借金地獄&カードローン地獄にならない方法

借金地獄やカードローン地獄は貸金業法が改正になってからほとんどなくなったような気がしていましたがそうではないようです。

確かに消費者金融やクレジットカードの借入金額は上限が定められましたが、銀行カードローンについては総量規制が適用されていません。いろいろ問題がありそうですね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

銀行カードローンが借金地獄の入口

総量規制が導入されたことにより、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングは借入上限額が設定され、年収の1/3までしか契約できなくなってしまいました。

多重債務者を作らないためには最も効果的な方法です。

ところが銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。そのため借入上限額を年収の1/3以上にすることも、審査の内容によっては年収の1/2まで借り入れすることができるようです。

せっかく総量規制により多重債務者をこれ以上作らせない目的があっても、銀行カードローンが総量規制の対象にならないのでは、返済能力を超えた借り入れをしてしまうこともないとは言えません。

金利が低くても多く借りてしまえば利息負担は大きくなる

銀行カードローンは金利が低い、安心して借りることができることから、きちんとした返済計画を立てることなく「、なんとかなるだろう」方式でお金を借りてしまう人が多くなっているようです。

いくら金利が安くても借入金額が多くなれば利息負担は大きくなります。

例えば年収600万円の人で300万円のカードローンを利用したとしましょう。

金利を年9.0%と設定し、利息額を計算してみると1カ月当たりの利息負担額はおよそ2万2,000円程度になります。

当然のことながらカードローン返済は利息だけで済ますことはできません。元金分も合計して返済しなければならないため、少なくても3万円前後の返済額となることが予想できます。

2社目のカードローン契約はそのまま借金地獄へ突入

毎月3万円の借金返済では、家計を圧迫してしまうことは必至です。

急な出費が重なった、お葬式が急にできたなど、予想外のお金の入用ができてしまえばたちまち返済することが難しくなります。

消費者金融カードローンを契約して一時しのぎはできたとしても、アナタは既に借金地獄の入り口に立ったと思わなければなりません。

アナタは銀行カードローンの借金返済を新たに作った消費者金融カードローンで返済しているのです。借金して借金を返す、まさしく借金地獄ではありませんか。

関連記事をチェック!

【第1回】借金地獄の始まり~タコ部屋で強制労働させられた体験談~

一般的に普通の生活をして自分に自制心を持ち計画的生活をすれば借金等とは縁がないかもしれません。 私の今までの人生の中で借金地獄になり命が今までもっていたこと事が不思議なくらいで。それもすべてがこ...

良い借金と悪い借金

銀行カードローンに限らず、カードローンで借金すること全てが借金地獄の入り口とは言いません。

借金にも良い借金と悪い借金があり、将来にわたってアナタにメリットをもたらすような借金であればそれは良い借金です。

資格取得のために学校に通う、教材を買うための借金であればキャリアアップを果たすことができるでしょう。特殊な技術を持っていれば有利な条件で転職することができます。

目的が定まっているのは無計画な借金を防ぐ役割を果たすことになります。

しかし株式投資やFX取引のための借金は悪い借金です。

そもそも借金を投資に充当することは契約約款で固く禁止されているはずです。

投資はあくまでも余裕資金で運用しなければなりません。たまたま運良く儲かったとしても、コンスタントに利益を上げるには国際情勢や各経済指標などを深く読み込まなければなりません。

たとえ本を買い漁って勉強することや、セミナーに参加することも悪い方法ではありませんが、いくら勉強しても、いくらセミナーに参加しても誰もが儲かるわけではありませんね。

またギャンブルにカードローンで借りたお金を充当することも悪い借金の中に入ります。

カードローン借金してまでお金をつぎ込んだのだから儲けを出さないうちに帰るわけにはいかない、と熱くなってしまう人が多いですね。

公営ギャンブルやパチンコ店など、運営している企業や団体は配当金額の払い戻しには一定の利益を差し引いた残りを充当しています。つまりギャンブルに投資する段階で、すでに相手方の利益が控除されているということです。

ギャンブルに投資する人が増えれば増えるほど、運営している企業や団体は儲かるシステムなのです。

関連記事をチェック!

