馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

総量規制対象外で即日融資可能なカードローンはある?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

貸金業法の規定により、総量規制対象となるローンでは年収の3分の1を超える融資は受けられません。

多くのお金を借り入れる必要がある人は、どのローンが総量規制対象外なのか知っておくべきですよね。

また、ローンの中には即日融資が可能なローンと即日融資に対応していないローンがあります。

総量規制の対象になっておらず、なおかつ即日融資も可能なカードローンはあるのかについて、説明していきたいと思います。

総量規制オーバー融資のカードローンとは

総量規制オーバー融資のカードローンとは
総量規制をオーバーした融資を行えるカードローンとは、年収の3分の1を超す金額の融資を行えるカードローンということです。

カードローンでどれくらいの金額の融資を受けられるかは、カードローン選びにおいて非常に重要なので、総量規制をオーバーした融資を行えるカードローンは非常に重宝します。

カードローンとしては、銀行が取り扱っているものと消費者金融が取り扱っているものが代表的です。

これらのうち銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンで、消費者金融のカードローンは総量規制対象のカードローンとなります。

銀行カードローンは総量規制対象外だが審査が厳しい?

総量規制対象のカードローンとそうでないカードローンがある場合、総量規制の対象となっていないカードローンを利用したいと思うのが普通でしょう。

しかし、年収の3分の1を超える融資が可能になるということは、その分、審査も厳しくなるということを意味します。

総量規制対象外の銀行カードローンに申し込んだら、同じ銀行系列の消費者金融カードローンを勧められることもあるほど、審査難度は明らかに総量規制対象外のほうが高くなるのです。

銀行カードローンに申し込もうと思っている場合には、自分は銀行カードローンの審査に通過できそうかどうかを、客観的に判断する必要があるでしょう。

総量規制外の借り入れなら消費者金融がおすすめ

審査が厳しい総量規制対象外のカードローンを利用するのは厳しそうだと思うのであれば、総量規制対象のカードローンの中から選ぶことになりますが、その中ではやはり消費者金融のカードローンがオススメです。

消費者金融は融資を専門に行っている業者なので、カードローンの使い勝手も非常によく、かゆいところに手が届くようなサービスが満載です。

来店せずともWEB完結で申し込みを行えたり、家にいながら即日融資を受けられたり、ローンカードなしでの契約に対応してくれたりと、あらゆる人の要望に対応してくれるでしょう。

年収の3分の1を超す金額の融資を受けられないというデメリットはあるものの、それを補って余りあるメリットが消費者金融にはあると言えます。

総量規制外の借金は審査が甘いおまとめローンを検討しよう

しかし、審査が厳しい銀行カードローンを利用するのは厳しいとは思いながらも、年収の3分の1を超す金額の融資を受けたいと思っている人ももちろんいるはずです。

そのような人は、消費者金融で取り扱っているおまとめローンを利用するといいでしょう。

「消費者金融での融資は総量規制対象ではなかったのか?」と思われるかたもいらっしゃると思いますが、おまとめローンに関しては総量規制の「例外」となっているのです(詳しくは後述します)。

おまとめローンなので、ただ単に融資を受けたいという場合では利用できませんが、資金使途が合致している場合には心強い味方になってくれるでしょう。

消費者金融で取り扱われている代表的なおまとめローンを、以下でいくつか紹介していきましょう。

アイフル

まずはアイフルで取り扱われているおまとめローンですが、アイフルでは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」という2つのおまとめローンを取り扱っています。

どちらも既存の借金をまとめる目的で利用できますが、「おまとめMAX」はアイフルでの借り入れ経験がある人でなければ利用できません。

「かりかえMAX」はアイフルで借り入れを行ったことがなくても利用できますが、その分融資条件に関しては「おまとめMAX」のほうが多少優遇されています。

「おまとめMAX」の商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
3.0%~17.5%
対象者満20歳以上のかた
定期的な収入と返済能力を有するかた
使用目的アイフルおよび他社借り入れ金の借り換え
融資限度額1万円~800万円
返済日毎月指定の返済日or35日ごと
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人不要

消費者金融のおまとめローンであり、適用金利はそこまで低いわけではありませんので、利用する際にはおまとめ前後で金利がどの程度変わるかをきちんと確認しておくことが重要です。

