馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

今すぐ40万円から50万円を今日中に即日融資で借りるならどこがいい?

40万円から50万円借りるなら銀行カードローンに申し込むか消費者金融カードローンに申し込んだ方が手っ取り早いですね。

しかしカードローンには審査があります。審査に通らないことにはお金を借りることができません。当たり前の話なのですが重要なことでもあるのです。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

40万円を借りるには

40万円を借りる際に考えたいのが、審査から融資実行までのスピードが早いことを優先とするのか、それとも出来るだけ安い金利で借りたいのか、どちらを選択するのかということです。

多少金利が高くても今日どうしてもお金が欲しい、即日融資を希望するのであれば消費者金融カードローンが向いています。

また即日融資にこだわらないのであれば、金利の低い銀行カードローンに申し込むことをおススメします。

大手消費者金融業者はとくに即日融資を最大の武器として積極的な誘客を行っていますので、可能な限りより確実に今日のうちにお金を借りたい人にとって大変役に立ちます。

銀行カードローンも即日融資に対応しているネット銀行や地方銀行、及びメガバンクがあります。

しかし専用の口座を持っていないとすぐにお金を借りることができない、または申し込み時間に制約がある、土日祝日は審査ができないなど、消費者金融に比べて多少利便性を欠いてしまいます。

銀行によっては消費者金融業者をグループ企業に持っている銀行もあります。そのような銀行であれば無人契約機を設置しているため、即日にお金を借りることもできないことはありませんが数はそれほど多くはありません。

消費者金融で40万円を借りる

消費者金融で40万円を借りるというのは実に微妙な金額です。

あと10万円追加すれば50万円を借りればいいのではないか、その方がなんとなく切りが良いような感じもしますね。

おそらく40万円を借りたいという人の中には、本当は50万円を借りたいのだけれど追加書類を求められるのではないかと考えている人も多いのではないでしょうか。

追加書類とは収入証明書のことです。消費者金融でお金を借りるには貸金業法が適用されます。

審査の内容や借入金額によっては返済能力が確かにあるのか、本当に申告しただけの年収があるのか確認するために、消費者金融側がカードローン申込者から収入証明書の提出を求めなければいけないのです 。

貸金業法を確認してみよう

貸金業法では返済能力の有無を確認するために、以下の条件に該当する場合は収入証明書を提出しなければならないことが定められています。

・借入希望金額が50万円超
・他社借入金額との合計が100万円超

以上のうちどちらかに該当してしまうと、消費者金融業者は収入証明書の提出を求めなければなりません。

法律によれば40万円を借りるには収入証明書の提出をしなくても、本人確認書類だけでインターネットやスマホ、または無人契約機から借入申込をすることができるとなっています。

では50万円を借りれば収入証明書を提出しなければならないのか、と言うとそうではありません。

法律上は借入希望金額が50万円を超えた場合に、収入証明書を提出しなければならないのであって、50万円ピッタリ借りたいならとくに収入証明書は必要ありません。

ただし審査の内容によって、返済能力があるかどうか疑わしい、または年収が本当に申告通りの年収なのか怪しいと消費者金融が判断した場合は、借入希望金額が50万円を超えていない場合でも追加書類として収入証明書を提出しなければならない場面もあります。

関連記事をチェック!

収入証明書と所得証明書は違う?【アコム等のカードローン~賃貸まで】

カードローンや賃貸物件の入居の申込をすると、収入証明書の提出を求められます。 収入証明書とは何でしょうか。そもそもなぜ収入証明書が必要なのか、入手方法などを解説します。 収入証明書とは収入が分...

