キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

正しい借金返済計画の立て方を知って明るい借金生活を実現

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

どうも馬太郎です。借金をするにしても、人によって借金の受け止め方は様々ですが、できる限り明るく借金の返済をして、暗い人生を送らずに済ませたいところです。

借金を返済するためには、返済計画をしっかりと立てることが大切ですが、明るく前向きに返済をするためにはどのような計画を立てれば良いか気になります。

そこで、私の友人の借金を抱えている人たちの話を参考に、明るい借金生活には何が必要か、返済計画を立てる方法や上手な借金返済のコツを学び、明るく借金返済をするために必要なポイントや心構えを考えて行きます。

この記事はこんな人におすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • 借金をしているが前向きに明るく生きて行きたい人
  • 借金の返済計画の立て方が分からない人
  • 借金を返済するときのコツを知りたい人

返済計画表を作成するための準備

返済計画を立てるために、返済計画表を作成することで返済プランを立てやすくなりますが、何も資料がない状態で自分が記憶している程度の情報だけでは作成することはできません。

作成できたとしても細かい数字がずれてしまうため、返済の役に立たない計画表となってしまいます。

ですので、返済計画表を作成する場合には、まず正確な情報を揃える必要があり、それらの準備をすることからから始まります。

ここでまず準備をするものは、借金をしたときの契約書や現在の借入残高が分かる明細書などです。

返済計画を立てるためには、現在の借入金額、毎月の返済額、金利手数料の利率の3点を正確に把握しなければなりません。

契約書には適用されている金利が記載されていることはもちろん、毎月の返済日などの契約内容に関わる内容が記載されています。

借入残高が分かる明細書とはカードローンなどの場合は、ATMなどで利用した際に発行される利用明細などの書類です。

もしも利用明細がないという場合には借入している業者のホームページからログインして残高を確認ができます。

より正確な返済計画表を作成するためには最低限これらの書類、もしくは情報の準備をしなければなりません。

自分の借金総額を調べる方法

自分の収入状況も確認する

自分がしている借金についての情報が確認できたら、次に自分の収入状況も確認することが大切です。

借金の返済は基本的に自分が得る毎月の収入から返済して行きますので、毎月の給与やボーナスはきちんと確認することはもちろんなのですが、その他にも収入がある場合にはそれも含めて確認します。

毎月の返済額を返済計画表とともに割り出せたとしても、収入が足りなくて返済できない状況になってしまっては意味がないので、返済計画通り返済が行える収入があるかの確認は大切です。

借金の返済の具体的な金額は、それぞれの返済方式などを調べることでどのような返済額となるのかということは把握ができますが、将来得ることになる収入については突然増減することもあります。

ですので、ここで確認をした収入は飽くまでも暫定的な金額であるということを認識し、この金額全てを使用した返済計画とはせずに、ある程度のゆとりを持って返済金額を決めることをおすすめします。

借金返済時には気持ちを明るくしていることも大切!

借金を返済するときには、具体的な返済計画を立てて返済が滞らないように対策を採ることは重要ですが、同じぐらい借金返済に思い悩むことなく明るく生活することも大切です。

