キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

カードローンの賢い借金返済方法を徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンの返済を賢くお得にしていますか?お金を借りることに一生懸命で返済のことを忘れている こともありますね 。

審査に通った!お金を借りることができた!だけで喜んではいけません。あなたにピッタリの返済を行わないと「返済するのが面倒だ」と感じますよ。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

カードローンの返済種類

カードローンの返済種類

カードローンの返済種類は銀行や消費者金融業者など貸金業者によって実に様々な方法があります。

基本的には毎月決められた日に返済する「期日返済」と、カードローン利用者の都合に合わせ、お金に余裕があるときに返済する「任意返済」の2つがあります。

期日返済についてはご存知ですよね。毎月30日返済と決めればその日に返済する方法です。

貸金業者によっては毎月返済するのではなく「35日ごと返済」を採用しているところもありますね。

毎月支払日が決まっている期日返済であればわかりやすいのですが、35日ごと返済とはいったい何のことでしょう?

35日ごと返済とは、支払日と支払日の間に35日間の猶予を設けている返済方式のことです。

毎月一定の日にちを期日として返済してしまうと、その日にたまたま返済することができなかった場合には延滞利息がかかってしまいます。

それを防ぐ意味で例えば返済日を毎月20日と設定しても、35日ごと返済にすれば5日間の猶予があるわけです。

来月20日の日に急な出張が入り返済することができなかったというときでも25日までに返済すれば延滞利息がかかりません。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法

カードローンでお金を借り返済するのに、銀行や消費者金融業者の窓口まで行かなければならないのか。

それはずいぶん面倒だな、となりますが返済方法にはカードローン利用者が便利なようにいくつか方法があります。

貸金業者によって全ての返済方法を採用しているとは限りませんが、一般的に利用されている返済方法いくつかご紹介しましょう。

自社ATMから返済する

最もよく考えられるのが金融機関の設置してある自社のATMから返済する方法です。

銀行カードローンであれば銀行の各支店に設置してあるATMから返済することが可能ですね。

消費者金融カードローンなら、各企業が独自のATMを無人契約機の設置場所に併設してあることが多いですよ。

しかし各ATMの稼働時間が全て24時間とは限りません。

メガバンクが発行している銀行カードローンであればATMは24時間稼働していることが多いですが、その他の銀行カードローンになると21時頃には閉店してしまいます。

消費者金融カードローンについても同じことが言えますね。しかも設置してあるATMまでわざわざ行かなければならないというのはとても面倒で、時間を気にしなければならないのも煩わしさを感じてしまいます。

コンビニATMや提携ATMから返済する

同じATMでも提携してある銀行ATMから返済することも可能です。

カードローンを返済するために契約した金融機関のATMまで行く必要がありませんので大変便利です。

やはりこれにも欠点があり、提携銀行ATMとなると利用時間が制限されてしまうことがあります。地方都市になると19時までというところも珍しくありません。

その点コンビニATMなら大変都合いいですよ。

返済時間を気にする必要がなく24時間365日、いつでも返済することができます。大抵のカードローンはコンビニATMであればどこでも使えるようになっています。

会社の残業で遅くなっても、深夜早朝に関わらず返済できるというのはとても便利ですよね。

たまにATMのメンテナンスを行っていることもありますので、その場合は他のコンビニを利用すればそれほど不都合さを感じることもないでしょう。

口座振替で返済する

カードローンの返済を口座振替にしておけば返済期日を忘れることなく支払うことができます。

お金を期日前までに入れておけば自動的に引き落としされるため、返済期日に遅れることなくきちんと支払いたい人にとってはメリットが大きいです。

しかし自動引き落としは通帳に記帳されてしまい、あなた以外の人が通帳を見てしまうとカードローンでお金を借りていることが分かってしまうことがデメリットです。

それが例え銀行カードローンだとしても「どうして毎月銀行の引き落としがあるのか」と問い詰められてしまう可能性があります。

消費者金融カードローンならなおのこと「不審な引き落とし」とみられてしまうでしょう。

どうしても家族にカードローンを利用していることを内緒にしておきたいのなら、自発的にATMから返済するのが確実です。また口座振替を利用するのであれば、通帳の発行がないネット銀行を利用すればいいでしょう。

