Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

カードローンからフリーローンに借り換えはお得?

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

カードローンなどは借入件数が多ければ多いほど、返済が大変になります。

このようなときには、早めにフリーローンに借り換えてしまった方が、後々の返済が非常に楽になります。

もしも、毎月の返済に苦労してしまうと、返済に追われて新たなローンに手を出すという最悪な悪循環に陥ってしまうでしょう。

このため、ある程度のところでフリーローンで借金を一本へ借り換えたほうが無難です。

借り換えを希望するときには使い道が自由なフリーローンが便利ですので、今回はフリーローンのメリットと注意点を徹底解説します。

執筆者の情報
名前:手塚 龍馬(36歳)
職歴:過去7年,地銀の貸付業務担当
この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 赤色フリーローンで借金の借り換えを検討している人
  • 赤色借り換えをフリーローンで行うメリットが知りたい人
  • 赤色フリーローンの審査落ちをしないための対策がしたい人

借り換えでフリーローンを利用するメリット

借金を借り換えたり、まとめたりするときには、フリーローン以外にもおまとめローンやカードローンなど、他のローン商品を利用する方法もあります。

しかしフリーローンには他の商品にはないメリットが幾つもあります。

ここでは、なぜ借り換えにフリーローンが良いのか、メリットを中心に解説します。

複数の返済日をまとめて返済計画を立てれる

借入先が複数になってしまった人の悩みのひとつに、それぞれの借入先の返済日や借入金額を管理が大変であるという点があります。

しかし、フリーローンを利用して借金をまとめることで、複数ある借金をひとつにできるため、返済日や返済金額もひとつに統一可能です。

返済先が複数になって、返済日がそれぞれ異なるとうっかり返済を忘れてしまったり、返済金額を間違えて引き落としがされなかったりなど、支払いに関するミスが増えてしまいます。

返済日や返済金額以外にも、返済終了になるまでの返済回数など、借金を借り換えることで管理が一気に楽になるのは大きなメリットです。

金利を安くできる

フリーローンに借り換えを行うと、金利を安くしやすいというメリットもあります。

もちろん、借り換え前のローンを低金利で契約している人は、フリーローンに借り換えても低金利にならない可能性もありますが、一般的にはカードローンなどよりもフリーローンの方が低金利なことが多いです。

また、ローンは1社での借入金額が高額であるほど金利は低くなるため、フリーローンで複数の借金をまとめると金利は低くなりやすいです。

金利が下がれば最終的な返済金額も減らしやすいため、非常にありがたいメリットと言えます。

毎月の返済額を変えることができる

複数のローンを利用している人の中に、毎月の返済金額が高い点に悩まされる人もいるでしょう。

フリーローンで借金をまとめることで、毎月の返済金額を再指定できるため、返済金額が高額な人も安心です。

フリーローンの返済方法は、多くが元利均等返済という毎月決まった金額を支払う定額返済ですが、返済回数を調整することで返済金額はある程度自由が利きます。

また、毎月の返済金額を少額にしたとしても、繰上返済やボーナス月増額返済を駆使することで、無理なく早期返済を行えるのでおすすめです。

ただし、返済期間が長くなったにもかかわらず繰上げ返済をせずに毎月少額の返済だけ続けていると支払利息が増え、借り換え前よりも総返済額が増える可能性が高いので注意が必要です。

フリーローンの借り換え審査は甘い?

フリーローンの借り換え審査は甘い?

フリーローンで借り換えを行うのは様々なメリットがあることはわかりましたが、そもそもフリーローンの審査に通るのか不安な人も多いでしょう。

フリーローンの借り換え審査はどのような基準で行われるのか確認していきましょう。

個人信用情報

どのようなローンでも最初に行われる審査が個人信用情報の照会です。

個人信用情報では主に以下の3つの点を確認します。

①事故情報
個人信用情報には自己破産、債務整理、代位弁済、長期延滞などの金融事故の記録が記録されています。

この情報が個人信用情報にある人はいわゆるブラックと呼ばれる人であり、この時点で審査には通過できません。

②借入金の金額と件数
他からの借入金がいくらで何本あるのかも個人信用情報には記録されています。

フリーローンは年収を超える融資は行わないため、年収を超える借入がある人は審査通過が難しくなります。

また、借入件数がすでに3本以上ある人も審査にマイナスとなりますが、おまとめの場合には、融資実行後に借入件数が減りますので、多重債務状態でも審査に通過できる場合もあるようです。