借金をしてしまうと背徳感や完済をせかされる気持ちになるため、暗い気持ちになってしまいやすいです。

しかし、このようなときにも暗い気持ちを振り払い、明るく借金返済と向き合うことは重要になります。

なぜ、暗い気持ちではなく明るく返済をすることが大切か、詳しく確認して行きましょう。

暗い気持ちになると悪循環に陥る

借金返済で暗い気持ちになってしまうと大きなデメリットとして、ストレスがたまったり体調不良になってしまったりする危険性があります。

メンタルが強い人であっても、借金をすることで仕事中に借金のことが、頭をよぎり何げないミスをしてしまうことがあるでしょう。

また、ストレスのたまりやすい人であれば、借金をしてしまったことに深く悩み、夜も眠れなくなって睡眠障害に陥る危険性もあります。

さらに行き過ぎてしまうと、借金の返済に思い悩み自ら命を絶つ人もいるのです。

警察庁の統計によると、年間約3500人の人が借金など経済的な理由で、自殺をしているそうです。

https://www.mhlw.go.jp/

借金が長期化すればするほど、どんどん暗い気持ちになって行きストレスが深刻になってしまうため、早い段階で暗い気持ちから離れるように対策をしなければなりません。

金融会社は命が欲しいわけではない

借金返済で暗い気持ちになってしまう原因に、金融会社からの取立てで精神的に追い込まれてしまうということもあるでしょう。

実際借金返済に困り、滞納している人に対しては金融会社も督促状を送るなど、取立てを行ってきます。

しかし、金融会社の目的は飽くまでお金の返済であるため、滞納者に対して命を取ろうとか、脅迫をして精神的に追い詰めて自殺に追いやろうなどとは考えていません。

一昔前とは違い、法律が改正されたため金融機関による、脅迫まがいの激しい取立てや、自宅や会社に直接訪問して取立てをすることは禁止されています。

もしも、命に関わるような激しい取立てにあうようでしたら、警察や弁護士に相談しましょう。

警察や弁護士はあなたの味方であるため、仮に金融機関からの取立てが激しかったとしても守ってもらえます。

ポジティブ思考の方がお金を稼げる

気持ちを明るく前向きにすることは、借金返済だけではなく生活や仕事においても非常に重要です。

ポジティブな思考をしている人は、周りに良い影響をあたえるためお金を稼ぐチャンスに直結しやすいです。

例えば、あなたが会社員だとして昇給をするときには、上司や人事に自分の仕事を評価してもらうことが大切です。

あなたが明るくポジティブで居れば、上司からの評判も自然と上がり、あなたの実力を正当に評価してもらえます。

しかし、仮にネガティブで仕事ぶりが暗いと、「あいつは暗いからあんまり近づきたくないな」と避けられてしまうかも知れません。

このようになってしまうと、仮に仕事ができたとしても評価されないため、昇給することは難しくなります。

私生活においても暗い人がいるよりも、ポジティブな人である方が交友関係は広がりやすく、充実した生活を過ごせるため明るく生きることは大切です。

借金の返済計画を立てる前に現状把握をする5つの手順

借金の返済計画を立てるときに、借金の金額などを事前に把握することが大切ですが、事前に把握する内容を確認しておくことで現状把握をスムーズに行えます。

ここでは、現状把握するときに確認したい情報を、5つの項目にまとめたので順に紹介します。

①現在分かっている借入先の借入金額と利息を知ろう

始めに確認することは現在分かっている借入先の借入金額と、利息について把握することです。

借入金額は毎月返済を行うことで、金額が細かく前後しますし、利息も借入金額が増減することで変動します。

またカードローンの場合、借入限度額が増加することで金利が引下げになる可能性もあるため、現在の利息と合わせて把握することがおすすめです。

カードローンに限らず、マイカーローンや住宅ローンに関してもインターネットから気軽に、借入金額の残高を調べられる銀行が増えてきているため、いちいち店舗に行かなくても確認できます。