FXで消費者金融に借金をしてしまう理由とは

FX取引で自宅にいながら仕事をする。毎日満員電車に揺られて通勤する必要もなければ上司の顔色を伺う必要もない。 しかしFX取引で借金をしてしまうと大変なことになります。借金返済をすることができず自...

関連記事をチェック!

お金が欲しいからパチンコはなぜ危険?

「お金が欲しいなぁ…そうだパチンコで増やそう!」このような考えに至る人はいったいどれくらいいるのでしょうか。 そしてそのような考え方が危険な考え方であるということを理解している人はいったいどれく...

カードローンを生活費に充当は危険

悪い借金の中に最も多いのが生活費のためにカードローン借金をすることです。

一時的にその月だけ生活費が足りないと言うのであれば問題はありませんが、毎月生活費が赤字になる状態では、カードローンの借金を返済することができないカードローン地獄になってしまいます。

カードローンで借金して1カ月や2カ月は生活費に充当することができたとしても、借金したお金がなくなってしまえばたちまち借金地獄です。

生活費が足りない状態でカードローン借金をすることは、かなり危険と言わざるを得ません。生活費のために借金をするということは、お金を単純に消費するだけで残るものは何もありませんよ。

カードローン1社だけの契約では間に合わなくなり、2社目のカードローンの契約をすることはもう目に見えていることです。

給料などの収入から借金を含めた生活費を差し引いた残りがマイナスの状態になっていることは、すでにアナタの生活は債務超過となっています。

債務超過とは簡単な言葉で言えば生活が破綻しているということです。

関連記事をチェック!

生活費が足りないから借金するのはやめたい

生活費が足りないからと言って安易に借金するのはおススメできません。そのうちになんとかなるという考えは捨てましょう。 でもどうやっても毎月生活費が足りないのよ。よく聞く話です。まずは借金しないよう...

関連記事をチェック!

生活費に困ったら公的貸付が頼りになるって本当?

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 生活費に困ったら公的貸付 最低限の生活にも困っ...

借金の返済には利息分が含まれる

銀行カードローンにしても消費者金融カードローンにしても、毎月返済しなければならない最低返済額が設定されていることが多いですね。

最低返済額とはカードローン会社で、「最低これだけは支払ってくださいね」という金額です。 返済額が最低ということはどういう意味なのか考えなければなりませんね。

仮にカードローンで100万円を借りていたとしましょう。金利は年14.6%。 最低返済額は2万円と設定します。

アナタはカードローン会社の言う通りに毎月2万円ずつ返済していたとします。毎月2万円返済すれば、1年間に24万円借金が減るのか?と考えがちですが、ここに大きな落とし穴があります。

2万円の返済額の中には、利息分が含まれているということを忘れていませんか?

たとえ忘れていなくても、金利が低い銀行カードローンであれば利息はそれほどかからないのではないか、などとタカをくくってしまう部分もあるかもしれませんね。

上記の例で計算すれば100万円を借りたときの金利は1万2,000円もかかっていますよ。

2万円返済すれば返済額のうち60%は金利として返済しなければならないのです。年利が14.6%だとしても最低返済額で支払えば、返済額に占める金利の割合は当然のように大きくなります。

2万円返済しても元金に充当されるのはわずか8,000円です。100万円の借金に対して8,000円の元金充当分だけではほとんど焼け石に水のような感じです。

確かに最低返済額は、毎月の返済をできるだけラクにするための方法です。その代わり借金を全て完済するまでには相当の期間がかかることが予想できます。

金利に対していくら利息を支払わなければならないのかということを事前にカードローンの公式サイトにある返済シミュレーションで確認するようにしましょう。

関連記事をチェック!

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」...

関連記事をチェック!

簡単な借入金額の利息計算方法

お金を借りてもいくらの利息を支払うのか分からないのでは計画も何も建てることはできません。計算は難しいという固定観念です。 しかし利息がいくらになるのか計算する方法はそれほど難しいことではありませ...

