キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

銀行系カードローンの借入限度額の上限はいくら?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンといえば少額借入での利用が一般的です。

しかし、現在は銀行がカードローン事業に本格的参入を始めたこともあり、借入限度額が高額設定されたものも多くなってきました。

中には1,000万円とカードローンのものとは思えないものまで登場したことから、以前とは違った目的でカードローン申し込みを希望する方も少なくありません。

そこで今回は借入限度額の高額設定が可能な銀行カードローンは、いくらまでの上限設定ができるのかを検証していきます。

銀行カードローンの借入限度額は高額設定可能!

銀行カードローンの借入限度額は高額設定可能!

消費者金融カードローンと比較して銀行カードローンが優れている点はいろいろとありますが、突出しているのは下記の2点でしょう。

・低金利
・借入限度額の上限が高額

銀行カードローンの最高借入限度額

それでは銀行カードローンの借入限度額の上限がどうなっているのかを実際に見ていくことにしましょう。

各銀行の借入限度額の上限は下記のとおりです。
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング:上限借入限度額1000万円
・住信SBIネット銀行MR.カードローンプレミアムコース:上限借入限度額1000万円
・東京スター銀行おまとめローン:おまとめ額最高1000万円
・三井住友銀行カードローン:上限借入限度額800万円
・イオン銀行カードローンBIG:上限借入限度額800万円
・オリックス銀行カードローン:上限借入限度額800万円
・じぶん銀行カードローン:上限借入限度額800万円
・オリックスVIPローンカード:上限借入限度額800万円
・三井住友カードゴールドローン:上限借入限度額700万円

消費者金融カードローンの場合、SMBCモビットやアイフルのように800万円と高額設定が可能なところもありますが、プロミスの500万円といったところが一般的な設定金額となっています。

それでは何故、銀行と消費者金融とでは借入限度額の上限設定にこれほどの差が出ているのかについて検証していきましょう。

関連記事をチェック!

1366view

おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードロ...

なぜ銀行カードローンは高額な借入限度額設定が可能なのか?

銀行と消費者金融とで借入限度額の設定に差があるのは、総量規制という法律が大きく関係しています。

総量規制について理解している方もいるでしょうが、そうでない方のために簡単に説明しておきましょう。

総量規制は貸金業法の1つで、貸金業者に対して個人への貸付を年収の3分の1までに規制したものです。

よって、貸金業者である消費者金融はこの法律を守る必要があるので、下記のような貸付を遵守しています。

・年収300万円 → 最高貸付可能額100円

ということはSMBCモビットのように800万円の借入限度額が可能でも、その貸付を行えるのは年収が2,400万円の方だけになります。

プロミスやアイフルの500万円でも1,500万円の年収が必要になってきます。

ここ数年の日本人平均年収は下記のとおりです。

・平成27年度 420万円
・平成26年度 415万円
・平成25年度 414万円
・平成24年度 409万円
・平成23年度 414万円
・平成22年度 408万円
・平成21年度 409万円
・平成20年度 412万円

となれば申し込みをする大多数がこの平均年収の方だと考えれば、借り入れできる限度額は約130万円程度となってきます。
これでは利用できる方が高額所得者限定となってしまうので、借入限度額を高額に設定してもあまり収益上のメリットは見込めません。

しかし、銀行の場合は違います。

銀行は貸金業者ではないため貸金業法を遵守する必要はありません。

総量規制にとらわれることなく貸し付けできるので、借入限度額の上限を高額に設定しても利用者を限定する必要がないのです。

関連記事をチェック!

140view

貸金業法とは~過剰貸付の禁止・総量規制・年収3分の1以上の借入~

多重債務者問題を解決するために改正された貸金業法には、過剰貸付の禁止などが盛り込まれた総量規制などが含まれています。 政府は消費者金融などのノンバンク業者からの過剰な借入れを防止するために、貸金...

借入限度額はどうやって決まるの?

借入限度額はどうやって決まるの?

借入限度額の上限が高額設定されているからといって、全ての方に希望する借入限度額を利用できるわけではありません。

それでは借入限度額の設定はどのように決定されているのでしょうか?