引き落としされているかどうかの確認はIDとパスワードがなければ他人に知られることはありません。

ネットバンキングで返済する

金融機関によってはインターネットバンキングを利用して返済する方法があります。

インターネットバンキングなら自宅にいながら相手口座に振り込むことができるため、24時間いつでも返済することができます。

金融機関が指定する銀行口座であれば曜日に関係なく返済することができます。土日祝日でも手続きを行えばすぐに返済することが可能です。

パソコンがなくても金融機関が用意してあるアプリを利用して簡単に返済することもできますね 。

ただしこの場合も通帳に記帳してしまうと家族にバレてしまうリスクが伴いますので、インターネットバンキングで返済する場合はネット銀行を利用しましょう。

銀行振込で返済する

カードローンの返済を銀行振込によって行うこともできますが、窓口で振込するにせよATMから振り込みするにせよ、どちらにしても通帳がある口座を利用して返済するのはカードローンを利用していることがバレてしまうため危険です。

どうしても銀行振込で返済する場合は現金で振り込みすれば通帳に記帳されることはありません。

カードローン返済のためにわざわざ銀行まで行って振り込むというのも面倒ですよね。他の方法で振り込みできないなどやむを得ない場合に限って行うのが賢明です。

現金書留で郵送返済する

金融機関側に直接現金書留で送金するのも返済方法のひとつです。

現金で返済するのですから証拠も残らず、たとえ郵便局に行くところを誰かに見られたとしても不審とは思われないでしょう。

集配を行っている中央の郵便局であれば土日祝日に関係なく夜間でも窓口が開いていますので、コンビニ同様に利用価値があります。

現金書留は手数料が高いという点が難点ですが、危険を承知で便箋などに紙幣を包んで普通郵便で送る方法もあります。

ただし確実に送ったという証拠が残らないため、何か郵便事故があったときに困りますね。また相手が受け取ったことを証明することができません。

証明させるには最低でも簡易書留にしなければならず、そうなってしまうと現金書留とあまり料金が変わらなくなってしまいます。

返済手数料を考慮しよう

返済手数料を考慮しよう

いくつかある返済方法には手数料がかかるのとかからない方法があります。

もちろん郵便であれば切手代はかかってしまいます。現金書留なら最低でも600円前後の切手代がかかってしまいますね。

銀行振込なら窓口で振り込むかATMで振り込むかで大きく異なってきます。窓口で振り込む場合は金額によって800円以上かかることもあり大変不経済です。

返済に便利なコンビニATMや提携ATMから返済する場合は、返済する金額によって108円から216円程度の手数料がかかってしまうことがあります。

銀行カードローンの場合はATM手数料がかからないことが多くメリットとなりますが、消費者金融カードローンになるとほとんどがATM手数料を必要とします。

消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて金利が高めに設定されている分、ATM手数料まで支払うとなると余計に負担が大きくなってしまいます。

一括返済で済ませることができればATM手数料を気にすることもありませんが、24回や36回など分割して返済するとなるとその度に手数料がかかってしまい、場合によっては年間に5,000円程度余計にお金を必要とします。

消費者金融カードローンなら、金融機関が設置してある自社ATMを利用すれば手数料はかかりません。

またインターネットバンキングを利用して返済した場合、金融機関が指定する銀行口座であれば手数料を無料としているところも多いです。

選択できる返済期日がイイネ

選択できる返済期日がイイネ

カードローンの契約内容によっては返済期日が指定されている場合もありますが、とくに消費者金融業者になると返済期日を自由に設定できることがあります。

返済期日が指定されていると、偶然にも給料の前日が返済日だったりするとちょっと損した気分になりますよね。

出来れば返済日を給料日の翌日か翌々日あたりに設定しておくと、1カ月分先払いする必要がありません。

返済期日に1日でも遅れてしまうと延滞金がかかってしまい、もったいないですよね。既にご説明の通り返済期日を35日ごと返済することができるなら、余裕を持って返済することができます。

例えば10万円を借りて1日返済遅れてしまうと、消費者金融カードローンなら約55円延滞金を支払わなければなりません。30万円を借りているなら1日あたりの延滞金は約164円です。