借金地獄になりやすいリボ払い

カードローン会社の多くは返済方法としてリボルビング払いを採用しています。

実はこのリボルビング払いが借金地獄となりやすい原因なのです。

リボルビング払いとは借入残高に対して返済額が変動する返済システムです。例えばイメージ的には次のようになります。

・借入残高100万円
:毎月の返済額2万5,000円

・借入残高50万円
:毎月の返済額1万3,000円

・借入残高30万円
:毎月の返済額8,000円

・借入残高10万円
:毎月の返済額2,000円

以上のように借入残高が減るにしたがって、毎月の返済額も連動して少なくなるのがリボルビング払いの特徴です。

一見すると毎月の返済額が少なくなるということは、それだけカードローン利用者の負担額が軽くなる見方もできますが 、毎月の返済額が少なくなっていくということは返済期間が長くなるということになるのです。

カードローンで100万円借りたときの返済額2万5,000円を続けていけば、返済期間を短くすることができますが、それではカードローン会社の利益が少なくなってしまいます。

カードローン会社はカードローン利用者の支払う利息によって収益をあげているわけですから、できるだけ長期間にわたって返済してもらうことが収益を伸ばすための秘訣なのです。

返済額が少なくなるということは借金が減り方も少なくなります。

前項でご説明したように、返済額が少なければ返済額に占める利息の割合が多くなりますので、カードローン返済残高はなかなか減らないことになってしまいます。

急にお金が必要になった、急にお葬式ができてしまったのはどう予期せぬ出費をしなければならないとなったとき、カードローンの利用枠内でお金を借りようと思っても十分借りるだけの利用枠ができていないということもないとは言えません。

借入枠が十分でなければ2社目のカードローン会社と契約することは時間の問題です。2社目のカードローンと契約してしまえばそのまま借金地獄行きですよ。

関連記事をチェック!

定額のリボルビング払いについて

筆者がクレジットカード会社に勤務している時、お客からよくリボルビング払いについての仕組みを質問されました。 おそらくリボルビング払いを利用している人で、正確に仕組みを理解している人は5割もいなか...

カードローンの特性によるカードローン地獄

またカードローンの特徴として利用枠限度内であれば追加借り入れができてしまうということもカードローン地獄となる大きな原因です。

カードローン返済はいつまでに返済しなければならないかという期限がありません。繰り返し利用することができるため返済期限を設定していないのです。

返済によってカードローンの利用枠ができた、お金が必要になったので利用限度額までお金を借りた、ようなことを繰り返していたのではいつまでたっても借金を返済することはできませんね。

カードローン地獄にならないために

カードローン返済が思うようにできないと頭の中は常に借金返済のことでいっぱいです。

返済期限までに返済しなければどうしよう、このままでは生活費が足りなくなってしまう、公共料金の支払いさえできないではないか、とカードローン返済のことだけで他のことを考えることができなくなってしまいます。

1社目のカードローンだけでは足りずに2社目のカードローンに手を出せば、なおのこと考えるのは膨大に膨らんでしまった借金返済のことです。

常に不機嫌となり家庭内の雰囲気も悪くなります。もちろん仕事も満足に手につかない状態が出てきますよね。

借金返済は意外にも精神的なストレスとなり、ストレスに耐えかねてしまえばうつ病などの精神病にかかる人も少なくないようです。

いつになったらカードローン返済をすることができるのか、どうすれば借金地獄から抜け出すことができるのか前向きに考えることができなくなります。

精神的に崩壊しないようにカードローン地獄から抜け出す方法に挑戦してみませんか。

生活費の見直しで早期返済

Wワークによって収入を増やす、収入が増えれば借金を減らすことができる、と誰もが考えることですがWワークは肉体的に厳しいです。

会社が休みのとき、土日祝日にアルバイトで稼ぐ、悪い方法ではないとしてもこれでは年中仕事していることと変わりがありません。肉体的にも精神的に疲れ果ててしまうことでしょう。

Wワークによって体調崩したのでは元も子もありません。

まず考えるのは生活費の見直しです。生活費の見直しはたかが知れている、と思うかもしれませんが実際やってみるとそうでもないようですよ。

サラリーマンの人なら昼食を外食で済ます人が多いですよね。外食になれば1,000円程度の出費を覚悟しなければなりません。月に22日働いたとすれば2万2,000円です。

