アプラスオートローンで所有権解除書類を無くしてしまった場合の対処法

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

信販会社のアプラスは全国の中古自動車販売店と契約してクレジットを展開しています。

自動車屋さんに車を買いに行ったとき、自動車屋さんからローンを勧められたことはないでしょうか?

このようなローンは大抵アプラスのような信販会社のオートローンです。

信販会社のオートローンは自動車販売店だけを窓口としてお金を借りることができ、審査通過後はアプラスなどの信販会社は自動車販売店に自動車代金を支払ってくれるので、銀行にマイカーローンよりも手続きが非常に簡単です。

また、銀行のマイカーローンの審査に通過することができない人でも審査に通過できる可能性もあります。

ただし、アプラスなどの信販会社でローンを借りた場合には車の所有権がアプラスになることがあります。

完済時に所有権を自分に移すことができますが、この所有権解除の書類をなくしてしまうと手続きが少々面倒です。

アプラスのローンを完済した場合に所有権解除の方法、解除書類を無くしてしまった場合の対象法について詳しく見ていきましょう。

アプラスのオートローンを借りると所有権がアプラスになることがある

アプラスのオートローンを借りると、所有権が自分ではなく、アプラスのままになってしまうケースがあります。

アプラスだけでなく、信販会社からお金を借りるとそのようなケースがあります。

特に、車代金の半分しか毎月の支払いがない、残価設定ローンは所有権はアプラスのものです。

このように、自動車屋さんの窓口で手続きをすることができる、オートクレジットは購入する自動車の所有権が自分のものにならないことが多いのです。

所有権をアプラスのなどの信販会社のものにしておけば、もしも返済が行われない時に、アプラスは自動車を引き揚げることができますし、借主としても、返済しないと大切な自動車を取り上げられてしまうので返済に励むことになります。

アプラスの所有権を移す手続き

アプラスへローンの残金をすべて支払った時や、残価設定ローンの支払期間が終了し、残金をすべて支払った場合など車の債務がなくなった時は、アプラスが所有権を持ち続けることはありません。

支払いを終えたら、これまでアプラスのものまった自動車の所有権は自分のものになります。

ただし、この所有権移転の手続きは自分で行わなければなりません。

アプラスから自動車の所有権を移す手続きを確認してみましょう。

手続きの流れ

アプラスから自動車の所有権を移す手続きは具体的に以下のようになります。

①ローンの返済が終了するとアプラスから「オートローンのご契約終了に伴う自動車名義変更手続きについて」という書面が、自宅へ届きます。

②「オートローンのご契約終了に伴う自動車名義変更手続きについて」の書類と車検証の写しをアプラスの担当窓口へ返送。

③必要書類がアプラスへ到着した後、不備がない場合はアプラスから所有権解除に必要な書類一式が送付される

④所有権解除の手続きを自分で行う。(最寄の陸運局で、所有権解除の手続きをする)

なお、手続きが面倒などの理由で所有者名義を変更しなくても、その車を乗り続けることは可能です。

しかし、後日車を売却したり誰かに譲渡するなど、車の処分を行う時には、いずれにせよ所有権解除をしなければ処分ができません。

しかし、この際には所有権解除をすぐに行うことができません。

ローンの支払い完了後は、車両の所有者名義を「株式会社アプラス」から、自分名義へと変更する方がよいでしょう。

少々手続きは面倒ですが、ローンを支払ったら自分名義の自動車へと名義を移すことを忘れないようにして下さい。

車屋さんでの手続き

またアプラス名義の自動車を自動車屋さんに売却する際などは自動車屋さんが所有権移転の手続きを行なってくれることがあります。

このような場合には以下の書類を自動車屋さんに提出するようにして下さい。

【必要書類】

①契約者の印鑑証明1通(原本またはコピー・3ヶ月以内のもの)

②委任状(原本)
<委任状記載内容>
・「委任状」の明記・受任者(業者さま)の住所氏名
・委任する旨の文章

③車検証の写し

④返送先(名前・住所・電話番号)、もしくはご担当者の名刺(返送先が分かるもの)