それぞれ返済するまで日数分延滞金かかってしまい、もったいないですね。当然返済に遅れてしまうと金融機関側からの信用を勝ち取ることはできません。

将来カードローンの利用限度額を増額したいという希望があるのなら、返済を延滞してしまうことは大きなマイナス材料です。

早期返済に欠かせない任意返済

早期返済に欠かせない任意返済

カードローン各会社が指定している返済金額というのは最低支払い金額です。

最低支払金額は金融機関によって計算方法が異なり、一概に10万円でいくら返済すればいいのかということをご説明することはできません。

カードローン会社を見ていると利用残高に合わせた返済金額を掲載していますよね。

例えば利用残高が50万円なら毎月1万5,000円、30万円なら毎月1万円、10万円なら毎月4,000円などです。

銀行カードローンによっては利用残高10万円で毎月の返済額が2,000円としているところもあります。

これなら返済もラクだ、と喜ぶのはちょっと早いですよ。

毎月の返済額には利息が含まれていることに注意

なぜなら返済額の中には利息分も含まれているからです。

例えば銀行カードローンで10万円を借り金利が年14.5%だとすると利息相当額は1,191円です。

返済金額が2,000円だとすれば、元金に充当されるのは利息分を差し引いた809円だけしかありません。

毎月の返済額が少なくて経済的に助かることを優先させてしまうと、10万円の返済を終えるまでに10年以上かかってしまいます。

いくら返済額が少ないからといっても10年以上返済するのは疲れてしまいますね。

まして長期返済となるとそれだけ利息の負担をしなければならないため、利息の総額は当初借りた金額の10万円を超えてしまいます。

金融機関はその方が利息収入は上がって儲かるわけですから何も言いません。毎月きちんと支払ってくれれば「優良な会員だ」と思われることでしょう。

カードローンを早期返済するために

カードローンを賢く利用するのにはそれなりの工夫が必要です。

返済するにしても金融機関に言われるがまま金額を払っていたのでは相手に儲けさせるだけで、こちらは損するだけです。

それを防ぐには毎月の返済額をたとえ1,000円でも多くするか、臨時収入やボーナスが入ったときに少しでもATMなどから返済しておくことです。

年に2回ボーナスがあるのなら5万円や10万円程度の金額をカードローン返済に回すことで、完済するまでの期間を短くすることができます。

完済するまでの期間を短くすることができれば、負担しなければならない利息の総額も抑えることができます。あなたにとってはお得となるはずです。

生活の無駄を省く

普段何も気にしないで生活をしていると、気が付かないかもしれないですが、意外に多く無駄を省く機会があります。

こまめに無駄を省くようにすると返済に使うお金を貯めることができます。

例えば、洗濯をするときに最初はおふろの残り湯を使ったり、すすぎの回数を一回にしたりするようなことです。

この他にも簡単なものとしては、使っていない電化製品はコンセントから抜いておく、照明はこまめに消す等があります。

また、蛇口に節水ゴマを付けるとか、照明をLEDに変える、電化製品を節約モードで使うなどの方法も有効です。

これらをすることで、水道光熱費を一か月に5000円ほど節約することができます。

節約できたお金をできる限り返済に回すといいですね。

今月ピンチ!今すぐ効果が出る節約術はコレ!

できる範囲で収入を増やす

借金の返済額を多くするのに最も効果的なことは、収入を増やすことです。

例えば、誰もがやりたがらない残業を進んでやると、残業代だけ収入を上げることができます。

また、契約件数を一件でも多くとる努力をしていると、特別ボーナスや報奨金をもらうこともできます。

その他にも、会社で資格手当が定められている試験に合格するのもいいですね。

帰宅後も、自分に合った副業をすることで、より多くの収入を得ることもできます。

もし、今の会社の給料が低すぎる場合には、条件のいい転職先に転職する方法もあります。

できる範囲で収入を増やす努力をして、増やすことができた金額を返済に充てると早く借金の返済を終わらせることができます。

関連記事をチェック!

生活費が足りない時のオススメ副業とは?

生活費が足りない時は、いつまでにお金が必要なのか考えてから動きましょう。副業するかどうかは、それから考えても遅くありません。 まずは【借金VS公的資金(貸付)VS副業】の、資金調達スピー...

関連記事をチェック!

手っ取り早く稼ぐことができる副業!

副業でお金を稼ぐ場合、なるべく手っ取り早く稼ぐ方法を選びたいものですよね? 本業に支障がでない範囲で、無理なく稼ぎたいと思っている人は多いことでしょう。 そこで、手っ取り早く稼ぐことができ...