昼食費を削るためにジャンクフードで済ましていたのでは健康的に良くありません。

昼食はお弁当を持参することにしましょう。バランスよく作れば健康維持も出来ますし、残り物を利用すればそれほど出費にはなりません。

飲み物にしても、会社内にある自動販売機やコンビニで飲料水を買うのはやめましょう。1日に150円程度のコーヒー缶を2本購入すれば300円ですよね。22日間利用すれば6,600円です。

飲料水は自宅で利用しステンレスボトルなどに入れることで、保冷や保温効果を保ちながら安く済ますことができます。

当然水道光熱費を極力無駄のないように、こまめにスイッチをオフオンすることも必要です。

自炊をすることはもちろんのことで、出来合いのものを買うのではなく可能な限り自力で料理をすることを覚えましょう。

関連記事をチェック!

生活費が足りない時のアイデア26【全部やったら月5万節約】

主婦の方で「収入が少なくて家計が厳しい」とお悩みの方に役立つ情報を載せています。 スマホの電話は通話アプリで スマホの通信費も安くはありません。通常だと30秒で20円の通話料が取られます。...

関連記事をチェック!

お金がない!生活苦から抜け出す・脱出作戦はコレだ

生活からの脱出、ってできそうでなかなかできないものです。なぜならどうして生活が苦しいのか理由によって対策方法が違うからです。 間違った対策を取ったのでは効果がありません。症状に合った方法を取らな...

臨時収入があれば返済に充当

カードローンの返済はカード会社が設定した最低支払金額ですから、返済地獄から抜け出すには早期に借金を完済することです。

それにはボーナスなどの臨時収入があった際に元金に少しでも充当しておきましょう。

おまとめローンで借金返済

複数借金でカードローン返済地獄になっているのなら借金を一本化するおまとめローンをするのも悪い方法ではありませんね。

借金を一本化すれば毎月の返済が1回で済み、返済金額を低く抑えることも十分に期待できます。

借金をおまとめする場合は、できるだけ金利の低い銀行カードローンを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

借金返済が苦しい!おまとめローンで金利を抑えよう

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月の返済金額が多くなる傾向にあります。 そのような時におまとめローンを利用すれば、毎月の返済額が少なくなる場合もありますし、何よりも1本あたりの借入額の...

関連記事をチェック!

借金一本化の審査基準とは【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...

債務整理で借金地獄から脱出

すでににっちもさっちもいかない状態で、カードローン地獄に足を入れているのであれば、これ以上借金返済に苦しまないためにも債務整理を選ぶという方法をおすすめしたいです。

債務整理は借金の軽減や将来支払わなければならない利息のカットをすることができます。

借金地獄になっている借金の中に過払い金が含まれているのなら過払い金を請求することによって借金をなくすことも、または払い過ぎた利息が戻ってくることも期待できます。

相談する場所は弁護士や司法書士などの法律の専門家です。

複数あるカードローン借金一本化した方がいいのか、それとも債務整理したほうがいいのか、アドバイスを受けることができます。

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

避けられない信用ブラック

しかし債務整理してしまうと避けられないのは信用ブラックとなってしまうことです。

信用ブラックとは金融事故情報として債務整理情報が登録されてしまうことを言います。

金融事故情報は最低で5年から10年程度は登録が残ってしまいますので、その間新規にクレジットカードを申し込むことや自動車ローンを組むことなど、お金に関する契約をすることはかなり厳しくなります。

しかし借金地獄から脱出するにはそれなりの覚悟が必要ですよ。ギャンブルで一発儲けようとか、宝くじに当たったら、というような考えを捨てましょう。

関連記事をチェック!

ブラックリストとは、本当にあるの?

借金を滞納するとブラックリストに載る。よく言われることですがブラックリストは存在しないことをご存知でしょうか。 そんなはずはない、カードローンやクレジットカードの審査で落ちたことあるよ。疑問な点...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談