おまとめローンで複数ローンをまとめて完済する

おまとめローンは複数借金を抱えている人にとって魅力的な商品に見えます。複数借金を一本化すれば借金を完済できる。

しかし正しく内容理解しないとおまとめローンを契約したのに借金が増えてしまうことも出てきます。おまとめローンの内容をご説明します。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

審査に通る!人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.0%~18.0%
最短即日
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

おまとめローンで借金をまとめる

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

おまとめローンとは複数ある借金(ローン)をひとつにまとめることを言います。イメージ的には次のような感じです。

・A社から借金50万円
・B社から借金30万円
・C社から借金60万円

・D社から140万円借りてA、B、C社へ返済

以上のように複数ある借金額を1社から借り入れし、他社へ返済するというものです。

このように新たに他社から借り入れして返済する方法もあれば、A社の借入限度額を140万円にしてB、C社へ返済するという方法もおまとめローンと言えるでしょう。

複数借金を抱えている人にとっては非常に魅力的な「おまとめ」です。返済先が1社になれば月に複数回ある返済日を1回にすることができます。借金を管理しやすくなるという面がおまとめローンの特徴です。

関連記事をチェック!

複数あるキャッシング返済をまとめる!おまとめローンとは

複数キャッシングを行っている人の多くは早晩多重債務者になってしまうことが多いです。返済困難となる前に対策しましょう。 最初のうちは軽い気持ちでキャッシングを行っていたとしても、キャッシング契約数...

複数ローンをまとめて完済を目指す

iphone-624709_640

おまとめローンは単に複数ある借金をひとつにまとめるというだけではありません。借金をまとめることで、返済がしやすくなるということも大きな特徴です。

多重債務に陥ってしまうと、それぞれ複数借入先に返済しなければなりません。どうしてもお金が間に合わないとなればA社から借入しB社へ返済する「借りて返す」最悪のパターンを取らざるを得ないこともしなければなりません。

複数借り入れ先に対して「回転返済」のようなことをしていては、いつまでたっても借入残高を減らすことができません。もしどこかで借り入れができないとなると回転させることができなくなります。

新たに借入先を見つけようとしても、審査に通らないということもよくあることです。信用情報を照会すれば、借入残高が当初から減っていないことがバレてしまうからです。

その解決策として有効とされるのがおまとめローンです。複数ローンを一本にまとめてしまい借金の完済を目指すことができるのが最大の魅力です。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

総量規制とおまとめローンの関係

coin-1549051_640

総量規制が導入されたのは、貸金業法が改正された2010年6月のことです。法改正以前は年収の1/3までを借入上限に定めた総量規制はありませんでした。

しかし法改正と同時に導入されたため、それまで年収の1/3を超えた複数借入を行っている人たちは、新しく借り入れすることはできなくなり、場合によって返済不能に陥ってしまう可能性があります。

そこで導入されたのがおまとめローンです。おまとめローンは総量規制の例外貸付として存在します。つまり年収の1/3を超えた借入額でもおまとめローンを契約することができ、できるだけ返済不能とならないように返済及び完済できるようにした商品と言えるでしょう。

関連記事をチェック!

総量規制とは

執筆者の情報 名前:梅星 飛雄馬(仮名) 年齢:55歳 性別:男性 職歴:地域密着の街金を30年近く経営 貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知で...

関連記事をチェック!

おまとめローンは総量規制対象外!おすすめ金融機関

手軽に借りることができるカードローンに甘え、ついつい複数の金融機関で借りてしまって返済に困った時、助けになるのが「おまとめローン」です。 おまとめローンとは何か、審査は厳しいのか、おまとめローン...

