アプラスのショッピングリボを使いこなす方法

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「結婚式やお葬式などが続いて今月はお金が厳しい」そんな経験は誰もが1度はあるものです。

そんな時に便利なのがリボ払いです。

リボ払いであれば、クレジットカード限度額の範囲内であればいくら利用したとしても毎月の支払額は一定ですので、お金がない時に大きな買い物をするときや、支出を安定させるために役立てることができます。

Tポイントが貯まることでも有名な、新生銀行グループのクレジットカード会社のアプラスカードは同じリボ払いでも支払方法が3つあり、さらに事前にリボ設定できたり、後からリボ設定できるなど、リボ払いに関する特徴がいくつもあります。

この記事では、アプラスのリボ払いの特徴と注意点についてご説明していきたいと思います。

リボ払いには手数料がかかる

リボ払いとは、クレジットカードの残高の範囲内でいくら使っても毎月一定の支払額になるという支払方法です。

つまり、商品やサービスの代金をアプラスから借りていることと同じで、商品やサービス代金を借りるのか、現金を借りるのかという違いだけで仕組みはカードローンと変わりません。

このため、リボ払いを利用すると手数料が発生します。

一括払いであれば手数料は発生しませんので、リボ払いは便利な代わりに手数料を負担しなければならないという点がデメリットです。

では、アプラスカードのリボ払い手数料はどの程度になるのでしょうか?

アプラスの手数料率は平均的

アプラスのホームページによると、アプラスカードのリボ払い手数料は年率で12.0%~18.0%と記載されています。

手数料はカードによって異なり、ゴールドカードなどステータスの高いカードの場合には手数料は12%程度の下限が設定されますが、一般カードの場合には18%が設定されることも珍しくありません。

金利18%と聞くと「高い」と考える人も多いかもしれませんが、ほとんどのクレジットカードでは手数料率は15%~18%に設定されていることが一般的です。

このため、アプラスカードの手数料は平均的と言えるでしょう。

アプラスのリボ払いの支払い方法は3つ

アプラスのリボ払いには支払方法が以下の3つあります。

  • 元利定額リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 元利定額残高スライドリボルビング方式

少し難しい言葉で、分かりにくいかもしれませんが、自分がリボ払いで毎月いくら支払っていけばよいのかを知るためには非常に重要ですので、それぞれの支払方法についてしっかりと理解しておきましょう。

なお、これらの支払方法はカードによって設定が異なるので、自分で自由に選択することができるわけではありません。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、クレジットカードの利用残高に関係なく、事前に指定した毎月一定の「お支払設定額」支払っていく方法です。

「お支払設定額」には手数料が含まれていますので、例えば「毎月20,000円」と決めたら、手数料との合計で20,000円ちょうど支払っていく方法です。

アプラスカードでは「CNプレイガイドカード」「アムウェイカード」などが元利定額リボルビング方式となっています。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式とは、クレジットカードの利用残高に関係なく、事前に指定した毎月一定の「お支払設定額」支払っていく方法ですが、元金定額リボルビング方式の場合には、毎月の「お支払設定額」には手数料が含まれていません。

例えば「毎月20,000円」と決めたら、元金20,000円と毎月の手数料の合計が毎月の支払金額となります。

アプラスでは、「新生アプラスカード」や「マンチェスターユナイテッドカード」などが元金定額リボルビング方式が適用されています。

元利定額残高スライドリボルビング方式

元利定額残高スライドリボルビング方式とは、利用残高に応じて、手数料を含んだ毎月支払金額が増減する方式です。

毎月の支払金額は「利用残高」と「支払コース」によって決定します。

そのため、利用残高が増えると支払金額が増えていきます。

カードローンは利用残高が増えれば毎月返済額が増えていくので、アプラスカードの元利定額残高スライドリボルビング方式はカードローンの返済をイメージすれば分かりやすいと思います。

アプラスでは「Tカードプラス」などが元利定額残高スライドリボルビング方式となっています。

事前登録型リボ払い「リボかえル」とは?

アプラスカードには「リボかえル」というリボ払いの方法を設定することができます。

「リボかえル」について詳しく説明していきたいと思います。

何回払いにしても自動でリボ払いになる

「リボかえル」を設定すると、クレジットカードで買い物や決済をした時に支払方法を「リボ」と指定しなくても、自動的にリボ払いになるサービスです。

お店での買い物の時に店員さんから「お支払い回数は?」聞かれた時に「リボ払いで」ということが恥ずかしいという人も多いのではないでしょうか?

