今すぐ引っ越したいけどお金がない時の対処法!貯金がない・急な引っ越しもOK

「引っ越しをしなくてはいけないけれど先立つ現金がない」
「お金がなくても引っ越しできる方法はないだろうか」

引っ越しにかかる費用に関する悩みはつきもの。そこで、お金がないけど引っ越しをしたい人に向けて、初期費用を抑えられる対処法を紹介します。貯金がない、十分な現金をすぐに用意できない、でも引っ越しをしたいと考えている人は、ぜひ当記事を参考にしてください。

初期費用を削っても引っ越し費用を捻出できない時の対処法、お金がない時の引っ越しをするに当たっての注意点を解説します。引っ越したいけどお金がない時の解決方法として役立ちます。

「手っ取り早く家を出たい」「お金を借りてでも引っ越したい」という人はカードローンが最適です。
10万円を30日間借りた場合の利息はおよそ1500円以下(借入額10万円、金利年18.0%、借入日数30日間でシミュレーション)。これを日数換算すると1日50円以下です。
さらに、30日間無利息サービスを行っているカードローンであれば利息はかかりません。

以下から公式サイトをチェックして、事前借入診断を行ってから申し込むことをおすすめします。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

引っ越したいけどお金がない|初期費用を抑えられる対処法

引っ越したい、でもお金がなくて困っている人におすすめの対処法は以下の通りです。

【引っ越したいけどお金がない時の対処法】

  • 家賃が安い物件を選ぶ
  • 敷金・礼金ゼロの賃貸物件を探す
  • フリーレント賃貸物件を探す
  • 仲介手数料無料の不動産会社で物件を探す
  • 郊外物件を探す
  • 繁盛期を避ける
  • 自分で荷物を運ぶ
  • 引っ越し価格が安い業者を利用する

紹介する対処法を複数取り入れれば、お金がない状況でも余裕を持って引っ越せる可能性が高くなるでしょう。「お金がない」と嘆く前に、ぜひ試してみてください。

家賃が安い物件を選ぶ

「敷金・礼金は家賃の1ヶ月分」など、引っ越しの初期費用は家賃を基準にして算出するものが多いです。そこで、家賃を下げれば、引っ越し時にかかる初期費用を抑えられます。
例えば家賃を1万円下げるだけで、初期費用を5万円程度軽減できる可能性も高いのです。

敷金は家賃の1ヶ月分・礼金は家賃の2ヶ月分の物件の場合、家賃8万円と家賃6万円で比較すると以下のように支払う金額に6万円もの違いが出ます。

家賃8万円 家賃6万円
敷金1ヶ月分 8万円 6万円
礼金2ヶ月分 16万円 12万円
総額 24万円 18万円

現在貯金がない人は、毎月どれだけの家賃を支払うのかだけでなく、初期費用でどのくらいの支出があるのかも計算してみてください。そして、家賃6万円以下というように希望価格を設定しましょう。

敷金・礼金ゼロの賃貸物件を探す

敷金や礼金は、賃貸物件契約時に必ず支払わなければいけない費用ではありません。中には、敷金や礼金をゼロにする物件もあるので、それらを選べば引っ越しの初期費用のうち家賃の2〜3ヶ月分の支出を抑えられるでしょう。

礼金は家主に支払われる謝礼金を意味し、敷金とは異なり退去時に返還のないお金です。
敷金は、退去時の修繕費用や家賃滞納のトラブルが発生した際の充当金として契約時に家主や不動産会社に預けます。そのため、敷金ゼロの物件に住んだ場合、退去時の原状回復が必要になると、その分費用負担が増える点に注意してください。

フリーレント賃貸物件を探す

一定期間家賃が無料になるフリーレント物件を選んで契約するのも、初期費用を抑えるのに効果的です。期間は物件によって異なり、2週間だったり、長ければ数ヶ月程度だったりする場合があります。事前に賃貸契約内容を確認して納得した状態で契約しましょう。
フリーレント物件に住みたい場合、賃貸物件情報を確認できるサイトやアプリなどから探せます。

注意点として、フリーレント物件は短期違約金を設定するケースが多いです。すぐに引っ越す予定がある人や、短期間で賃貸契約を解除する可能性が高い人は、避けた方がいいかもしれません。

