馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

ネットキャッシングでお金を借りる【スマホ可】

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「ネットキャッシング」とインターネットで検索ですると、ジャパンネット銀行や楽天カード、イオンカードなど、いろいろな銀行のネットキャッシングサービスのページが出てきます。

各社ネットキャッシングについて説明していますが、あまりよくわからないという人もいるようです。

このページではそんな人たちのためにネットキャッシングとは何なのか、どうやって利用するのかなどを解説します。

ネットキャッシングの意味とは

ネットキャッシングとは何なのかを説明するためには、キャッシングの意味を説明する必要があります。

ネットキャッシングとはその名の通り、ネットで行うキャッシングのことなので、キャッシングが分かればネットキャッシングの意味も分かるはずです。

キャッシングは自由に追加借入可能

キャッシングとはお金を借りることなのですが、その中でも特に、好きなタイミングで借入を行えるサービスのことを指します。

例えば銀行では住宅ローンやカーローン、カードローンなど、様々な方法でお金を借りることができるのですが、カードローンとその他のローンでは大きく違う点があります。

使いみちが自由という違いもあるのですがそれはフリーローンも同様です。

カードローンの最大の特徴は「好きな時に追加借り入れができる」という点です。

カードローン以外の方法では、契約時にお金を借りた後は完済まで支払いを続けるだけですが、カードローンの場合は契約時に借入限度額を設定し、限度額内であれば何度でもお金を借りることができます。

例えば限度額100万円のカードローンで一番最初に50万円しか借り入れしなかった場合は残りの50万円を好きな時に追加借り入れすることができます。

また、100万円いっぱいまで借り入れしても、返済を行えば限度額に余裕が生まれて追加借り入れが可能となります。

このように借入残高=借入限度額とならない範囲で何度も借入と返済を繰り返すことができるサービスをキャッシングと呼び、カードローンがキャッシングの代表です。

関連記事をチェック!

借入とローンの違いは何?

借入とローンの違い 「お金を借りる」という言葉を意味するものとして、借入という言葉とローンという言葉があります。 どちらも似たような使い方をされていますが、実は借入とローンには違いがありま...

ネットキャッシングはスマホで可能

キャッシングの意味が分かればネットキャッシングとは何なのかもわかったと思います。

カードローンが最も一般的なキャッシングの方法ですが、今はインターネットを使ったキャッシングを行うこともできるのです。

カードローンはその名の通り、借り入れのために発行されるローンカードをATMに挿入することで借入を行います。

一方、インターネット上で申込をして指定した口座に振り込んでもらうことによって借り入れを行うことをネットキャッシングと呼びます。

必要なのはネット上の手続きだけですので、スマホ1つあれば利用可能な非常に便利な方法と言えます。

ネットキャッシングはジャパンネット銀行以外でもできる

ジャパンネット銀行ではネットキャッシングという名前でこのサービスを行っているため、ネットキャッシングを調べるとジャパンネット銀行が一番に出てきます。

しかし、ネットキャッシングを行っているのはジャパンネット銀行だけというわけではありません。

アコムやレイク、バンクイックなどのカードローンは借入用のローンカードを発行するため商品名こそカードローンであり、ネットキャッシングとはなっていません。

しかし、実はローンカードを利用した借り入れだけではなく、口座への振り込みも行ってくれるのです。

もちろん振り込み依頼もインターネット上で行えるため、ジャパンネット銀行のネットキャッシングと違いはありません。

銀行や消費者金融のカードローンを契約すれば、同時にネットキャッシングも利用可能となるため、必ずしもネットキャッシングという名前のサービスを選ぶ必要はありません。

ネットキャッシングのメリットは

すでにネットキャッシングを検討している人は、何か理由があってネットキャッシングを利用しようしようと思っているのだと思いますが、このページでネットキャッシングという者を知った人のためにメリットとデメリットを紹介します。

ネットキャッシングは利用がバレにくい

カードローンを利用するときは基本的にローンカードが発行されます。

そして、ローンカードは表面に「カードローン」あるいは「ローンカード」と書かれていることがほとんどです。

そのため、財布に入れているカードを家族や友人に見られた場合はカードローンの利用が簡単にバレてしまいます。

しかし、ネットキャッシングならカードを財布に入れておく必要もないため、周囲に内緒で利用したい人にとっては大変便利です。

関連記事をチェック!

