スムーズ(Smooth)口コミ・評判と審査について解説

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

スムーズ(Smooth)は、賃貸物件の初期費用を後払いにできるサービスです。「アパートやマンションを借りたいけれども初期費用が高くて支払いに躊躇している」という方には、ぜひ検討してみる価値があります。このサービスを利用すれば、初期費用の支払いを理由に部屋を妥協したり、家具や家電の購入を控えたりする心配がなくなります。

ただし、スムーズには審査があり、申し込んだ全ての人が利用できるわけではありません。返済能力や信用力に問題がある場合は、審査に落ちる可能性が高まります。

本記事では、スムーズの口コミや評判、審査情報、特徴に加えて、審査に落ちたときの対処法などを詳しく解説します。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

スムーズ(Smooth)の口コミ・評判

スムーズ(Smooth)を利用した人の口コミ・評判をまとめたので参考にしてみてください。

【スムーズ(Smooth)の良い口コミ・評判】

・初期費用ゼロで借りられて助かりました。面倒な手続きもありません。

・スムーズ(Smooth)は、賃貸物件の契約にかかる初期費用を借りられるサービスです。「初期費用がなくて賃貸物件の契約を諦めなければならない」といったことを避けられますし、面倒な手続きもなく手軽に利用できます。スムーズは6回まで分割手数料なしだったので引越し費用をおさえられました。クレジットカードは手数料がかかるのでその分だけ出費がかさみます。

・スムーズはほとんどの物件で分割払いに対応しており、6回までなら手数料がかかりません。他社でも同様のサービスを提供していますが、すべての物件が対応していませんでした。おかげで貯金がなくても理想の物件で暮らせています。

スムーズ(Smooth)は、支払回数を24・12・6回払いから選べます。そのうち6回払いを選べば手数料無料なので、引越しにかかる費用を最小限にしたい人に便利かつお得です。

・やり取りはLINEで行える手軽さが良いです。AIではなくスムーズのスタッフが対応してくれるので、こちらの細かい要望を伝えられましたし安心して利用できました。

・スムーズのスタッフがとても丁寧で、顔が見えないやりとりながらもLINEで質問や相談に親身に対応してくれました。利用して本当に良かったです。

・内見するまでのやり取りは全部LINEで行うため店舗への来店は不要です。店舗に行って「理想の物件に出会えず内見できなかった」というストレスはありません。

スムーズ(Smooth)は、実店舗へ来店するのではなくLINEを通してやり取りを行います。AIではなくスタッフが返信しているため、細かい要望や相談にも対応してくれるのは利用するメリットであるといえるでしょう。

【スムーズ(Smooth)の悪い口コミ・評判】

・スムーズを利用した人が周りにいないし、CMもしていない、実店舗もないという状況なので、何かあったときのサポートに不安がありました。トラブルもなく契約できましたが、大手ほどの安心感はありません。

・分割手数料がかからない点が怪しいです。その他の部分で儲けているのではないかと疑わざるを得ません。

・契約すると決めたわけでもないのにスムーズを利用するための審査が必要と言われた。内見前に本人確認の電話があるなど、気軽に利用するものではないという印象です。

スムーズ(Smooth)については、その知名度の低さや手数料無料である点が疑問視される口コミもあります。賃貸物件の契約や内見は、スムーズと提携している不動産会社が担当します。

スムーズ自体は不動産会社ではなく、単に初期費用の分割払いや後払いを提供するサービスです。このサービスは、提携不動産会社に顧客を紹介することで得られる紹介料をもとに運営されています。

スムーズ(Smooth)を利用するためには審査に通らなければならない

スムーズ(Smooth)を利用するには審査に合格する必要があります。これは、利用者とスムーズ間で「個別信用購入あっせん」契約を結ぶ必要があるためです。個別信用購入あっせんとは、消費者が加盟店で商品を購入する際に利用するもので、スマホ端末の分割購入が一例です。

しかし、審査の難易度は特に高くはなく、過去5~10年間にクレジットカードやローンの支払い遅延や金融事故がない人であれば、審査に通る可能性が高いです。

クレジットカードやローンの過去の支払い状況について確認したい場合は、事前に指定された信用情報機関でチェックすることをお勧めします。これにより、申込み時にスムーズに対応できます。