いずれの方法にせよ、所有権移転の手続きはローンを支払った後に忘れないように行うようにして下さい。

ローン完済後に車が自分名義になる

ローンを完済し、所有権解除の手続きを行ったら、自動車は晴れて自分のものになります。

売却したり譲渡したり自由に自動車を処分することができます。

もちろん、残価設定ローンを利用している人は残価期間終了後に新しい残価設定ローンを組んで、所有権を移転せずに乗り換えることも可能です。

所有権解除書類をなくしてしまった場合

アプラスの所有権を解除する場合には、アプラスから郵送されるアプラスの印鑑証明書等の書類が必要になります。

この書類を無くしてしまうと所有権解除の手続きができませんし、有効期限は3ヶ月ですので書類が届いてから3ヶ月以上経過してしまうと、書類があっても所有権解除の手続きをすることもできません。

このように所有権解除の書類を無くしてしまったり、期限切れになってしまった場合にはどのようにすればよいのでしょうか?

必要書類を揃えてアプラスへ申し出れば再発行してもらえる

書類を再発行して欲しい場合には、アプラスへ連絡することで書類を再発行してもらうことができます。

この際には顛末書などを記入しなければならないようです。

印鑑証明書というのは、重要書類ですので、その書類を無くしてしまったのですから、アプラスに対して何故書類を無くしたのかなど、報告をする必要があるのです。

少々面倒ですので、できる限り書類を無くさないうちに、所有権解除の手続きは早めに行っておくようにして下さい。

所有権がアプラスのオートローンを滞納すると

前述したように、アプラスのオートローンの返済中は自動車の所有権がアプラスのものになっている場合があります。

このような時にアプラスのオートローンを滞納してしまうと、どのようなペナルティになってしまうのでしょうか?

車が取り上げられる

アプラスが所有権を持っているオートローンを一定期間滞納してしまうと、自動車をアプラスに取り上げられてしまいます。

あくまでもローン返済中の自動車はアプラスのもので、ローン返済に遅れるということは契約違反ですので、契約を破っている人にいつまでも自動車に乗らせ続けるようなことはありません。

通勤や仕事に必要不可欠な自動車であっても支払いを怠ると取り上げられてしまいます。

ただし、いきなり取り上げられたり、黙って駐車場から持っていかれたりするようなことはありません。

アプラスの返済を2〜3ヶ月滞納するとアプラスから自動車引き上げの最終勧告が届き、そこでも返済をしない場合、分割払いをすることができる権利である「期限の利益」を喪失します。

期限の利益喪失後は残金の一括払いを求められることになりますが、一括返済ができない場合には車の引き渡し同意書へ署名を求められ、車が引き上げられることになります。

交渉には応じてくれる

アプラスとしても、車を引き上げたいとは思っていません。

減価した中古車を売却してもローン残高に満たないことの方が多いですし、手間も時間もかかるので、できれば現金で払って欲しいと考えているのです。

そのため、期限の利益を喪失した後でも「毎月〇〇円ずつ支払っていくので車を引き上げないで下さい」と交渉すれば、交渉に応じてもらえることもあります。

また、弁護士を立てて任意整理を交渉すれば任意整理に応じてもらえることもあり、任意整理に応じてもらうことができれば車を乗り続けたまま、債務を免除してもらうことができる可能性があります。

残債が残っている場合は法的措置も

前述したようにアプラスのオートローンを支払わないと、車を引き上げられてしまうことになります。

しかし、車の価値がローンの残金に満たない場合には、残金は支払っていかなければなりません。

この残金の支払いができないと、法的措置が取られてしまうこともあります。

法的措置の結果、裁判所から支払いを命じられ、支払うことができない場合には財産の差し押さえとなることがあります。

財産の差し押さえは給料に対しても行われるので、アプラスのオートローンの支払いでトラブルを起こしているということが会社にバレてしまい、会社に居づらくなってしまうこともあります。

まとめ:信販会社のローンは所有権に注意

銀行のマイカーローンであれば、ローンの残高が残っていても、所有権は自分のものですので、車を売却したり譲渡したりすることが可能です。

しかし、アプラスなどの信販会社のオートローンはローン残金が残っている間は所有権がアプラスなどの信販会社のものなになってしまうことがあり、この間は車を売却したり譲渡したりすることはできません。

ローンを完済すれば、所有権解除をすることができますが、解除の手続きは自分で行う必要があります。

また、2〜3ヶ月の滞納で車を引き上げられてしまうこともあるので、返済に遅れないよう十分に注意しましょう。

 1.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 1.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談