注意しなければならない他社借入金額との合計

法律にはもうひとつ収入証明書を提出しなければならない条件がありましたね。

それは他社借入金額との合計額が100万円を超える場合です。

今までお金を借りたことがなく、初めて消費者金融カードローンに申し込むのなら心配する必要はありません。

ただし他社カードローンに申し込んでいる、またはクレジットカードのキャッシングを利用しているなど、お金を借りることが初めてではない人にとって、他社借入金額との合計は気になるところです。

このときに注意したいのは、他社借入額の認識があります。現在の借入残高なのか、それとも利用限度額なのかという点です。

消費者金融は総量規制貸付対象となるため、消費者金融業者が個人に貸しても良い金額は年収の1/3までを上限として制限しています。具体的には年収300万円の人なら100万円が総量規制枠ですね。

カードローン契約は極度額貸付契約方式のため、総量規制に該当するのはカードローンの極度額です。

カードローンの極度額を利用限度額と同額にしている消費者金融業者が多いため、他社借入金額には総量規制の考え方をそのまま当てはめることができます。

他社借入金額の合計とは現在の借入残高ではなく、カードローンの利用限度額であるということに注意しましょう。

総量規制の現実的な考え方

仮に他社借入額が残高20万円だとしても、利用限度額が50万円なら、借入額の合計金額は今回の借入希望金額40万円との合計で90万円になります。

年収300万円ならほとんど総量規制枠ギリギリです。

確かに総量規制は消費者金融業者が個人に貸付しても良い上限金額を定めたものです。年収300万円なら100万円まで契約しても法律に違反することはありません。

しかし必ずしも総量規制枠全部を使い切ってお金を貸すということはほとんどないのです。

他社契約がある場合は申し込むタイミングによって、総量規制を一時的に超えてしまうこともあります。

そうなると消費者金融業者は総量規制枠内に収まるように、一時的にカードの利用を停止しなければならない事態が生じてしまいます。場合によっては利用限度額を減額してしまうということもないとは言えません。

一時的にカードローンを利用できなくなった会員は消費者金融業者に「なぜ追加借り入れができないのか」と苦情入れることでしょう。

それが原因で他社に乗り換えられてしまうということが起きてしまい兼ねません。

そのようなことで会員を失ってしまっては元も子もなくなってしまいます。そのため総量規制枠にはある程度余裕を持たせることが、結果的に会員の利便性を保つには必要なことになるわけです。

またカードローンを利用している人の年収は300万円以下で過半数を占めています。ということは総量規制枠が100万円以下の人が多いということです。

カードローンでお金を借りようとする人が借入希望金額を50万円ではなく、40万円にしなければならない理由が見え隠れします。

40万円を借りるために必要な年収はいくら?

消費者金融の貸付は総量規制対象となるため、年収によって借りれる上限額が決まっています。

総量規制は消費者金融などのノンバンクが個人に貸し付ける上限額を年収の1/3までと定めたものです。

よって40万円を借りるために必要な年収は120万円あればいい、と考えるのはいささか早計ですよ。

確かに年収120万円の1/3は40万円ですから、パート収入があれば40万借りれそうな気がしますね。

しかし消費者金融の利用限度額は初回利用者に対して年収の10%程度としていることが多いのです。

年収120万円で消費者金融に即日融資を申し込んでも、借りれる金額は10万円から15万円、多くても20万円くらいが限界ですね。

それなら消費者金融2社か3社に同時に申し込んで、合計40万円を借りれば良いのでは?の発想も出てきそうです。

残念ながら複数同時申込みしてしまうと、1社目はスムーズに借りれるかもしれませんが2社目以降は警戒してしまうおそれがあります。

そんなに急いでお金を借りようとするのには何か特別な理由でもあるのではないか、とか、このままお金を借り逃げしてしまうのではないかと判断してしまうのですね。

ですから年収が少ない状態で複数同時申込みで40万円の即日融資を受けるのは、目的が達成されない可能性もあるためおすすめできません。

では、いくら年収があれば40万円をスムーズに借りれるのかと言うと、少なくても年収は300万円以上できれば400万円あると良いですね。

40万円借りるには収入証明を提出

一般的に消費者金融は初回会員に対して与える与信枠を多くても総量規制枠の1/3程度にしていることが多いです。

信用情報機関から取得したデータによって、ある程度客観的に返済能力がどの程度あるのか調べることはできますが、実際のところ借りたお金をきちんと返済してくれるかどうかまではわかりません。

