毎月クレジットカードの支払いで給料がなくなる時の対処法

計画的にクレジットカードを利用しているものの、使い過ぎて給料がなくなるといったケースはありがちです。そこで、毎月の支払いが難しくなった場合、どんな対処法があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの支払いが難しくなった場合、その対処へのスピードとカード会社に対する誠意が重要です。なぜなら、対処が遅くなれば遅くなるほど、遅延損害金が膨らんだり、契約を強制解約されたりするリスクがあるからです。

早い段階なら、カード会社への相談はもちろん、一時的にカードローンで借りることも視野に入れられるでしょう。特に、カードローン会社が提供する無利息期間サービスを利用して一定期間内に完済すれば、支払う利息負担を抑えられるのでおすすめです。

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

今回は、クレジットカードの支払いで給料がなくなる時のべストな対処法、支払い遅延時に発生するリスク、支払いができない時にするべき行動について解説します。当記事内の対処法などを参考にして、適切に対応してください。

毎月の給料より支払いが多過ぎて生活が苦しい時の対処法、毎月の支出を抑えるために何が必要なのかを、下記記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご覧ください。
>>> 毎月の給料より支払いが多過ぎて生活が苦しい

クレジットカードの支払いで給料がなくなる!ベストな対処法

「クレジットカードの支払いで給料がなくなる」または「そのうち給料がなくなるかもしれない」という人にベストな対処法は以下の通りです。

【クレジットカードの支払いで給料がなくなる時の対処法】

  • アルバイトや副業で収入を増やす
  • 給料のアップを目指す
  • 利用限度額を低く設定する
  • デビットカードの利用に切り替える

できるだけ早いうちにこれらの対処法を取り入れれば、給料が足りなくなって生活費を確保できないといったトラブルを防げます。

また、クレジットカード以外の支払いに無駄がないかを見直すのも有効です。具体的に見直しが可能な費用について解説するので、対処法とあわせて参考にしてください。

アルバイトや副業で収入を増やす

現在の収入を増やそうとしても、すぐに状況は変わらないでしょう。そこで、アルバイトや副業でお金を稼げば収入を増やせます。
勤務先がアルバイトや副業を禁じていない場合に限りますが、日雇いのアルバイトをはじめ、インターネット環境さえあれば完結できる仕事も多いです。

ただし、無理をしてアルバイトや副業をした結果、体調を崩すようでは本末転倒です。本職に影響が出ないためにも、睡眠時間の確保や働き詰めにならないように注意してください。

給料のアップを目指す

新たに資格を取得するなど、スキルアップをすれば昇給につながる可能性が高いです。資格手当・技能手当などを支給する企業も多いので、ぜひ前向きに取り組んでみてください。

また、今よりも条件の良い会社があれば、転職をして収入を増やす方法もあります。

利用限度額を低く設定する

クレジットカードの利用限度額が高額な人は、設定金額の減額を検討してみてください。利用限度額に余裕があると「まだまだクレジットカードを利用できる」「クレジットカードを使っても支払いができれば問題ないだろう」という考えになりやすいからです。

中には、クレジットカードが後払いなのを良いことに、衝動買いをしたり大して欲しくない物を勢いやノリで購入したりするケースもあるでしょう。
そこで、利用限度額を減らしてクレジットカード決済に制限をかければ、使いたくても使えない状態になります。クレジットカードさえ使えなければ、衝動買いをはじめ、無駄な利用をしないで済みます。

利用限度額の変更手続きは、会員サイトやコールセンターで行えます。増額は審査が必要ですが、減額であれば契約者の希望ですぐに対応してもらえます。

デビットカードの利用に切り替える

クレジットカードではなく、デビットカードの利用への切り替えに変更すれば、カードの支払いで給料がなくなるといったトラブルを防げる可能性が高いでしょう。
なぜなら、デビットカードは後払い方式のクレジットカードとは異なり、カード利用と同時に即時決済される点が特徴だからです。利用限度額=口座残高なので、必要以上の利用を避けられます。

カード以外の支払いに無駄がないかを見直すのも重要

クレジットカードの支払いだけでなく、毎月継続する固定費に無駄がないかを見直すのも重要です。固定費の見直しができれば、手元に残る給料もその分だけ増えます。

家賃・住居費用

家賃などの住居費用は、手取り収入の3割程度が一般的とされています。それ以上の住居費を支払うとなると、毎月の生活費が圧迫されて余裕のない生活を送る心配があるでしょう。
現在、賃貸物件または住宅ローンありの持ち家に住んでいる場合、以下を検討してみてください。

