キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

収入証明不要でキャッシング【審査甘いカードローン】

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

収入証明不要でカードローン申込みやキャッシングできる条件をご存知でしょうか。お金を借りるなら知っておきたいです。

急いでお金を借りたいというときに運転免許証だけでキャッシングできるには一定の条件があります。しまった、とならないよう注意したいですね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

収入証明不要でキャッシング申込

収入証明不要でキャッシング申込

カードローンの申込み条件を金融機関のサイトで見ると、必要な書類として本人確認することができる書類があればいいとなっています。例えば次のようなものですね。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

他にもマイナンバーカードを本人確認できる書類として認めている金融機関もあります。また健康保険証しかないというときには、追加書類を求められることもあります。

いずれにせよ運転免許証があれば本人確認ができる。そうすれば収入証明は不要だ、と勝手に思い込んでいるのはちょっと危険ですね。

確かにカードローンに申し込む場合は、最低限本人確認ができる運転免許証などの書類が必要です。銀行カードローンや消費者金融カードローンでも、金融機関にかかわらずどうしても必要な書類です。

基本的に本人確認が出来なければ、カードローン申し込みやキャッシングをすることできません。しかし条件によっては本人確認書類だけではなく、収入証明書や所得を証明できる書類を提出しなければならない場合があります。

収入証明不要でカードローンの申し込みやキャッシングができる条件は範囲が狭く、意外に収入証明書を提出しなければならないケースが多いのです。

関連記事をチェック!

免許証だけで即日融資でお金を借りられるカードローン

お金を借り入れする際には、多くの書類が必要だと思うのは無理もありません。 しかし、急な出費ですぐにでもお金を借りたい場合、書類を用意するために時間を費やすわけにはいきません。 では、カード...

収入証明書不要でカードローン申込

収入証明書不要でカードローン申込

収入証明書の提出を求められるのは、一定の条件を満たさない場合に限定されますが、他にも金融機関側で提出を求めることもあります。

他社カードローン契約やクレジットカードのキャッシングをしていなければ、原則本人確認書類として運転免許証などがあれば十分です。

ですから収入証明不要でもキャッシングすることはできないことではありません。そのため大手消費者金融業者のサイトには、「運転免許証があれば収入証明不要」と書いてあることが多いのです。

ところで収入証明書とは

収入証明書(所得証明書)とはあなたに収入があることを証明する書類のことを言います。

カードローンの申し込みのときに記入する借入申込書に「年収額(税込)」という項目がありますね。

あなたはどうしてもカードローンでキャッシングしたい、との希望が強いため時には年収額を多めに書いてしまうこともあるでしょう。

しかし金融機関はその数字をそのまま鵜呑みにするわけにはいきません。キャッシングをしたら最後まで返済してもらわないと経営が成り立ちません。ちょっと疑わしいとなれば収入証明書を求められますよ。

そのため金融業者の判断によっては収入証明書を提出しなければならないこともあるのです。

収入証明書とは主に以下の書類のことを言います。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 納税通知書
  • 確定申告書

確定申告書は個人事業主の所得を証明する書類ですが、その他の証明書についてはサラリーマンでも取得が可能です。もちろん所得証明書や納税通知書は、個人事業主でも取得することができます。

・源泉徴収票はどこで取得するの?

以上のような疑問を持つ人も多いでしょう。ご説明します。

サラリーマンなら年末調整の時期か、その翌月に給与明細書と一緒に会社から手渡されると思います。もうどこに行ったのか分からない、となっても市区町村で取得することも可能ですので心配はいりませんよ。

カードローンを申し込む業者によって必要となる証明書が限定されることもありますが、源泉徴収票ならどこの金融機関でも通用する書類としてメジャーですね。

即日融資で収入証明不要とするには

即日融資で収入証明不要とするには

大手消費者金融業者は即日融資をできるだけ可能とし、利用者の利便性を高めるように体制を整えています。

申し込み方法もインターネットから申し込み、無人契約機で申し込みすることで、申し込む時間帯さえ気をつければ、その日のうちにお金をキャッシングすることができます。

ところが収入証明書が必要となったのでは即日融資のカードローン契約をすることが難しくなりますね。

大手消費者金融業者のサイトには以下のような但し書きが書いてあります。

・審査の内容によっては即日融資ができない場合があります。

実はここに収入証明不要でキャッシングできるかどうかのヒントがあったのです。てっきり信用情報の内容が悪く、そのため即日融資ができないのだ、と思っていた人も多かったでしょう。