仲介手数料無料の不動産会社で物件を探す

賃貸物件を契約する際に、不動産会社に対して仲介手数料を支払います。賃貸の仲介をしたことに対する成功報酬の意味を持つ費用と思えばよいでしょう。

仲介手数料は不動産会社の収入源のため、無料のケースは少ないです。しかし、不動産会社の自社物件や管理物件であれば、仲介手数料が無料になる場合があります。または一般的に家賃の1ヶ月分のところ、0.5ヶ月分+消費税に抑えている場合も。
契約する物件によって仲介手数料は異なりますが、家賃8万円の物件なら仲介手数料無料で8万円、仲介手数料半額なら4万円分の支出を抑えられます。

郊外物件を探す

一般的に都心部よりも郊外に行くと家賃相場が低くなります。都心部に勤務先がある場合、通勤時間が長くなるデメリットはありますが、その分家賃負担を抑えられるでしょう。

以下は、東京23区の家賃相場の目安です。

【東京23区の家賃相場の目安】

  • 中央区:8.2万円
  • 台東区:7.8万円
  • 渋谷区:7.8万円
  • 品川区:7.8万円
  • 目黒区:7.7万円
  • 文京区:7.7万円
  • 港区:7.5万円
  • 新宿区:7.5万円
  • 中野区:7.5万円
  • 江東区:7.3万円
  • 墨田区:7.2万円
  • 世田谷区:7.0万円
  • 豊島区:6.9万円
  • 杉並区:6.8万円
  • 荒川区:6.8万円
  • 大田区:6.7万円
  • 千代田区:6.6万円
  • 北区:6.4万円
  • 板橋区:6.2万円
  • 練馬区:6.1万円
  • 足立区:5.8万円
  • 葛飾区:5.7万円
  • 江戸川区:5.6万円

参考元:【SUUMO】東京都の市区郡から賃貸家賃相場を調べる

東京都で最も家賃相場の高い市区は中央区の8.2万円で、最も低いのが江戸川区の5.6万円でした。そこに千葉県や埼玉県、23区外まで広げればさらに家賃相場が低くなります。
都心部に住まなくてはいけない理由がないのであれば、物件探しのエリアを広げて探すとよいでしょう。

繁盛期を避ける

引っ越し業者の料金は、時期によって大きく変動します。学生だったら進学や卒業、社会人だったら転職、転勤が多い繁忙期(2~4月)の料金が高くなるのが一般的です。
引っ越し業者によって価格設定が異なるものの、繁忙期でない時期に引っ越すのと比べて1.5倍近い料金を請求される可能性もあるのです。

可能であれば繁忙期を避けて引っ越して、業者に支払う費用を抑えましょう。

自分で荷物を運ぶ

引っ越し費用を抑えるには、引っ越し業者に作業を依頼せずに自分で荷物を運ぶのも一つの手段です。
特に荷物が少ない場合や近距離の引っ越しなら、業者を利用しなくても問題ないかもしれません。レンタカーを借りたり、荷物の搬出・搬入を家族や友人に手伝ってもらえたりすれば、それだけで引っ越し業者に支払う費用を軽減できます。

引っ越しが決まったら、引っ越し業者に見積もりを出してもらってください。そして、自分で荷物を運ぶ場合と比べて金額にどれだけの違いがあるのかを比較してみましょう。引っ越しを行う時期や時間帯によって、10万円近い節約ができる場合もあります。

なお、自分で引っ越しを行う場合に必要なのが以下の費用です。

【自分で引っ越しを行う場合に必要な費用】

  • レンタカー代
  • ガソリン代
  • 高速道路料金

レンタカーは割引キャンペーンを利用する、高速道路はETC割引が適用される時間帯に走行すれば、その分支出を抑えられます。

引っ越し価格が安い業者を利用する

引っ越し業者を決めるに当たって、複数の業者から見積もりを出してもらってください。引っ越し業者によって価格が異なったり、値引き交渉に応じてもらえたりするからです。そして、最終的に提示された金額を比較して、最も安い引っ越し業者を見つけましょう。

