馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

銀行から融資を受ける際の信用保証協会とは

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

企業や個人事業主が銀行から融資を受けるときには、基本的に信用保証協会の保証付きになります。

もちろん、不動産担保融資や信用貸しなどもありますが、手軽さからいえば信用保証協会融資になります。そこで、信用保証協会について再確認の意味も含めて、まとめましたので一緒に見ていきましょう。

「プロパー融資」と「保証付融資」の違いは?

事業用の融資を大別すると、「プロパー融資」と「保証付融資」になります。そこで、このふたつの融資の違いをはじめに説明をしておきます。「プロパー融資」とは、銀行が独自の審査で融資を行うものです。

「不動産担保」「預金担保」「人的担保」「信用貸し」「工事見合い貸付」など様々な形態の貸付がありますが、いずれの融資も担保の状況と会社の財務業況を銀行の職員が確認をした上で、事業資金が貸出しされることになります。

一方の「保証付融資」とは、簡単に話をすると、信用保証協会が会社の「保証人」の代わりになってくれる融資です。「保証協会」が借金をOKしてくれれば、ほとんどのケースでお金を借りることができるでしょう。

「保証協会融資」は、3期分の決算書を提出して、お金の使い道を示す書類や、資金繰り表、返済計画書などが必要になります。

既に「保証協会」を利用していて決算書を提出している事業所は、融資を受けるまでの時間が短く済むことがあります。

また「保証協会融資」は都道府県や市町村で、様々な優遇制度が設けられています。

「プロパー融資」は銀行は企業(個人事業主を含む)が提供する担保などに基づき独自の審査を行い、「保証付融資」は「保証協会」が企業の資金円滑化のために担保となってくれる融資です。

関連記事をチェック!

銀行のプロパー融資と保証付き融資の違い

銀行から事業資金を借りようとした場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資という融資があります。 2つの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか?また、プロパー融資のメリットとデメリット...

信用保証協会とは?

信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者が資金供給をしやすくするために、できた団体です。銀行から事業用資金を受けやすくするため、信用保証協会が保証をすることで、金融の円滑化を図っているのです。

体力がない中小企業が、銀行から資金供給を受けるために、存在しているのが信用保証協会になります。

中小企業の資金調達をサポート

中小企業は大企業と違い、体力がありません。大きな資金を動かして、効率よく業務を行うことはできず、ちょっとした収支のずれ(収入、支払いの時期が違うこと)でたちまち資金困難に陥ります。

また、ひとつの事業が失敗することで、企業が傾いたりすることもありますので、銀行がプロパーで融資をする際には、厳しい審査が待ち受けています。

そこで、保証協会を利用することで、銀行からの資金調達を円滑にできるため中小零細企業にとっては有り難い制度となっています。信用保証協会が存在することで、中小零細企業の資金調達をサポートしてくれています。

47都道府県4市にある公的機関

1953年8月10日に信用保証協会法が施行され、中小零細企業が資金供給を円滑に行えるようにするため信用保証協が設立されました。中小零細企業が銀行から資金援助を受けるため、「信用保証」を通じて信用保証協会はサポートするのです。

信用保証協会が中小零細企業の保証をしてくれることで、銀行は安心して資金援助ができます。なお、信用保証協会はこのように、法律によって設立された公共機関で、47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)に存在しています。

地元の中小零細企業をしっかりとサポートをして、日本経済を支えています。

保証制度の種類

一言で保証制度といっても、幾つかの種類があります。

「普通保証」「特別小口保証」「根保証」「当座貸越(貸付専用型)根保証」「事業者カードローン当座貸越根保証」「長期経営資金保証」「経営安定関連保証(セーフティネット保証)」など、様々な種類があります。

これらは、保証をしてくれる限度額や、借入期間、保証料、金利が異なりますので、資金需要のニーズに合わせて、どの保証制度を利用するといいのか銀行に相談をすることをおすすめします。

なお、セーフティネット保証などは、公共団体で保証料や金利を補塡してくれる制度が数多くありますので、積極的に利用をするといいでしょう。

保証制度を利用するメリットは?