プロミス

プロミスでも、「おまとめローン」というおまとめローンを取り扱っています。

「おまとめローン」の商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
6.3%~17.8%
対象者満20歳以上65歳以下のかた
本人に安定した収入のあるかた
使用目的他の貸金業者からの借り入れ金返済
融資限度額~300万円
返済日毎月5日・15日・25日・末日から選択
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人不要

資金使途が「他の貸金業者」からの借り入れ金返済となっているため、銀行カードローンなどの借金をまとめることができない点には注意が必要です。

アイフルのおまとめMAXと比べると、融資限度額の設定が小さめなので、借金総額がそこまで大きくない人にはオススメです。

アコム

アコムのおまとめ用のローンは、「借換え専用ローン」という名称です。

「借換え専用ローン」の商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
7.7%~18.0%
対象者満20歳以上のかた
安定した収入と返済能力を有するかた
使用目的貸金業者債務の借り換え
融資限度額1万円~300万円
返済日毎月指定の返済日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人不要

プロミスのおまとめローンと同じく、最大融資限度額は300万円となっています。

アイフル・プロミス・アコムの大手消費者金融では、いずれもおまとめ用のローンを取り扱っていますが、金利や融資限度額をチェックすると、アイフルの「おまとめMAX」の利便性が一番高そうですね。

総量規制の対象となる貸付とは

総量規制の対象となる貸付とは
消費者金融での融資は総量規制対象であることはお伝えした通りですが、そもそも総量規制の対象となる貸付はどのように定義されているのでしょうか。

総量規制は、貸金業法の中で制定されている規制であり、貸金業法は貸金業者に関わる法律です。

そのため、総量規制の対象となる貸付は「貸金業者が行う貸付」となります。

どのような業者が貸金業者であるかに関しては後述しますが、貸付を行っている母体が貸金業者であるかそうでないかが基準となるということは、覚えておくといいでしょう。

例外貸付とは

先ほど、消費者金融で取り扱われているおまとめローンは、消費者金融での融資にも関わらず総量規制の対象ではないという話をお伝えしました。

それは、総量規制に存在する「例外貸付」と「除外貸付」が関係しています。

総量規制では、融資の性質に基づいていくつかの例外と除外を設けているのですが、おまとめローンはその「例外」の1つに当てはまるため、消費者金融の融資でありながら総量規制の影響を受けないのです。

総量規制の例外貸付とされているのは、以下のような貸付です。

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

おまとめローンはこの中の、「顧客に一方的有利となる借り換え」に当てはまります。

消費者金融の中には、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付」に当てはまる「配偶者貸付」を行うことで、専業主婦の人でも借り入れを受けられるようにしているところもありますね。

除外貸付とは

また、総量規制の除外貸付とされているのは、以下のような貸付です。

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

不動産購入や自動車購入時の貸付などは、多くの人が利用する機会があるのではないでしょうか。

実際に融資を受ける際に、「これは総量規制の除外貸付だ」ということを意識する必要はあまりありませんが、総量規制にはこういった例外・除外がいくつか存在するということを知っておいていただくといいでしょう。

総量規制の対象となる貸金業者

総量規制の対象となるのは「貸金業者」が行う融資ですが、貸金業者にはどのような業者が当てはまるのでしょうか。

貸金業者とは、財務局や都道府県で貸金業を行うことを登録している業者を指し、具体的には以下のような業者が当てはまります。

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社

いずれもなじみの深い業者だと思いますが、これらの業者からお金を借りるときは総量規制の対象となると考えておきましょう。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠を利用して借り入れを行う場合も、総量規制の対象となりますよ。

銀行カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンは総量規制対象外
先ほど総量規制の除外や例外の話をお伝えしましたが、あれらはあくまでも「貸金業者が取り扱っていたとしても総量規制の対象にはならない」ということであり、そもそも貸金業者以外からの貸付は総量規制の対象外です。

そのため、消費者金融・クレジットカード会社・信販会社といった代表的な貸金業者さえ把握してしまえば、それら以外が行っている融資はすべて総量規制対象外ということになります。