③クレジットヒストリー
クレジットヒストリーとは借入金やクレジットカードの支払状況を2年分記録しているものです。

実は審査の際にはこの点がかなり重要です。

借入金やクレジットカードの支払状況に何も問題がない人は、多少年収がひくくても審査に通過できることがあります。

借入金の返済にはしっかりしており、優先して返済を行う人であるということがわかるためです。

また、クレジットヒストリーに毎月遅れが記録されている人は、他の属性がいかに良好でも審査には通過できない場合もあります。

特に借り換えを行うのであれば、既存債務の返済状況の遅れがあるかは審査にかなり影響することとなります。

勤務先

勤務先は公務員と上場企業会社員が最も審査に有利となります。

反対に所得が安定しないと考えられる個人事業主や小規模会社の代表者が審査には最も不利な職業です。

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど審査に有利となります。

フリーローンの場合には1年以上の勤続年数が必要とされ、3年あれば審査にはマイナスになりません。

年収確認はカードローンより厳格

銀行カードローンは300万円以内の借入が収入証明不要となっている商品も少なくありませんが、フリーローンはカードローンより収入証明書の提出基準が厳格です。

100万円を超える場合に提出を求められることも多いですし、融資金額に関わらず必ず提出が求められる場合も少なくありません。

特に資金使途がおまとめの場合には、おまとめ後の返済が収入と比較して無理がないかが重要になります。

借り換え時には税込年収の金額も審査では重要となるため、収入と借入金額の比率は大切です。

このため、フリーローンでおまとめを行う場合には返済能力が十分にあること、また他社借入が多すぎないことが審査通過率を上げるポイントとなります。

カードローンより審査は厳しい

フリーローン審査のときには、上記の項目を点数化して基準点以上となった人のみ、審査に通過できるスコアリング審査という方法で行われます。

この基準点がカードローンよりもフリーローンのほうが厳しいといわれています。

金利がフリーローンのほうが低いという点と、完済期日が決まっている分、毎月の返済額が高額になることが原因のため、カードローンよりも少し高い基準で審査が行われるようです。

とはいえ、自動車ローンよりも審査は甘いですので、普通にカードローン審査に通過できるような人であれば、フリーローン審査にも大きな影響はないでしょう。

在籍確認

スコアリング審査に通過すると、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているか確認する在籍確認が行われます。

ここで問題なく勤務先への在籍が確認できれば審査通過となります。

関連記事をチェック!

3352view

審査甘いフリーローンをランキングで紹介

カードローンと同様に何にお金を使っても自由なローンと言えばフリーローンです。 銀行系のフリーローンはカードローンとは微妙に商品性を審査も異なります。 場合によってはフリーローンのほうが得になること...

フリーローンで借り換えの注意点

フリーローンで借り換えの注意点
フリーローンに借り換えができれば、借り換え前よりもメリットを受けられることが多いですが、行う時期や行うときの注意点などが幾つかあります。

中でも、カードローンなどの既存の借入金を1本に借り換える時には以下の3点に注意が必要です。

多重債務になる前にまとめよう

複数の借入金を1本にまとめる場合には、借入件数が多くなりすぎる前におまとめを行う必要があります。

審査のときには他社からの借入件数が多ければ多いほどマイナスになります。

多重債務者は極端に審査に不利となりますので、借入本数が2本~3本くらいの間に借り換えの審査への申し込みをおすすめします。

これ以上借入件数が増えてしまうと本当に返済に困って、返済に遅れが出てしまっても審査には通過できなくなります。

手遅れになる前に借り換えを行うことが重要です。

関連記事をチェック!

