ネットバンクカードローンの特徴とは?

カードローンを探すとき、大手消費者金融、メガバンク、地元の地方銀行を申込先として検討すると思います。

しかし、それ以外にもネットバンクという選択肢があります。

ネットバンクは店舗のない銀行

ネットバンクとは、店舗やATMがなく、手続きのすべてを電話やインターネットによって行う銀行のことです。

楽天銀行やじぶん銀行などがネットバンクの例となります。

楽天銀行の名前はよく聞きますがおそらく店舗もATMも見たことがある人はいないはずです。

自社のATMがないため、ネットバンクでは他の金融機関と提携して他社のATMから出入金を行います。

また、セブン銀行やイオン銀行のように自社ATMを用意しており、店舗が少ない銀行のこともネット銀行に含めることがあります。

ネットバンクカードローンは低金利

そして、ネットバンクは店舗がなくてもちゃんとした銀行なので、各種ローン商品を取り扱っており、その中にはもちろんカードローンも含まれています。

ネットバンクのカードローンを他の金融機関のカードローンと比べたときの特徴は、まず金利が低いという点です。

店舗やATMに費用がかからない分、ネットバンクはカードローンの金利を下げることができるため、消費者金融はもちろん、通常の銀行カードローンと比べても金利が低いものがあります。

上限金利を見てみると、ソニー銀行や住信SBIネット銀行は他社よりも低く設定されていますね。

このように、ネットバンクのカードローンには低金利の物も多く、低金利のカードローンを探している人はチェックしておきましょう。

発行会社種類カードローン名金利(実質年率)
ネットバンクソニー銀行カードローン2.5%~13.8%
住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」プレミアムコース0.99%~7.99%
銀行三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%
消費者金融アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

審査はそれほど厳しくない

金利の低いカードローンは審査が厳しいというのが一般的に言われていますが、ネットバンクの場合は少し話が異なります。

もちろん、金利が低いということは、それだけ貸倒れのリスクを避けなければならないため、慎重に審査を行わなければならないというのはネットバンクでも同様です。

しかし、ネットバンクはメガバンクと比べれば申込者も多くなく、その中で顧客の数を増やさなければならないため、通常の銀行と同程度の金利であれば審査はあまり厳しくないと考えられます。

管理人の馬太郎は、じぶん銀行、楽天銀行などのネットバンクカードローンに申込しましたが、じぶん銀行は限度額100万円、楽天銀行は多重申込にもかかわらず審査に通過することができています。

在籍確認は当然行われる

気にする人が多い在籍確認ですが、ネットバンクでも当然行われます。

以前申込んだ楽天銀行やじぶん銀行のカードローンでもしっかりと職場への電話がかかってきました。

在籍確認をしなければ申込者が本当に働いて収入を得ているのかどうかわかりませんので、在籍確認無しでお金を貸すことができません。

ネットバンクもそれ以外も関係なく、在籍確認を行わないカードローンは存在しませんので、ネットバンクでも在籍確認は行われます。

ただし、もちろん申込者本人以外にカードローンの話をするということはありませんので心配する必要はないでしょう。

楽天銀行では担当者名、じぶん銀行では銀行名を名乗りましたが、銀行であればすぐにカードローンと気づかれることはありません。

関連記事をチェック!

なぜ在籍確認なしは存在し得ないのか?【カードローン業者が語る】

ネット上では「在籍確認なしのカードローン」「在籍確認なく借りることができます!」などの文字が躍っておりますが、 大手消費者金融に十数年貸付業務に従事していた身からすると、在籍確認をしない、という...


関連記事をチェック!

在籍確認なしで借り入れ可能な稀なケース【カードローン業者が語る】

申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかの在籍確認はほぼすべての借入で行われると思ったほうがよいでしょう。 審査の際には勤務先はそれほど重要な審査項目です。しかしごく稀に在籍確認の電話...

カード発行は郵送のみ

ネットバンクでもカードローンを契約すれば当然専用のカードが発行されます。

ただし、大手消費者金融やメガバンクのように無人契約機は用意されていませんので、カードの発行は郵送で受け取らなければなりません。

そのため、残念ながらネットバンクのカードローンでは即日でのカード発行には対応していないのです。

その点以外は特に他社のカードローンと違いはなく、ATMで受け取ったカードを利用するか、指定した口座に振り込んでもらうことで融資を受けることができます。

自社のATMはありませんが、先ほど説明した通り、提携しているATMが多いため、借入場所に困るということはないでしょう。

コンビニATMなどが手数料無料で利用できますので、手数料という点でも安心です。

専業主婦でも利用可能

イオン銀行では通常の申込とは別に、専業主婦専用の申込口が用意されています。

その場合は上限金額が最大50万円に設定されているなど、通常とは条件が異なりますが、わざわざ専業主婦専用の申込方法があるということからも専業主婦に対する融資にも積極的に取り組んでいるということが分かります。

