キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

消費者金融カードローンがきっかけで借金地獄&生活苦にならない方法

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

借金地獄やカードローン地獄は貸金業法が改正になってからほとんどなくなったような気がしていましたがそうではないようです。

確かに消費者金融やクレジットカードの借入金額は上限が定められましたが、銀行カードローンについては総量規制が適用されていません。いろいろ問題がありそうですね。

この記事はこんな人にオススメ!

1.カードローンで借金地獄に陥っていてどうしたらいいかわからない人
2.自分と同じ借金地獄に陥っている人には、どんな人が多いのか知りたい人
3.借金地獄から解放されないとどうなるのか末路を知りたい人

いずれかに当てはまる人は、ぜひ参考にしてください。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

カードローンの借金地獄から脱出する為の3つのステップ

ローン地獄の生活苦から脱出する

どうしても借金返済ができずローン地獄と生活苦になってしまったら、一刻も早く借金問題を解決しなければなりません。

いくら金融機関に対して返済を待ってほしいとお願いしても、何度も約束を破っているために聞いてはくれません。

すでにその時点で金融事故として信用情報機関に登録されているのですから、思い切って債務整理をしましょう。

金融問題に詳しい弁護士や司法書士に相談し、どうすればローン地獄から抜け出すことができるのかアドバイスをもらうのです。

任意整理や自己破産、個人再生など方法は様々です。現在の収入状況によって的確に判断してくれますので安心して任せることができます。

費用の面は心配する必要はありません。そもそもローン地獄になってお金がないことは承知しているわけですから分割返済に応じてくれます。

ローン地獄のまま放置していると強制執行によって差し押さえされてしまいます。もちろん給料も差し押さえの対象となりますので借金滞納していることがバレてしまいますね。

会社中の噂になってしまい、せっかく就職口を見つけてもすぐに退職しなければならない羽目になります。

債務整理をすると5年から10年は新たに借金することはできません。しかし借金できないことが逆にローン地獄を救うことになります。

借金問題は放置することなく、すぐに法律の専門家と相談して適切に処理を行いましょう。

ただし、債務整理だけが解決方法の全てではありません。

ここでは、家族に相談することや、カードローンの返済計画を改めて見直すことも含めた上で、債務整理について紹介します。

1.借金がある、カードローンを利用している事を家族に相談する

社会的常識を持っているプライドが高い人に限って借金問題はなかなか相談できません。

まだ借金額が少ないうちに家族や親に相談することで、借金返済のために協力を求めることも可能です。しかしプライドが高いゆえに借金の事実を誰にも相談できず、ひとりで抱え込んでしまうのです。

借金の借入先が2件、3件と増えていくのは現在の収入で借金返済を続けていくことができないからです。

借金を支払えないからこそ借金で借金を返そうと考えるために、借金はどんどん膨れ上がり生活費は足りない、借金返済も期日通りにできないなどますます借金地獄へ突き進んでしまいます。

2.カードローンの返済計画を改めて見直そう

カードローンの返済計画を見直すことも大切です。

もしも無理な返済計画によって生活に支障をきたしている場合、かえって返済ができなくなってしまう可能性が高いです。

借りた金額に対して返済期間の設定が短すぎると、月々の支払いが大きくなりますので、カードローン会社に相談しながら、返済計画見直しの打診をしてみましょう。

また、他の生活費との兼ね合いを考えることも重要です。

定期預金や投資生命保険、住宅ローンなど、他の固定費が高いために、カードローンの返済が苦しい場合には、カードローンの見直しだけでなく、他の固定費の見直しも効果的です。

カードローンの返済を終えてから定期預金をしたり、保険料の低い生命保険に切り替えたり、住宅ローンの借り換えをするなど、多角的な方法を検討しましょう。

3.借り入れと返済を繰り返しているなら弁護士に相談

借入と返済を繰り返していて、いつまでも借金の返済ができない場合には、生活再建がままならず、精神的にもストレスになるでしょう。

また、借金が慢性化することで、借金癖がついてしまうと、より一層借金生活から抜け出しにくくなります。

そんな時には弁護士に相談をして、債務整理という選択肢を選ぶことも検討しましょう。

上記で解説したように、債務整理をするとお金の悩みから解放されやすくなります。

債務整理はお金の悩みを抱えている人にとって、メリットの大きい方法ではありますが、一方でデメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を把握した上で、債務整理を検討しましょう。