そういった総量規制対象外の融資の中で、我々が利用する機会がもっとも多いのが銀行カードローンでしょう。

そのため、年収の3分の1を超す金額を借り入れたいと思うのであれば、まず銀行カードローンを思い浮かべれば間違いありません。

信用金庫のカードローンなども、同様に総量規制対象外の融資なので、より自分にとって使い勝手がよさそうであると判断できるローンを選んで利用するといいですね。

総量規制対象外になるオススメの銀行カードローン

総量規制対象外になるオススメの銀行カードローン
総量規制対象外の融資を受けたい場合には、銀行カードローンを選んでおくのが鉄板です。

そこで、オススメの銀行カードローンをいくつかご紹介していきましょう。

三井住友銀行カードローン

メガバンクが取り扱っている銀行カードローンは例外なくオススメできますので、まずは三井住友銀行が取り扱っている、三井住友銀行カードローンからご紹介していきましょう。

商品スペックは、以下の通りです。

金利
(実質年率)
4.5%~14.5%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
原則安定した収入のあるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的原則自由
(事業性資金を除く)
融資限度額10万円~800万円
返済日毎月5日・15日・25日・末日から選択
遅延損害金
(実質年率)
19.94%
担保・保証人不要

69歳まで申し込み可能と、銀行カードローンの中ではかなり年齢制限が緩めになっているので、非常に多くの人が利用を検討できるカードローンとなっています。

最大融資限度額も800万円となっており、まとまった金額の融資を受けたいというニーズとも合致するでしょう。

みずほ銀行カードローン

続いてはみずほ銀行カードローンで、商品スペックは以下の通りです。

金利
(実質年率)
2.0%~14.0%
対象者満20歳以上66歳未満のかた
安定かつ継続した収入の見込めるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的自由
(事業性資金を除く)
融資限度額10万円~800万円
返済日毎月10日
遅延損害金
(実質年率)
19.9%
担保・保証人不要

三井住友銀行カードローン同様に、融資限度額が大きめに設定されており、使いやすいカードローンと言えそうです。

みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合は、金利が0.5%優遇されるため、条件を満たす人にとってはより一層使い勝手のいいローンとなるでしょう。

三菱UFJ銀行バンクイック

メガバンク最後の一行である三菱UFJ銀行では、バンクイックというカードローンを取り扱っています。

バンクイックの商品スペックは、以下の通りです。

金利
(実質年率)
1.8%~14.6%
対象者満20歳以上65歳未満のかた
原則安定した収入があるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的自由
(事業性資金を除く)
融資限度額10万円~500万円
返済日毎月指定の返済日or35日ごと
遅延損害金
(実質年率)
借り入れ時の金利と同じ
担保・保証人不要

バンクイックでは、遅延損害金に適用される金利が借り入れ時に適用される金利と同じです。

返済は遅れないに越したことはありませんが、万が一返済を遅延してしまったとしても負担が大きくなりにくいのは、利用者にとってはありがたいポイントでしょう。

イオン銀行カードローン

メガバンク以外の銀行が取り扱っているカードローンの中にも、オススメのカードローンはたくさんあります。

そのようなカードローンの中から、まずはイオン銀行カードローンをご紹介しましょう。

金利
(実質年率)
3.8%~13.8%
対象者満20歳以上65歳未満のかた
本人に安定かつ継続した収入の見込めるかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的原則自由
(事業性資金を除く)
融資限度額10万円~800万円
返済日毎月20日
遅延損害金
(実質年率)
14.5%
担保・保証人不要

メガバンクが取り扱っているカードローンと比べると、上限金利が低めに設定されているのが特徴です。

融資金額がよほど高額にならない限りは、上限金利に近い金利が適用されることが多いので、上限金利が低めに設定されているというのは大きなメリットです。

楽天銀行

ネット銀行である楽天銀行でも、カードローンを取り扱っています。

楽天銀行のカードローンである、楽天スーパーローンの商品スペックは、以下の通りです。

金利
(実質年率)
1.9%~14.5%
対象者満20歳以上62歳以下のかた
お勤めのかたで毎月安定した定期収入のあるかた
専業主婦のかた
保証会社の保証を受けられるかた
使用目的原則自由
(事業性資金を除く)
融資限度額10万円~800万円
返済日毎月1日・12日・20日・27日から選択
遅延損害金
(実質年率)
19.9%
担保・保証人不要