  • 収入に対して家賃が高い場合:家賃の安い物件への引っ越し
  • 住宅ローンの返済額が高い場合:返済条件を変更する、金利の低い住宅ローンに借り換える

携帯電話の料金プラン

携帯電話料金は各キャリアごとに、さまざまな料金プランを設定しています。そのため、料金プランを見直すだけでも、毎月の支出を大きく抑えられる可能性が高いです。

料金プランや毎月の携帯電話料金の目安は、各キャリアの公式サイトで確認できます。
携帯電話の番号はそのままで他社に乗り換えられるサービス(MNP:携帯電話番号ポータビリティ)を利用すれば、スマートフォンの端末が0円で手に入ったり、キャンペーンが適用されたりするなど、お得になる場合があります。

その他に、「利用しないオプションサービスを契約している」「携帯電話だけで固定電話を利用しない」のなら、それらを解約しても毎月の料金負担を軽減できます。

保険料

保険料の見直しは、家計の立て直しを行う際に重要です。
特約が付き過ぎて保険料が高額になっていたり、趣旨に大差がない保険に複数加入していたりしないかを見直してみてください。収入に見合わない保険料を支払っているようでは、生活が苦しくなるのを避けられません。

クレジットカードの支払いができない場合はどうなる?遅延時に発生するリスク

クレジットカードの支払いができない場合に発生するリスクは、以下の通りです。

【クレジットカードの支払い遅延でリスク】

  • クレジットカードの利用停止・強制解約
  • 遅延損害金の発生
  • 期限の利益の喪失による一括請求
  • 信用情報機関に異動情報が登録
  • 差し押さえや裁判に発展

支払いができない期間が長引けば長引くほど、将来的な影響が大きくなるのを避けられません。自分自身の生活に制限を受けないためにも、どんなリスクがあるのかを確認しておいてください。

それぞれのリスクについて詳しく解説します。

クレジットカードの利用停止・強制解約になる

クレジットカードの支払いが遅延すると、利用停止になってカード決済ができなくなります。請求金額を全額支払うまでは、クレジットカードの利用が再開されません。
クレジットカードの利用停止となるタイミング、再開までにかかる時間はカード会社によって異なります。

クレジットカードが利用停止になったものの支払い延滞が続いた(2ヶ月程度)場合、カード会社の利用規約違反に該当したのを理由に強制解約されるリスクが高いです。
強制解約をされるとクレジットカードの契約が無効になるだけでなく、ためたポイントが失効したり、ETCカードや家族カードも使えなくなったりします。

家賃や光熱費、通信費などの固定費をクレジットカード払いにしていると、それらの支払いも遅延につながるため注意が必要です。

遅延損害金の発生

クレジットカードの返済が遅れた場合、支払日の翌日から遅延損害金が日割りで発生します。以下の計算式からも分かるように、返済が遅れれば遅れるほど、支払うべき遅延損害金は増えてしまうので注意しましょう。

【クレジットカードの遅延損害金の計算式】
利用残高(支払金額) × 遅延損害金利率(年率) ÷ 365日 × 滞納日数

また、遅延損害金の金利を高めに設定するカード会社がほとんどで、年率15.0%前後~20.0%程度なのが一般的です。保有するクレジットカードの遅延損害金の金利を知りたい時は、契約内容を確認するのがスムーズです。

期限の利益の喪失によって一括請求される

期限の利益の喪失によって、クレジットカードの利用残高全額を一括請求されるリスクが発生します。期限の利益とは「借りたお金の返済は期日までに行えばよい」というカード会社と契約者間の取り決めです。
期限の利益によって、契約者が返済している限り、カード会社は急に一括で全額返済してほしいといった請求ができません。

しかし、以下の事由に該当すると期限の利益を喪失。カード会社は契約者に対して一括請求が可能な状態になるのです。

【「期限の利益を喪失」に該当すること】

  • 滞納を繰り返した
  • 契約内容の違反
  • 契約内容に虚偽があった
  • 債務整理の手続きをした

クレジットカードの支払いを長期間できないと重大な利用規約違反となって、期限の利益を喪失するのを避けられません。金銭消費貸借契約書内の期限の利益の喪失について、クレジットカード契約時に契約者自身で確認して署名しているはずです。

後から「期限の利益の喪失なんて知らない」などと言っても通用しません。一括請求に応じて、クレジットカードの利用金額を全額返済する必要があります。

信用情報機関に異動情報が登録される

クレジットカードの支払いを2、3ヶ月近く滞納すると、信用情報機関に異動情報として登録されてしまいます。いわゆる「ブラックリストに載った状態」です。
異動情報は、他のカード会社やカードローン会社、銀行などと情報を共有。新たにクレジットカードやカードローンの審査通過が難しくなるだけではなく、既存の契約も強制解約になる可能性が高いでしょう。

【信用情報機関とは】
信用情報機関とは、個人信用情報(本人の属性をはじめ、クレジットカードやカードローンなどの契約状況、借入・返済状況)を管理・保有する機関です。信用取引の審査では、申込者の信用力を確認するために個人信用情報を必ず参照します。