おまとめローンは大きく2種類

opportunity-2105406_640

複数ある借金をおまとめできるおまとめローン商品を扱っているのは、大きく分けると銀行と消費者金融業者になります。

それぞれ複数ある借金のおまとめの仕方や、商品の取り扱い方法に特徴があり、どのような違いがあるのかご説明していきたいと思います。

銀行カードローンでまとめて完済

money-256314_640

銀行で複数ある借金をおまとめする方法として、とくにおまとめローンという商品を用意しているところはそれほど多くありません。目的別ローンの中にフリーローンがありますね。

フリーローンをおまとめローンに利用することも可能ですが、フリーローンは貸付金利年6%前後であることが多く、銀行はそれほど積極的ではないようです。

銀行でおまとめローンをする方法は主に、銀行カードローンを利用して借入を行い、その借入で他社へ返済する方法となります。

銀行おまとめは審査が厳しい

銀行で複数ある借金をおまとめするとき注意したいのは、審査が厳しいという点です。

複数借金を抱えている人は多重債務者であることが多く、場合によっては不良債権化している可能性も少なくありません。

おまとめローンをカードローンで行うには、最初から100万円から200万円、場合によっては300万円程度の融資を行わなければなりません。

通常のカードローンなら審査の内容にもよりますが、新規申し込みなら50万円程度の利用限度額となることが一般的となっています。利用状況に応じて利用限度額を段階的にして上げる方法を取ります。

しかしおまとめローンは新規申し込みで100万円以上となることが多いことから、通常のカードローンの審査よりももっと厳密にする必要があるのです。

申し込みできる条件も、最低年収条件を設けている銀行や、雇用形態がパートやアルバイト収入では不可としているところが多くなっています。

関連記事をチェック!

決定版!おまとめローンの審査に通らない原因はコレだ!

どうしておまとめローンの審査に落ちるのか。原因がわからなければ何度申し込んでもダメです。しっかりご説明しますね。 おまとめローンは借金を完済する方法としてアナタにとって有利な商品のはず。それなら...

関連記事をチェック!

銀行系おまとめローンの審査は甘いの?

複数の借金を一本化にする方法として銀行系のおまとめローンの人気が高くなっています。金利が比較的安いことが理由です。 しかしおまとめローンを利用するには審査に通らなければなりません。銀行系おまとめ...

審査が気になるなら消費者金融で

PAK74_ookawagomennasai1209_TP_V (1)

おまとめローンは総量規制によって、返済が難しくなってしまった人を救済することが目的となっています。

また複数借り入れしている人は消費者金融業者から借入していることが多く、前項でご説明してあるように多重債務者を救済する目的があります。そこで消費者金融業者でおまとめローンを組むことが例外的に認められています。

消費者金融業者のおまとめローンの申込条件は銀行よりはハードルが低くなっています。大手の消費者金融業者では、次のような条件でおまとめローンを申し込むことが可能です。

  • 最大借入額300万円
  • 返済期間は10年または14年弱
  • パートやアルバイト収入の人でも可能

裏を返せば銀行のようにそれほど審査が厳しくないとも言えそうです。もし信用情報に少々不安を感じているなら、消費者金融業者で申し込むことも悪い選択ではありません。

消費者金融商品でまとめて完済

OZP68_namennayo_TP_V

消費者金融業者のおまとめローンは、銀行のようにカードローンでおまとめすることはありません。おまとめ専用商品でおまとめローンを組むのが一般的です。

契約方法はカードローン契約ではなく証書貸付、いわゆる借用書を書く方法でおまとめローン契約をします。申し込みは店頭や郵送、自動契約機でも行うことができます。

少しでも返済額を少なくし、借金を完済したいと思うのなら多少面倒でも電話で申し込み、契約書類を郵送で取り交わすことをおススメします。

関連記事をチェック!

借金一本化の審査基準とは【まとめる人必見】

おまとめローンや借金一本化の審査基準って分かりにくいですよね。金融業者の公式サイトを見ても詳しいことは書いてありません。 ネットで検索しても果たしてそれが真実なのかどうか信憑性に欠けます。もっと...

