えを持っているのかも判断することができます。

年収300万円の人なら100万円が総量規制ですから、借入希望金額を50万円としても構いません。

しかし10万円以内の少額融資を希望する人は金融機関から「この人は計画性を持った人だ」と良い方向に判断されることがあります。

金融機関にとって10万円以下の貸付は貸し倒れが少ない金額として業界内では通っており、多い借入希望金額を申し込む人に限って滞納しやすい傾向にあるとの定説があります。

通常生活する上で急に30万円以上のお金が必要となるケースはあまりありません。まして50万円ともなるとかなりまれなケースと言ってもいいでしょう。

最初から多額の金額を借入希望する人は「何にお金を使うのか」や「このお金でどこかへ逃げてしまうのではないか」と勘ぐられてしまいます。

少額融資でおすすめなカードローン

少額融資でおすすめなカードローン

大手消費者金融業者は初回限定として30日間無利息サービスを行っています。

明らかに一回だけの利用でそれ以降は利用しないなら、無人契約機を持っている大手消費者金融業者に申し込むと、給料日前のピンチを助けてくれることでしょう。

申し込みはインターネットやスマホ、無人契約機から行うことも出来ます。土日祝日でも即日でお金を借りることが可能です。

少額融資ならなおのことスムーズに審査が進むことでしょう。30日以内に返済すれば無利息でお金を借りることが出来るのですから、これ以上の低金利カードローンは他にはありません。

しかし借金を完済するまで30日以上かかってしまう場合は、2カ月目以降は利息がかかってしまいます。なおかつATM手数料がかかってしまうというのも不利ですね。

そこでおススメしたいのは次の2社です。

新生銀行カードローン・レイク

レイクがおすすめな理由は次の2点です。

・ATM手数料がかからない
・5万円までの借入は最大180日間無利息
※30日間無利息サービスとの併用はできません

審査時間や無人契約機での契約時間は大手消費者金融業者と大差ありません。

最短で60分、無人契約機の操作に手間取ったとしても90分もあればお金を借りることができます。

また5万円までの少額借り入れなら、最大180日間利息が全くかからないサービスを受けることができます。たとえ10万円を借りたとしても必要な利息は5万円を差し引いた残り5万円分だけです。

そして何よりATM手数料がかからないというのは非常に経済的と言ってもいいでしょう。

新生銀行グループ・ノーローン

ノーローンは消費者金融カードローンとなりますのでATM手数料はかかってしまいますが、最大の武器は何度でも7日間無利息サービスを受けることができるということです。

給料日前になると必ずと言っていいほど5万円足りなくなる、という人にとっては使い方によって永遠に無利息でお金を借りることも可能です。

給料日までの日数を逆算して1週間以内に返済すれば、利息がかからないのです。

給料が入ったら5万円を一括で返済する。そして次の月もどうしても5万円足りないとなっても7日間無利息でお金を借りれば負担しなければならないのはATM手数料だけです。

無人契約機はレイクの無人契約機で申し込むことができますので、地方都市なら幹線道路沿いに必ずと言っていいほどレイクの看板を見つけることができますよ。

自己破産者にヤミ金や詐欺が横行

自己破産者にヤミ金や詐欺が横行

自己破産をしてしまうと金融事故情報として信用情報機関に登録されてしまいどこからもお金を借りることができません。

なんとか少額でもいいからお金を貸して欲しい、となることもないとは言えません。何故かその情報はヤミ金業者や貸します詐欺業者に名簿が伝わることが多いです。

絶対ヤミ金業者からお金を借りてはいけません。金利が10日で30%や50%は当たり前の世界です。10万円を借りてしまうと10日ごとに3万円や5万円を利息として支払わなければならないのです。

またお金を貸しますと言って保証料をだまし取る詐欺グループも存在しています。お金を貸す代わりに口座があるかどうか確認する、保証料として1万円振り込んで欲しいと騙してきます。

ダイレクトメールや、なぜか直接電話がかかってくることもあります。

自己破産した人にお金を貸す正規の貸金業者はありません。怪しいなと思ったらきっぱりと断りましょう。

関連記事をチェック!

闇金利用者の末路は悲惨

ヤミ金融の脅迫的、かつ非人間的な取立てにより、多くの債権者やその家族が恐怖を感じ、精神的苦痛を強いられています。 警察庁が発表した統計資料によると、平成27年の1年間で経済・生活問題が原因で自殺...