お金を借りるということは、それだけお金に困っているということでもあるわけですから、最初から40万円の利用限度額を与信されるためには年収が多く、返済能力が十分にあると判断されない限りお金を借りることはできません。

可能な限り40万円を借りたいと言うのであれば、返済能力が確かにあることを証明するために、消費者金融業者から言われなくても積極的に収入証明書を提出するようにしましょう。

前述したように初回会員に対しての利用限度額は総量規制枠の1/3となることが多いですから、年収300万円の人なら、利用限度額は多くても30万円となってしまいます。これでは希望金額にあと10万円足りません。

信用情報に悪い情報がないのなら、源泉徴収票や給与明細書を直近2カ月分にプラスしてボーナス時の給与明細書も添えれば、返済能力が十分にあることを証明することができますね。

50万円を借りるなら

最初から50万円を借りたいと言うのであれば、融資実行までの時間が1、2日かかったとしても銀行カードローンに申し込むようにすれば借りることのできる可能性は高くなります。

消費者金融カードローンでも年収が十分にあるのなら50万円を借りることは難しいことではありません。

しかし消費者金融業者は意外と慎重なところがあり、初回会員に対して最初は低額で貸付し、利用状況に応じて限度額を増額していくという方法を取るのが一般的です。

最初から50万円を狙うのであれば年収は少なくても500万円は欲しいところです。

前項でご説明したように、消費者金融で与信される利用限度額は総量規制の3分の1となることが多いため、年収500万円なら総量規制枠は166万円です。

総量規制枠が166万円ならその1/3である50万円を借りることができるでしょう。年収500万円なら最初から50万円を借りることができる期待があります。

年収が500万円未満の人は利用限度額30万円から出発して、増額によって最終的に50万円を借りることを目指すようにしましょう。

銀行カードローンで50万円借りる

銀行カードローンは貸金業法が適用されないため総量規制と関係がありません。

審査の内容によって返済能力が十分にあると確認されれば、最初から50万円を借りることも不可能ではありません。

年収300万円なら1/2である150万円まで借りることができる、とはなりません。銀行も消費者金融と同じように自主規制基準として、年収の1/3までを貸付上限額としていることが多いです。

つまり年収300万円なら100万円が貸付上限額となるわけです。数字だけ見れば総量規制と変わることはありませんね。

銀行は返済能力を計る方法として返済比率を目安としています。返済比率とは簡単に言えば1年間に支払う総借金額の合計を年収で割った数字のことを言います。

返済能力が十分にあることを示す数字として、銀行によって多少基準は異なるものの30%未満であることが銀行全体の共通認識のようです。できれば25%未満なら文句の付けようはありません。

50万円を借りる返済比率計算

返済比率は具体的にどのように計算するのか実際行ってみましょう。

計算式は簡単なもので、以下のようになります。

・返済比率=年間に支払う借金合計/年収x100

よくあるパターンとして次のようなケースで計算してみます。

・自動車ローン月額返済5万円
・クレジットカード利用料月額返済3万円

1年間に支払う借金の合計は8万円x12カ月=96万円ですね。これを計算式に当てはめてみましょう。

・返済比率=96万円/300万円x100

計算結果は32%です。これでは現状でさえ30%未満を達成することはできません。

最終的な返済比率を求めるには、銀行カードローンを利用した場合の月々の返済額も計算に入れる必要があるため、もっと返済比率の数字が増えてしまうのは明らかです。

この状態で50万円を借りることはちょっと難しいですね。

ちなみに年収に対して返済率が30%未満になるためには次の計算式で求めることができます。

・年収x30%

銀行カードローンで50万円を借りた場合の1カ月当たりの返済額を1万5,000円とすれば年間に支払う金額は18万円です。

年収300万円の人で返済比率が30%未満になるには、年間に支払う金額90万円から18万円を差し引いた72万円未満で、自動車ローンやクレジットカードの支払いを済ませなければなりません。