でもよく考えてみれば信用情報の内容が悪ければ即日融資ができないばかりではなく、カードローンの契約自体ができませんね。

即日融資ができない場合があるというのは、収入証明不要でカードローン申し込みやキャッシングをすることができない、という意味にもなっているのです。

収入証明不要でカードローン申し込みができるパターン

収入証明書不要でカードローンに申し込み、即日キャッシングできる条件は、貸金業法という法律で定められており、消費者金融業者やクレジットカード会社のキャッシングは全て貸金業法によって運営内容が決められています。

そのためA社は収入証明が必要、B社では収入証明が不要という具合に業者によって違いは出てきません。条件を満たしていなければどこに申し込んでも収入証明書は必要となります。

よって、どこか収入証明書は不要なところはないか、と探すことは無意味となります。

収入証明書不要で契約できるパターンをご紹介します。

  • 借入希望金額が50万円以下
  • 他社借入金額との合算額が100万円以下

以上2つの条件を両方満たしていなければ収入証明書が必要となってきます。とくに気を付けたいのは他社借入金額との合算額です。合算する借入額は現在の利用残高ではなく、利用限度額であることに注意しましょう。

例えば他社のカードローン利用残高が20万円だとしても、利用限度額が50万円になっていれば、その50万円を今回キャッシングする希望額と合算します。

銀行カードローンは収入証明不要となることが多い

銀行貸付は貸金業法が適用されないため、借入金額が50万円を上回ったとしても収入証明書を不要とする銀行が多いです。

いくらまでなら収入証明が不要となるのかは銀行によって基準が異なってきます。

キャッシングの金額が300万円までなら収入証明不要とする銀行もあれば、100万円まで収入証明不要とする銀行もあります。

もちろんあなたの審査内容によって、収入証明が不要となる金額が下がることもあります。既存借入額と年収のバランスが悪いようなときは、現在の収入がいくらになっているのか調査しなければなりません。

そのため収入証明書の提出を別途求められることになります。

関連記事をチェック!

総量規制対象外の銀行カードローン、自主規制で借りれない!?

カードローンなどの借入額の限度は年収の3分の1までという総量規制の決まりについては、今は多くの人が理解しています。 銀行カードローンは総量規制対象外ですが、今は多くの銀行で年収の3分の1を超える...

収入証明書必要なカードローン契約

収入証明書必要なカードローン契約

次のような場合は法律により収入証明書の提出を求められます。

  • 借入希望金額が50万円超
  • 他社借入金額との合算額が100万円超

最初からキャッシングしたい希望額が50万円を超えていると、収入証明書を提出しなければなりません。また今回借り入れする金額と、他社借入額との合算額が100万円を超えしまうと収入証明書が必要となります。

この場合の他社借入額は前項でご説明したように現在の利用残高ではなく、カードローンの利用限度額であることに注意しましょう。

たとえ借入申込書に他社借入額を少なく書いたとしても、信用情報機関に照会することで分かってしまうことです。過少申告しても無駄な上に、虚偽申告として判断されると審査に悪い影響を与えてしまうことになりますね。

おまとめローンは収入証明書が必要

おまとめローンは収入証明書が必要

消費者金融業者でおまとめローンを契約する場合は、そもそも収入証明書が必要となります。

複数ある借金をおまとめすることによって金額が多くなってしまうために必要となることもありますが、おまとめローンは長期返済となってしまうことが多いため、確実に完済できるかどうか判断する参考資料となります。

銀行でおまとめをする場合は、銀行カードローンを利用しておまとめするケースが多いですね。銀行カードローンで収入証明が必要とするのは銀行によって基準があり、A銀行は100万円まで、B銀行は300万円まで収入証明不要と基準を決めていることがあります。