任意整理の内容とメリットデメリット

任意整理とは利息制限法の引き直しと、将来利息のカットによって借金を軽減してくれる方法です。

債権額が200万円程度までの借金を対象としています。

利息制限法による引き直し計算をすると、今まで払い過ぎていた利息分が返って来る場合もありますので、借金が大幅に減る可能性があります。

ただし、任意整理はあくまでも任意による交渉ですので、貸金業者によっては交渉が決裂する場合があります。

任意整理を受け付けないという方針の業者や、不利な条件を提示してくる業者もありますので、必ずしも期待通りに借金が軽くなるとは限りません。

また信用情報ブラックとなることもデメリットとなります。

今後5年間はローンが組めなくなります。ローンだけでなくクレジットカードが発行できなくなったり、携帯電話の本体料金のローン払いができなくなります。

個人再生の内容とメリットデメリット

個人再生は、5,000万円までの借金に適用が可能な方法で、借金を5分の1程度まで軽減してくれます。

裁判所を通じて借金の負担を軽くする方法であるため、裁判所が認めれば大幅な借金の削減が可能です。

また、住宅や車を手放さずに債務整理ができることや、保証人になっていなければ家族に迷惑をかけることがありません。

個人再生が認められれば、軽減された借金の残額を、3年から5年かけてゆっくりと返済して行くことになります。

個人再生手続の開始後は、債権者は取り立てや差し押さえができなくなるので、静かな生活を取り戻すことができるでしょう。

個人再生のデメリットは、信用情報ブラックとなり、5年から10年はローン取引ができなくなります。

また、安定収入がなければ個人再生は認められませんので、安定収入が必要であるということもデメリットの一つです。

さらに官報という機関紙に情報が載せられるため、官報を見た闇金から勧誘の連絡が入る可能性があります。

このような場合には相手にしないように気をつけましょう。

自己破産の内容とメリットデメリット

自己破産は、債務整理の中でも最も借金の負担を軽くしてくれる方法で、全ての借金を帳消しにしてくれるという内容です。

今まで借金苦に陥っていた人にとっては、夢のような手続きだといえるでしょう。

ただし、20万円以上の財産と99万円を超える現金は、すべて債権者への配当に充てられますので、借金が帳消しになる代わりに財産を失うことになります。

また、信用情報ブラックになることや、官報に情報が掲載されることのほか、就くことができない職業があることなどもデメリットです。

そのほか、浪費やギャンブルなどによる借金や、7年以内に自己破産や個人再生をしている場合には、自己破産が認められないケースがありますので、注意が必要です。

カードローン借金地獄を放置するとどうなるか?

しかし債務整理してしまうと避けられないのは信用ブラックとなってしまうことです。

信用ブラックとは金融事故情報として債務整理情報が登録されてしまうことを言います。

金融事故情報は最低で5年から10年程度は登録が残ってしまいますので、その間新規にクレジットカードを申し込むことや自動車ローンを組むことなど、お金に関する契約をすることはかなり厳しくなります。

しかし借金地獄から脱出するにはそれなりの覚悟が必要ですよ。ギャンブルで一発儲けようとか、宝くじに当たったら、というような考えを捨てましょう。

関連記事をチェック!

金融会社の信用を失うブラックリストとは、本当にあるの?

借金を滞納するとブラックリストに載る。よく言われることですがブラックリストは存在しないことをご存知でしょうか。 そんなはずはない、カードローンやクレジットカードの審査で落ちたことあるよ。疑問な点...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は時効期間が経つまで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬...

カードローンで借金地獄にならない為の三つの約束事

カードローン地獄にならないために

カードローン返済が思うようにできないと頭の中は常に借金返済のことでいっぱいです。

返済期限までに返済しなければどうしよう、このままでは生活費が足りなくなってしまう、公共料金の支払いさえできないではないか、とカードローン返済のことだけで他のことを考えることができなくなってしまいます。

1社目のカードローンだけでは足りずに2社目のカードローンに手を出せば、なおのこと考えるのは膨大に膨らんでしまった借金返済のことです。

常に不機嫌となり家庭内の雰囲気も悪くなります。もちろん仕事も満足に手につかない状態が出てきますよね。

借金返済は意外にも精神的なストレスとなり、ストレスに耐えかねてしまえばうつ病などの精神病にかかる人も少なくないようです。

いつになったらカードローン返済をすることができるのか、どうすれば借金地獄から抜け出すことができるのか前向きに考えることができなくなります。

精神的に崩壊しないようにカードローン地獄から抜け出す方法に挑戦してみませんか。

1.生活の支出は抑え、お金の管理を徹底する

Wワークによって収入を増やす、収入が増えれば借金を減らすことができる、と誰もが考えることですがWワークは肉体的に厳しいです。

会社が休みのとき、土日祝日にアルバイトで稼ぐ、悪い方法ではないとしてもこれでは年中仕事していることと変わりがありません。肉体的にも精神的に疲れ果ててしまうことでしょう。

Wワークによって体調崩したのでは元も子もありません。

まず考えるのは生活費の見直しです。生活費の見直しはたかが知れている、と思うかもしれませんが実際やってみるとそうでもないようですよ。

サラリーマンの人なら昼食を外食で済ます人が多いですよね。外食になれば1,000円程度の出費を覚悟しなければなりません。月に22日働いたとすれば2万2,000円です。

昼食費を削るためにジャンクフードで済ましていたのでは健康的に良くありません。

昼食はお弁当を持参することにしましょう。バランスよく作れば健康維持も出来ますし、残り物を利用すればそれほど出費にはなりません。

飲み物にしても、会社内にある自動販売機やコンビニで飲料水を買うのはやめましょう。1日に150円程度のコーヒー缶を2本購入すれば300円ですよね。22日間利用すれば6,600円です。

飲料水は自宅で利用しステンレスボトルなどに入れることで、保冷や保温効果を保ちながら安く済ますことができます。

当然水道光熱費を極力無駄のないように、こまめにスイッチをオフオンすることも必要です。

自炊をすることはもちろんのことで、出来合いのものを買うのではなく可能な限り自力で料理をすることを覚えましょう。

関連記事をチェック!