おまとめローンのメリット

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

おまとめローンのメリットには何があるのか、簡潔にご紹介します。ただし審査の内容やおまとめする金額によっては多少違いが出てくることがあります。

・金利が安くなる

おまとめローンのメリットは借入金額が多くなることから、従来の借入金利を低くする効果が期待できます。銀行でまとめるか、消費者金融業者でまとめるか、によって多少の差は出てきます。

できるだけ金利を低くしたいと言うなら、銀行でおまとめするようにしましょう。しかし消費者金融業者でおまとめローンを契約したとしても、複数ある借金をおまとめしたら100万円を超えてしまうなら法律により金利年15.0%となります。

今まで借りていたカードローンの金利が年18.0%なら、あきらかに金利が下がったと言えますね。

・借金を管理しやすくなる

おまとめローンで借金の管理をしやすくなるというのは、複数借り入れしていれば返済日が月に数回になることが予想できます。しかし借金をおまとめすれば1社での契約のため、返済日は月に1回で済みますね。

その結果返済日をうっかり忘れるという心配も少なくなり、給料日に合わせて返済することで借金完済を目指すことが十分可能となるわけです。

おまとめローンのデメリット

PAK86_odorokinohyoujyou20141221135558_TP_V

これほどおまとめローンのメリットがあったとしても、利用の方法によってはおまとめローンのデメリットが顔を出すことになることもあります。

おまとめローンのデメリットの部分をしっかり理解しておかないと、借金を完済することは難しくなってしまうでしょう。

おまとめローンのデメリットとは一体何なのでしょうか。

低金利になるとは限らない

おまとめローンは複数ある借金をまとめることから金額が大きくなり、金利が下がることが十分期待でききるのです。

銀行カードローンの標準的な金利は次のようになっています。

  • 100万円/金利年14%前後
  • 200万円/金利年12%前後

しかし銀行で借金をおまとめした場合に、銀行カードローンの金利がそのまま適用されるという保証はありません。場合によっては、法定利息である年15.0%近くで設定されてしまう可能性が高いのです。

その理由としては、やはり多重債務状態になっているということと、既存借入額が順調に減っていないことが多いことです。リスクが高ければ、金利を高く設定しないとおまとめローンのリスク管理が出来ません。

金利はおまとめする借金の健全性、申し込む人の信用情報によって決まってしまいます。同じおまとめローン額でも、人によって設定される金利が違うということがあるのです。

審査通らないリスク

おまとめローンのデメリットとしてそもそもおまとめローンの審査に通らないと言うリスクがあることです。

既にご説明してあるように銀行カードローンを使って借金をまとめするなら、申込条件が限られてしまい、条件に沿わなければ信用情報の審査にかけられる以前に落ちてしまいます。

消費者金融業者でおまとめする場合でも、申し込めば誰でもおまとめローンの審査に通ると限りません。申込条件は銀行に比べれば緩やかになっているというだけで、審査が甘いということはありません。

おまとめする前の既存借入に返済の遅れや、滞納があれば審査に通ることは難しくなってしまうでしょう。

関連記事をチェック!

おまとめローンのデメリットについて考えたことある?

おまとめローンにはデメリットがある? 借金の完済を目指すおまとめローンはメリットばかりではありません。 ご説明します。 借入金額が大きくなりやすいおまとめローンを選択するには、きちん...

関連記事をチェック!

おまとめローンの返済で注意したいこと

おまとめローンは多重債務者の救世主であるかのように扱われますが、ローンの返済で注意したいことがたくさんあります。 場合によってはおまとめローンでなくて債務整理の方が良かったという人も少なくありま...

おまとめローンは返済総額が増える

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_s

おまとめローンの金利が低くなり、毎月の返済額が少なくなれば借金の完済を目指すことが現実的なものとなって見えてきます。

しかしここで知っておきたいこととしてあえて上げるならば、毎月の返済額が少なくなるということは、返済期間が長くなってしまうことも意味していることです。

返済期間が長くなってしまえば、当然ながら総支払金額が増えてしまうことになってしまいます。

わかりやすくご説明すれば、10万円を借りて1年で返済するのと2年で返済するのでは、毎月の返済金額は少なくなったとしても、利息を2年間支払い続けるのですから、返済総額は増えてしまいますね。