専業主婦のかたは利用できない銀行カードローンも多い中で、楽天スーパーローンでは専業主婦のかたでも利用可能と明記されてあります。

借り入れ先が制限されることの多い専業主婦のかたにとって、選択肢が少しでも増えるのは非常にありがたいですね。

メリットは金利が低いこと

オススメの銀行カードローンをいくつかご紹介させていただきましたが、消費者金融のカードローンと比較した場合、銀行カードローンにはもちろんメリットもデメリットもあります。

最大のメリットとして挙げられるのは、やはり金利が低いということでしょう。

金利は返済負担にダイレクトに関わってくる要素なので、低ければ低いほど利用者にとってはありがたいですが、銀行カードローンの金利は消費者金融の金利と比べると数%程度低くなっていることが多いです。

100万円の融資を受けた場合に融資の際の適用金利が5%違えば、単純計算で返済金額に5万円もの差が生じるわけですから、できるだけ低い金利で融資を受けたいところです。

銀行カードローンには、その銀行との取引内容次第でカードローンの金利を引き下げてくれるようなものもあるので、うまく条件がかみ合えばかなりお得な金利で融資を受けられますよ。

デメリットは即日融資ができないこと

逆にデメリットとして考えられるのは、即日融資ができないということです。

融資を受けることを検討している場合には、「できるだけ早く融資を受けられること」を重視して借り入れ先を探すケースも少なくありません。

そのような場合に銀行カードローンは、即日融資にも対応している消費者金融カードローンには太刀打ちできないでしょう。

以前は、銀行カードローンの中にも即日融資に対応しているものがいくつかありました。

しかし、2018年1月に銀行カードローンの審査に対する規制が強化された影響で、すべての銀行カードローンでは即日融資が行えないようになってしまったのです。

一刻も早く融資を受けたいという場合には、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを中心に検討するといいでしょう。

専業主婦でも銀行カードローンなら借りられる?

銀行カードローンは、配偶者の収入と合算で審査を行ってもらえるので、自分自身に収入を持たない専業主婦でも申し込めることも特徴と言えます。

銀行によっては、専業主婦の定義を「配偶者の収入で生活をしている人」ではなく「同居している家族の収入で生活をしている人」としていることもあります。

そのため、配偶者のいない主婦や無職の配偶者がいる主婦も申し込めることがあります。

例えば、仙台銀行や神奈川銀行では、配偶者の収入ではなく世帯収入で審査を進めてくれます。

関連記事をチェック!

仙台銀行「スーパーカードローンエクセレント」の借入方法,返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は仙台銀行カードローン「スーパーカードローンエクセレント」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲ 仙台銀行カードロー...

関連記事をチェック!

神奈川銀行カードローン・マイサポートは低金利!神奈川県民は要注目

皆さんこんにちは、馬三郎です。 神奈川銀行ではさまざまな個人向けローンを提供していますが、その中でも低金利が特徴のカードローン「マイサポート」について説明したいと思います。 ▲低金利で借り換え...

銀行貸付は自主規制で総量規制以上の借り入れができない?

ここまで「銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンなので、年収の3分の1を超す金額でも借り入れられる!」という話を進めてきましたが、実は最近は少し事情が変わってきています。

銀行カードローンが総量規制対象外のカードローンであり、そのために年収の3分の1を超す金額の融資ができること自体は間違いありません。

しかし近年、銀行カードローンの過剰融資に対して世間の風当たりが強くなってきていることを受けて、銀行では「総量規制の範囲内の融資を行うことを心がける」というような自主規制を打ち出しています。

そのため、たとえ銀行カードローンと言えども、年収の3分の1を超すような金額の融資を受けづらくなってきてしまっているのが現状なのです。

ただし、銀行が打ち出している規制はあくまでも自主的なものであり、法的な拘束力があるわけではありません。

銀行カードローンで高額な借り入れを行うことは難しくなってきてはいますが、決してあきらめる必要はないでしょう。

総量規制が導入されたワケ

そもそも、貸金業者が個人に対して年収の3分の1を超す融資を行うことを禁止する、「総量規制」という規制が導入された背景にはどのような理由があるのでしょうか。

総量規制が導入される以前は、貸金業者が個人に対して融資する金額を制限するための規制は存在しませんでした。

貸金業者は融資を行うこと自体が事業ですから、融資金額をできるだけ増やしたいということは言うまでもありませんよね。

ですので、融資希望者の返済可能性を考慮せずに希望する金額をそのまま融資してしまうようなことが横行していました。

その結果、自身の年収から考えれば多すぎるような金額の融資を受けた人は当然返済に行き詰まってしまい、自己破産等の債務整理を行わざるを得ないような人がたくさん出てきて、一種の社会問題となったのです。