ここではその決定方法について説明していきます。

借入限度額は審査結果の内容によって変化する

カードローンの審査は利用できるかどうかを決めるだけではありません。

審査通過が決定すると、その結果によって利用できる借入限度額が設定されるのです。

銀行カードローン審査は仮審査と本審査があり、まずは仮審査で下記の属性がコンピュータによりスコアリング(採点)されます。

・年収 高いほど高得点
・職業 公務員や上場大手企業が高得点
・勤続年数 長いほど高得点
・住居形態 賃貸よりも持ち家の方が高得点
・居住年数 長いほど高得点
・他社借入件数 少ないほど高得点
・借入残高 少ないほど高得点

これら属性に対するスコアリングは銀行によって違ってきますが、このスコアリングの総合点が審査通過基準点をクリアすれば仮審査通過となります。

そして本審査では申込者の信用情報の確認が行われ、問題がなければ契約へと進みます。

信用情報に何かしらの問題があれば別ですが、利用限度額がいくらに設定されるのかは仮審査で行われるスコアリング結果が大きくい影響してくると言えるでしょう。

この属性のスコアリング結果が高得点であるほど高い利用限度額が設定され、逆に悪ければ審査を通過したとしても借入限度額は少額に抑えられ、10万円程の設定が行われることも少なくありません。

関連記事をチェック!

88view

貸付限度額はいくらまでなのか簡単解説

カードローンを契約するときに知っておきたいのが貸付限度額です。 お金が必要になったとき借入の上限額はいくらまでなのか知っておきたいです。 どうして消費者金融業者と銀行では借りることのできる上限額に...

実際に適用される借入限度額の上限は?

消費者金融カードローンの場合は総量規制の兼ね合いがあり、借り入れできる上限額は年収の3分の1となりますが、銀行の場合は総量規制は関係ないため消費者金融よりも高額な借入限度額設定が可能です。

しかし、いくら法律による規制がないからといっても上限がないわけではなく、銀行カードローンの場合は年収の2分の1程度が目安になってくると言われています。

また借入限度額は希望額の申請が可能ですが、初回から高額な設定がされることはほとんどありません。

銀行カードローン、消費者金融カードローンともに初回の借入限度額は年収の約10%程度に抑えられるのが一般的です。

上場大手企業などの高額年収であれば初回から100万円の限度額が設定されることもありますが、それでも300万円を超えるような設定は有り得ません。

銀行カードローンは高額借入がクローズアップされているので、初回から可能だと思っている方も多いようですが無理だと理解しておきましょう。

関連記事をチェック!

1075view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借入する際...

関連記事をチェック!

279view

カードローンで年収300万、350万、400万の人の借入限度額は?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 利用限度額は銀行と貸金業者で違う カードローンを借りる場合に、自分はどれくらいの金額を借り...

高額な借入限度額設定のメリット

高額な借入限度額設定のメリット

それでは借入限度額を高額設定することで得られるメリットにはどんなんものがあるのかを説明します。

適用金利が安くなる

銀行に限らず金融機関からの借り入れは、高額であるほど低い金利が適用されます。

みずほ銀行の適用金利は下記のとおりです。

限度額実質年率
10万円以上100万円未満※年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
300万円以上400万円未満年7.0%
400万円以上500万円未満年6.0%
500万円以上600万円未満年5.0%
600万円以上800万円未満年4.5%
800万円年2.0%

利用限度額によって適用される金利が変わってきますが、高額借入を行う場合には見逃せない大きなメリットとなってくるでしょう。

100万円を目安にして金利が下がるのは、利息制限法が大きく関係しています。

利息制限法では100万円以上の借り入れに対して上限利息が15%と規定しているのです。

このように利息制限法では借入額に対して上限金利を規定しているので、高額借り入れほど金利設定が低くなってくるのです。

関連記事をチェック!

13view

消費者金融の金利と利息の関係を知っておきたい

消費者金融でお金を借りるのに気になるのは金利と利息ですよね。 金利が安ければそのぶんだけ利息の負担額が減ります。 また消費者金融を選ぶ場合、金利の平均はどのくらいなのかという情報も必要です...

