契約者貸付とは生命保険を担保にお金を借りる方法

急にお金が必要になったとき、保険会社の契約者貸付を利用すると低金利でお金を借りることが可能です。

借り入れる条件として生命保険に解約返戻金特約が付いていなければなりません。うまく利用すれば保険を解約することなくお金の工面ができるわけです。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

審査に通る!人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

契約者貸付とは

契約者貸付とは、加入している生命保険などの解約返戻金を担保にして保険会社からお金を借りることを言います。

しかし保険の加入内容によっては解約返戻金がない保険もあります。解約返戻金が特約として付いていなければお金を借りることができないことに注意が必要ですね。

加入している生命保険で契約者貸付を利用できるかどうかは、保険証書を確認するか、保険会社に問い合わせることでわかります。

また保険会社によってはインターネットで会員登録し、会員サイトから確認することも可能となっています。

解約返戻金は生命保険などを解約した時点で保険会社から支払われるお金ですが、急にお金が必要になったというときにも、保険を解約することなくお金を借りることができるというのは、利用の方法によって大変便利なシステムと言えるでしょう。

関連記事をチェック!

生命保険に入っていれば銀行借入よりお得に借りられる!?

生命保険に加入している方が利用できる借入があることをご存知でしょうか? 全ての生命保険で利用出来る訳ではありませんが、対象となる方はお得な条件で借入出来るかもしれませんので、是非知っておきましょ...

契約貸付の借入限度額は

契約者貸付の借入限度額はあくまでも解約返戻金を基にしていますので、解約返戻金以上のお金を借りることはできません。

加入年数によって解約返戻金は増えていくのが一般的です。

保険に加入してからあまり期間が経ってないような場合は、借り入れできる金額はそれほど多く期待することはできません。

契約者貸付を例えて言うなら、銀行に預けてある定期預金を担保にお金を借りることと内容的には一緒です。

定期預金額の90%まで借りることができることができるように、契約者貸付においても解約返戻金の90%までの範囲内で借入することができます。

ただし保険会社によって借り入れできるパーセンテージは異なりますので、事前に保険会社のカスタマーセンターなどに問い合わせるか、保険会社の会員サイトから確認するようにしましょう。

金利はどのくらいかかるか

お金を借りると必ず発生するのが利息です。

解約返戻金は解約してしまえば何の手数料も取られることなく全額戻ってきますが、契約者貸付を利用した場合は所定の金利がかかってしまいます。

適用される金利は保険会社によって異なり、またいつ契約したのかによっても大きく違ってきます。

近年の低金利時代になってから契約したのであれば金利は年2.15%前後、 1994年以前の契約になると金利年5.75%前後と高くなっています。

加入年数が長ければそれだけ解約返戻金も多く借りることができますが、金利も高くなる傾向にあるため、利用する場合には必要最低限のお金を借りることが賢い選択となりますね。

信用情報機関による審査はない

保険の契約者貸付は言ってみれば「あなたのお金」ですから、契約者貸付を利用しても保険会社は信用情報機関にデータを照会することもなければ、審査をすることもありません。

もちろん総量規制とも関係ありませんので、信用情報の審査に不安を持っているなら契約者貸付はうってつけの借入方法となります。

そもそも保険会社は貸金業者ではありませんし、信用情報機関にも加入していませんので、契約者貸付を利用したい人の情報を調べることはできません。

金融事故情報として何が登録されていても関係なくお金を借りることができます。

たとえ借りたお金を返済しなくても延滞情報が登録されるわけでもなく、強制解約情報が登録されることもありません。

契約者貸付は即日融資ではない

契約者貸付を利用するにはインターネットから申し込む方法や、電話によって申し込む方法があります。

借入手続きを所定の書類を提出することによって行う場合は、保険証書を保険会社に郵送しなければなりませんので、急にお金が必要でしかも即日でないと困るという緊急事態には対応することができません。

なお電話で契約者貸付を申し込むと、申し込みをした翌々営業日には融資実行されます。

どちらの方法にしても現金でお金を借りることはできません。お金は保険契約者本人名義の銀行口座へ振り込まれますので、消費者金融カードローンのように今日申し込んで今日お金を借りるということはできません。

電話で契約者貸付を申し込む場合は一定の条件があります。

・契約者本人が借入申し込みをする
・法人契約ではなく個人契約の保険である
・貸出金額が300万円以下である
・貸付金の振込先が保険の支払い口座である
※貸出金額については保険会社によって多少違いがありますので加入している保険会社にご確認ください。

関連記事をチェック!

来店不要で即日融資を実現!主婦&専業主婦もキャッシング可能

お金を借りるなら即日融資で決めたいですね。 主婦や専業主婦でもキャッシング申し込みできるのでしょうか。 大丈夫ですよ。 サラリーマンでなくても仕事と家事をこなすパート主婦。 育...