生活費が足りない時の節約方法25選【目指せマイナス月5万】

主婦の方で「収入が少なくて家計が厳しい」とお悩みの方に役立つ情報を載せています。 いますぐできる節約法 誰しも「節約しなければ」と思ってはいるものの、具体的に何をどうすればいいのかは分かりにくいも...

2.収入を増やし臨時収入は全て返済に充てる

カードローンの返済はカード会社が設定した最低支払金額ですから、返済地獄から抜け出すには早期に借金を完済することです。

それにはボーナスなどの臨時収入があった際に元金に少しでも充当しておきましょう。

3.複数のカードローンをおまとめローンでまとめる

複数借金でカードローン返済地獄になっているのなら借金を一本化するおまとめローンをするのも悪い方法ではありませんね。

借金を一本化すれば毎月の返済が1回で済み、返済金額を低く抑えることも十分に期待できます。

借金をおまとめする場合は、できるだけ金利の低い銀行カードローンを利用するようにしましょう。

関連記事をチェック!

借金一本化の審査基準とは【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...

カードローン地獄になる人に共通する5つの事とは?

景気は良いのに会社は倒産

景気が良くなってきたと言われて数年経ちますが、会社の倒産が亡くなったというニュースは聞いたことがありません。

それまで順調に借金返済をしてきても、急に会社が倒産することや業績悪化によるリストラされてしまうことは誰にでも起こることです。

たとえ失業したとしてもローン返済を待ってくれません。期日は毎月のように訪れ、失業給付金から支払うと今度は生活費がなくなってしまいます。

それほど、借金というのはリスクが高いものですので、計画的な利用が重要です。

ここからは、

カードローン地獄になる人に共通する5つの事として、「銀行カードローンで返済能力以上の借金をした人」「生活費補填の為にカードローンを利用している人」「クレジットカードをリボ払いで返済している人」「ギャンブルで借金地獄から抜け出そうとする人」「自己顕示欲が強い、自制心がないという性格の人」について紹介して行きます。

関連記事をチェック!

銀行借入や消費者金融を滞納!期日に借金返済できないと逮捕されるの?

住宅ローン、マイカーローン、カードローンなど、銀行からの借入を利用されている方は多くいます。 借入を滞納すると怖そうなイメージもあるけど、本当はどうなるのか気になりませんか。滞納についてご説明い...

特徴1.銀行カードローンで返済能力以上の借金をした人

銀行カードローンが借金地獄の入口

総量規制が導入されたことにより、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングは借入上限額が設定され、年収の1/3までしか契約できなくなってしまいました。

多重債務者を作らないためには最も効果的な方法です。

ところが銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。そのため借入上限額を年収の1/3以上にすることも、審査の内容によっては年収の1/2まで借り入れすることができるようです。

せっかく総量規制により多重債務者をこれ以上作らせない目的があっても、銀行カードローンが総量規制の対象にならないのでは、返済能力を超えた借り入れをしてしまうこともないとは言えません。

利息が低い事に甘えて借り過ぎてしまった例

銀行カードローンは金利が低い、安心して借りることができることから、きちんとした返済計画を立てることなく「なんとかなるだろう」方式でお金を借りてしまう人が多くなっているようです。

いくら金利が安くても借入金額が多くなれば利息負担は大きくなります。

例えば年収600万円の人で300万円のカードローンを利用したとしましょう。

金利を年9.0%と設定し、利息額を計算してみると1カ月当たりの利息負担額はおよそ2万2,000円程度になります。

当然のことながらカードローン返済は利息だけで済ますことはできません。元金分も合計して返済しなければならないため、少なくても3万円前後の返済額となることが予想できます。

銀行カードローンの返済の為に消費者金融カードローンを契約

毎月3万円の借金返済では、家計を圧迫してしまうことは必至です。

急な出費が重なった、お葬式が急にできたなど、予想外のお金の入用ができてしまえばたちまち返済することが難しくなります。

消費者金融カードローンを契約して一時しのぎはできたとしても、アナタは既に借金地獄の入り口に立ったと思わなければなりません。

アナタは銀行カードローンの借金返済を新たに作った消費者金融カードローンで返済しているのです。借金して借金を返す、まさしく借金地獄ではありませんか。

関連記事をチェック!