おまとめローンで金利を安くする

返済の時には、借りている期間の金利を払うことになります。

つまり、いくら払ってもそのうちの幾らかは金利として取られて、金利を引いた金額が借金の元本を減らしていることになります。

そのため適応される金利が安いおまとめローン等を使うといいですね。

1件だけの借り入れだとしても、少しでも金利が安いところがあれば借り換えを行います。

とにかく、支払う金利を最小限にしていくのです。

そうすることで、返済に充てる金額が同じでも、金利が安くなった分元本を減らすことができます。

家族に相談してお金を借りる

成人したのちに、借金の返済の為に家族に助けてもらうことは恥ずかしいと思う人もいます。

ですが、多くの金利を払い続けるよりも、家族にお願いしてお金を貸してもらい完済するほうが無駄にするお金が少なくて済みます。

どうしても相談ができない事情がある場合には仕方がないですが、借金の返済を早く終わらせるためには、家族からお金を借りる事を考えてみましょう。

結婚している場合などは、配偶者から攻められたり、両親に小言を言われてしまうかもしれないですが、返済を早く終わらせる為には正直に話して協力してもらいましょう。

金銭面だけではなく、家族から助けてもらえることになりますので、借金の返済が楽になり早く終わらせることができます。

関連記事をチェック!

親にお金を借りる上手な頼み方と言い訳【思わずマネしたくなるネタ帳】

親からお金を借りるには利息もかからず審査の必要もありません。 子供が親からお金を借りることはよくあることで、親も子供のためならと思って仕方なくお金を貸すことも多いです。 お金を借りる業者を...

金利の低いカードローンに変更する

金利の低いカードローンに変更する

カードローンの返済で大きく左右するのはやはり金利です。

消費者金融カードローンの標準的な金利は年18.0%なのに対し銀行カードローンの標準的な金利は年14.6%です。

わずか3.4ポイントの違いしかありませんが、金額に換算するとそれが結構大きいのです。

具体的に計算してみると、30万円を借りた場合の1カ月当たりの利息負担額は次のようになります。

・消費者金融業者:利息4,438円
・銀行:利息3,600円

差額は838円です。一回だけの返済で完済することができるのであれば気にもなりませんが、毎月返済となると年間だけで1万円近くの差が出てきますよ。

それに加えて消費者金融カードローンはATM手数料が別途必要となるため、1年間あたりの差額は1万数千円となることもあります。

消費者金融カードローンを使っているなら、可能な限り金利の低い銀行カードローンに変更するというのも賢くお得に使う返済方法です。

銀行カードローンは審査が厳しくてなかなか、とためらっている人も多いことでしょう。

しかし今は消費者金融カードローンとあまり差がありませんよ。信用情報さえ問題がなければ銀行カードローンの審査に通ることは難しくありません。

銀行によっては「借り換え」を積極的に進めているところもあります。

できればそのような銀行に申し込み、申し込み理由に「借り換えのため」と記入するようにしましょう。

関連記事をチェック!

借金借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返すのは良くありませんが、借金を借り換えて返すのはアナタにとってメリットをもたらすかもしれません。 カードローンを利用している人ならご存知のように、適用される金利は銀行や消費者金融業...

おまとめローンで返済額を軽減する

おまとめローンで返済額を軽減する

あなたが消費者金融カードローンの複数契約をしているのであれば、借金を一本化することもカードローンの返済を軽くする方法となります。

返済を一箇所にすれば返済金額をバラバラに払っているよりも低くすることが十分期待できます。

なお借金の一本化でおまとめローンを組む場合は、銀行カードローンを利用する方法がおすすめです。

消費者金融業者でもおまとめローンを商品化していますが、金利を低くすることはなかなか難しく、おまとめしてもあまり金利が変わらなかったということもあるようです。

お得にカードローンの返済をしたいのであれば銀行カードローンに「借金を一本化するため」という理由をつけて申し込むようにしましょう。

関連記事をチェック!

キャッシング返済をまとめたい!

複数キャッシングを行っている人の多くは早晩多重債務者になってしまうことが多いです。返済困難となる前にまとめる対策しましょう。 最初のうちは軽い気持ちでキャッシングを行っていたとしても、キャッシン...