今すぐ誰にもバレずに内緒で借金する方法

お金が必要なときには、借り入れを行うのが非常に便利な方法です。 しかし借り入れを行うと、どうしても人にバレてしまうという危険性が付きまといますよね。 人によってはお金を用意できないことで被...

わざわざATMに行く必要がない

カードを利用した借り入れでは、わざわざ対応ATMまで行かなければなりません。

しかしネットキャッシングはスマホさえあれば口座に振り込んでもらうことができるため、自分の部屋から一歩も出ることなく、すぐに借り入れが可能です。

現金をおろさなければならないのであればATMへ行く必要がありますが、

外出中でも大丈夫

また、外出中に突然お金が必要になった場合、カードローンでは常にローンカードを持ち歩いていなければなりません。

しかし、ネットキャッシングならスマホと振込先のキャッシュカードさえあればお金を手に入れることが可能です。

ローンカードは持ち歩いていなくても銀行のキャッシュカードは持ち歩いている人がほとんどではないでしょうか。

振込対応時間は少し短い

ネットキャッシングのデメリットは借入可能な時間帯が短い場合があるということです。

例えば楽天銀行のネットキャッシングでは、平日の14時50分までに依頼しなければその日のうちに振り込んでもらうことができません。

このように、銀行の営業時間によって振込のタイミングが左右されてしまうというのがネットキャッシングのデメリットです。

ローンカードを利用すればコンビニATMによって24時間借入を行えるので借入可能時間に関してはネットキャッシングよりも優れています。

ただし、楽天銀行のネットキャッシングは楽天銀行の口座に対する振り込みは24時間365日いつでもできるため、特定の銀行口座があればそれほどデメリットとはならないこともあります。

関連記事をチェック!

銀行振込の即日入金は何時まで?

相手の口座に急いで入金したくても、時間帯によってはすぐに送金されないことがあります。 ネットオークションで出品者にすぐ送金したいとき、カードローンの返済日が迫っているとき、銀行で振り込んだお金が...

ネットキャッシングは即日借入可能

ネットキャッシングは契約が完了している人なら振込依頼時間にさえ気を付ければ即日で融資を受けることができます。

気になるのは全く申込すらしていない状態でも即日融資を受けられるのかどうかですが、消費者金融なら即日でのネットキャッシングが可能です。

銀行では審査がその日の内に終わらないという場合や、その銀行の口座を持っていなければ利用できないということが多く、手続きに数日かかってしまいます。

消費者金融であれば審査は30分程度で完了する上にネットキャッシング可能な銀行も限定されていません。

ネットキャッシングで即日借入したいのなら消費者金融を利用しましょう。

また、カードローンならネットキャッシングに間に合わない時間であっても無人契約機でカードを使った借入で対応することができます。

普段はネットキャッシングを利用し、緊急の時はカードで借入を選択することができるのも消費者金融カードローンならではです。

書類の提出はアプリやメール

ネットキャッシングの申込はもちろんネットから行います。

審査時には身分証明書(免許証や保険証など)、収入証明書(給与明細や源泉徴収票など)を提出しなければなりませんが、書類の提出も専用のスマホアプリやメールへの添付で行うことが可能です。

郵送やFAXでは時間がかかりますが、ネットを使えば書類提出も一瞬で完了します。

24時間借入可能なところも

さきほども説明したように、ネットキャッシングには24時間対応している業者もあります。

これはもちろん申し込んだその日から利用することができるので、審査を行ってもらえる時間(ジャパンネット銀行ネットキャッシングの場合は平日14時)までに申し込めば1日中借入することができます。

急いでいるときはネット申し込み後に電話

お金を借りる人にはそれぞれ事情があります。

ネットで申し込んだ後に電話で急いでいる事を伝える事によってスピーディーな審査になります。せかしているような感覚になりますがそんな事はありません。

お金を借りてくれてなんぼの世界です。お金を貸す人の中には時間に余裕がある人もいれば当然時間に追われている人もいます。

本当に急いでいる時は、ネットで入力して電話で急いでいる事を伝えましょう。

間に合わないときはカードローンの無人契約機

ネットキャッシングでも即日融資を受けることはできるのですが、もし間に合わない場合は無人契約機のあるカードローンを利用しましょう。

無人契約機なら22時まで利用することができます。

契約が完了すればその場でカード発行ができますので、ATMで借入してもいいですし、カードローンとお持ちの銀行口座の組み合わせによってはネットキャッシングを行うこともできます。

無人契約機は受付時間という点でもネットより対応時間が広くなっています。

ネットキャッシングの審査は甘い?