【指定信用情報機関】

  • JICC(日本信用情報機構):主に消費者金融が加盟
  • CIC(シー・アイ・シー):主にクレジットカード会社が加盟
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター):銀行や信用金庫、信用保証協会が加盟

なお、スムーズ(Smooth)の審査で登録が必要な項目は以下のとおりです。

  • 性別
  • 独身か既婚か
  • 入居人数
  • 希望の分割回数
  • 名前
  • 生年月日
  • 年齢
  • 電話番号
  • 現住所
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 運転免許証の番号
  • サービス規約への同意

審査結果の連絡までにかかる時間は申込手続き完了後、30分~12時間ほどです。

スムーズ(Smooth)の利用方法

スムーズ(Smooth)は、満18歳以上の人なら利用可能です。利用方法は以下のとおりで、最初にLINE友だち追加を行う必要があります。

  1. LINE友だち追加:公式サイトから「LINEで簡単無料診断」をタップして登録
  2. 事前審査:LINEトーク画面の「審査を受けてみる」をタップ
  3. 審査通過後に後払いが可能な初期費用が表示
  4. 本人確認の電話連絡
  5. 提携不動産会社と希望する物件を探す
  6. 内見
  7. 入居審査
  8. 契約

また、スムーズ(Smooth)を利用する際には本人確認書類や収入証明書類が必要です。以下のいずれかから本人確認書類は原本、収入証明書類は写しを用意してください。

【本人確認書類】

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • マイナンバーカード
  • 顔写真付き住基カード
  • 特別永住者証明書
  • その他、官公署が発行し、官公署が顔写真を添付した書類

【収入証明書類】

  • 給与明細書(現在の勤め先で発行された直近の連続2ヶ月分、支給年月の記載があるもの)
  • 納税通知書(収入額の記載がある最新発行のもの)
  • 源泉徴収票(現在の勤め先で発行された最新のもの)
  • 課税証明書(「所得証明書」または「収入証明書」、最新発行のもの)
  • 確定申告書(最新発行のもの)
  • 支払調書(最新発行のもの)
  • 年金証書(最新発行のもの)
  • 年金通知書(最新発行のもの)

6回払いなら分割手数料0円

スムーズ(Smooth)では、支払回数を6回、12回、24回の3つのオプションから選ぶことができます。6回払いでは分割手数料が0円ですが、12回払いと24回払いでは実質年率14%の手数料が必要になります。スムーズの公式サイトで支払いのシミュレーションが可能なので、利用を検討している方はぜひ活用してみてください。最終的な支払い回数は、分割契約を結ぶ際に決定されます。

分割払いの途中で一括返済も可能

スムーズ(Smooth)では、分割払いの途中で一括返済することが可能です。まとまったお金が用意できた際には、スムーズの公式LINEアカウントまで連絡してください。また、支払いの途中であっても再度審査を受け、それに通過すればスムーズを利用続けることができます。

スムーズ(Smooth)の審査に落ちたときの対処法

スムーズ(Smooth)の審査に落ちたけれどすぐに賃貸物件の契約が必要な場合は、以下の方法で資金を調達してみてください。

  • クレジットカードの分割払いを利用する
  • カードローンで初期費用分を借りる

方法別に解説します。

クレジットカードの分割払いを利用する

大手不動産会社では、初期費用のクレジットカード払いに対応しています。1回払い、2回払い、ボーナス払いを選択すれば、手数料はかかりません。ただし、3回以上の分割払いやリボ払いを選ぶと手数料が発生します。

さらに、1回払いを選んだ後に「支払いが難しい」と感じた場合は、会員サイトやアプリを通じて、後から分割払いやリボ払いへの変更が可能です。

カードローンで初期費用分を借りる

カードローンを利用することは、初期費用を用意するのに効果的な方法です。特に大手消費者金融のカードローンの場合、Webや自動契約機での申し込みが可能で、最短で即日融資を受けることができます。これは、すぐに初期費用を調達したい人にとって非常に便利なローンサービスと言えます。

ただし、実質年率が18.0%程度と比較的高い金利がデメリットです。しかし、初回契約の人には無利息サービスが適用されるため、定められた期間内に完済すれば、金利が発生せずに借入れが可能です。この点を利用し、早期に完済が見込める場合には、利息を支払わずに済むメリットがあります。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事