②借入先が分からなくなったら信用情報で確認

複数の借金を抱えていたり、家族の借金を継承したりするとどこから、借入を行ったか分からなくなることもあるでしょう。

このような場合には、個人信用情報機関に確認をすることで借入先を把握できます。

個人信用情報機関にはあなたの借金の借入先や借入金額、返済状況など細かく記録しているので、借金の情報が分からなくなったときには開示請求を行い確認しましょう。

ただし、個人信用情報機関は日本に3社あり、団体ごとに取引している金融機関の種類が違うため、自分がお金を借りている金融機関に併せて開示請求を行ってください。

③収入と支出から自分の返済能力を確認する

借金の情報について確認できたら、次に自分の返済できる金額を収入と支出から計算して求めましょう。

収入の把握は給与明細や預金通帳の振込額から簡単に把握できますが、支出については毎月変動するため把握が難しいかも知れません。

このような場合には、まず固定費として、毎月変わらない支出に関して把握しましょう。

例えば、家賃や携帯電話の料金、通勤の定期券などは金額が固定で把握しやすいです。

他にも水光熱費やジムや習い事の会費なども、月によって大きく変動しないでしょう。

食費や趣味に使うお金など月によって変動しやすいお金は、目標額を設定すると支出として把握しやすいためおすすめです。

④支出から節約できる項目を洗い出す

支出金額を把握したら、その中から節約できる項目がないかも同時に確認しましょう。

水光熱費に無駄はないか、外食をたくさんして食費がかさんでいないかなど、節約できそうな部分を事細かく探し出しましょう。

このときに気を付けたいのが、節約を意識しすぎて精神的に追い込まれないことです。

借金返済のための節約はどうしても暗い気持ちになりやすいため、節約した金額を目にできる仕組みにしてゲーム感覚で行うなど、明るく節約できるように環境を整えましょう。

また、節約のコツやポイントについては、後ほど詳しく解説します。

⑤収入(給料)をアップができる方法を検討する

支出を節約しても返済金額を用意するのが難しそうなときには、給料や収入をアップする方法も考えておきましょう。

会社員では昇給の機会が限られているため、収入アップが難しいように思えますが、残業を多めに取ったり、休日出勤を積極的に行ったりすることで給料を増やすことが可能です。

また、禁止されていなければ副業を行って、副収入を得ることも収入アップのひとつの手段です。副業が禁止されていたとしても、株や外国為替の取引などの資産運用は禁止されていないこともあるので、会社に確認を取りながら行ってください。

上手に借金返済する6つのコツ

借金の返済計画を立て終わったら、次は具体的に借金返済に取り組むことになりますが、このときに明るく返済をすすめるためのコツが幾つか存在します。

ここでは、実行しやすい返済のコツを6つ紹介するので、自分にできるものがないか一緒に確認して行きましょう。

①利息が多いものから返済しよう

複数の金融機関から借入をしている場合には、利息が多いものから返済をすすめて行くと返済が楽になりやすいです。

利息が多いものを減らすことで、借金の元金を減らしやすくなるため、返済期間を短縮できます。

ここで気を付けてほしいことが、金利が高いのが原因で利息が多いかどうかを確認することです。

単純に借入金額が多いために利息が多い場合には、金利が高い借金を優先して返済した方が効率は良いです。

②金利を小さくするために乗換えを検討しよう

借金の利息は金利の利率で決定するため、金利の小さい金融機関に乗り換えをすることもひとつの手段です。

金融機関によっては、借金の乗り換えや商品も取扱っているため、上手に活用することで借金の金利を小さくできます。

銀行カードローンなど金利が低いローン商品に乗り換えできれば、金利を大きく下げることも可能なため検討してみましょう。

③おまとめローンを利用しよう

借金の借入先が2社以上と複数の場合には、おまとめローンで借金を一本化することもおすすめです。

借金の借入先が複数社あることを多重債務と呼びますが、多重債務の場合一社当たりの借入金額が少なく、金利が高くなりやすい傾向にあります。

このため、おまとめローンで借入先を一本化することで、返済の手間を省くだけでなく金利も下げるチャンスが生まれるため、借金返済を楽にできる可能性があるのです。

銀行のフリーローンや消費者金融にはおまとめ専用のローン商品もあるので、利用しやすいものがないか探してみてください。

④繰上げ返済は1,000円でもいいから積極的に!

借金返済のポイントは繰上げ返済を、いかに積極的に行えるかにかかっています。

カードローンやクレジットカードの支払いは、現在残高スライド式のリボ払いが主流ですが、リボ払いの最低返済額では返済期間が長期化しやすく、利息の負担が大きくなってしまいます。

このため、1,000円でも良いので早め早めに、繰上げ返済を繰り返して1か月でも早く返済が終わるようにしましょう。

返済期間を短縮できれば利息の支払い回数を減らせるため、借金の総返済額が大きく変わります。

カードローンやクレジットカードの繰上げ返済は基本的に手数料無料なので、お金に余裕ができたらこまめに行ってください。

⑤節約できるものを実践して支出を減らす

借り換え、おまとめで借金の返済を見直したあとに、考えることは支出と収入のバランスです。

収入を増やす方法は余りありませんが、支出を減らす方法は意外と多くあります。

  • コンビニ利用を控え、休日にスーパーで少量品や飲料水をまとめ買い
  • 食事は自炊。総菜を購入する際は、タイムセールで半額の商品しか購入しない
  • 携帯電話を格安スマホに変更する。電話は通話アプリで対応する。月々の利用料が8000円⇒2000円以下となる
  • 家賃や光熱費などの固定費の支払いはクレカで行い、ポイントを貯める。suica対応のクレカもあり。還元率1%で月15万円の支払いを行えば、1500円分のポイントがたまる。
  • 車を売って、カーシェアを利用するようにする。車の年間維持費40万円近くをカットできる