ネットだけで申込める、必要書類も少なくスマホで提出する、即日で借り入れできるなど、手軽に利用できることから審査も甘いような気がします。

しかし、手軽に利用できるのは利用者を増やすための企業努力の結果であり、ネットキャッシングでも審査はしっかりと行われています。

通常のローンと同じく、年収、勤務先、勤続年数などの条件が悪いとネットキャッシングを利用することはできず、もちろん審査なしで利用することは不可能です。

ただし審査難易度には各社違いがあり、消費者金融の方が銀行よりも審査は甘いと言われています。

これは消費者金融の金利が高く、その分幅広い人に対して貸付を行うことができるためです。

金利の上限を見てみると、消費者金融は18%、銀行は約14.5%になっているところが多いです。

関連記事をチェック!

簡単に審査が通るカードローンとは

消費者金融、銀行、信用金庫などお金を借りることができる機関は数多くあります。さらに同じ金融機関でもカードローンやフリーローン、カーローンと借入方法の選択肢も非常に豊富です。 カードローンがなぜ簡...

関連記事をチェック!

1番低金利の銀行系カードローンでお金を借りたい

カードローンでお金を借りるなら、できるだけ金利が安いところで借りたい、と誰しも考えるはず。 先日カードローン会社を一覧にしたこともあり、本日はそちらを参考にしながら金利の安いカードローンを紹介し...

金利に注目、おすすめネットキャッシング

ネットキャッシングは金利によってある程度の審査難易度を判断できます。

というわけで金利に注目したおすすめネットキャッシングを紹介します。

アコム
金利限度額即日融資
3.0%~18.0%800万円可能

消費者金融のアコムはカードローンの借入が中心ですが、カードローンの契約をすれば、同時にネットキャッシングも利用することが可能となります。

金利は18.0%と非常に高い部類となっているため、逆に審査には通りやすいと言えます。

そして、金利こそ高いのですが、アコムには無利息期間というサービスがあり、初回契約者に限り契約から30日間は無利息で借入することができるのです。

利用している銀行口座に関わらずネットキャッシングを行うことができる上に、楽天銀行の口座があれば0:10 〜 23:50なら振込んでもらうことができます。

もし時間に間に合わないときは無人契約機でカードを発行するという方法も選択できるのも非常に便利なポイントです。

関連記事をチェック!

アコムとは

アコムは最大手の消費者金融 アコムは大手消費者金融の中でも最大手です。お金を借りる人は不安に感じる事が多いでしょうが、アコムは普通にお金を借りる分には何ら問題はありません。 アコム...

プロミス
金利限度額即日融資
 4.5%~17.8% 500万円可能

プロミスのカードローンでもネットキャッシングを利用でき、メールアドレスの登録とWEB明細の利用により、初回借入から30日間が無利息となります。

さらに三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座に対して24時間365日依頼から10秒程度で振込を行ってもらえます。

WEB完結申込ならアコムと異なりカードの発行を失くすこともできますので、無人契約機を利用しない場合でも郵送物がありません。

ジャパンネット銀行
金利限度額即日融資
 2.5%~18.0% 1,000万円可能

ネットキャッシングといえばジャパンネット銀行が最も有名です。

借入限度額も1,000万円という高額となっておりますのであくまでも審査次第ですが限度額が少なくて不満ということはないでしょう。

18.0%という金利は銀行のネットキャッシングとしては高い値ですが、その分審査は甘いことが推測されます。

既にジャパンネット銀行の口座を持っている方は平日14時までの申込で即日融資を受けることができます。

口座を持っていないは申込時に銀行口座を作成し、それ以降は即日融資が可能です。

関連記事をチェック!

ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」の借入,返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について説明したいと思います。 ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について ※ジャパンネット銀...

楽天銀行スーパーローン

金利限度額即日融資
 1.9%~14.5% 800万円可能

ここまで紹介したネットキャッシングはすべて金利が玉目の物ばかりでした。

低金利でネットキャッシングを行いたいのであれば楽天銀行がおすすめです。

最高金利14.5%という低金利で融資を受けることができますし、楽天銀行の口座を作る必要もなく、振込先銀行口座の指定もありません。

楽天銀行の口座を持っている人であれば好きな時に振り込みが受けられるので、楽天銀行スーパーローンのネットキャッシングを利用する場合は口座を作成することをおすすめします。

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が10...