【第1回】借金地獄の始まり~タコ部屋で強制労働させられた体験談~

一般的に普通の生活をして自分に自制心を持ち計画的生活をすれば借金等とは縁がないかもしれません。 私の今までの人生の中で借金地獄になり命が今までもっていたこと事が不思議なくらいで。それもすべてがこ...

銀行カードローンの使い道は「遊び」「ギャンブル」

銀行カードローンに限らず、カードローンで借金すること全てが借金地獄の入り口とは言いません。

借金にも良い借金と悪い借金があり、将来にわたってアナタにメリットをもたらすような借金であればそれは良い借金です。

資格取得のために学校に通う、教材を買うための借金であればキャリアアップを果たすことができるでしょう。特殊な技術を持っていれば有利な条件で転職することができます。

目的が定まっているのは無計画な借金を防ぐ役割を果たすことになります。

しかし株式投資やFX取引のための借金は悪い借金です。

そもそも借金を投資に充当することは契約約款で固く禁止されているはずです。

投資はあくまでも余裕資金で運用しなければなりません。たまたま運良く儲かったとしても、コンスタントに利益を上げるには国際情勢や各経済指標などを深く読み込まなければなりません。

たとえ本を買い漁って勉強することや、セミナーに参加することも悪い方法ではありませんが、いくら勉強しても、いくらセミナーに参加しても誰もが儲かるわけではありませんね。

またギャンブルにカードローンで借りたお金を充当することも悪い借金の中に入ります。

カードローン借金してまでお金をつぎ込んだのだから儲けを出さないうちに帰るわけにはいかない、と熱くなってしまう人が多いですね。

公営ギャンブルやパチンコ店など、運営している企業や団体は配当金額の払い戻しには一定の利益を差し引いた残りを充当しています。つまりギャンブルに投資する段階で、すでに相手方の利益が控除されているということです。

ギャンブルに投資する人が増えれば増えるほど、運営している企業や団体は儲かるシステムなのです。

関連記事をチェック!

FXで消費者金融に借金をしてしまう理由とその仕組みとは

FX取引で自宅にいながら仕事をする。毎日満員電車に揺られて通勤する必要もなければ上司の顔色を伺う必要もない。 FXは今、個人が大きなお金を稼ぐ方法としても、サラリーマンの副業としても大ブームにな...

銀行カードローンは総量規制以上の債務を抱える原因

総量規制によって個人が借りることのできる上限額は年収の1/3までとなりましたが、逆に総量規制がローン地獄を産むことになります。

銀行カードローンや消費者金融はお金を貸さないことには商売にはなりません。できるだけ利息収入を増やすには総量規制の範囲内いっぱいまでお金を貸そうとします。

年収300万円なら100万円まで借りることができるわけですよね。

最初は30万円の利用限度額だったのに、増額しませんかとお知らせが来るとつい申し込んでしまいます。

とくに何に使うという目的もないのに、利用限度額を増額するのはいつでも借金を増やす原因になりますね。

借金を完済しないうちに新規に借入先に申し込むのは、それほど難しいことではありません。総量規制内であれば金融機関はお金を貸しても問題はないわけです。

総量規制は過剰貸付を防ぐ対策として導入されたのですが、個人の家計収支状況までは勘案していません。

結局年収300万円で利用限度額50万円、2社借入になるのはあっという間です。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬 年齢:55歳 職歴:地域密着の街金を30年経営 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、...

5社以上の借金があれば地獄行き確定?

もしも5社以上の借金があれば、多重債務者として地獄行きと成り得ます。

そもそも5社以上からの借入れを行うこと自体、審査落ちの可能性を考えると難しいものですが、逆に言うと、審査で難しいほどの件数を借入れしてしまっている人は、借金まみれになっているということでもあります。

多重債務になっていると、多くの借金を返済し続けなければなりませんし、返済日が会社ごとにバラバラである場合には、常に返済日に追われなければなりません。

また、会社ごとに金利が異なるため、借金返済の管理だけでも大変です。

複数社から借金をしている場合には、1社でも早めに完済してしまうか、おまとめローンなどで借金をまとめてしまいましょう。

特徴2.生活費補填の為にカードローンを利用している人

カードローンを生活費に充当は危険

悪い借金の中に最も多いのが生活費のためにカードローン借金をすることです。

一時的にその月だけ生活費が足りないと言うのであれば問題はありませんが、毎月生活費が赤字になる状態では、カードローンの借金を返済することができないカードローン地獄になってしまいます。

カードローンで借金して1カ月や2カ月は生活費に充当することができたとしても、借金したお金がなくなってしまえばたちまち借金地獄です。

生活費が足りない状態でカードローン借金をすることは、かなり危険と言わざるを得ません。生活費のために借金をするということは、お金を単純に消費するだけで残るものは何もありませんよ。

カードローン1社だけの契約では間に合わなくなり、2社目のカードローンの契約をすることはもう目に見えていることです。

給料などの収入から借金を含めた生活費を差し引いた残りがマイナスの状態になっていることは、すでにアナタの生活は債務超過となっています。

債務超過とは簡単な言葉で言えば生活が破綻しているということです。

最少返済額2,000円~という言葉にだまされるな!