ノーローンは少額融資にオススメ

新生銀行の子会社新生パーソナルローンが取り扱っているローンで、完済した翌月以降も何度でも1週間無利息で利用できます。

少額の融資を短期間の返済期間で希望する人には、無利息期間以外に「ノーローン」を利用することによって利息を抑えることができます。

多くの消費者金融などでは、無利息期間のキャンペーンは初回限定ですが、ノーローンには回数制限はありません。

仮に10万円をノーローンで借り入れ、1週間以内に返済をすると利息はゼロとなります。1週間を過ぎても利息は8日目から計算されます。

給料日前でどうしてもお金が足りないという人や、どうしても急にお金が必要になったけれど用立てる時間がないという人におすすめです。

無利息期間のように回数制限がありませんので、1週間以内に返済できるときには利用すると良いでしょう。申し込み方法は電話やパソコン・携帯電話はもちろん、レイク自動契約コーナーでも申し込みができます。

関連記事をチェック!

ノーローンの申込・借入・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はノーローンについて説明したいと思います。 ノーローンについて ※ノーローン公式WEBサイトより引用 ノーローンは、新生銀行グループの「新生...

関連記事をチェック!

ノーンローン(ノン ローン)とは

最近ネットでたまにノーンローンという単語を目にします。 ノーンローンとは一体何なのでしょうか。 ノーンローンとは? ノーンローンはノーローンの表記ミスで書かれていることが多いです。 ...

専業主婦やパートタイマーでも借りられるおすすめのカードローン

「専業主婦やパートタイマーは借り入れできない」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、専業主婦やパートタイマーでも、配偶者もしくは本人に安定かつ継続した収入があれば利用することができます。

専業主婦やパートタイマーにおすすめなのが、「イオン銀行」のカードローンです。融資額の使用用途も原則自由で、融資極度額は10万円~800万円となっています。

専業主婦の人は、配偶者に安定かつ継続した収入があったとしても、極度額は50万円となります。なお、利率は3.8%~13.8%となっており、専業主婦の極度額である50万円を借り入れたとしても最大で13.8%までしかかかりません。

利息制限法では最大金利が18.0%となっていますので、13.8%は比較的低金利であると言えます。なお、返済が延滞したときの遅延損害金は年14.5%となっています。

インターネットから申し込みができ、当日14時までに申し込むと即日で結果が分かります(審査状況によっては翌日になる可能性があります)。

関連記事をチェック!

イオン銀行カードローン「カードローンBIG」~金利や借入・返済方法~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はイオン銀行カードローン「カードローンBIG」について説明したいと思います。 イオン銀行カードローン「カードローンBIG」について ※イオン銀行公...

少額の融資を繰り返しても信用情報に悪影響はないのか

少額の融資を繰り返しても、金融事故を起こさない限り信用情報に悪影響はありません。逆に、融資を繰り返し利用し、返済期日を守っていれば信用情報が高まると言えます。

融資を受けた履歴は信用情報にデータとして登録されますが、融資を受ける回数が増えるほど信用情報のデータも蓄積されます。

延滞や任意整理などの金融事故を起こさず完済したというデータは、融資をする側(がわ)は返済能力があると判断します。そのため、審査に通りやすくなる可能性があると言えるでしょう。

なお、各消費者金融の無利息期間を利用して融資を受けても、信用情報に悪影響はありませんので安心して利用できます。

即日融資はどんなに多くても50万円

即日融資はどんなに多くても50万円

給料日前などで今日中に1万円だけ借りたいというように、少額な金額をカードローンで借りたい状況となることは少なからずあることです。

最近のカードローンは消費者金融でも300万円というような高額な金額を借りることができるようになっていますが、カードローンでそこまで必要な人は少なく、特に即日融資となると数千円から多くても10万円程度がほとんどです。

このような数多くあるニーズに対応するためにも消費者金融では1万円からでも借りられるようにしており、少額な借入もすることができます。

というよりも、即日融資で借りる場合には基本的に少額な利用限度額でしか契約をすることができず、どんなに年収や信用が高い人でも50万円が一般的です。

ほとんどの人は利用限度額が10万円~30万円となりますので、即日融資は少額をすぐに借りたい人のためのサービスともいえます。

即日融資の限度額が少額になる理由

即日融資ではいくら年収が高くて信用も高いという人でも高額な限度額では契約することができないのには理由があります。

即日融資はそれまで利用していなかった業者からその日の内に借りることであり、業者にしてみるとその人の実際の返済能力などはわかりません。

もちろん審査をする際には信用情報機関に信用情報を照会したうえで審査をしますが、登録されている情報だけではしっかりと返済できる人なのかはわかりません。

中には信用情報上では高い信用となるのに、実際に貸付してみると度々延滞をしているという人もいます。

その人の信用や返済能力を判断するためには登録されている情報だけでなく実際に取引をしてみなければわからないことが多いですので、まずは少額な利用限度額にして実際の信用を判断するようにしています。