ただし、中には本人の安定した収入が条件となっており、配偶者に収入があっても専業主婦では申込むことができない場合もあるので申込む前に確認しておきましょう。

申込はネットから

ネットバンクのカードローンを利用しようと思った人は、まず申込を行わなければなりません。

カードローンの申込は、ネットバンクだからというわけではなくインターネットで行うことが一般的です。

特に他のカードローンと異なることはなく、申込者が行わなければならないのは以下の4点のみです。

  1. インターネットで申込
  2. 本人確認
  3. 書類提出
  4. カード受取

書類提出やカードの受取を無人契約機ではなく、それぞれインターネットと郵送で行うという違いはありますが、特に気にするようなことではないでしょう。

ネットバンクの申込手続き内容について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事をチェック!

auじぶん銀行カードローンでお金を借りてみた【在籍確認の電話あります】

みなさんお元気ですか?馬太郎です。私が今回はじぶん銀行カードローン「じぶんローン」を利用しました。 その実体験を在籍確認方法から審査難易度までたっぷり説明していきます。 在籍確認・本人確認...

おすすめネットバンク

最後におすすめのネットバンクカードローンを紹介します。

住信SBIネット銀行ミスターカードローン

aaaa

金利(実質年率)借入限度額即日融資
0.99%~7.99%(プレミアムコース)10万円~1,200万円

まずは住信SBIネット銀行のミスターカードローンです。

ミスターカードローンの特徴は一般的な銀行カードローンを上回る低金利です。

銀行カードローンは通常14.5%程度の上限金利に設定されていますが、ミスターカードローンプレミアムコースでは上限金利は7.99%となっています。

多くの銀行カードローンの半分近い金利で借入することができるというのがミスターカードローンの最大のメリットです。

また、ネットバンクカードローンは無人契約機がないため借入までに時間がかかることも多いのですが、ミスターカードローンはあらかじめ住信SBIネット銀行の口座を持っていれば即日で融資を受けることもできます。

ただし、残念ながら本人に安定した収入のない専業主婦は利用することができません。

関連記事をチェック!

住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」について説明したいと思います。 住信SBIネット銀行カードローン「ミスターカードローン」につい...

楽天銀行カードローン

金利(実質年率)借入限度額即日融資
1.9%~14.5%10万円~800万円

ネットバンクのなかでも高い知名度を誇るのが楽天銀行カードローンです。

上限金利14.5%というのは、住信SBIネット銀行のミスターカードローンには劣りますが、それでも一般的な銀行カードローンと比べても遜色のない低金利カードローンと言えます。

また、楽天銀行カードローンはパート・アルバイトの方専用の申込口を用意していますので、そういった属性の人に対して柔軟に対応してくれます。

パート・アルバイトの人も安心して申込できるでしょう。

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が10...

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

card_01

金利(実質年率)借入限度額即日融資
2.2%~17.5%10万円~800万円

じぶん銀行が発行しているカードローン「じぶんローン」は、上限金利17.5%ですので他のネットバンクと比べるとあまり低金利ではありません。

しかし、auユーザーが借り換え目的として利用する場合は金利が1.9%~12.5%の中で設定されるため、auユーザーの方で借り換えを検討している方はじぶん銀行は有力な候補となります。

カード発行前でも、振込融資によって借り入れをすることもできるので、急にお金が必要になった場合でも問題ありません。

関連記事をチェック!

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の借入・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はじぶん銀行カードローンについて説明したいと思います。 じぶん銀行カードローン「じぶんローン」について ※じぶん銀行公式WEBサイトより引用 じ...

まとめ

ネットバンクは店舗やATMがないため、大手消費者金融や銀行カードローンと比べて使いづらい、と思うかもしれませんがそんなことはありません。

申込はインターネットからできますし、書類提出も専用のアプリを用意しているものもあります。

実際利用する場合でも、利用手数料無料のATMが多いため、全く問題ありませんし、自分の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

逆に、店舗のコストがかからないことを低金利に還元するなどのメリットがあります。

大手消費者金融、銀行カードローンだけではなく、カードローンを探すときはネットバンクも検討してみてください。

関連記事をチェック!

借り入れしやすいカードローン

どんなに金利が低く、どんなにATMがたくさんあって便利なカードローンでも審査に通過して契約できなければ意味がありません。 もちろん誰でも借りられるカードローンはありませんが、比較的借入しやすいカ...

関連記事をチェック!

金融機関から借入先・業者を上手に選ぶ方法

このページでは、カードローンに、それぞれどういった違いがあるのかを説明します。 カードローンについてだんだんわかってきたからそろそろカードローンを申し込もうと思ってい方や、いったいどのカードロー...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談