「リボかえル」を設定しておけば、例え「1回払いで」と伝えたとしても、支払方法は自動的にリボ払いになるので、リボ払いと言うのが恥ずかしい人は「リボかえル」を設定しておくとよいでしょう。

個別変更型リボ払いサービス「あとから個別リボ」とは?

アプラスカードには「あとから個別リボ」という便利な機能もあります。

「あとから個別リボ」について詳しく見ていきましょう。

カード利用の後からリボ払いに変更できる

「あとから個別リボ」とは1回払いで支払った利用分をあとからリボ払いに変更することができる方法です。

アプラスカードは27日引き落としですが、お金を使いすぎてしまって「27日に支払うお金がない」という時でも「あとから個別リボ」を利用することで、1回払いでの買い物が多くても支払いを容易にしていくことができます。

WEBから毎月12日まで変更可能

「あとから個別リボ」はアプラスのWEBページであるNETstation*APLUSへのログイン画面からリボ払いへ変更することができます。

12日までにリボ払いへ変更すれば当月分の請求をリボへと変更することができますので、「やはり一括で支払いをすることが厳しい」という時には、12日まで「あとから個別リボ」へと変更しておきましょう。

リボにしたい買い物を選んで支払可能

「あとから個別リボ」は利用額ごとに支払方法を変更することができます。

例えば、別々の店で服と靴を買った場合、「靴の代金は一括で払うことができるけど、服の代金を一括で払うことは厳しい」という状況なら、服を購入した買い物だけをリボ払いへ変更することができるのです。

一括のまま払うもの、リボに切り替えて払うもの買い物ごとにあとから選ぶことができるので、アプラスカードはより精緻に毎月の支払金額をコントロールすることができるのです。

【注意】リボ払いができない支払いでは後からリボに変えることはできない

買い物によってはリボ払いができない買い物があります。

たとえば、換金性の高い金券などを購入するときにはリボ払いをすることはできません。

このような買い物をしたときには、「あとから個別リボ」でもリボ払いに切り替えることはできません。

「あとから個別リボ」でリボ払いが可能になるのはあくまでもリボ払いで支払い可能な決済だけになります。

アプラスのリボ払いの注意点

最後にアプラスカードでリボ払いを利用する際の注意点について解説していきます。

リボ専用カード・最初から「リボかえル」になっているカードに注意

アプラスカードの中にはリボ専用カードというカードがあり、このカードの場合にはすべての買い物をリボ払いでしか支払うことができません。

繰上返済を選択しない限りはカードの利用によって必ず手数料が発生してしまうので注意しましょう。

また、アプラスカードの中には「Tカード プラス」のように最初からリボ設定になっているものもあります。

このようなカードを契約した場合には、自分でリボの設定を変更しなければ、どんな買い物でもリボ払いの高い手数料を負担していかなければなりません。

自分のカードの支払方法の設定がどのようになっているのかの確認はしっかりと行うようにしましょう。

リボ払いの利用は計画的に

リボ払いは、どれだけ利用しても毎月の支払金額が一定ですので、確かに便利です。

しかし、いくら支払額が一定だからといって無計画に利用することは厳禁です。

リボ払いはいくら使っても支払金額が一定ですので、リボ払いは金銭感覚が麻痺してしまうことが少なくありません。

そしていつかクレジットカードが限度額に達した時には毎月の支払いだけが残ることになります。

その時にこれまでと同じ生活水準を維持しようと思い、新しいクレジットカードに手を出し、リボ払いを使用するということを繰り返すと、いつかリボ払いの毎月の支払いができなくなってしまいます。

これがカード破産の典型的なパターンですので、「リボ=いくら利用してもよい」とは考えず「リボ=借金」という認識のもと、くれぐれも計画的に利用するようにしてください。

まとめ

アプラスカードのリボ払いは事前にリボ払いの設定をすることもできますし、買い物のあとから設定することも可能です。

支払金額をコントロールすることができるので、家計を回していくことに役立ちますが、便利だからといって使いすぎてしまうと金銭感覚が麻痺してカード地獄になってしまうこともあります。

リボ払いのメリットを上手に活用して、くれぐれもクレジットカードは計画的に利用するようにしてください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談