お 取りまとめローンとは

複数社からの借金が多くなりすぎて返済できない・・・。

そんな時はおとりまとめローンによって返済を楽にすることができます。

おとりまとめローンは返済が楽になる

YOTA82_OKdemashita15124015_TP_V

まずはおとりまとめローンとはいったいどういう物なのかを説明しましょう。おとりまとめローンとは、複数の会社からの借金を1社からまとめるという方法です。

A,B,C社から合計120万円借りているのであれば、D社から120万円を借りて返済に充てれば、借り入れ件数を3社から1社にまとめることができるというわけです。

借入金額は全く変わりませんので、何の意味もないと感じる人もいるかもしれません。

それでも、おとりまとめローンは返済に苦労している人にとって有効な方法なのです。

カードローンは借入が多いほど金利が下がる

なぜおとりまとめローンをすれば返済が楽になるのかというと、月々の金利を抑えられる可能性があるからです。

例えば以下の条件で三社のカードローンを現在利用しているとしましょう。

借入金金利(実質年率)毎月返済額
アコム50万円18%1万5,000円
アイフル50万円18%1万3,000円
プロミス50万円17.8%1万3,000円
合計150万円17.93%4万1,000円

これを三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」からの借入ですべて返済すると、借入状況は以下のように変化します。

借入金金利(実質年率)毎月返済額
150万円13.6%3万円

もちろん借入金は150万円から変化することはありません。

しかし、カードローンは借入金額や限度額によって金利が決定されるようになっているため、複数社で少額を借り入れるよりも、1社から高額を借入したほうが金利を抑えることができるのです。

例えば、100万円以下の借入では法定金利は18%と定められている一方、100万円を超える借り入れでは法定金利は15%まで下がります。

そのため、3社から50万円ずつを借入した場合は全て法定金利の18%近い金利が設定されるのに対し、一社から150万円の借入であれば金利は最高でも15%に下げることができるのです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、それよりもさらに低い13.6%まで下がります。

また、毎月の返済額も、おとりまとめ前は各社約1万数千円ずつの、合計4万1,000円を毎月返済しなければなりませんでしたが、おとりまとめ後は3万円となっていますので毎月の返済もかなり楽になったと言えます。

三社からの借入であれば単純に返済金額は3倍になりますが、1社であれば金額が3倍になっても毎月返済額は3倍にはならないというところがポイントです。

このように、借入金こそ変わらないものの、毎月の金利を抑えることで発生する利息を抑えて返済額を少なくできる、毎月の返済額が少ないため返済が楽になるというのがおとりまとめローンの効果なのです。

総返済額が高くなる場合もある

MAX87_yononakakaneshidai20140531_TP_V

このように、おとりまとめによって返済を楽にすることが可能なのは間違いありません。

しかし、おとりまとめローンにもデメリットが存在するということには注意しておいてください。

それは、逆に返済額が増えるかもしれないということです。

確かに金利と毎月の返済額は下がりましたが、借入金額は変わっていないのに毎月の返済額が減ることにより、返済期間は返って長くなってしまうのです。

その結果長期間利息が発生して総返済額は増えるというわけです。

例えば先ほどの条件でおとりまとめした場合としなかった場合を計算してみましょう。

総返済額返済期間
アコム69万8,327円47ヶ月
アイフル75万1,057円58ヶ月
プロミス74万6,160円58ヶ月
合計219万5,544円

おとりまとめを行わずに返済を行った場合は全て完済するまでに58ヶ月、合計で219万5,544円を支払うことになります。

一方三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」でおとりまとめを行った場合は完済までに75ヶ月が必要で、総返済額は222万6,088円となり、おとりまとめを行わない場合よりも総返済額は高くなってしまいます。

このように、毎月の返済額が少なくなったからといって返済を怠っていると、かえって損をしてしまうことになるのです。

返済額が少なくて済むことに甘えて少しずつしか返済しないのではなく、返済できるときにしっかり返済しなければおとりまとめをする意味がありません。

あくまでも返済が苦しいときに便利という認識を持つことが重要です。

おすすめは銀行フリーローン

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_t

実際おとりまとめを希望する場合にどこでできるのかというのを説明します。

おとりまとめローンは、銀行や信用金庫、消費者金融など、ローンが借入できる金融機関の多くで利用することが可能です。

中にはおとりまとめ専用の商品を用意している金融機関もありますが、多くの場合はフリーローンやカードローンなどで行います。

フリーローンやカードローンは使用目的が自由なので、それによって他社の借入を返済するというわけです。

おとりまとめ先を考えるときには、とにかく金利の低いところを選ぶようにしましょう。

先ほど説明した通り、おとりまとめは1社から高額の借入をすることで金利を抑えることが目的なので、元々よりも金利が下がらなければ意味がありません。

というわけで、おとりまとめを検討する場合、まずは銀行のフリーローンから試してみるのが良いでしょう。

銀行フリーローンは金利も5%程度で利用することができるため、おとりまとめに最適と言えます。

ただし、使用目的自由なフリーローンでも、三菱UFJ銀行や三井住友銀行のように、借金返済目的での利用はできないと定められている場合が多いです。

みずほ銀行はおとりまとめ不可とは明記されていませんが、利用したい銀行のフリーローンがおとりまとめを認めているかどうか事前に確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

関連記事をチェック!

フリーローンを比較してみた

金融機関が取り扱っているローンには色々な種類がありますが、その中の1つにフリーローンがあります。 フリーローンは資金使途自由のローンなので、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンよりも柔軟な...

銀行ならカードローンも低金利

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_t

フリーローンではおとりまとめができないという場合もあり、また、残念ながら審査に通らなかったということになったときは銀行カードローンでおとりまとめを行いましょう。

フリーローンほどではありませんが、銀行カードローンも金利が低く、銀行によっては10%未満の年率で借入することができ、14%中盤に金利が設定されている商品が多いです。

消費者金融カードローンからのおとりまとめなら、元の金利はおそらくほとんどが18%程度かと思いますので、銀行カードローンでも十分金利ダウンの効果が見込めます。

おとりまとめによって借入金額もある程度高額になることが予想できますので、審査次第ではかなり金額が低くなるのではないでしょうか。

しかし、消費者金融でのおとりまとめはあまりお勧めできません。

例えば、年率14%程度で借り入れできる複数の銀行カードローンを消費者金融カードローンでまとめたところで、金利が15%にしかならなければ逆効果ですよね。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

急なお金が入用になった時に大きな味方になってくれるのがカードローンですが、利便性ばかりに目が行って、見逃しがちなのが金利面。 カードローンは他の金融商品と比べて簡単申込、スピード融資というメリッ...

まとめ

おとりまとめローンは、金利や毎月の返済金額を下げることによって、返済の苦労を軽減することができます。

しかし、毎月の返済金額が減ったからといって油断していると、返済が長期にわたり、かえって支払いが多くなるので気を付けてください。

おとりまとめを行う際は金利がどれだけ下がるのかを重視し、銀行フリーローンで行うのが良いでしょう。

フリーローンでおまとめができない場合には銀行カードローンでも十分低金利なため、銀行カードローンで行うことをおすすめします。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査基準、審査に通らない人必見!

銀行系カードローン審査は消費者金融に比べ、審査で見るところが違っています。それを知らないと審査には通りません。 せっかく銀行系カードローンに申し込むのですから一発で審査に受かりたいですよね。でも...

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの申し込みの裏側【審査担当者が語る】

消費者金融はカードローンの申込みを受け付けてから審査の回答が出るまで、最短30分というのが当たり前のようになっています。 一方で銀行系カードローンでは、審査の回答がでるまで時間がかかるところも少...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談