 

借金返済のための副業を考える

借金返済のための副業を考える

借金返済の一番の近道は収入を増やすことになりますので、収入を増やすために副業をするのもいいですね。

ここでは、借金返済のために行う副業に関してご紹介していきます。

レギュラーバイトで働く

借金の返済は長く続きますので単発のアルバイトを続けるよりも、定期的に行うバイトをするのが有効ですね。

続けることができる事で、手にすることができるお金も計算できま、借金の返済に充てるお金も決まった額を予定することができます。

まずは、支払い続けることができるバイトをしていくのがいいですね。

得意分野を活かすクラウドソーシング

外で働くようなバイトができない場合には、在宅でできる仕事を探すといいです。

今はネットを使ってクラウドソーシングに登録をすることで、多くの仕事を見つけることが可能になっています。

自分の得意分野の仕事を請け負うことができますので、帰宅した後で都合がいい時間を使って収入を得ることができます。

絵を描くことが得意であれば、企業からロゴマークの作成が依頼されている仕事に応募するといいですね。

もしWEBページの作成が得意であれば、ホームページの改編の仕事などもあります。

自分の得意な分野で、継続的に活動ができれば毎月多くの収入を得ることも可能です。

金がない時は副業をしよう!おすすめの副業とは 

女性なら水商売

女性の方で、社交的で人と話すことが嫌いでなければ、夜の水商売をすることができます。

給料の単価も高く、土日だけ働くだけでも多くの収入を手にすることができます。

ただし、家族がいる場合には、家族の人から理解してもらうことも必要です。

また、勤務地の近くの場合には会社の上司などにばれないようにする工夫も必要です。

カードローンで借金の返済地獄に陥る原因

カードローンの借金返済に困らないためには、返済できないほどの借り入れをしないことが一番の予防策となってきます。

しかし、冒頭で申しましたように、そうと分かっていてもできなかったという方が少なくないのが実情です。

そこで、借金の返済苦に陥らないために、借金の返済地獄に陥る原因について解説しておきます。

その最大の原因となるのは下記の2つです。

  • 手軽に借り入れできる
  • 生活費として借り入れして無限ループに陥る

それではこれら原因を詳しく見ていくことにしましょう。

手軽に借り入れできる

通常の金融機関からの借り入れは融資申込後に厳しい審査を受け、審査に通って初めて借り入れすることができます。

よって、申し込みから融資までに短くても数日を有することが一般的で、申し込みにも多くの書類提出が求められます。

しかし、一番対応が早い消費者金融カードローンならば必要書類は本人確認書のみで、即日融資も可能です。

その上、一度申し込んでおけば、それ以降の借り入れは借入限度額内であれば、面倒な申し込みも審査もなく簡単に行うことができるので、借金するのに一切面倒な手間がかかりません。

よって、この手軽さがついつい、必要のない借り入れへと誘う原因となってくるのです。

生活費として借り入れして無限ループに陥る

カードローンは一度契約しておけば借入限度額内ならば簡単に借り入れできるので、いざという時のために持っておくのもいいでしょう。

しかし、カードローン契約者で最も注意しなければならないのは、借り入れが常用的になることです。

イレギュラーな出来事で急にお金が必要になったけれど、いまそのお金を捻出する余裕がない。

このように本当に必要な時だけの借り入れならば問題ありませんが、カードローン利用が常用的になればカードローンによる借金地獄に足を踏み入れた状態となります。

特に借入目的が生活費という場合は最悪な事態です。

生活費として借り入れするということは、自分の収入を超えた生活レベルを送っていることになります。

その生活レベルを維持するためには自分の収入だけでは追いつきませんから、毎月の不足分をカードローンによる借り入れに頼るハメになるのです。

そうなれば借入額はだんだん多くなり、毎月の返済額も高くなってきますし、借入限度額も一杯になるためとなるため、新たな借入先を求めて他社カードローンに申し込むことになります。

ここまでくれば「生活費が足りない→カードローンで借りる」の無限ループとなり、この状態は借入先がなくなるまで続き、最終的には返済不能となってしまいます。

一度身についた贅沢はなかなか抜けないと言われますが、分不相応の生活は身を滅ぼすだけだということをよく理解して、収入に見合った生活レベルを送るようにしましょう。

借金返済をそのままにしたらどうなる?

カードローンの返済が遅れるとカードローン会社から電話等の督促が行われますが、中にはその連絡を無視してそのままにしてしまう方も少なくありません。

しかし、この行為は百害あって一利なしで、絶対に行ってはならないのです。

カードローン会社は返済が遅れてもその理由がはっきりしており、入金日の確認が取れれば大事にはしません。

ですが一切連絡がとれず、返済も行われないでは利用者に返済の意思がないと判断するしかありませんから、カードローン会社は最終手段に出ることになります。

カードローン返済をしなかった場合の流れ

カードローンの借金返済が数日遅れたくらいならば問題はありませんが、その返済遅れが長期に渡ればカードローン会社もそのままにしておくことはできません。

その際にカードローン会社が取る最悪の対応が強制退会と一括返還請求です。

ここまでくれば利用者はこのカードローン会社の対応に従うしかなく、一括返済できないとなれば裁判所の許可を得て、給与等の個人の持つ財産が差し押さえられることになります。