ネットでカードローンに申し込む方法

必要なもの

先ずネットから申し込む際に必要なもの。

ネット申し込みも無人契約機や対面与信同様基本的に必要な物は変わりません。身分証明証は絶対に必要になってきます。

ここで運転免許証でも構いませんが、12桁の数字の中で1番右の数字が0か1以外の人は運転免許証を身分証明証に使わない方がいいでしょう。

この1番右の数字は再発行の数です。普通運転免許証は紛失しませんよね?したとしても1回だと思います。この1番右の数字が大きくなると怪しまれます。

ネット申し込みの際に必要な物をまとめると身分証明書。場合によっては収入証明証も必要になってきます。

基本的には身分証明証は絶対不可欠です。

書類の提出方法

書類はスマートフォンで撮影してそのまま書類を添付して指定されたアドレスにアップする方法が主流になりつつあります。

この方法が主流になりつつあるので、審査が通過してからお金を借りるまでのスピードが物凄く速くなっています。これは非常に大きいですね。

今までは、郵送が主流でしたが、今は申し込むお客さんがどちらかを選ぶ時代です。時代は大きく変貌を遂げています。

提出方法はメールに添付か郵送ですが、今は圧倒的にメールに添付する人が多いです。

申し込み可能時間

スマートフォンをなどを使ったネットからの申し込みは基本的に24時間受付している消費者金融や銀行が多いです。

やはりこの24時間対応する事によって新規のお客さんを獲得しています。今やネットはお客さんを引き寄せる強い味方です。

申し込みから審査結果までの手順

先ず、スタートはスマートフォンから申し込みになりますが、その前にすることがあります。

どこの会社からお金を借りるのか?これが非常に重要になってきます。大手消費者金融なら金利の差は殆どありません。どこに申し込んでも同じと言うイメージがあると思います。

無利息キャンペーンなどもやっている消費者金融があったり、マスターカード付のカードを発行してくれる会社があったりするので、ご自身のライフワークに合わせた会社をセレクトしましょう。

そして、いざ申し込み。画面に入力画面が出ますから不備の無いように入力します。ここは雑になってはいけません。

正直に入力しましょう。虚偽申告は直ぐにばれます。特に他社借入に関してはごまかさないようにしましょう。

127万円借りていて127万円ピッタシ書く事までは求められませんが、この数字になるべく近い数字が理想です。120万円と入力したなら上出来です。

全ての入力項目を入力が終了したら、必ず送信ボタンを押す前に見直す事が必要です。OKなら送信です。

送信を押したら審査がスタートされると思って下さい。

ここまで来たらもう後には引けませんのでしっかりとお金を借りる意思がある事を自分自身で確認してください。少しでも不安に感じたら申し込みをしないべきです。申し込まない勇気も重要です。

審査は30分もあれば終わります。可決の場合は殆ど電話がかかってくる事が多く否決の場合はメールで来る事が多いです。電話だと期待大。メールだと期待薄です。

但し、結果をメールで受け取るを選択した人はその限りではありません。

ネットでお金を借りる時の注意点

ネットでお金を借りるという方法は今のところ利点だらけのように思えますが、実際に利用するにあたって何か注意しておくべきことはないのでしょうか。

銀行口座に制限がある場合がある

web完結ということは基本的に口座振込で融資を受けることになりますが、口座振込に利用できる銀行口座が特定の銀行のものでないとならない場合があります。

先ほど例で挙げた金融機関で説明するのであれば、SMBCモビットの場合は三井住友銀行か三菱UFJ銀行に口座を持っていなければweb完結申し込みを利用することはできません。

カードローンの商品紹介ページに銀行口座の条件に関して説明があることも多いですが、説明がないものもあります。

その場合には、実際に手続きを進めていって口座振込を希望する口座を入力する段階になって、特定の銀行しか利用できないことが分かるような形になっていることが大半です。

特に地方銀行や信用金庫の口座を利用している人は、注意しておきたいところです。

契約後に郵送物がある場合がある

「web完結申し込み」という方式には、「本当に全てがweb完結する」方式と「契約までの手続きがweb完結する」方式の2通りがあります。

後者の場合には、契約後に契約書や利用明細書が家に郵送されてくる場合があり、それをきっかけに同居している家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性は否定できません。