特に携帯代金や交通費、水光熱費などの固定費は金額が大きく毎月支払いを行うため、一度削減できれば継続的に支出を減らせます。

他にも電気代の見直しや、保険,家賃の見直し、住宅ローンの借り換えなど支出を減らす方法は多く存在します。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

生活費が足りない時の節約方法25選【目指せマイナス月5万】

主婦の方で「収入が少なくて家計が厳しい」とお悩みの方に役立つ情報を載せています。 いますぐできる節約法 誰しも「節約しなければ」と思ってはいるものの、具体的に何をどうすればいいのかは分かりにくいも...

⑥副業や仕事を増やして収入を増やす

正社員として勤めている場合、昇給と言っても金額はたかが知れています。

そこで、継続的にある程度収入を増やすなら、副業がオススメです。

勤め先が副業禁止であった場合、「勤務先に副業がバレたらどうしよう?」と心配になりますよね。

しかし、あなたがプライベートで行っている副業が、なぜ副業が勤務先にばれうるのか気になりますよね。

幾つか原因はありますが、副業がバレる原因のひとつに住民税の天引きがあります。

副業を行っている場合、給料から天引きされる住民税が他の社員に比べて高くなります。

そこで「ん・・・!?」と発見され、副業がバレてしまうのです。

バレない方法は、確定申告の際に「特別徴収」ではなく、「普通徴収」を選択することです。これでバレない確率をぐんと下げることができます。

どうしても心配な人は、税理士に相談するのがいいでしょう。

なおグレーな方法だと、あなた以外の名義で副業を行う、というのもあります。あなたの奥さん、もしくは両親の名前を借りて副業を行うです。

給与所得の扶養控除を考えると、年間103万円の収入を超えない限り、扶養から外れることはありません。

副業で月5万円稼ぐためにオススメの方法は?

返済計画表の作り方

先ほど紹介しました返済計画表を作成するための準備が終わり、借金の内容や現状、収入の確認ができれば、あとは表にして計画を作って行くことになります。

といっても、住宅ローンや自動車ローンなどの証書貸付という融資で借金をしているという場合には必ずといっていいほど「返済予定表」が発行されています。

返済予定表は借金の内容や毎月の返済日、それぞれの返済日で残高がどのようになるのかということが記載されています。

返済計画表もこのような内容となりますので、これをそのまま作成したのであれば返済予定表と変わらず、作成する意味がなくなってしまいます。

返済計画表はある意味目標であり、借金を早く返済するためのツールでありますので主な目的は「繰上返済」の金額や時期の計画を立てるということではないはと考えます。

繰上返済とは毎月の返済額とは別に、増額して借金の返済を行うことで返済期間を短縮させる方法です。

借金の返済期間が短くなればなるほど、利息の支払い回数が減るため借金返済に必要な金額が減ることになります。

これは返済予定表が発行されないカードローンや、クレジットカードのキャッシングでも同じことが言え、繰上返済することを目標とした返済計画が最も効果的であると言えます。