消費者金融などもボランティアで貸付しているわけではありませんので、リスク判断が難しい人には少額しか貸付しません。

少額融資は最高金利が適用される

少額融資は最高金利が適用される

即日融資は借りられることを最優先にした借入でありますので多少金利が高くても仕方のないことなのですが、やはり金利はできるだけ低くしたいものです。

しかし、少額な利用限度額に適用される金利はほとんどが業者で設定されている最高金利が適用されます。

従って、下記のような金利が適用されると考えておかなくてはなりません。

消費者金融適用金利
アコム18.0%
アイフル18.0%
プロミス17.8%
SMBCモビット18.0%

このように、ほとんどが利息制限法で定められている10万円以上100万円未満の上限金利が適用されることになります。

例えば10万円を借りるのに金利18%適用されると30日間で利息は1,479円支払うことになります。

もちろん審査の結果次第では最高金利よりも低い金利となることもありますが、ほとんどの人が最高金利となりますし低くなったとしても少ししか低くなることはありません。

関連記事をチェック!

カードローンの金利は借入限度額によって違う

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入限度額で金利は大きく違う カードローンを借りるときには少しでも金利が低い方がい...

消費者金融には無利息期間がある

即日融資で適用される金利は高いのですが、消費者金融には「無利息期間」というものがあり、この期間であればたとえ借りていたとしても利息がかかることはありません。

大手消費者金融でもSMBCモビット以外では無利息期間を提供していますので少額を借りて期間内に給料で返済してしまうと元金のみを返済するだけで良くなります。

この無利息期間を利用するための第一条件は初めてその業者を利用することであり、この他にも指定する上限を満たす必要があります。

各社の無利息期間条件と期間は以下のようになっています。

消費者金融はじめての利用以外の条件無利息期間
アコム返済期日「35日」で契約契約日の翌日から30日
アイフル無担保キャッシングローンを利用契約日の翌日から30日
プロミスメールアドレスを登録のうえ、Web明細を利用初回出金日の翌日から30日

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスのカードローンでお得に借りる

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

即日融資に必要な書類

即日融資に必要な書類

即日融資をより確実に行うためには申し込みに必要となる書類の準備です。

必要書類を準備しないまま申し込みをしたとしても書類が揃わなければ契約して借りることはできませんのであらかじめ準備をして申し込みことでスムーズに借りられるようになります。

カードローンを借りるために必ず必要となるのが運転免許証などの本人確認書類であり、免許証を持っていないという場合でもパスポートや個人番号カードでも確認書類とすることができます。

ただし、申込書には今現在住んでいるところの住所を記入しなければならず、住所変更をしていないなどで免許証などに記載されている住所と異なる場合には他の書類も提出しなければならなくなります。

免許証などに記載されている住所が異なる場合には、住民票や住んでいるところで支払っている電気料金などの公共料金の領収書を提出しなければなりません。

時間にあまり余裕のない即日融資では住民票を役所に取得しに行くのは効率的ではありませんので、公共料金の領収書を提出することが一般的です。

収入証明書類を求められることも

カードローンを借りる場合には基本的に以下の条件に該当しなければ収入証明書類を求められることはありません。

  • 50万円を超える借入となる場合
  • 他社からの借入も含めた借入総額が100万円を超える場合

ただし、これらの条件に該当しない場合でも収入証明書類を求められることがありますので、条件に該当しない場合でも源泉徴収票や給与明細書(直近2ヶ月分)は準備しておく方が無難です。

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

在籍確認は書類でも可能

在籍確認は審査の一環として勤務先に電話をすることで確認しますが、勤務先が休みであるという場合やどうしても電話されたくないという場合には健康保険証や給与明細書でも確認してくれます。

これは大手消費者金融であればどこでも可能であり、申し込み前や直後に担当者に相談をすることで可能となります。

しかし、中には書類の在籍確認はできないこともありますので注意が必要です。

お金貸します掲示板も要注意

お金貸します掲示板も要注意

最近個人間融資をマッチングさせるお金を貸します掲示板が流行しています。

掲示板にお金を貸してほしいことを書き込むことで、相手からの連絡を待ちます。お金を貸して欲しい人は大概10万円未満の少額融資を希望することが多いです。

それを狙ってヤミ金業者や貸します詐欺業者が連絡してくることがありますので注意してください。

関連記事をチェック!

【悲報..】個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw

最近周りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困って...

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談