そういったリスクを避けるのであれば、全てがwebで完結するタイプのweb完結申し込みを利用するのが無難でしょう。

ただ、契約後にオンライン上のマイページで利用明細書をマイページ上で閲覧するような方式に変更することで、書類の郵送を防げる場合もあります。

よく確認した上で、書類の郵送を未然に防げそうな手段はないかを探すといいでしょう。

手続き完了時間の条件が厳しい

また、特に即日融資を希望する場合であればという条件付きですが、手続きを終わらせなければならない時間が自動契約機を利用するような手続き方法と比べると早めになっています。

口座振込を行う以上、銀行窓口の営業時間内には手続きを終える必要があるからです。

午前中に手続きを完了させてしまっていることが望ましいですが、それぞれの金融機関で手続きを終えなければならないタイムリミットは微妙に異なります。

利用を検討しているカードローンの商品説明をよく確認して、タイムリミットまでに手続きを終えられそうかどうかをチェックしておく必要があるでしょう。

関連記事をチェック!

即日融資を受けるための条件!申し込みの流れと注意点

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 違法な業者には申し込まない 冠婚葬祭や家電製品の故障、急な飲み会の誘いなど、誰でも...

ネットでの個人間融資は危険?

「ネットでお金を借りる」と聞くと、掲示板などを利用したネット上での個人間融資のことをイメージする人もいるかもしれません。

ネット上での個人間融資に関しては色々と怪しい話も聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

きちんと融資を受けられる保証がない

ネット上の個人間融資ではきちんとした「契約」を結ぶわけではないため、実際に融資を受けられるかどうかの保証は全くありません。

よくあるのは「10万円の融資を行うためには、先に1万円を保証金として振り込んでもらわなければならない」というような理由で、融資希望者にお金を振り込ませるようなケースです。

その後の展開がどうなるかは想像に難くないと思いますが、当然その1万円は返ってきませんし、相手とも連絡が取れなくなり融資を受けることもできないという結末が待っています。

顔も素性も知れない相手を信用するということには、このようなリスクがあるということを認識しておくべきでしょう。

個人情報が悪用される可能性も

お金がだまし取られるぐらいであればまだかわいいほうで、融資を行うためという理由で相手に提供した氏名・電話番号・メールアドレス・住所などの個人情報が、悪用されてしまう可能性もあります。

事実、ネット上の個人間融資で相手に個人情報を渡した直後から「10万円すぐに借り入れられます!」「ブラックの人でも融資OKです!」といったようなメールが届くようになったという話は掃いて捨てるほどあるぐらいです。

消費者金融や銀行カードローンを利用する場合は、相手は企業ですので個人情報の取り扱いもしっかりしていますが、個人間融資を利用しようとする場合に対企業の時と同じような対応を期待すべきではありません。

個人を装った闇金である可能性も

一応「個人間融資」という名前は付いているものの、そこにいる人が本当に個人かどうかは誰も証明できません。

中には、個人を装った闇金業者が潜んでいる場合だってあるのです。

もちろん相手は、「私は闇金です」なんてことは一言も名乗りません。

あくまでも善意の一個人であるようなフリをして融資を行った後に、闇金としての本性を現すわけですから、そうなってしまってからではもう何の対処もできません。

このように、ネット上の個人間融資は控えめに言っても危険だらけです。

ネットでお金を借りたい場合には、きちんと名の知れた企業が取り扱っているカードローンのweb完結申し込みを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

【悲報..】個人間融資掲示板はやっぱり闇金だったw

最近周りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困って...

まとめ

キャッシングは通常の借金と異なり、好きなタイミングで利用できるお金の借り方であり、ネットキャッシングはスマホだけでキャッシングができる便利な方法です。

ネットキャッシングはジャパンネット銀行だけではなく多くの銀行や消費者金融カードローンで利用することができます。

申込もスマホからできるので非常に簡単なため、時間にさえ気を付ければ即日融資も十分可能です。

もし間に合わない場合はカードローンを利用して借入するという方法もあります。

利用は簡単ですが審査はしっかりと行われますので、誰でも利用できるというわけではありませんが、金利の高いところを選べば審査通過の確率は高くなります。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は3月22日時点での情報です

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談