賢い専業主婦が実践すべきカードローンの返済方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

主婦はカードローンでお金を借りる場合返済額についてあまり関心を持っていないことが多いようです。毎月いくら返済するの?

これでは金融業者に儲けさせるだけになってしまうかもしれませんよ。賢い主婦はきちんとした返済計画を立ててカードローンを返済しましょう。

カードローンの返済額は最低額

カードローンの返済額は最低額

パート主婦でも、収入のない専業主婦でもカードローンでお金を借りれば返済しなければならないのは当然のことです。

審査に通るかどうかそれだけが心配で頭がいっぱい。

インターネットやスマホから恐る恐る申し込んでみるとなんと審査に通過。ヤッター、これでお金を借りることができる。

確かにカードローンでお金を借りるには審査に通らなければなりません。

パート主婦なら消費者金融カードローンでも銀行カードローンでも借りることができます。

一方収入のない専業主婦は銀行カードローンしか契約できないのが現状です。

手段を講じれば消費者金融で契約できないこともありませんが、なかなか契約に応じる業者は少ないですね。

いずれにしてもそれほど多くのお金を借りることはできません。

消費者金融カードローンは総量規制が適用されますので年収の1/3までです。

年収100万円程度のパート主婦が借りることのできる金額はおよそ30万円。

収入のない専業主婦も総量規制が適用されない銀行カードローンとはいえ、銀行によって多少の差はあるものの貸付金額の多い銀行でも50万円まで、平均的には30万円程度が限度となるようです。

このようにして考えてみるとパート主婦も専業主婦も30万円くらいがカードローンで利用できる限界とも言えるかもしれません。

関連記事をチェック!

363view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の返済...

カードローンの最低返済額とは?

カードローンの最低返済額とは?

さて審査に通れば与えられた利用限度額は30万円。限度額30万円の範囲内で自由にお金を借りることができます。

気になるのは毎月いくら返済すればいいのかという問題です。

業者の公式サイトを見ると毎月の返済額は30万円の借入で1万円となっています。

とりあえず10万円でいいかな、と考えるあなたは返済額を見て「毎月4,000円だって。これなら楽勝だわ」とほっとひと安心。

でもちょっと待ってください。

その返済額というのは「最低返済額」であるということをご存知でしたでしょうか?

最低返済額?何それ?

業者が最低限返済してほしいという金額のことを言います。

もっと返済してもいいけれど、どうしても無理ならこの金額だけ返済してくれればOKとなる金額のことです。

そんなことどこにも書いていないんだけど?

業者の本音から言うと返済は返済で多く行い、利用枠ができれば追加でお金を借りてもらいたい。

それによって会社の収益は向上するという計算です。

あまりしつこく「もっと返済してくれませんか?」と言って嫌われるよりはマシだと考えますよね。

関連記事をチェック!

92view

月々の返済額が少ないカードローンを比較

カードローンでお金を借りる際、返済計画が気になりますよね。 一般的に金利が低いところで借りるのが良いとされますが、それもケースバイケースです。 金利は通常、「年率」という表示がされます。 ...

主婦はローンの返済額をどう見る?

主婦はローンの返済額をどう見る?

具体例を挙げて主婦でも利用できるカードローンの最低返済額を計算してみましょう。

サンプルとして主婦に人気のあるプロミスカードローン返済額を取り上げてみます。

プロミスの返済額の決定方法は他社とちょっと変わっており、カードローン支払後の利用残高に対して返済額を決定するのではなく、前回お金を借り入れした時の残高で決定する方式です。

主婦で借金が300万円!どうやって返済すればいいの?