銀行カードローンに申し込む場合は公式サイトをよく見て、いくらまでなら収入証明が不要なのか確認しておきましょう。

専業主婦は収入証明書不要

専業主婦は収入証明書不要

収入のない専業主婦は消費者金融業者でキャッシングをすることが難しいです。

配偶者貸付を利用することでカードローンに申し込みすることはできますが、大手消費者金融業者を中心に、貸付対象者として専業主婦を外していることが一般的です。

しかし銀行カードローンは専業主婦も申し込めるカードローンとして徐々に浸透しつつありますね。収入のない専業主婦も利用限度額は低めに設定されるとしても、キャッシングできるというのは急にお金が必要になったときには助かるものです。

その場合収入のない専業主婦は収入証明書を提出する必要はありません。そもそも収入がないのですから当然のことですね。

関連記事をチェック!

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

総量規制ができてから、専業主婦はお金を借りにくくなりました。 しかし、配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることを知っているでしょうか。 配偶者貸...

収入証明なし・審査の甘い消費者金融

収入証明なし・審査の甘い消費者金融

収入証明を提出しなければならない条件がわかったところで、キャッシングするのに審査に通りやすい、審査に甘い業者はどこかと言うとそれは消費者金融です。

なぜなら消費者金融の貸付対象者はサラリーマン以外でも契約社員や派遣社員、パート従業員やアルバイト従業員でも申し込みができるくらいに審査が甘いのです。

銀行カードローンはどちらかと言うと正社員のサラリーマンを貸付対象者に見ているのに対して、消費者金融は貸付対象者を広くとっています。

パート主婦やフリーターでも継続安定した収入があれば年収の大小に関係ありません。最低年収として60万円以上あれば審査に落ちることはないでしょう。

もちろん年齢条件や信用情報に登録されている個人信用情報に問題があれば審査に通ることはありませんが、そうでなければ誰でも借りれるのが消費者金融です。

初めてキャッシングするならアコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAに申し込むのが順当です。

そのなかでも審査透過率の高いアコムが初めて借りるならおすすめですね。

およそ2人に1人が審査に通過していますので、よほどのことがない限り審査に落ちることはありません。

ただし他社借入があって2社目の借入先としてアコムを選ぶ場合は、借入合計金額が100万円を超えそうだなと思ったら事前に収入証明書類を用意しておきましょう。

勤務先によっては源泉徴収票の再発行や給与明細書の再発行に応じていない会社もありますので、その場合は役場から所得証明を取得しておけば手続きがスムーズに行えます。

関連記事をチェック!

大手消費者金融の成約率

カードローンの利用を検討する時に最も気になることは、「審査に通過できるかどうか」ということではないでしょうか。 そんな場合は消費者金融で公開している「審査通過率」をチェックすると、参考になる場合...

おすすめのカードローン

アコムは無人契約機で即日借入可能

アコムは消費者金融なので、希望限度額が50万円を超える場合には収入証明書を提出しなければなりません。

とはいえ、カードローンで50万円を超える借り入れをしようという人はあまり多くないでしょうから、それほど影響もないかと思います。

アコムは無人契約機によって22:00まで契約を行うことができますので、収入証明書を用意できないほど急いでいる場合にも即日借入が可能です。

金利対象年齢極度額
3.0%~18.0%満20歳~満69歳800万円
プロミスのWEB完結はカード発行なしも可能

プロミスもアコムと同様、原則的に収入証明書不要で利用できるのは50万円までです。

無人契約機によるカード発行を行わず、WEB完結申込という方法によって手続きをインターネット上だけで行い、カードを発行せずに利用することもできます。

ローンカードの発行をしたくない人にはプロミスをおすすめします。

金利対象年齢極度額
4.5%~17.8%満20歳~満69歳500万円
収入証明書で電話連絡を無しにできることもある

収入証明書が必要ない金額でも、収入証明書を提出することによるメリットがあります。

1つは会社への電話連絡を無しにしてくれる場合があるということです。

本来は 審査中に勤務先へ電話で、申込者が本当に働いているのかどうかを確認しますが、周りにカードローンの利用を知られたくない人にとっては出来ればやめてほしいでしょう。