保証制度を利用すると、金利とは別に保証料が取られます。そのため、余計な費用を掛けたくないので、中小零細企業の社長さんのなかには、保証協会保証を嫌う人がいます。

しかし、銀行から融資を受けるには何よりも後ろ盾があるということで、スピード審査で資金調達ができます。また、そのほかにも保証制度を利用することによる、幾つかのメリットがありますので押さえておくといいでしょう。

融資枠の拡大が可能

プロパー融資は銀行にとっても、ある程度のリスクを背負うことになります。

しかし、保証協会融資の場合は、万が一のときに保証協会が借金の肩代わりをしてくれますので、融資枠を大きくして貸してくれる可能性が大きいのです。

長期借入が可能

保証協会を利用するメリットとして、運転資金などでも長期で借入が可能となります。運転資金は通常1年以内の返済にすることが多いのですが、保証協会の取り扱う商品種類によっては、1年以上の返済期間で資金調達が可能となります。

資金繰りで困ったときに、設備資金と一緒に資金調達したいときなど保証協会融資を利用するといいでしょう。

連帯保証人や担保が不要

保証協会融資のなかにも、根保証融資が存在します。しかし、一般的には連帯保証人や担保が不要なのが、保証協会融資の大きな特徴といえます。

根抵当権を設定する場合は、登記費用などが発生するため、余計な費用が掛かってしまいます。保証料を支払っても、連帯保証人や担保が不要なことはメリットとして大きいでしょう。

ただし、連帯保証人については、事業融資を貸し付ける場合はプロパー融資でも必要がないことがあります。しかし、保証協会を利用するよりも審査が厳しくなりますので注意をしてください。

デメリットも覚えておこう

保証協会融資は良いことばかりではありません。デメリットも存在します。一番のデメリットは、保証料が金利とは別に取られてしまうことです。このデメリットを嫌って、保証協会を利用することを敬遠する経営者もいます。

また、万が一返済が滞ったときに、代位弁済が発生するということです。代位弁済が発生すると、銀行に保証協会が借金の肩代わりをしてくれます。しかし、借金はなくならず保証協会に返済をしていくことになりますので、特に事業者にとっては何のメリットもありません。

ただし、この保証協会が肩代わりしてくれるという後ろ盾があって、銀行では安心してお金を貸してくれるということになりますので、一概にデメリットということではないのかもしれません。

保証付融資を受けるための流れ

保証付融資を受けるためには、ふたつの方法があります。ひとつ目は銀行に申込みをする方法です。こちらは、銀行で書類などを準備してくれますので、比較的容易に申込ができるでしょう。

そして、もうひとつが保証協会に直接申込みをする方法です。こちらは、全ての都道府県でできるわけではありません。決算書の内容に自信がある人は、保証協会に直接申込すると、銀行を通すよりも早く結果が出るでしょう。

金融機関経由で申し込む

一般的には銀行を経由して、保証協会融資に申込みをすることが多いでしょう。銀行で申込みをする良い点は、余計な書類を銀行側で作成してくれるということです。

資金繰り表や、資金計画書など決算書と、資金用とを提出することで資料の作成を銀行でしてくれるため、余計な手間が掛かりません。また、決算書で不備などがあれば、銀行でチェックをしてくれますので、事前に対策を採ることも可能です。

このようなことから、決算書の内容に自信がない中小零細企業は、銀行に相談をすることがおすすめです。

直接申込みをする

基本的には保証協会融資は、融資してほしい企業(個人事業主)が融資申込書の書類を保証協会に取りにいってそこで提出する制度です。しかし、これにはしっかりとした決算書が必要で、不備があるとその理由を保管しなければいけません。

また、必要書類(資金繰り表、資金計画書など)も自分で作成しなければいけなく、手間が掛かるでしょう。さらに、保証協会に直接申し込みをしてもいい都道府県も限りがあり、ほとんどの場合は銀行を通して申込みをするとなっています。

手間を掛けても良いので、銀行に書類を提出したくないため、直接信用保証協会に申し込みをしたい企業は、まずは直接申込可能かどうか管轄の信用保証協会に問い合わせをして確認することをおすすめします。

まとめ

保証協会融資は中小零細企業にとって銀行から資金調達をするときに、有利に進められる制度です。保証料を支払わなければいけないデメリットはありますが、資金調達ための必要コストと考えて割り切った方がいいでしょう。

また、銀行を通して申込みをすることにより、必要書類を行員が代行して作成をしてくれますので、保証協会の審査に通過しやすい書類作りのノウハウも持っていますので、安心して任せることができます。

上手に信用保証制度を利用して、コストを抑えつつ資金調達を円滑に行えるようになってください。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    1. 【大至急】明日までにお金が必要!

      理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

    2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

      どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

    3. 消費者金融会社一覧

      日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。 記事の後半では、各業者の特徴や借り方のコツも徹底解説しているので、これから審査を受ける人は必見ですよ。 大手消費者金融・・・

    4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

      借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

    5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

      早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談