現在、信用情報機関は国内に3機関存在します。

各機関に問い合わせれば、自分の個人信用情報の確認も可能です。また、異動情報の登録期間は5年~最長10年間とされています。該当期間内は、あらゆる信用取引の審査に通過できないので、基本的に現金払いでの生活をしていかないといけません。

差し押さえや裁判に発展する可能性が高い

一括請求の通告を受けたにもかかわらず滞納が続けば、最終的に差し押さえや裁判に発展する可能性が高いです。
滞納期間がどのくらいになると裁判になるかはカード会社によって対応が異なります。ただし、支払いを6ヶ月~1年間にわたって滞納している場合は、いつ差し押さえや裁判に発展してもおかしくないので注意してください。

裁判に発展した場合、どのように返済するのかを債権者と相談。そこで決められた通りに返済ができれば、それ以上の問題は起こりません。しかし、返済が遅れたり、決められた内容が守られなかったりする場合、裁判所の強制執行によって財産が差し押さえられます。

住宅や車、給料、預貯金などが差し押さえの対象です。これらが差し押さえられてしまうと、毎日の生活への影響が多大なものとなるでしょう。もちろん、同居家族や勤務先に差し押さえになった事実を知られてしまいます。

クレジットカードの支払いができないと気づいた時点で、以下の機関や弁護士・司法書士などの専門家に一刻も早く相談してください。一人で悩まず、まずは問題解決のための行動に移すのがベストです。

【クレジットカードの支払いができない場合の相談先】

  • 国民生活センター
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 日本貸金業協会
  • 日本弁護士連合会
  • 金融庁 など

クレジットカードの支払いができない時にするべき行動

クレジットカードの支払いができない時は、以下の行動を取り入れてみてください。

【クレジットカードの支払いができない時にすべき行動】

  • カード会社に連絡
  • 支払方法をリボ払いや分割払いなどへ変更
  • カードローンで借りて支払う
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 支払いが難しい時は債務整理を検討

どんな理由があってもクレジットカードの支払いを放置するのは良くありません。最終的にクレジットカードが使えなくなるだけでなく、給与や財産の差し押さえといったトラブルに発展するからです。
支払えないものは支払えないと開き直るのではなく、まずは何らかの行動を起こしてみてください。

カード会社に連絡

クレジットカードの支払いができないなら、直ちにカード会社へ連絡をしてください。そして、支払意思があること、いつまでに支払えるのかを伝えましょう。事前に連絡をしておけば、約束した支払日まではカード会社からの督促はありません。

ただし、事前にカード会社へ連絡をしても、支払いが1日でも遅れたら延滞扱いです。遅延損害手数料が発生したり、新たにクレジットカードやローンに申し込む際の審査に影響したりします。

支払方法をリボ払いや分割払いなどへ変更

クレジットカードによっては、支払方法の変更が可能です。一括払いをリボ払いにして支払金額を抑えたり、分割払いで自分の都合のいい回数に変更できたりします。支払いの負担を軽減できれば支出を抑えられるので、延滞につながるリスクを避けられるでしょう。

ただし、支払方法の変更をするにしても、締切日は支払日よりも前です。クレジットカードの会員サイトにアクセスすれば支払方法を簡単に変更できますが、支払日直前ではなく「支払いが難しいと分かった時点」で手続きを行ってください。

注意点として、リボ払いも分割払いにも手数料がかかります。「クレジットカードの支払方法はリボ払いと分割払いを使い分ければよい」と考えるのはおすすめしません。
特にリボ払いの金利は15.0%程度に設定するカード会社も多く、返済期間が長くなればその分だけ支出が増えます。

カードローンで借りて支払う

クレジットカードの支払いをカードローンで借りて解決するのも方法の一つです。
クレジットカードに加えてカードローンの返済も増えますが、支払いができずクレジットカードが利用停止になったり、信用情報機関に異動情報が登録されたりするといったリスクを避けられます。

「クレジットカードとカードローンのそれぞれを返済できる見込みがある」
「返済計画に問題ない安定収入を得られる可能性がある」
このような人なら、カードローンの利用を検討しても問題ないでしょう。

また、カードローンには銀行カードローン、消費者金融カードローンのどちらを選ぶかで特徴が異なります。両者の違いがよく分からない場合、現在の状況からどちらにするのかを判断するのがおすすめです。

  • お金がすぐに用意できなくてもいいから低金利のカードローンが良い人:銀行カードローン
  • クレジットカードの支払日が迫っていてすぐに借りたい人:消費者金融カードローン