・自動車ローン月額返済3万円未満
・クレジットカード利用料金月額返済3万円未満

以上の内訳でなければ、年収300万円で50万円を借りることはかなり難しいことになります。

銀行カードローンでお金を借りる場合は年収を増やすか、または可能な限り借金額を減らさなければなりません。

40万円を借りた場合の返済額

40万円を銀行で借りた場合と、消費者金融で借りた場合の月々の返済額がどのくらいになるのかご紹介したいと思います。

なお利用した返済シミュレーションは、銀行はメガバンクのM銀行、消費者金融はAC社を利用しました。

◆銀行カードローンの場合
・12カ月で返済:3万6,009円
・24カ月で返済:1万9,299円
・36カ月で返済:1万3,768円

◆消費者金融カードローンの場合
・12カ月で返済:3万6,671円
・24カ月で返済:2万1,481円
・36カ月で返済:1万4,773円

短期間で返済するのであれば、銀行カードローンも消費者金融カードローンも1カ月当たりの返済額にあまり変わりはありません。しかし返済回数が延びるほど返済額に大きな差が出てくることがわかりますね。

消費者金融の金利は年18.0%が標準となっており、一方銀行カードローンの金利は年14.5%前後となっていることが多いからです。 36回払いで返済を行うと総支払金額の差は3万6,180円です。

50万円を借りた場合の返済額

今度は50万円を借りた場合の銀行と消費者金融の月々の返済額についてご紹介します。

◆銀行カードローンの場合
・12カ月で返済:4万5,011円
・24カ月で返済:2万4,124円
・36カ月で返済:1万7,210円

◆消費者金融カードローンの場合
・12カ月で返済:4万5,839円
・24カ月で返済:2万5,865円
・36カ月で返済:1万8,076円

借り入れする金額が50万円になると、金利の差はますます1カ月当たりの返済額に大きく響いてくることがお分かりになると思います。

12回払いだとしても総支払金額の差は9,936円、24回なら4万1,784円も違ってきます。

40万円から50万円を借りるなら

即日融資にこだわらないなら銀行カードローンを選択した方がお得ですね。

どうしても急いで40万円や50万円を借りなければいけないという状況なら、年収や他社借入状況によっては、とりあえず消費者金融カードローンに申し込んで必要な金額を借り、後から銀行カードローンに乗り換えるという方法も悪くはありません。

消費者金融カードローンには初回会員限定として30日間無利息サービスを用意してあることが多いため、無利息期間中に銀行カードローンに乗り換えれば、お得で賢いカードローンの利用方法となります。

消費者金融に申し込むなら他社借入があったとしても、総量規制枠の半分以下に収めておくことが40万円から50万円を借りるには必要なことです。

銀行カードローンで借りるなら、借入上限額は年収の1/3を上限とすること、そして返済比率が30%未満になることを条件として考えなければなりません。

返済能力を超えた借入は、多重債務に陥る原因になるばかりか、返済地獄や借金地獄にはまってしまうことになります。

収入証明書が不要なら虚偽申告でも構わない?

他社借入がない状態で年収が150万円から200万円という人は、収入証明書の提出が不要なら年収を水増しすれば借りれるんじゃないの?と考えますよね。

ただし申込フォームに記入する内容に虚偽申告が見つかってしまった場合は、1円も借りれないまま審査落ちになる可能性が高いです。

しかも年収の水増しは総量規制と関係があるため、かなり問題視されることでしょう。

本当の年収は150万円から200万円なのに、即日40万円を借りる審査に通るために年収400万円と書いてしまうことも少なくないと言います。

消費者金融は金融のプロです。年齢や職業、勤務先、勤続年数などから推定で年収を調べることが可能です。

現在または過去の膨大な顧客データベース、及び企業情報もふんだんに審査に利用していますので、どこか辻褄が合わない部分があれば、収入証明書や健康保険証の提出を求めてくることでしょう。

そうすればすぐに虚偽申告だということがバレてしまいますね。

関連記事をチェック!