銀行カードローンにしても消費者金融カードローンにしても、毎月返済しなければならない最低返済額が設定されていることが多いですね。

最低返済額とはカードローン会社で、「最低これだけは支払ってくださいね」という金額です。 返済額が最低ということはどういう意味なのか考えなければなりませんね。

仮にカードローンで100万円を借りていたとしましょう。金利は年14.6%。 最低返済額は2万円と設定します。

アナタはカードローン会社の言う通りに毎月2万円ずつ返済していたとします。毎月2万円返済すれば、1年間に24万円借金が減るのか?と考えがちですが、ここに大きな落とし穴があります。

2万円の返済額の中には、利息分が含まれているということを忘れていませんか?

たとえ忘れていなくても、金利が低い銀行カードローンであれば利息はそれほどかからないのではないか、などとタカをくくってしまう部分もあるかもしれませんね。

上記の例で計算すれば100万円を借りたときの金利は1万2,000円もかかっていますよ。

2万円返済すれば返済額のうち60%は金利として返済しなければならないのです。年利が14.6%だとしても最低返済額で支払えば、返済額に占める金利の割合は当然のように大きくなります。

2万円返済しても元金に充当されるのはわずか8,000円です。100万円の借金に対して8,000円の元金充当分だけではほとんど焼け石に水のような感じです。

確かに最低返済額は、毎月の返済をできるだけラクにするための方法です。その代わり借金を全て完済するまでには相当の期間がかかることが予想できます。

金利に対していくら利息を支払わなければならないのかということを事前にカードローンの公式サイトにある返済シミュレーションで確認するようにしましょう。

最少返済額2,000円~と書かれていると、気軽に借入れしてしまいたくなりますが、事前にしっかりと精査することが重要です。

関連記事をチェック!

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」...

特徴3.クレジットカードをリボ払いで返済している人

たとえ商品購入やサービス料金の支払いに現金決済でなくても、クレジットカードなら簡単に支払いを後払いにできてしまいます。

月末締めの翌月10日払いとか、10日締めの当月27日払いとかクレジットカード会社によって締め日と支払日があるように、いくら返済を一括にしてもクレジットカードの利用料金を支払うまでは借金を抱えているのと同じです。

しかも無計画なクレジットカードの利用によって、請求金額が思った以上に高額になると支払い方法をリボ払いに変更するケースがありますね。

リボ払いは一括で返済する必要がなく、毎月一定額を返済すれば良いのですが金利がかかることをつい忘れてしまう人も多いようです。

まして毎月支払うリボ払いの金額以上にクレジットカードを利用してしまうと、借金はどんどん膨れ上がり最終的には「リボ天」と言って、利用限度額いっぱいまで枠を使い切ってしまう場合がほとんどです。

利用限度額いっぱいまで枠を使い切ってしまうとそれ以上クレジットカードが利用できませんから、性格的に物欲が強い、見栄っ張りであるという人は消費者金融からお金を借りてでも自分の欲求を満たすことや、周りの人に見栄を張るために借金を重ねてしまうのです。

借金返済地獄はリボ払いから始まる

カードローンの定率リボルビング払いの仕組みを理解しよう

カードローン会社の多くは返済方法としてリボルビング払いを採用しています。

実はこのリボルビング払いが借金地獄となりやすい原因なのです。

リボルビング払いとは借入残高に対して返済額が変動する返済システムです。例えばイメージ的には次のようになります。

・借入残高100万円
:毎月の返済額2万5,000円

・借入残高50万円
:毎月の返済額1万3,000円

・借入残高30万円
:毎月の返済額8,000円

・借入残高10万円
:毎月の返済額2,000円

以上のように借入残高が減るにしたがって、毎月の返済額も連動して少なくなるのがリボルビング払いの特徴です。

一見すると毎月の返済額が少なくなるということは、それだけカードローン利用者の負担額が軽くなる見方もできますが 、毎月の返済額が少なくなっていくということは返済期間が長くなるということになるのです。

カードローンで100万円借りたときの返済額2万5,000円を続けていけば、返済期間を短くすることができますが、それではカードローン会社の利益が少なくなってしまいます。

カードローン会社はカードローン利用者の支払う利息によって収益をあげているわけですから、できるだけ長期間にわたって返済してもらうことが収益を伸ばすための秘訣なのです。

返済額が少なくなるということは借金が減り方も少なくなります。

前項でご説明したように、返済額が少なければ返済額に占める利息の割合が多くなりますので、カードローン返済残高はなかなか減らないことになってしまいます。

急にお金が必要になった、急にお葬式ができてしまったのはどう予期せぬ出費をしなければならないとなったとき、カードローンの利用枠内でお金を借りようと思っても十分借りるだけの利用枠ができていないということもないとは言えません。

借入枠が十分でなければ2社目のカードローン会社と契約することは時間の問題です。2社目のカードローンと契約してしまえばそのまま借金地獄行きですよ。

関連記事をチェック!