交渉した結果、引っ越し費用が5,000円~1万円程度安くなる場合があります。もし引っ越し費用にかけられる予算が明確に決まっているなら、その金額を提示してみてください。予算に合った引っ越しプランを計画してくれます。

引っ越しにかかる初期費用を削ってもお金が足りない時の対処法

引っ越しにかかる初期費用を削ってもお金が足りないとなったら、以下の対処法を取り入れてみてください。

【引っ越しにかかる初期費用を削ってもお金が足りない時の対処法】

  • 不要品を売る
  • クレジットカード払いにする
  • カードローンでお金を借りる

不要品を売る

引っ越しを検討するに当たって、不要品が多数出てくるのではないでしょうか。それらの全てを捨てるのではなく、リサイクルショップやフリマアプリなどで売るようにしましょう。また、不要品を捨てるのであれば、大きさや量によって処分費用がかかる場合があります。

特に貴金属やブランドバッグ、時計、ゲーム機本体、ゲームソフトなどは高額での買い取りが期待できる商品なので、売って換金してください。その際に、汚れを落すなど少しでもきれいな状態にすれば、より高値が付きやすいです。

クレジットカード払いにする

引っ越し会社や不動産会社によっては、クレジットカード払いに対応しています。まとまったお金をすぐに用意できない時は、いったんクレジットカードで支払いを済ませておきましょう。一括払いが難しいなら、分割払いやボーナス一括払いなどを活用してください。

また、クレジットカード払いにすれば利用金額に応じたポイントがたまります。引っ越しにかかる初期費用は高額になりやすいので、付与されるポイント数もその分多いです。
そこでポイント還元率の高いクレジットカードを利用すれば、さらにまとまったポイントを獲得できるでしょう。

注意点として、クレジットカードの分割払いに対応していても、敷金や礼金のみが対象で、家賃や仲介手数料は一括払いに限定するケースがあります。支払い方法を確認する際に、分割払いの対応範囲も確認しておくとスムーズです。

カードローンでお金を借りる

カードローンでお金を借りて支払うのも引っ越しにかかる初期費用を捻出するのに効果的です。カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがあり、それぞれで特徴や性質が異なります。

身分証のみでOK!カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

銀行カードローン

銀行カードローンは、この後に紹介する消費者金融カードローンと比較して、金利設定が低い点がメリットです。一般的に銀行カードローンの金利が1.5~14.5%なのに対し、消費者金融カードローンは3.0~18.0%に設定されています。

金利が低ければ、その分計算される利息も安くなります。金利の高さは、借入期間が長くなるほど差が大きくなるため、長期的な借り入れになりそうな場合は銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

【総量規制の対象ではない】

消費者金融カードローンは、貸金業法の総量規制の対象です。総量規制では「貸金業者は申込者の年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」と定めています。
その一方で、銀行カードローンは銀行法が適用されるため総量規制の適用対象外です。あくまでも審査結果次第ですが、年収の3分の1を超える融資が認められるケースもあります。

まとまった金額を借りられる可能性が高い方法なので、引っ越しにかかる費用全額を銀行カードローンでカバーできるかもしれません。
しかし、現在は総量規制に合わせた自主規制を設けている銀行が増えつつあります。「銀行なら年収関係なしにいくらでもお金を借りられる」という認識は基本的に通用しない点に注意してください。

【即日融資に対応していない】

銀行カードローンは即日融資に対応していません。2017年までは即日融資に対応していた経緯があるため、過去に銀行で即日融資を受けている人は注意してください。

現在、銀行カードローンに申し込むと、警察庁のデータベースにアクセスして申込者の情報を確認する作業が必要です。申込者が暴力団・反社会勢力の関係者ではないかを確認するのが目的で、この照会結果が出るのが翌営業日とされています。

銀行カードローンの場合、どんなに早くても審査結果の通知が届くのは最短翌営業日です。さらに審査が混んでいたり、申込内容に確認が必要だったりすると、融資を受けるまでに1週間以上かかるのも想定する必要があります。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンを利用するメリットは以下の2点です。

  • 最短即日融資が可能
  • 無利息期間サービスあり

消費者金融カードローンは、銀行カードローンのように警察庁データベースへ申込者の情報を照会する義務がありません。そのため、最短30分程度で審査結果の通知、申し込み手続きを行うタイミングによるものの、最短即日での融資が可能です。