返済方法はどうするの

解約返戻金はもともとあなたのお金ですが、お金を借りた以上は利息をつけて返済しなければならないのは、どの金融機関からお金を借りた場合でも同じことですよ。

保険の有効期間内であれば毎月返済していく方法や、お金に余裕ができたときに返済する方法、及び一括返済などが一般的です。

具体的な返済方法は保険会社によって取り扱いが異なりますので、事前にカスタマーセンターなどに問い合わせておきましょう。

一般的には毎月返済するということが多いようです。返済期日に保険の支払い口座から引き落とされる方法や、インターネットバンキングを通して振り込む方法などで返済を行います。

また近くに保険会社の支店があるなら来店して返済することも可能となっています。

具体的な返済金額を計算してみる

利息の計算方法はカードローンの利息の計算方法と何ら変わりがありません。

毎月返済する約束になっていたとしても、臨時収入やボーナスが入ったなどにより一括して返済することも構いません。

利息の計算方法は次の計算式で行います。

・利息額=借入金額x金利/365日x利用日数

毎月決まった日にちに口座から引き落とされるのであれば、利用日数は月によって30日や31日、または28日や29日という場合もありますね。

利息額は日割り計算となりますので、365日で割ることにより1日あたりの利息額を算出し、利用日数分だけ乗じて計算します。

なお1円未満の金額は保険会社によって、四捨五入や切り捨て、または切り上げになることもあります。

そもそもの設定金利が低くなっていますのでそれほど気にすることはないでしょう。

では実際に計算してみましょう。

◆10万円を金利年2.15%で30日間借りた場合

・利息額=10万円x0.0215/365×30
これを計算すると176円(1円未満切り捨て)が利息となります。

消費者金融カードローンを利用して10万円借りてしまうと、利息は月に1,479円かかってしまいますので、よく考えるとかなり安い利息ですね。

毎月返済するとしても利息のことは気にすることなく、ほとんど元金のみを支払っているような印象で返済していくことができます。

関連記事をチェック!

簡単な借入金額の利息計算方法

お金を借りてもいくらの利息を支払うのか分からないのでは計画も何も建てることはできません。計算は難しいという固定観念です。 しかし利息がいくらになるのか計算する方法はそれほど難しいことではありませ...

保険解約とならないように注意

気を付けなければいけないことは、契約者貸付の元金と利息を含めた合計が解約返戻金を超えてしまうような場合です。

例えば毎月きちんと返済せず、なおかつ解約返戻金の枠内で追加借入を行ってしまうと、いつのまにか解約返戻金の額を超えてしまいそうになることがあります。

きちんと返済しなければ、ある程度保険会社は契約者に対して請求はしますが、カードローンのようにしつこい請求はしません。

請求が来ないからと言ってそのまま放置しておくと、借りる金額によっては利息の額が毎月加算され、やがて解約返戻金を超過してしまうでしょう。

保険会社から「そろそろ返済しないと保険が解約になりますよ」との通知が送られてきますが、支払期限内に一定の金額を返済しないと、保険会社が指定した支払期日の翌日には保険が強制的に解約されてしまいます。

保険会社としては解約返戻金以内での貸付となるため、顧客を失うものの、お金を貸したことによる損失を計上することはありません。一般的な途中解約と変わりはありません。

しかし解約されたことに気づかず、保険を利用しようとしたら使えなかったということがないように、借りたものは返すという習慣をつけるようにしておきたいですね。

契約者貸付を利用するメリット

契約者貸付を利用するメリットは、なんといっても保険を解約することなくお金を借りることができるということです。しかも金利はカードローンに比べてかなりの低金利です。審査されることもなければ総量規制が適用されることもありません。

手続きもインターネットから行えば比較的簡単に行うことができます。面倒だと感じたなら営業担当者に依頼しても構いません。

また保険の有効期間以内であれば返済期間がありません。約定期日もなければ最終返済日も指定されないことから、割と気楽にお金を調達するには便利なものです。

契約者貸付のデメリット

契約者貸付のデメリットというよりは、不便な点がカードローンに比べてあります。

それは申し込んだ当日にお金を借りることができないということです。

急に親戚でお葬式ができた、カードローンに申し込むよりは保険の契約者貸付を利用しようと考えても、すぐに現金を借りることができません。

早くても融資実行が行われるのは申し込んだ翌々営業日となることや、お金は契約者名義の口座に振り込まれることになってしまいます。

また借入できるのは保険の契約者本人に限定されるということもやや不便と感じるかもしれません。カードローンなら家族に内緒でなければ暗証番号を家族に教えることで本人の代わりにATMからお金を引き出すことができます。

しかし契約者貸付はそれが出来ません。保険金の受取人や被保険者は契約者貸付を利用することができません。

あとこれは利用者が気を付けなければならないことですが、毎月きちんと返済しなくても請求されることがまずありませんので、つい返済することを怠ってしまうことが起きてしまいます。

前項でご説明したように借入金額と利息額の合計が解約返戻金を超えてしまうと、保険が強制的に解約されてしまうことになってしまいます。肝心なときに保険の利用ができないとなるのは大きなデメリットですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は保険会社からお金を借りるという契約者貸付について簡単にご説明しました。

解約返戻金のイメージは保険を途中解約した際に戻ってくるものだ、どの考えが強いですよね。

しかし解約返戻金を担保のようにお金を借りることができるのです。しかも金利は安く返済期間が決まっていません。ある時払いの催促なしのような、そんな使い方ができます。

ただし気を付けなければならないのは利用の仕方によっては、せっかく有利な条件で加入した保険を解約しなければならない状態になってしまうことです。

お金は借りたらきちんと返さなければなりません。このことを念頭に、契約者貸付を利用する場合は計画的に返済するようにしてきましょう。

関連記事をチェック!

お金を借りる最終手段!お金を作る方法

複数の金融機関から借りてしまい、気づいたら返済能力を超えた金額を借りていた、という状況になることも。 窮地に追い込まれた方が、お金を作ることのできる方法を紹介します。 生活福祉資金貸付制度...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・