証書貸付とは

早く借金を返済したい人必見!一気に返す方法のコツ教えます

それでは、返済計画表の具体的な例と、繰り上げ返済を考慮した返済計画表について確認して行きましょう。

返済計画表の例

実際に繰上返済を目標とした、返済計画表の作成例を紹介して行きます。

ここで挙げる借金の例は借入残高20万円、金利17%、返済期間1年という内容で作成して行きます。

まずはこの借金を毎月返済だけで、返済して行った場合にはこのようになります。

約定日約定返済額元金返済分利息返済分借入残高
H30.1.3018,241円15,408円2,833円184,592円
H30.3.218,241円15,626円2,615円168,966円
H30.3.3018,241円15,847円2,394円153,119円
H30.4.3018,241円16,072円2,169円137,047円
H30.5.3018,241円16,299円1,942円120,748円
H30.6.3018,241円16,530円1,711円104,218円
H30.7.3018,241円16,765円1,476円87,453円
H30.8.3018,241円17,002円1,239円70,451円
H30.9.3018,241円17,243円998円53,208円
H30.10.3018,241円17,487円754円35,721円
H30.11.3018,241円17,735円506円17,986円
H30.12.3017,986円17,731円255円0円

この借金を毎月返済だけで完済しようとした場合には、18,891円の利息を支払うことになり、完済までに支払う総額は218,891円となります。

繰上返済した場合の返済計画表

先ほどの返済計画表において、返済期間中に10,000円を3回繰上返済しようと計画したうえで作成するとこのようになります。

約定日約定返済額元金返済分利息返済分繰上返済額借入残高
H30.1.3018,241円15,408円2,833円184,592円
H30.3.218,241円15,626円2,615円168,966円
H30.3.3018,241円15,847円2,394円10,000円143,119円
H30.4.3018,241円16,213円2,028円126,906円
H30.5.3018,241円16,443円1,798円110,463円
H30.6.3018,241円16,676円1,565円10,000円83,787円
H30.7.3018,241円17,054円1,187円66,733円
H30.8.3018,241円17,296円945円49,437円
H30.9.3018,241円17,541円700円10,000円21,896円
H30.10.3018,241円17,931円310円3,966円
H30.11.303,966円3,910円56円0円

このようになり、定期的に10,000円の繰上返済をすることで返済期間が短くなり、利息の支払いも16,431円となることで完済までの総額も、216,431円となりますので2,460円負担が軽くなります。

返済計画表は実際にこのような計画表とすることが望ましく、計画を立てるうえでは現実的に可能な繰上返済額で計画する必要があります。

借金の返済計画表を作成するメリット

借金の返済計画表を作成するメリットは、借金返済の管理を細かく行えることにあります。

借金をしたのはいいものの、その借金の金利や借入残高などの内容を常に把握しておくということはなかなか難しく、複数の借入先がある場合毎月の返済日も土日などの休日が重なることできちんと覚えておくということは難しいです。

このようなことは長く借金をしているほど管理が難しくなり、あとどれくらいの借金が残っているのかということや、あとどれだけの期間を返済して行く必要があるのかということは分かりにくいです。

こういったことを解決するために「返済計画表」を作成し、それを常に見えるところに置いておくことでいつでも自分の借金の内容が一目で分かるようにしましょう。

また、返済計画表を作成することにより返済に対する意識がより強くなりますし、自分なりの目標も掲げることができます。

さらに無計画な借金をせずに済むということもメリットのひとつとなりますので、より確実に返済をして行くことができます。

借金の返済計画表を作成することによって、多くのメリットを得ることができ、借金の返済がしやすくなります。

エクセルのテンプレートを利用することで簡単に作成できる

借金の返済計画表は公的な書類ではなく、自分の借金返済に活用する表であるため、自分が分かりやすいように作成できます。

したがって、決められた形式で作成しなければならないというわけではありません。

ですので、よく売られているノートなどに自分なりの返済計画表を作成することもできますが、手書きで作成すると計算なども自分でしなければなりませんので手間がかかります。

また、手書きの場合繰上返済を行ったり、追加の借入をしたりすると、表の書換えをしなければならず、手間がさらにかかってしまいます。

もちろん手間をかけたことによってより計画通りに返済して行こうという意識は生まれますが、もっと簡単に作成したいという場合にはエクセルのテンプレートを利用することで簡単に作成ができます。