2714view

借金を一つにまとめる方法!複数キャッシングでお困りな方必見

借金を一つにまとめて返済を楽にしたいという人のために、借金をまとめるにはどうすればいいのか、まとめる機関による違いをわかりやすく紐解いていきます。 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(36歳)...

借り換えでメリットがいくらか試算

複数の債務を1本にまとめればたいていの場合には毎月返済額は少なくなります。

しかし、場合によっては利息負担額が借り換えを行ったことによって多くなってしまうこともあります。

①返済期間を長期化した場合
あと数年で返済が終了するローンを借り換えによって長期のローンへ切り替えた場合には、期間が延長した分、利息も多く支払わなければなりません。

②金利の低いローンも1つにまとめた場合
複数の借入金がある人は、金利の低いものも、高いものもある場合があります。

返済を楽にしたいあまりに金利の低いローンもフリーローンでまとめた場合には、金利が増えた分は利息負担が増えてしまうことがあります。

おまとめは基本的にはメリットが多くありますが、以上2点には注意したうえで銀行などに借り換えのシミュレーションを出してもらってから、借り換えを行ったほうが良いでしょう。

計画的に返済できることを優先する

フリーローンの返済は、毎月確実に返済ができる金額で、計画的に返済できることを優先しましょう。

フリーローンの返済方法は、多くの金融機関が元利均等返済方式を採用しているため、毎月の返済金額はカードローンの支払よりも高めに設定されていることが多いです。

カードローンの返済に慣れていると、「思ったよりも毎月の返済が大変で返済金額が用意できない」と言った状態になりやすいです。

フリーローンの返済金額を設定するときには、気持ち楽に返済できる金額にして、余裕ができたら繰上返済を行うのが、計画的に返済するときのコツです。

フリーローンで審査落ちしてしまうポイント

フリーローンで審査落ちしてしまう人には、幾つかの共通点があります。

保証会社や金融機関は審査落ちの理由を公表していませんので、審査落ちをしてしまった人は、これから紹介するポイントが当てはまらないか確認してください。

借入先や借入金額が多すぎる

借入先の件数や借入金額が多すぎるときには、審査落ちをしてしまう危険性が一気に高まります。

借入先や借入金額の基準は金融機関によって異なりますが、一般的には借入先は4社以上、借入金額は年収の3分の1~2分の1程度から、多すぎると判断されやすいです。

ただし他社からの借入金額は、基本的に無担保ローンであるカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を見られるため、住宅ローンやマイカーローンなどは審査の対象とはならないケースもあります。

また、他社借入で特に審査に影響が大きいのは、消費者金融からの借入です。

複数の消費者金融から借入をしている人は注意が必要です。

返済能力が不足している

少し先ほどの特徴と被りますが、申込者の返済能力が不足している場合にも審査落ちしやすいです。

返済能力は年収によって審査されることが多いですが、大切な点は申込者の他社借入と借り換え希望額に対する割合です。

例えば、同じ年収500万円の人でも借り換え希望額が100万円の人と、200万円の人では必要な返済能力は大きく異なります。

また、安定した収入があるかという点も返済能力として考慮されるため、勤続年数や職業も審査落ちの原因となりやすいです。

必要書類に不備がある

フリーローンの審査では本人確認書類と公的所得証明書の提出が必要ですが、これらの書類に不備があると審査落ちしてしまいます。

まず気を付けたいポイントとして、必要書類は金融機関が認めている書類であるかどうかです。

本人確認書類としては、運転免許証やパスポートなどは幅広い金融機関で認められていますが、健康保険証や個人番号カード(マイナンバーカード)は認めていない金融機関もあります。

次に提出書類が最新のものかも重要です。

例えば、公的所得証明書として利用できる納税証明書や確定申告書、源泉徴収票は、必ず直近のものでなければなりませんので、間違えて前年度のものを提出したときも審査落ちの原因になります。