消費者金融の金利と利息の関係を知っておきたい

利用用途が広くなる

カードローンは本来、少額融資を目的とした金融商品ですが、高額な限度額設定が可能ならばその利用用途も広がってきます。

高額借入が必要になった際に利用するのが銀行ローンですが、カードローンで賄えるのであれば面倒な申し込みは必要ありませんし、借り入れに日数をかける必要もありません。

しかも、金利面でもカードローンの方が有利な条件の場合が多いのです。

実際にみずほ銀行の多目的ローンの貸付条件を見てみましょう。

みずほ銀行多目的ローン(自由プラン)
・借入限度額 300万円
・金利 固定7.8%

このローンで300万円の借り入れをした場合の適用金利は、同じみずほ銀行のカードローンの7.0%の方が安くなってきます。

となればいざという時のために、借入限度額の上限が高額なカードローンを1枚持っておくのもいいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

3view

非公開: みずほ銀行カードローン申込の解説書~申込前の疑問をすべて解決!

カードローンの申し込みするときは、様々な疑問がでてくるものです。 そこで、「みずほ銀行カードローンに利用を検討している」という人が、申し込み前に気になるであろう疑問について分りやすく解説してみました...

借入限度額は増額できる

借入限度額は増額できる

初回から借入限度額を高額に設定するのは無理だと説明しましたが、限度額は利用後に増額することが可能です。

よって、最初は無理でも時間をかけて希望額まで増額することもできます。

借入限度額を増額するための条件は?

借入限度額を増額するには下記のような条件が必要になってきます。

・定期的に借入を行っている
・契約してから半年以上経っている(1年以上の方が好ましい)
・毎月の返済に問題がない(遅延や延滞がない)
・限度額いっぱいまで借り入れて返済している

定期的に借り入れを行い、遅延や延滞のない返済をすることで、銀行に対する利用者の信用度が上がります。

その結果、「この人ならもっと貸し付けしてもチャンと返済できる」と信用度が上がることで、借入限度額の増額が可能になってくるのです。

よって増額を望むのであれば下記の2点だけは必ず守った利用が必要になります。

・定期的に借り入れを行う
・遅延や延滞のない返済を行う

関連記事をチェック!

57view

カードローンの増額審査に通るコツは?

使っているうちにカードローンの利用限度額を増額したいということも出てきますよね。そんなときは増額審査を受けましょう。 カードローンの利用限度額は申し込み当初は少なく設定されることが一般的です。継続的...

借入限度額を増額する方法

借入限度額を増額するには下記の2つの手段があります。

・銀行からの増額打診を待つ
・自ら銀行へ増額を希望する

増額できるだけの信用度が付けば銀行の方から増額の打診があります。

よって、それをも待つのが一番スムーズな増額手段となりますが、急ぐのであれば先程説明した条件をクリアした上で銀行へ増額申し込みするようにしましょう。

関連記事をチェック!

197view

アコムの増額を成功させるために知っておくこと【むじんくんが便利】

アコムの利用限度額は審査によって増額することが可能です。もう少しお金があったらいいのにな、と他社に申し込むのは、借入先が増えてしまうため得策ではありません。 ただし増額を成功させるために、どのように...

関連記事をチェック!

205view

カードローンで追加借入する方法。借金の追加融資

急にお金が必要になったときに便利なのが、申し込めばその日のうちに借入することも可能なカードローンです。いざというときに便利なカードローンを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。 また、カー...

借入限度額は下がることも

ここまで借入限度額の増額にばかり触れてきましたが、借入限度額は減額されることもあるのです。

減額となりやすい条件は下記のとおりです。

・消費者金融やクレジットカード会社など貸金業者への返済がある
・ローンの種類を問わず、同行を含め他行への返済がある
・携帯電話などの割賦払いがある
・奨学金の返済がある
・クレジットカードのリボ払いや分割払いの返済がある

借入限度額は年収に応じて設定されるところが大きいので、年収に見合わない返済がほかにある場合は、その分、借入限度額が減額されることになります。

また、借入件数にも注意が必要です。

3件以上の借入先がある場合は、審査に大きく影響してきます。

借入件数は多いほどマイナス評価となるのです。

たとえ借り入れしていないとしても借入先が多くある場合、すべてのところで借り入れを行えば高額な借り入れも可能です。

となれば返済能力も低くなると判断されます。

ほかのカードローンだけでなく、キャッシング枠の付いたクレジットカードも件数にカウントされるので、利用していないならばキャッシング枠を外すようにしましょう。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    カードローン申込体験談