テンプレートには多くの種類があり、その中のひとつに返済計画表を作ることができるものがあります。

ですので、エクセルさえあれば無料で返済計画表を作成することもでき、計算も自動でしてくれますので簡単に作成ができます。

エクセルで借入金の返済額を計算

借金の借り換え、おまとめ

複数借金を抱えている人は、借り換え,おまとめローンを利用して低金利での返済にシフトしている人が多いです。

おまとめローンとは複数の借金を一社にまとめることで、低金利,月々の返済額を少なくできるカードローンの一種です。

返済額を少なくすることで、元本を減らすことにもつながります。

借金の借り換え、おまとめ

各社の月々の返済を、1日にまとめることができ、精神的にも楽になれます。

おまとめは低金利にすることが目的ですから、銀行や信金等金利が低いカードローンの申込をするのが普通です。

もし審査に通らない場合、消費者金融でおまとめすることになります。

また1社からの借金であっても、金利が低い銀行や信用金庫に借り換えすることもよく見られます。

借金の借り換え、おまとめ

関連記事をチェック!

キャッシング返済をまとめたい!

複数キャッシングを行っている人の多くは早晩多重債務者になってしまうことが多いです。返済困難となる前にまとめる対策しましょう。 最初のうちは軽い気持ちでキャッシングを行っていたとしても、キャッシン...

副業をしてお金を稼ぐおすすめの方法

収入を増やす方法に副業で稼ぐ方法を紹介しましたが、副業として何がお金を稼ぐために手っ取り早いでしょう。

筆者の一番のおすすめは、クラウドソーシングサイトの利用です。

収入を増やす

クラウドソーシングとはネット上で、仕事をお願いする形態のことを言います。

ウェブサイトの作成や、記事執筆などの仕事が多く存在します。

中には、特定分野の知識を持った人のインタビューをしたい、といった案件などもあります。

以前は低賃金で買いたたかれる、という話もありましたが、今では時給3000~5000円の人もざらにいます。あなたが特定分野に関して知識が豊富な場合、一度のぞいてみてはいかがでしょう。

クラウドワークス: https://crowdworks.jp

他にもお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事をチェック!

短期間でお金を稼ぐ38の方法

世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記...

返済計画表は債務整理の際に必要となることもある

借金の返済計画表はふだんの生活における管理や返済への意識などに効果がありますが、借金を返済できなくなった際の債務整理においても必要となります。

債務整理とは借金の減額や金利のカット、借金そのものをなくすことができる手続きのことを言います。

この債務整理には主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」という3つがあり、借金の自力での返済が不可能となったときには、それぞれ異なる特徴の中でどの手続きをするのかということを選ぶことになります。

任意整理を選択したときには、借入先の金融機関に対して借金の返済計画表を提出しなければならないこともありますので、きちんとした返済計画表が作成できなければなりません。

ですが、実際に債務整理をする場合には弁護士や、司法書士に相談や依頼をすることがほとんどですので、自分では作成できなくても弁護士や司法書士が作成してくれることもあります。

いずれにしても返済計画表についてあらかじめ知っておくことに損はありませんので、後ろ向きなことではありますが作れないまでも知っておくことが重要です。

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理も視野に

なお借金が年収の1/3を超えると借金の返済がきつくなります。

ここのラインを超えると、おまとめローンの審査通過も厳しくなり出します。

そういう状態な場合、先ほど紹介した債務整理を行うことも検討しましょう。

債務整理とは、借金を合法的に減らす(もしくは0にする)手段です。

債務整理をすると個人信用情報に記録されるため、5~10年の間クレジットカードが作れなかったり、ローンを組めなくなったりするというデメリットもあります。

また、自己破産に関しては自分が所有している20万円以上の財産は、全て処分されてしまうため、家族がいる人は慎重に行うかどうかを検討してください。

詳しくは以下の記事をご覧いただきたいです。

多少生活が不便になっても借金の減額を行うことができるので、一度検討してみるのもいいでしょう。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

関連記事をチェック!

金融会社の信用を失うブラックリストとは、本当にあるの?

借金を滞納するとブラックリストに載る。よく言われることですがブラックリストは存在しないことをご存知でしょうか。 そんなはずはない、カードローンやクレジットカードの審査で落ちたことあるよ。疑問な点...