定額のリボルビング払いについて

筆者がクレジットカード会社に勤務している時、お客からよくリボルビング払いについての仕組みを質問されました。 おそらくリボルビング払いを利用している人で、正確に仕組みを理解している人は5割もいなか...

リボ払いが終わらない間に限度額まで追加借り入れしてしまうケースも

またリボ払いの特徴として、利用枠限度内であれば追加でリボ払い決済ができてしまうということです。

このことも借金地獄となる大きな原因です。

リボ払いは、月々の負担が軽い代わりに、長期的に支払って行かなければなりません。

利用枠にゆとりがあるからと油断して、どんどんリボ払いをして行くと、いつまでたっても支払いが終わりませんし、借金だらけとなっていることになります。

特徴4.ギャンブルで借金地獄から抜け出そうとする人

消費者金融でお金を借りても、お金を借りる理由に生活費やレジャー資金と書いてしまえばそれ以上追及されることはありません。

ATMからお金を借りて財布に入れてしまえば、後は何に使おうが本人の自由です。

審査に通りやすいと言われていることから、資金使途を生活費と書いてはみたものの、パチンコや競馬などのギャンブルに使い込んでしまっている場合も多いようですね。

確かにギャンブルにお金を使うなら30万円くらいのお金は必要かもしれません。ギャンブルで一発当てれば少なくとも2、3倍になると誰もが思うことです。

30万円を消費者金融から借りて60万円になれば、借りた30万円をすぐに返済して残った30万円でまたギャンブルができる。

でも柳の下には二匹目のどじょうはいませんよ。最初はうまく勝てたかもしれませんが、次に必ず勝てる保証はどこにもありません。

ギャンブルで儲かったお金はすぐになくなり、負けを取り戻そうと借金を返済したはずの消費者金融からまたすぐにお金を借りるのです。

パチンコ店がどれほど儲かっているか、週刊誌やギャンブル関係の雑誌を見ればわかっているはずなのに、自分だけは勝てると思い込んでしまっているのですね。

そして案の定消費者金融から借りたお金はパチンコ店に吸い取られてしまい、困ったなあ生活費がないな、と2社目の消費者金融からお金を借りてしまうのです。

借金地獄のストレスをギャンブルで発散するのは最悪

会社での人間関係や仕事上のトラブルは社会人にとって日常茶飯時です。

あまりストレスが溜まってしまうと、人の性格によっては商品を購入することや、豪華な食事をすることでバランスを取ろうと頭が勝手に考えます。なかにはパチンコや競馬などのギャンブルでストレス発散する場合も多いですよね。

たとえギャンブルでなくても、スマホゲームのガチャにハマってしまい、レアアイテムが手に入ったなど快感を覚えてしまうこともある意味ギャンブル依存症と似ています。

ストレス発散での快感を借金によって解決できることも借金が膨れ上がる原因です。

お金を借りてギャンブル:それは「借金地獄」への直行便

特徴5.自己顕示欲が強い、自制心がないという性格の人

自己顕示欲が強い人や、お金に自制心働かない人は借金をしやすい性格と言えるでしょう。

自己顕示欲が強いと、つい見栄を張って人に奢ってしまったり、自分のステータスのために高級なアイテムを保有したりしがちです。

見栄えは良いものの金欠だという、中身のない状態となってしまいがちです。

また、自制心がない場合にも、借金は増える傾向があります。

現代はお金があればなんでも買える時代です。お金さえあれば欲しいものが買えるのに、お金がないために諦めなくてはいけないことに抑制をかけられないと、給料が入る前にとりあえず消費者金融でお金を借りて、給料が入ったら返済すれば良いと考えがちです。

たとえ給料が入ったら返済するのではなく、ボーナスが入ったら返済するでも同じですね。

お金に対して自制心を持っている人は、いくら欲しいものがあってもお金を貯めて現金で購入しようと考えるものです。

しかし自分の欲求を満たすことを最優先に考えてしまうと、お金を貯める期間がもったいなく感じお金を借りることを考えてしまいます。

商品の購入なら家族が「どうしてそんなに高額なものが買えるの?」のように注意を払ってくれますが、ゲームの課金や動画閲覧のサービス料金は周囲にバレることがありません。

それにお金を借りることは意外に簡単で、インターネットからパソコンやスマホで20万円を30万円の金額を借りることは難しくありません。

さらに自分の欲求を満たすことに満足を覚えると、病みつきになってしまい熱中するがあまり気が付いてみると請求額が30万円や50万円に膨れ上がることも珍しくはありません。

借金を経験した主婦が完済してもまた借金地獄に…

借金を経験した主婦が、せっかく完済したのにまた借金地獄に陥るというケースもあります。

主婦の多くは、日頃節約をしながら家計のやりくりをしているケースが多いでしょう。

しかし、節約生活の反動なのか、夫に内緒でブランドものなどを購入したり、ホストクラブにハマったりして、借金をするというケースもあります。

また、子供の教育費のために借金をするということもあるようですが、いずれにせよ、せっかく完済したにも関わらず、また借金をしなければならないということも珍しくありません。