カードローンでお金を借りる際に嘘をついたら審査でバレる?

ローンに申し込む際の情報はどこまで確認しているのでしょうか?実はローン審査の際に重要になる情報は限られており、その情報だけ確認を行っています。 ローン審査の際には嘘をついてはいけませんが、嘘をつ...

即日融資を受けるための申込時間

いくら大手消費者金融即日融資に特化していると言っても、即日融資を受けるためには申込み時間に気をつけなければなりません。

何時までに申込めば即日融資ができるのか借入方法によって違ってきます。

◆振込キャッシング:平日14時までに契約手続き完了
振込キャッシングは自分の銀行口座にお金を振り込ませることで消費者金融から借りる方法です。そのためには銀行営業時間内に振込手続きをしなければ間に合いません。

消費者金融の審査時間は最短で30分、契約手続きを含めて最短で60分となっていても申込み状況によって混雑すれば時間はかなりずれてしまいます。

最短60分の2倍である2時間程度を必要と考えて平日12時までに消費者金融に申込みましょう。

なおアコムやプロミスはそれぞれ楽天銀行、三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば平日20時までの契約手続きで振込キャッシングが可能です。

◆ATMでの借入:曜日に関係なく20時までに契約手続き完了
振込キャッシングの時間に間に合わなかったという場合は、パソコンやスマホから借入申込みをして審査に通った後に、自動契約機からカードを発行させる方法で借りましょう。

自動契約機は22時まで稼働していますが、審査回答時間は21時までとなっていることが多く、審査時間を考えると19時までには申込みを完了させておきたいところです。

即日融資を受けるために必要な書類

どうしても今日中に借りなければならない理由があるのですから必要な書類は事前に用意しておきましょう。

◆本人確認処理
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・顔写真付きの住民基本台帳カードなど

現住所と本人確認書類に記載されている住所が違っている場合は、住民票かまたは公共料金の領収書が必要です。原則的に発行日から6カ月以内のものでなければなりません。

なお健康保険証+住民票の組み合わせでも借入可能な消費者金融もありますが、その場合は消費者金融の有人店舗に行かなければならないなど制約があるため注意してください。

関連記事をチェック!

消費者金融で借金するときに必要なものとは?

いざ急にお金が必要になったときに慌てないように、常日頃から借金するときに必要なものを確認しておきましょう。 銀行からお金を借りる、消費者金融からお金を借りることは知っていても、手続きが面倒なんじ...

専業主婦でも融資可能なカードローン

専業主婦はカードローンを借りにくいという事情があります。

なぜなら、消費者金融から借入ができない上、銀行カードローンの場合も専業主婦に融資してくれる銀行が少ないからです。

消費者金融は改正貸金業法に定める総量規制というルールがあります。

これは、年収の3分の1を超える融資が禁止されているというルールです。

専業主婦はそもそも年収がゼロなので、融資額もゼロとなります。

銀行も返済能力がなければ融資をすることはないため、専業主婦に対して融資をするところは少なく、ましてや即日融資となると融資してくれる銀行は限られてしまいます。

専業主婦に即日融資してくれる銀行カードローンは、イオン銀行カードローンがあります。

専業主婦の場合は限度額が50万円と限定的ではありますが、それでもしっかりとした金額を借入することができます。

コメントを投稿できます!

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要!

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

  4. 2社目,3社目キャッシングOK!他社借入/貸入ありでも借りれるカードローン 

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法【消費者金融と銀行の金利比較】

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談