残高スライド元利定額返済方式とは

残高スライド元利定額返済方式とは

なんだか小難しいような返済方式ですね。返済方式の呼び方はカードローン会社によって異なりますのであまり気にしないでいいです。

まずは返済額の算出方法を見てみましょう。

◆利用残高(1,000円未満は切り上げ)
・30万円以下:利用残高x3.61%
・100万円以下:利用残高x2.53%
・100万円超:利用残高x1.99%

プロミスでのカードローン返済額は以上のように3段階に分かれます。

利用残高が100万円超、 100万円以下、30万円以下とそれぞれの利用残高に対して一定額を掛け合わせ、計算結果1,000円未満が出た場合は切り上げる、という方法です。

パート主婦も専業主婦も利用残高が30万円を超えるというのはあまりありませんので、30万円以下の返済額を10万円単位で計算してみましょう。

関連記事をチェック!

89view

カードローン返済方法の代名詞!元利定額方式とは?

カードローンの最小返済額を決定する方法はいくつもありますが、最もポピュラーな返済方法が元利定額方式という返済方法です。 「カードローンは毎月の支払いが同額」と当たり前のように考えている人も多いですが...

具体的なカードローン返済額は

具体的なカードローン返済額は

・利用残高10万円
:返済額4,000円

・利用残高20万円
:返済額8,000円

・利用残高30万円
:返済額11,000円

以上のようにカードローンの返済額は利用残高によって変わってきます。

当然ながら借入残高が多くなれば返済額も増えますので、賢い主婦なら多くても20万円程度に押さえておくのが賢明でしょう。

さすがに毎月1万円を超えるような返済額は主婦にとっては痛いですよね。

ひと口に30万円と言うのは簡単でも、一度借りてしまうと毎月1万円返済しなければならないのですから、家計を考えれば5,000円くらいにしたいですね。

毎月5,000円の返済となると借りることのできる金額は138,000円です。計算の方法は次のように行います。

・5,000円/3.61×100

3.61という数字は前項でご説明してある返済額の計算パーセンテージのことです。

カードローン借入主婦の返済期間は

カードローン借入主婦の返済期間は

プロミスには返済シミュレーションがありますのでツールを使いましょう。10万円を借りて毎月4,000円なら返済はラクだ、と考える主婦には驚きがあるかもしれません。

・10万円借入(毎月4,000円返済)
:返済期間32カ月

・20万円借入(毎月8,000円返済)
:返済期間32カ月

・30万円借入(毎月11,000円返済)
:返済期間36カ月

最低返済額で支払いを続けていると3年くらいはかかってしまうのですね。

たった10万円を借入しただけで3年間も支払い続けるのは考えものです。

お金を借りた月は確かに生活がラクになるかもしれません。

しかしその後にはつらい返済が3年も待っているのです。

家計を任せられている主婦にとってはきついことではないでしょうか。

関連記事をチェック!

205view

主婦がカードローンで50万円の借入を行う方法

以前は急にお金が必要になったときに申し込むことが多かったカードローンも、今ではもしものときのために一枚持っておこうと考える人も多くなり、申込者数は年々増加しています。 これも、銀行という信用度の高い...

賢い主婦のカードローン返済方法

賢い主婦のカードローン返済方法

業者が説明する返済額のまま支払っていたのでは、返済期間が長期になってしまいます。

賢い主婦ならどうすべきか、答えは簡単ですよ。

毎月の返済額を1,000円でもいいから多くすればいいのです。

・10万円借入
:返済額5,000円なら24カ月
:返済額6,000円なら20カ月

いかがでしょうか。10万円を借り入れし毎月4,000円支払うのと5,000円支払うのでは約1年も違いますよね。

2,000円を加算すればもっと早く借金を払うことができます。

どのみち節約しながら返済していくのですから、あと1,000円か2,000円くらい頑張って節約してみるというのが賢い主婦ならできるのではないでしょうか。

プロミスの返済シミュレーションは色々な方法がありますので役に立ちますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は賢い主婦なら実践してみたいカードローンの返済方法についてご説明をしました。

主婦がカードローンを利用する上で重要なポイントはあまりありすぎないこと、返済額が少ないからといって喜ばずに、なるべく多めに返済し早期に完済するということです。

たとえ1,000円返済額を多くしただけで約1年間も短縮できるというのは嬉しいではありませんか。

節約方法はいろいろあります。賢い主婦ならきっとできますよ。頑張ってみましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)