収入証明書や源泉徴収票など、会社が発行している収入証明書には勤務先の名前が記載されているため、提出すれば電話連絡が無しになることもあるのです。

もちろん、提出すれば必ず電話連絡なしになるというわけではなく、審査次第ですが、会社への電話連絡が嫌な人は申込時に相談してみてください。

また、本来必要なくても提出すれば収入を証明することができるため、信用度が上がり審査に有利になるかもしれません。

特に源泉徴収票は1年間の収入が全て記載されているので、所得証明書よりも効果的です。

少なくとも年収を虚偽申告していない限り収入証明書の提出が審査で不利になることはないでしょう。

収入証明書が無くても年収は大体わかる

収入証明書不要額だからと年収を虚偽申告するのはやめておきましょう。

不要額内であっても審査次第では収入証明書の提出を求められることがあります。

そうなれば虚偽申告がバレてしまい、多少なら誤差として認識されるかと思いますが、大きく違えば印象が悪く審査に落とされてしまいます。

金融機関は他の情報から申込者のおおよその年収を推測することができるため、嘘をつけば収入証明書の提出を求められることになるでしょう。

収入証明書不要額で審査難易度を判断

また、銀行カードローンはそれぞれ収入証明書不要額が異なりますが、この値を審査難易度の参考にすることもできます。

一般的には原則収入証明書不要額を高くしているカードローンの方が、必要な書類を少なくすることで申込をしやすくし、利用者を増やそうとしているということです。

さらに、収入を多めに申告する人が増えるにもかかわらず不要額を高くしているなど、審査が柔軟であると考えられます。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査難易度はココを見よ【融資担当者直伝】

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回のテーマはカードローン審査難易度です。 審査の難易度なんて電話で聞いても、「総合的に判断する」としか教えてもらえませんので、実際に申込まないと分...

初めてキャッシングは収入証明必要なし

初めてキャッシングは収入証明必要なし

銀行カードローンや消費者金融でキャッシングする場合に、今回初めて借りるというケースならほとんどの場合収入証明は必要ありません。

なぜなら銀行カードローンも消費者金融も、初めて借入申し込みする人に与える利用限度額は年収の10%を基準としているからです。

収入証明が必要となるひとつの条件に借入希望金額が50万円を超える場合とありましたよね。

初回利用限度額が年収の10%を基準にしていることを考えると、50万円を超える利用限度額を与えられるのは年収が少なくても500万円超でなければなりません。

場合によっては年収600万円を超えなければ最初から利用限度額が50万円を超えることはほとんどないと言ってよいでしょう。

サラリーマンの平均年収が450万円と言われていることからも、収入証明が必要となる借入希望金額50万円超となるのはまずないことです。

まして非正規雇用者が多い社会において、年収は300万円から400万円であることを考えてみても利用限度額は30万円くらいに落ち着くはずです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。収入証明不要でカードローン申し込みやキャッシングできる条件は銀行カードローンに申し込むのか、消費者金融カードローンを申し込むのかで変わってきます。もう一度ここで確認しておきましょう。

◆消費者金融業者に申し込む場合

  • 借入希望金額が50万円以下
  • 他社借入金額との合算額が100万円以下

◆銀行に申し込む場合(銀行によって異なる)

・借入希望金額が100万円から300万円以下

以上が収入証明不要で申し込むことができる基本となる条件です。

ただしここで気をつけておきたいのは審査の結果、返済能力に疑問を持たれてしまうと申し込む金額にかかわらず、収入証明の提出をしなければならない場合があることです。

初めてカードローンでキャッシングするからといって、借入申込書に年収額を水増しするような虚偽申請はしないようにしましょう。万が一収入証明の提出を求められてしまうとバレてしまいますよね。

審査に悪影響を与えるばかりで何の得にもなりません。せっかく申し込んだカードローン審査に落ちてしまうのは避けたいものです。

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。 しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 ...

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)