カードローンは、繰り返し利用できるため、完済後も借金がしやすいという特徴があります。

借金をする時には、返済計画だけでなく、将来的なライフプランも立てた上で、資金計画を考える必要があるでしょう。

ボーナスで借金を返済できるという安易な考えは危険

消費者金融で例えお金を借りても、今度のボーナスが入れば一括返済できると誰もが考えます。

しかし実際ボーナスを手にしてみると、消費者金融で借金を返済するのがもったいないと感じてしまうのです。

なぜもったいないと感じるのか、それは借りたお金を全て消費してしまっているからですね。

消費者金融で借りたお金で4Kテレビを買ったとか、パソコンを買った、時計を買ったと言うならその商品を見るたびに「これは消費者金融で借りたお金で買ったのだ」と再確認できます。

ところが商品を買ったのではなく投資に使った、ギャンブルに使った、遊びに使ったと単純にお金を消費してしまうと、手元には何も残っていません。

残っているのは目に見えない借金だけですから、借金返済するくらいだったら前から欲しかったデジカメを買おう、ブランドのバッグを買おうと返済する予定だったお金でモノを買ってしまいます。

住宅ローンだって車のローンだって借金じゃないか。車を3年ごとに買い替えればずっと借金しているのと同じじゃないかと勝手に自分を納得させるのは借金から逃げている証拠ですよ。

借金を現実視できなくなったら、その時点で借金地獄に半分以上カラダが入っているのと同じです。

必要もない借金を限度額いっぱいまで借りてしまう

消費者金融からお金を借りる人は、急な出費が重なっちゃって生活費が足りなくなったから、とよく言います。

しかし急な出費って何でしょう?急な出費で生活費が足りなくなって30万円消費者金融から借りるってどういう状況なのでしょうか。

急な出費といえば、お葬式や車の事故、病気や怪我ですかね。確かにお葬式は急に起こるものですから、貯金がなければお金を借りるしかありません。

でも車の事故は任意保険がありますよね。病気や怪我だって入院しても初日に5万円必要ということはありませんよね。

本当は5万円もあれば十分だったのではありませんか?でも消費者金融に申込んでみたら利用限度額は30万円ですと言われ、余計なことにお金を使ってしまったのではないでしょうか。

消費者金融の借金なのに自分のお金のように勘違いしているのではありませんか?

自分に甘い人は優しい借金督促に甘えてしまう

消費者金融からお金を借りて返済期日に返済ができなくても、突然怖いお兄さんが自宅に取り立てに来ることもなければ、借金督促の電話で怒鳴られることもありません。

法律によって取り立て行為が規制されているため、借金督促は借主の生活の平穏を乱すことなく、また誰にも借金の事実を明らかにすることも許されていません。

よって借金返済に遅れても、丁寧な言葉で次回返済期日を尋ねられる程度で済んでしまうのも、借金慣れしてしまう原因です。

まして消費者金融は総量規制によって年収の1/3までなら借りれる仕組みですから、年収500万円あれば、166万円の借金を作ることはそれほど難しくはないのです。

決まり借金地獄に陥ってしまう原因は次の2点です。

・借入件数は3件から4件までできる
・返済期日に遅れても怖い思いをしない

借金は借金で返せば良いという考えや、ちょっとくらい支払い期日に遅れても怒鳴られることもなければ会社に督促の電話がかかってくることもないことを知ってしまうと、そんなに借金返済に焦らなくても問題にはならないのように考えてしまいます。

次回返済期日はいつでしょうか、と聞かれたら次の給料日まで待ってほしいと言えば良い。

今はまだ総量規制枠は使い切っていないから、まだ借りれるのように借金に対する罪の意識が薄れてしまうのです。

カードローンの利息や借入額の関係を理解りようとしないケースも…

消費者金融の金利は標準で年18.0%ですね。ちょっと高いね、と感じる人は貸金業法改正前の金利を知らない人です。

貸金業法改正直前の上限金利は年29.2%で、消費者金融から借りる金額が10万円でも50万円でも金利は変わりません。

大手消費者金融はさすがに年25%前後でお金を貸していたようですが、それでも現在の金利水準よりは高いです。

でも金利は確実に下がったのです。年18.0%の金利とは利息に換算すると、例えば10万円を借りたとすれば30日で利息は1,479円です。

1,479円の利息はちょっと高めのランチ代と考えるとそれほど高い利息ではありませんね。

しかし50万円を消費者金融から借りたとなると利息は30日で7,397円まで急騰します。

つまり消費者金融の金利が高くても借りる金額が少なければ利息負担はそれほど苦にならない金額なのです。

銀行カードローンの金利が安いと言っても年14.5%くらいですから、ほとんど消費者金融と同じような金利です。

金利が少しでも安ければ利息も安くなりますが、利息が安いからと銀行カードローンで100万円借りたら利息は1万1,917円ですよ。

借金地獄になるのは消費者金融の金利が高いからではなくて、返済の目途や計画がないままに借りてしまう無計画さが原因なのです。

カードローンの借金地獄を放置した人の末路とは?