そうならないためにも、返済できない時にはカードローン会社との話し合いが必要になってくるのです。

それでは簡単にカードローンの借金返済が遅れた場合、カードローン会社がとる対応の流れを紹介しておきましょう。

その流れは下記のとおりです。

  1. ハガキや携帯電話に返済催促の連絡が入る
  2. 返済予定日を決定
  3. 返済予定日に返済できなかった場合は、ハガキで自宅に督促状が送付される
  4. 返済が3ヶ月以上となれば信用情報機関に事故情報が記録される
  5. 督促状送付後も返済が行われなければ強制退会となり、一括返還請求が行われる
  6. 一括返還請求に応じず返済を行わなければ裁判所に差し押さえ請求が出される
  7. 裁判所決定により財産の差し押さえが実行される

カードローンの借金返済が長期間行われず裁判所に差し押さえ請求が出されれば、まず裁判に勝つことはなく確実に財産の差押命令が出されることになります。

そうなれば周囲バレば確実で、給与も差し押さえられることになるので、会社にもカードローンを利用して返済不能に陥ったことが知られてしまいます。

こうなってしまえば利用者は多大な被害を被ることになるので、借金返済をそのままにしておくことがいかに危険な行為であるのかがお分かりいただけるでしょう。

正攻法で返済できない場合は?

借金返済が厳しいなと感じる場合には、早めに先ほど紹介したような手段を取るのが一番ですが、手を打つのが遅かった場合にはこの手段は利用できない状況に落ちいているケースが大半です。

その場合には下記のような手段も検討してみる必要があるでしょう。

  • 借入先に返済方法を相談する
  • 親族や知人から借りる

返済が厳しいことをカードローン会社に相談すれば返済方法について対応してくれる可能性もありますし、最悪、親族や知人から借りて借金を返済して、借りた人に毎月返済するのもひとつの手です。

しかし、これら手段もダメとなれば、最終手段とも言われる債務整理に頼らざるを得ない状況だと言えるでしょう。

親にお金を借りる上手な頼み方

債務整理で借金返済

債務整理とは返済が難しくなった方が借入先との話し合いで得た下記のような手段により、返済を進めていくための救済措置です。

  • 借金の減額
  • 金利の引き直し
  • 支払い猶予

また、債務整理には下記のようにいくつもの手段があり、借金の大きさや個人の経済状況に応じて最定期な方法を採ることになります。

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産

利用する債務整理によって受けられる返済免除は違ってきますが、カードローン会社との話し合いとなる上、任意再生以外は裁判所を介した決定となるため、基本的には弁護士もしくは司法書士といった専門家へ依頼する必要が出てきます。

また債務整理を行うと信用情報機関へその記録が保管されます。

債務整理は返済能力がないことの証ともなるので、その記録が消去される5年から10年の間は金融機関からの借り入れやローンの審査は一切通らなくなります。

この点は十分に理解しておくようにしましょう。

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

カードローンの返済地獄に陥らないためのポイント

それでは最後にカードローンの返済地獄に陥らないためのポイントを紹介しておきましょう。

まずは本当に必要な時以外には借り入れをしないことが第一条件となってきます。

これさえ守っていれば借金が膨らむこともなく、複数社から返済不能に陥るような高額借り入れをすることもありません。

そこでそれを念頭に置いた上で、さらに心がけてもらいたいポイントは下記のとおりです。

  • 身の丈似合わない高額借入はしない
  • 繰り上げ返済などで返済期間を短くする
  • 複数業者から借りない
  • 借金返済のために新規借り入れをしない

これらポイントは今回「カードローンで借金の返済地獄に陥る原因」の話の内容を端的にまとめたものになります。

今一度借金返済が滞った場合にどのようなリスクを負うことになるのかを思い出して、カードローン利用時には上記ポイントを念頭に置きながら、本当に必要な時にしか借り入れしないことを徹底するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はカードローンの返済を賢くするにはどうすればいいのかについてご説明しました。

お金を借りた以上は利息をつけて返済するのですからできるだけあなたにとってお得な方法で返済できるような金融機関を選びたいですね。

またカードローンの返済を早期終了させたいのであればお金に余裕がある時に少しでも構いませんので任意返済しておくことも重要です。

関連記事をチェック!

借金を返せない人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考え...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談