借金の返済に関してよくある質問

借金の返済計画表の作成や返済のコツなどを、幾つか紹介してきましたが、借金返済に関して紹介しきれていない部分もまだまだあります。

そこで、借金の返済に関してよくある質問をQ&A形式でまとめたので、気になる内容や知りたかった内容がないか確認して行きましょう。

Q.義母は夫と私の両親に借金の保証人になってほしいと言います。保証人になるべきですか?

借金の理由によって、保証人になるかどうかを判断するようにしてください。

また、連帯保証人になると義母が万が一借金の支払いを不可能となった場合、全額夫と両親に支払いの義務が生まれます。

借金の金額は返済できる金額か、借金の内容は納得が行くものかなどを判断基準にして決めてください。

Q.夫は父と母の借金の保証人になっていますが返済は助けた方が良いですか?

借金の返済義務は配偶者にはないため、夫の返済を助けるかどうかはあなたの判断となります。

しかし、保証人となった借金が返済できない場合には、財産の差押えをされる危険性があるため、あなたの住居や車などが処分される危険性もあります。

金額にもよりますが、できる範囲の手助けをして、返済を助けることがおすすめです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/

Q.結婚前に自分名義の借金があるのですが返済額を減らす方法はありますか?

借金の返済が難しく、返済を減らす方法を探しているのであれば任意整理がおすすめです。

任意整理であれば、私生活に影響をそこまであたえずに借金を合法的に減らせるので、結婚相手や家族に借金について知られる危険性も少ないです。

Q.返済が給料だけでは難しい状況になりました仕事を変えた方が良いですか?

借金返済が苦しい状況で、仕事を転職することはおすすめできません。

基本的には転職直後に給料が増加する人は少なく、転職がうまく行かない場合には無職の期間が生まれる可能性もあるため、非常にリスクが高くなります。

副業を行う、債務整理で借金を減らすなど、別の対策を採るようにしましょう。

Q.子供にお金が必要になり今の状態では返済ができません。どうしたらいいですか?

お子様がいるのであれば、地方自治体の母子手当などを受けるのもひとつの手です。

「児童扶養手当」や「母子家庭の住宅手当」など、シングルマザーを応援する制度を、地方自治体や国が用意しているので条件を満たすものがないか調べてください。

Q.義妹から返済計画書の相談がありましたが何かいいフォーマットはないですか?

統計や財務諸表のフォーマットを紹介している「FS READING」さんのフォーマットが、数値を入力するだけで返済計画書を作成できるのでおすすめです。

https://search.yahoo.co.jp/wrs

他にも、検索エンジンで「返済計画表 テンプレート」と検索すれば無料の返済計画表がたくさん表示されるので、自分の好みにあったものを選択してください。

Q.大阪都構想が直接借金の返済に関わることはありますか?

大阪都構想が個人の借金に、直接影響をあたえることはありません。

ニュースで話題になっている借金の問題は、大阪市や大阪府が抱えている借金問題のため、個人的な借金返済に直接影響は及ぼしません。

Q.体を壊して娘に借金して負い目を感じています。どうすれば良いですか?

まずは体を万全にすることを考えてください。

あなたの体が治らなければ、娘から借りている借金の返済をすることもままなりません。

また、娘さんもあなたの体が治ってほしいと願っているからこそ、お金を貸しているわけなので、体を治したあとに借金返済の目途を立てましょう。

まとめ

馬太郎は自営業なわけですが、結構な金額の法人融資を受けております。

馬太郎名義で連帯保証あります。また、月々の返済に四苦八苦しております。

そういった意味では馬太郎も借金生活なワケですが、『借金!借金!』と精神が病むことは特にありません。理由としては

  • 支出や収入、を最優先に事業を行うことを心がけている
  • 最悪債務整理をすれば、借金地獄で精神を病むことがないと理解できている

この2点が特に大きいです。

『最悪….』がある程度予想が付くと、意外と思いっきり行動できるものです。(当初は借金を抱えることにビビっておりました。)

また適度にストレス解消を行っているため、精神的に特に負荷がかかっている、ということもありません。

まあ、借金を抱えている以上、会社の支出はもちろん、自分自身の支出もなるべく控えるようにはしていますが。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

      皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

    2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

      世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

    3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

      借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

    4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

      全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

    5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談