借り換えにおすすめフリーローン

借り換えにおすすめフリーローン

これまでフリーローンについて様々な情報を紹介しましたが、ここからは借り換えにおすすめな人気のフリーローンを2つご紹介します。

低金利なろうきんフリーローン

フリーローンは金利がカードローンよりも低いですが、それでも金利が10%を超えるようなことも珍しくありません。

そこで低金利でおすすめのフリーローンがろうきんのフリーローンです。

ろうきんのフリーローンは労働組合加盟団体従業員、生協会員組合員、その他の一般労働者によって金利が異なります。

ろうきんフリーローンの金利は以下のようになっています。

団体会員の構成員の:変動金利5.825% 固定金利7.0

生協会員、組合員および同一生計家族:変動金利6.105% 固定金利7.28%

その他の一般勤労者:変動金利6.325% 固定金利7.5%

団体構成員の金利が最も低くなっていますが、一般的なフリーローンという観点からは一般勤労者の金利でも十分に低い金利となっています。

また、変動金利と固定金利を選択できるという点もろうきんフリーローンの魅力です。

資金使途は何に使用しても自由ですが、借り換えに使用する場合は他債務の残高が確認できる資金使途確認資料が必要になります。

また、融資金はろうきんが借入先に振り込む形になります。
融資限度額:500万円
融資期間:最長10年

他債務の金額が大きくなる借り換えでも限度額が500万円までとなっていますので十分に対応できる金額となっています。

また、融資期間が10年までですので、長期間で借入を行い、毎月返済額の負担を軽減することも可能です。

ろうきんのフリーローンは地域によって条件が異なるため、先ほど紹介した情報とは少し内容が異なるケースもあります。
利用を検討するときには、最寄りのろうきんのホームページから詳しい情報を確認してください。

手続き簡単なイオン銀行

イオン銀行フリーローンは借り換えローンとしても人気のローンです。
金利:3.8%~13.5%
融資限度額:700万円
融資期間:最長8年

フリーローンというと、店頭に行って契約書の記入が必要なことが多いですが、イオン銀行フリーローンはインターネットで申込みを行い、郵送で契約書のやり取りを行うことができきますので、来店不要で契約を行うことができます。

また、収入証明書の提出が300万円以下は不要、見積書等の資金使途確認資料の提出も不要という点も魅力の1つです。

イオン銀行カードローンの最高金利は13.8%ですが、フリーローンはそれよりも少し低金利な13.5%となっています。

カードローンのように限度額に応じて金利が決定するわけではないため、属性の良い人であれば少額でも低金利が適用されるという点もメリットといえます。

このような気軽さと低利という特徴を併せ持っているイオン銀行のフリーローンは、おまとめ目的として人気のフリーローンです。

関連記事をチェック!

879view

イオン銀行カードローンで借り換え,おまとめ。口コミのおすすめは?

イオン銀行のカードローンは、上限金利が13.8%となっていますので、「借り換えにも検討したい」という方も多いのではないでしょうか? そこで、今回はこのカードローンのスペックをおさらいし、借り換えに適...

フリーローンとカードローンを比較

フリーローンとカードローンを比較
使い道が事業性資金以外であれば自由で、気軽にお金を借りることができるフリーローンやカードローンですが、違いはどのような点にあるのでしょうか?

カードローンの特徴は限度額

カードローンは必ずしもお金を借りるわけではありません。「〇〇万円まで借りることができる」という枠を作るものです。

枠の範囲内であれば好きな時に好きな金額だけを借りることができます。

より利便性を高めるため、枠に対して借入と返済がATMから行えるようにカードを付与したのがカードローンです。

毎月の返済額はカードローンによって異なりますが、利息プラス少しの元金が返済できるように借入残高ごとに設定されています。

そのため、毎月の最低返済額を返しているだけでは借入残高はなかなか減っていきません。

借りては返して、返しては借りてを繰り返すことができるため、返済がいつ終わるのかが分からないというデメリットがあります。

関連記事をチェック!

43view

銀行系カードローンの借入限度額の上限はいくら?