そういった経緯を受けて、貸金業者の過剰な融資を抑制して融資を受ける人の生活を守るために導入されたのが総量規制なのです。

融資を受ける立場からすると厄介に思われる総量規制かもしれませんが、そういった理由のもとで導入されたものであるということを理解しておきたいですね。

SMBCモビットが総量規制対象外で借りれるという噂はホント?

ここで、消費者金融の融資に関する噂をいくつか訂正しておきましょう。

まずは、SMBCモビットは総量規制対象外の融資であるという噂です。

SMBCモビットは消費者金融なので、これまで説明してきたとおり総量規制対象となる融資です。

このような噂がまことしやかにささやかれる理由としては、ホームページ等に載っているSMBCモビットのロゴに「三井住友銀行グループ」という文字があることが考えられるでしょう。

確かにSMBCモビットは、社名に「SMBC」を冠することからも分かる通り三井住友銀行と深い関係がありますが、銀行ではなく消費者金融です。

そのため、SMBCモビットで年収の3分の1を超す金額の融資は受けられません。

レイクなら総量規制対象外の借り入れができるという噂はホント?

続いて、SMBCモビットと同じように、レイクも総量規制対象外の融資であるという噂もあります。

これは、2018年3月末に新生銀行カードローンレイクが新規申し込みを中止する代わりに、新たに「レイクALSA」という消費者金融がサービスをスタートさせたことと関係があると考えられます。

新生銀行カードローンレイクは、その名の通り銀行カードローンなので総量規制対象外の融資ですが、レイクALSAは消費者金融なので、総量規制対象の融資です。

新生銀行カードローンレイクは今でもサービスを継続していますが、新規申し込みは受け付けていないため、今後「レイク」に申し込みを行う場合は、「レイクALSA」に申し込みを行うことになります。

そのため、「レイク」では年収の3分の1以上の融資は受けられないと考えておいたほうがいいでしょう。

総量規制以上の借り入れは即日できるの?

銀行カードローンでは即日融資は行えませんが、消費者金融の中には即日融資に対応しているところもあります。

ただし、「即日OK」と書かれていても、当日中に申し込み手続きが完了するだけのことや即日で審査結果が分かるだけのこともあります。

また、「即日融資OK」と書かれていても、審査が終わってから即日融資OKという意味で使っていることもありますので、申し込んだ日に融資が受けられないこともあります。

本当に申し込んだ日に融資が受けられるという意味での「即日融資」なのか、急ぎのかたはしっかりと確認するようにしましょうね。

関連記事をチェック!

即日融資とは

カードローンで即日融資を受けるポイントをご紹介します。 執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(55歳) 職歴:地域密着の街金を30年経営 振込融資とは 振込融...

総量規制のよくあるQ&A

総量規制のことをあまりよく理解していないというかたも多いと思いますので、最後に総量規制に関するQ&Aをいくつかまとめておきたいと思います。

総量規制ってなに?

そもそも総量規制とは何かということに関してはすでに何度かお伝えしていますが、おさらいの意味もこめてもう一度説明しておきましょう。

総量規制とは、貸金業法の中で制定されている規制で、「貸金業者が個人に対して年収の3分の1を超す金額の融資を行うこと」を制限するための規制です。

この総量規制がある影響で、消費者金融や信販会社といった貸金業者では、年収の3分の1以下の金額の融資しか受けられないようになっています。

借り入れの限度額はいくら?

総量規制では、「個人の年収の3分の1」を融資金額の上限として定めていますが、年収に関係しない融資金額の上限は定めていません。

つまり極端な話、年収が3億円の人であれば、貸金業者で1億円の融資が受けられるということになります。

しかしそれぞれの貸金業者では、独自に融資限度額の上限を設定しているため、その上限の金額までしか融資は受けられません。

貸金業者で設定している最高融資限度額以上の融資を受けるためには、かなりの金額の年収が必要となりますので、大半の人は限度額についてそこまで心配する必要はないでしょう。

個人事業主は総量規制対象外で借りれる?