銀行カードローンは低金利で借り入れできるケースが多いです。
申し込んだ当日の借り入れができず、カードローンによっては1~2週間かかる場合もあるでしょう。しかし、借入期間が長期化しそうなら、上限金利が18.0%程度の消費者金融カードローンよりも返済負担を抑えられます。

消費者金融カードローンは、審査時間30分前後だったり最短即日融資に対応していたりするなど、急いでお金を用意したい人に利便性の高いローンサービスです。審査受付時間内にし込み手続きを行えば、申し込んだその日のうちにお金を借りられます。

大手消費者金融カードローンなら、振込融資やカードレス取引に対応、電話連絡・郵送物の発送なしなど、利用者のニーズに合ったサービスを多く提供しています。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

無利息期間サービスを利用すれば金利0円

消費者金融カードローンのよくあるサービスの一つが「金利0円無利息期間」です。サービスの名称はカードローン会社によって異なりますが、その名の通り一定期間なら無利息で借り入れできます。
初回契約時もしくは初回利用時の翌日から利息が0円になるため、期間内に返済できる予定があれば、ぜひ活用したいサービスといえるでしょう。

無利息期間内の借り入れなら、設定された利用限度額の範囲内で回数・借入金額に関係なく利息が発生しません。追加で借り入れした時、無利息期間内に完済して再度借り入れをした時も無利息は適用されます。

銀行カードローンでも無利息期間サービスを提供していますが、消費者金融カードローンと比べると限定されます。無利息期間を重視して借入先を選ぶなら、消費者金融カードローンがおすすめです。

審査通る?無利息カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
WEB申し込みなら最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

無利息期間サービスを提供する消費者金融カードローンと銀行カードローンは、以下の通りです。

【消費者金融カードローン】

  • アコム:契約日の翌日から30日間
  • アイフル:契約日の翌日から30日間
  • レイク:契約日の翌日から60日間(Web申込の場合)※5万円までは無利息期間180日間
  • プロミス:初回借入日の翌日から30日間
【銀行カードローン】

  • 楽天銀行カードローン:初回借入日の翌日から30日間
  • PayPay銀行カードローン:初回借入日から30日間

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードにキャッシング枠の設定がある場合、キャッシング枠でお金を借りて支払えば、延滞扱いになるのを防げます。
しかし、リボ払いや分割払いと同様に、安易にキャッシング枠を使うのはおすすめしません。一時しのぎにはなりますが、結局は翌月以降にキャッシング利用金額の支払いをしなければならないからです。

自転車操業のような状態では支払い問題の根本的な解決はできず、いつ返済不能に陥ってもおかしくないでしょう。キャッシング枠を利用した際の平均金利も18.0%と決して低くないです。

支払いが難しい時は債務整理を検討

クレジットカードの支払いで給料がなくなる、生活費の捻出も厳しい生活がずっと続く(続いている)ようなら債務整理も検討してみてください。債務整理は借金問題の解決に効果的な方法だからです。
債務整理の方法によって特徴やメリット・デメリットは異なりますが、借金の減額や返済期間の猶予、借金全額を免除してもらえます。

債務整理の方法 特徴 どんな人におすすめ メリット デメリット
任意整理 債務者と債権者が交渉を行って、将来的な借金の返済計画を決める方法 ・3~5年で借金の完済ができる
・裁判所を介せずに借金問題を解決したい
・返済の継続は可能だが現在の返済内容では負担が大きい
・将来的に発生する利息や遅延損害金をカットできる
・返済期間に猶予をもらえる
・保有財産を手放したり職業制限を受けない
・債務整理の方法の中でも手続きが簡単
・借金の返済義務はなくならない
・借金を大幅に減らせない
・交渉に応じない債権者がいる
・債権者とスムーズに和解するには弁護士や司法書士への依頼が必要
個人再生 裁判所に再生計画を提出して認可されれば、最大10分の1まで借金減額が可能な方法 ・任意整理では返済計画を立てられないほどの借金がある
・複数社からの借り入れがある
・保有財産を手放したくない
・継続的な返済が可能な収入がある
・提出した再生計画が裁判所に認可されれば借金の大幅減額が可能
・自宅や車などを失わずに借金の返済を継続できる
・給与差し押さえを防げる
・提出書類や手続きが複雑
・提出した再生計画が認可されない場合がある
・債務整理の中でもかかる費用が高額
自己破産 裁判所から免責許可決定を受けて、債務の全てが消滅する方法
※税金などの非免責債権は除く
・将来的に借金の返済が難しい人
・毎月の返済額が収入を上回っている
・大きな財産を保有していない
・借金がなくなることで新に生活を立て直せる
・最低限の生活必需品を残せる
・官報に住所・氏名などの個人情報が記載される
・住宅や車などの保有財産を手放さないといけない
・同居家族の通帳コピーや所得を証明できる書類を提出する必要がある
・一定期間は職業や資格の制限を受ける
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事