カードローンといえば少額借入での利用が一般的です。 しかし、現在は銀行がカードローン事業に本格的参入を始めたこともあり、借入限度額が高額設定されたものも多くなってきました。 中には1,000万円と...

フリーローンは一括融資

フリーローンは借りたい金額の融資が一括で行われます。

一度融資を受けた後は返済を行っていくだけとなるため、一般的な住宅ローンや自動車ローンと条件は基本的に同じです。

その名の通り、借りたお金を何に使っても自由ですが、申込時に銀行へ見積書などを提出した使い道にしか使用できない目的フリーローンと、見積もりなどの資金使途確認資料の提出が必要ないフリーローンの2種類あります。

目的フリーローンには借り換えには使用できない商品も多く存在するため、一般的に借り換えに使用するのは、見積もりなどの提出が不要なローンとなっています。

カードローンと異なり、必要資金の融資を一括で受けるため、申込時に希望した目的以外には使用せず、無駄な浪費を行うリスクが少ないという点がメリットです。

希望する返済期間内に完済できるように計算された返済額を毎月返済していく形になります。

このため、1本あたりの返済額がカードローンよりも大きくなることが一般的です。

返済はカードローンよりも大変ですが、返済の終わりが見えるという点もメリットです。

関連記事をチェック!

328view

カードローンとフリーローンの違いやメリット・デメリット

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか? このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローン(多目的ローン)があります。 「カードローンはよく聞くけど...

銀行のおまとめローンとの違い

銀行のおまとめローンとの違い

銀行のおまとめローンとフリーローンはどのように異なるのでしょうか?

おまとめローンは他の借入金の借り換えだけにしか使用できないローンです。

このため、実質的には資金の使途をおまとめに限定した目的フリーローンであるともいえます。

おまとめローンにはメリットとデメリットがありますので、ここでは詳しく見比べて行きましょう。

関連記事をチェック!

398view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

おまとめローンのメリットとデメリット

フリーローンは銀行によってはおまとめに利用できない場合も多いです。

また、銀行がおまとめ利用に積極的ではない場合は審査に通りにくい可能性があります。

しかし、おまとめローンはその名の通り「おまとめ」に利用が限定されているので、他社借入がある人が申し込みをすることが前提になっています。

そのため、他社借入が多くても返済能力に問題なければ審査通過できるというメリットがあります。

また、毎月の返済額を少なくするために、返済期間が通常のフリーローンよりも長期間に対応しているという点もメリットです。

一方で、おまとめしたい人には返済能力に問題がある人が多いこと、またおまとめする場合には借入額が大きくなりやすいことで、その分審査が厳しくなるという点はデメリットであるといえます。

また、申込のときには、おまとめをする既存債務の残高が確認できる資料の提出を要求されることがあります。

さらに、融資実行後は既存債務を確かに返済したという証明が求められる場合がありますし、カードローンの枠の解約まで求められる場合もあります。

このように、おまとめローンには手続きが煩雑であるというデメリットもあります。

このようなデメリットを回避するために、使い道が完全に自由なフリーローンでおまとめを行う人も少なくありません。

関連記事をチェック!

163view

おまとめローンは金利に注意!得する場合と損する場合

借金が複数本あると毎月の返済が大変です。 そのような時は借金のおまとめを行い、返済を楽にしたいと考えるものです。 しかし、おまとめが必ずしも得になるとは限らないとご存知でしたか? おまとめを行っ...

まとめ

複数の借入金をまとめるための借り換えはおまとめローンなどでも行うことができますが、手続きが煩雑であることと、審査が厳しいという理由から手続きが比較的簡単なフリーローンで行う人が少なくありません。

フリーローンは金利がカードローンよりも少し低い程度ですが、カードローン審査に問題なく通過できる人であれば審査の難易度はそれほど高くはありません。

複数の債務をうまくまとめることができれば①多重債務からの脱却②利息負担の軽減③毎月返済額の軽減といったメリットがたくさんあります。

借入件数が多くなればなるほど審査にはマイナスとなりますので、審査に通過できなくなる前におまとめは早めに行っておきましょう。

 5.0  (3)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談