多額の借金によってどこからも借りれない状態になると、親や友人、同僚に「お金を貸してくれ」と頼むことにもなってしまいます。

親はともかく友人や同僚からお金を借りるとその時点で信頼関係が失われ、二度と元の状態には戻れません。人間関係や信頼関係が崩れてしまうと修復するのは不可能に近いです。

些細な借金がきっかけで多額の借金を抱えるようになってしまったら、もうどこからも借りれないように債務整理することも検討に入れましょう。

債務整理をすれば金融事故として登録されるため、借金したくても5年から10年の間は借金はできません。

もちろん今までの生活態度を見直すことも必要ですし、借金依存症になっているのではないかと認識があるなら心療内科でカウンセリングを受けることも必要ですね。

生活費も底をつき精神的にも苦痛の毎日

期日通りに返済ができなくなればもちろん借金の督促をされます。

しかしお金がない以上支払うことができません。

銀行や消費者金融はいつになったら返済できるのか期日を教えて欲しいと言ってきても、曖昧な返事しかすることができず、最終的には法的手段によって回収しますよ言われる始末です。

関連記事をチェック!

借金取りって怖いお兄さんが取り立てに来るの?

借金している人にとって最も怖いのが、返済に遅れると怖い借金取りのお兄さんが自宅まで来るのだろうかということですね。 借金返すまでは帰らないよと 自宅に居座ることや、勤務先まで取り立てに来るのでは...

関連記事をチェック!

消費者金融の借金返済を無視し続けた結果、自宅まで取り立てに

多額の借金を背負いながら、滞納を繰り返してしまっていたナカです。 嘘かのような話しですが、滞納を続けていたことで大変なことが起きてしまいました。 今回、ここでは取り立てがやってきてしまった...

Q&A「カードローンで借金地獄…」でよくある質問

カードローンの借金地獄に関してよくある質問を紹介します。

カードローンによって借金地獄に陥らないように、ぜひチェックしておきましょう。

Q「月々の支払いをできるだけまとめたいのですが、おすすめのおまとめローンを教えてください。」

借金の状況や属性にもよりますが、消費者金融であれば、貸し付け条件の良いプロミス、WEB完結でおなじみのSMBCモビットなどがおすすめです。

銀行カードローンであれば、実質金利が1.9%〜14.5%と低い楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

業者ごとにサービス内容が異なりますので、これらの業者以外も含めて、あなたに合った業者を比較検討しましょう。

Q「毎月の給料から母への仕送りと生活費光熱費などを引くと5万円しか残りません。どうすればいいですか?」

その5万円の中で、できる限りやりくりすることを前提に、副収入を得る方法を模索してみましょう。

また、生活費や光熱費を、もう少し切り詰められないかの検討も大切です。

特に固定費は、一旦下げると継続して安くなりますので、家計に与える影響は大きいです。

クレジットカードを利用してポイントを獲得するなどの節約方法も視野に入れましょう。

どうしても生活が厳しい場合は、お母様への仕送りを減額できないか相談することも重要です。

収入を増やすことと、支出を減らすことを同時に考えましょう。

Q「会社員です。返済が出来ずにクレジットカードの現金化を考えていますがヤバイですか?」

クレジットカードの現金化は、多くの場合カード会社の禁止事項に抵触してしまいます。

カード会社にバレてしまうと、ペナルティーが科せられる可能性がありますので、かえって状況が悪化する可能性があります。

クレジットカードの現金化以外の方法で、お金を工面することを考えましょう。

Q「毎月返済している額の中で元金はいくらか?どうしたらわかりますか?」

利用しているカードローン会社の明細を見ると、元金が載っているはずです。

明細には、元金だけでなく、利息分や残額など、項目ごとに詳細が記録されていますので、チェックしてみましょう。

不明な場合は利用しているカードローン会社に連絡をして聞いてみると良いでしょう。

Q「キャッシングを滞納して3ヶ月目です。親(父と母は別居)とか子供に支払い義務はありますか?」

キャッシング契約は、キャッシング会社と本人が契約をしているものですので、無担保無保証人で利用している借金に関しては、家族に支払い義務はありません。

ただし、家族を保証人としている借金の場合には、支払い義務が発生する可能性がありますので注意が必要です。

消費者金融カードローンがきっかけで借金地獄&生活苦にならない方法、まとめ

消費者金融カードローンがきっかけで、借金地獄や生活苦にならないためには、カードローンの借金地獄から脱出する為のステップを、あらかじめ把握した上で、収入を増やして支出を減らすことが大切です。

また、カードローン地獄になる人に共通する事もしっかりと理解し、反面教師にしておきましょう。

カードローンは有効に利用すれば、生活のテコ入れになる反面、借金生活はとても苦しいものですので、計画的な利用がとても大切です。

カードローンを活用する場合には、賢く活用しましょう。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談