総量規制の「例外貸付」の項目の1つとして挙げましたが、個人事業主に対する貸付は総量規制対象外の融資となります。

そのため、個人事業主のかたは総量規制を気にすることなく融資を受けられます。

ただし、個人事業主のかたが総量規制を気にせずに融資を受けられるのは、「事業性資金」として融資を受ける場合です。

生活資金を借り入れるために普通に消費者金融に申し込んだ場合には、総量規制の範囲内でしか融資を受けられないことには注意しておきましょう。

ビジネスローンは総量規制対象外?

個人事業主が事業資金を借り入れるために利用するのがまさにこの「ビジネスローン」ですから、先ほどの説明と合わせて考えていただくと、ビジネスローンは総量規制対象外の融資であることがお分かりいただけるでしょう。

事業用の資金は、自身の年収よりも多くなることが多々ありますから、総量規制に影響されるような融資では満足な資金を調達することはできませんからね。

学生ローンは総量規制対象外?

学生ローンは、上述した「例外」にも「除外」にも当てはまらないことから、総量規制対象の融資となります。

学生が収入を得られる手段としてはアルバイトが主な方法となると思いますが、融資を受けられる金額はそのアルバイトでの収入に左右されることになるでしょう。

学生という身分で数十万円という金額の融資を受けられる可能性は、非常に低いと言わざるをえません。

クレジットカードは総量規制対象外?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という2つの機能があり、それぞれの機能で影響を受ける法律が異なります。

ショッピング枠は総量規制が制定されている貸金業法ではなく、「割賦販売法」という法律の影響を受けるため、総量規制に関係なく利用できます。

それに対してキャッシング枠は、貸金業法の影響を受けるため総量規制の範囲内でしかキャッシングを行えないようになっています。

ただし例外として、銀行が発行しているクレジットカードに関しては、ショッピング枠もキャッシング枠も総量規制対象外での利用が可能です。

ショッピング枠に関しては変わりませんが、キャッシング枠に対する考え方はどこが発行しているクレジットカードかによって変わってくるということには、注意しておいたほうがいいでしょう。

収入証明書類は必要?

カードローンに申し込む際には、収入証明書類を提出しなければならないことが多いですが、銀行カードローンに申し込むのか消費者金融カードローンに申し込むのかで、収入証明書類の扱いは微妙に異なります。

消費者金融カードローンに申し込む場合には、以下の条件を満たす場合には必ず収入証明書類を提出しなければなりません。

  • 融資希望金額が50万円を超す場合
  • 融資希望金額と他社での借り入れ金額が100万円を超す場合

上述した条件を満たしていない場合でも、消費者金融側の判断で収入証明書類の提出を求められる場合もありますが、基本的には上の2つの条件を満たす場合に、収入証明書類の提出が必要となります。

銀行カードローンに申し込む場合には、どのような条件で収入証明書類の提出を求めるかに関しては、各銀行に一任されています。

そのため、融資希望金額が50万円を超す場合に収入証明書類を提出しなければならないところもあれば、最高融資限度額を希望しても収入証明書類の提出は必要ないというところもあります。

しかし先ほど、銀行カードローンの「総量規制の範囲内の融資を行うことを心がける」という自主規制に関する話をしたと思いますが、収入証明書類の提出に関しても消費者金融の方式に寄せてきているところが増えてきています。

そのため、銀行カードローンでも50万円超の融資を希望する場合には、収入証明書類を提出しなければならないと思っておくのが無難かもしれませんね。

まとめ

総量規制に関して、概要から細かなことまでいろいろと説明を行ってきました。

総量規制のことを知っているかいないかで、融資に対する考え方やカードローン選びの基準も変わってきます。

数万円や十数万円程度の借り入れであれば、総量規制対象かどうかはあまり関係しないとは思いますが、まとまった金額を借り入れたいのであれば、総量規制に関しては正しく知っておく必要があるでしょう。

銀行カードローンの審査に対する規制が強化された影響で、現在では総量規制対象外で即日融資が可能なローンはありませんが、「総量規制対象外」もしくは「即日融資が可能」なローンであれば存在します。

借り入れを行う際に何を優先するかで、利用するローンを選ぶようにしてくださいね。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談