また、消費者金融カードローンならではのサービスが、初めて利用する人に限って適用される金利0円無利息期間です。消費者金融カードローンによって、無利息期間のサービス内容は異なりますが、大手消費者金融カードローンでは以下のように設定しています。

  • アコム:契約日の翌日から30日間無利息
  • アイフル:契約日の翌日から30日間無利息
  • プロミス:初回借入日の翌日から30日間無利息
  • レイク:Web申込の場合は初回契約翌日から60日間(5万円まで初回契約翌日から180日間)

無利息期間が適用されるとはいっても、その期間がいつから開始するかが重要です。アイフルやアコム、レイクでは契約日の翌日から無利息期間が開始。すぐに借り入れをしないといと無利息期間を有効活用できません。
その一方でプロミスは、初回契約日の翌日から無利息期間が開始します。とりあえず契約だけ済ませておけば、借り入れまでに日が開いたとしても無利息期間を30日間フルで活用できます。

また、大手消費者金融カードローンの中でも、レイクの無利息期間の長さには注目したいところです。いずれか一つの選択になりますが、60日間無利息、5万円まで180日間無利息は、アイフル、アコム、プロミスの30日間を大きく上回ります。

無利息期間内に完済が可能なら、利息の支払いは一切ありません。設定された利用限度額まで借り入れを繰り返しても決められた期間内に完済すれば元金だけの返済で問題ないのです。
短期間に完済が可能な人なら、低金利の銀行カードローンよりも安く借りられるでしょう。

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

お金がない時の引っ越し|注意点

お金がない時に引っ越しをするに当たって、以下の3点に注意してください。

【お金がない時に引っ越す際の注意点】

  • 途中解約による違約金
  • 原状回復にかかる費用の請求
  • 家賃が安過ぎる物件

それぞれについて解説します。

途中解約による違約金

賃貸契約は2年更新が一般的です。契約更新のタイミングに合わせて引っ越せば特に問題はないでしょう。しかし、フリーレント物件を契約している場合、中途解約時に違約金が発生する可能性があります。

一定期間家賃が無料になるフリーレント物件は、初期費用の負担を軽減できる人気の契約方法です。
家主は長期的に入居してもらえることを見越した上で、家賃を無料にしています。そこで、短期間で引っ越しをされてしまうと家主の損失になるため、中途解約時に違約金を徴収すると定めているのです。

違約金の金額は一律ではありませんが、「フリーレント期間×家賃」と設定するケースが一般的です。

原状回復にかかる費用の請求

賃貸物件の契約において、物件を退去する際に「原状回復義務」という入居した時と同じ状態で明け渡す義務があります。
修繕のためにかかる原状回復費用に関するトラブルが多く、その中でも借主が「負担すべき費用」と「負担する必要のない費用」を事前に内容をしっかりと把握しておくのが重要です。
何も知らずに、退去時に家主や不動産会社に言われるがままに費用を支払ってしまっては、結果的に損をするので注意してください。

原状回復では、通常通りに物件に住み、使用している上で発生する経年変化や通常損耗については借主に費用負担が発生しません。一般的な掃除さえ行っていれば、壁紙や床材を張り替えたり、ハウスクリーニングを借主が実施しなかったりしても問題ないのです。
一方で、借主に費用負担義務が発生するのは「故意・過失によるもの」です。わざと、またはうっかり壊したもの、傷をつけたものが借主による原状回復の対象になります。

家賃が安過ぎる物件

家賃相場を調べてみて、検討する物件が相場とあまりにもかけ離れているケースに注意してください。物件に何らかの欠陥がある、隣人トラブルが多発しているといった可能性が高いからです。
「ただ安いから」というだけで物件を契約した結果、トラブルに耐えられず引っ越しを余儀なくされるようでは、またお金がかかります。

不動産会社のサイトにある情報や物件の写真だけでは、細かなトラブルまで把握できません。事前に不動産会社に確認するのはもちろん、内覧をした際に自分の目で物件の状態や近隣住民の状況を見てくるのが重要です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事