返済期間が10年やそれ以上となると、おまとめした借金額の2倍前後になってしまうこともあらかじめ知っておく必要があるでしょう。

おまとめローンで借金問題解決?

agree-1728448_640

おまとめローンの審査に通ってしまうとなぜかしら嬉しくなってしまい、まるで「これで借金問題は解決したようなものだ」と感じてしまう人が多いです。

毎月の返済額が少なくなり借金の完済を目指すことができることが、借金問題解決とつながってしまうからでしょう。

しかしおまとめローンの審査に通ればこれから長期にわたって返済をしなければなりません。おまとめローンの審査に通ったのは、単に新規返済のスタートラインに立ったに過ぎません。

まして借金をおまとめしたからといって、借金額が減ることはありません。複数ある借入れをまとめも総借金額はなんら変わりがないのです。

関連記事をチェック!

借金返済が苦しい!おまとめローンで金利を抑えよう

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月の返済金額が多くなる傾向にあります。 そのような時におまとめローンを利用すれば、毎月の返済額が少なくなる場合もありますし、何よりも1本あたりの借入額の...

追加借入してしまう

消費者金融業者でおまとめ専用ローンを契約すれば、借金を完済するまで追加で融資を受けることができません。

しかし銀行カードローンでおまとめした場合は、状況がおまとめ専用ローンとは変わります。借金をおまとめするのがカードローンのため、利用限度額が設定されます。

利用限度額が設定されるということは、借金の完済を目指しているのに途中で急な出費が必要となった場合、利用限度額内で借入してしまうと当初目指していた借金の完済はいつのまにか消えてしまいます。

関連記事をチェック!

カードローンで追加借入する方法。借金の追加融資

急にお金が必要になったときに便利なのが、申し込めばその日のうちに借入することも可能なカードローンです。いざというときに便利なカードローンを利用したことがある人も多いのではないでしょうか。 また、...

関連記事をチェック!

おまとめローン後に他社借入をすることは可能?

おまとめローンすると他社借入できない? おまとめローンを利用すると、もう他社借り入れすることができないらしい。そんな話をよく聞きます。 でもどうして借金を一本化すると他社借入が難しくなってしま...

長期間のローン返済に耐えられない

おまとめローンの返済期間はおまとめする借金額によっては、かなり長期となることが予想できます。消費者金融業者では最長で14年近く返済していかなければなりません。

今まで利用していたカードローンのように、利用残高によって返済額が少なくなるということは全く期待できません。

契約書通りに毎月同じ額を長年にわたって返済していくというのは、精神的に圧迫感を感じてしまうことも出てくるでしょう。

住宅ローンを返済している人と同じではないか、と考えることもできますが、住宅ローンの場合は家を購入したことにより返済しているため、返済するモチベーションが落ちることは少ないです。

おまとめローンはいくら返済しても現物を手に入れるということができません。借金を返済していくだけですから、「借金額が減る」という数字以外に目標を見いだすことができません。

貯金のようにお金が貯まっていくなら嬉しさもあるでしょうが、借金を減らすためだけに返済していくというのは結構辛いものです。

おまとめローンと債務整理

a0002_003051

もしおまとめローンの審査に落ちてしまった、または長期間にわたって返済していくことは家計状況が許さないと言うなら、債務整理によって借金額を減らすということも考えておく必要があるでしょう。

  • 予想した以上に金利が下がらない
  • 毎月の返済額を用意できない
  • 長期間返済する自信がない

以上のようなおまとめローンのメリットを感じることができないなら、最初から債務整理したほうが良い場合もあります。債務整理によって借金を軽減することや、その後の利息をカットすることも期待できます。

ちょっとでもおまとめローンに対して不安を感じているなら、借金問題に詳しい法律の専門家に相談してみるのも良い方法です。

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...

関連記事をチェック!

法律事務所で決死の任意整理

執筆者の情報 名前:ナカ馬 ゆうき(仮名) 年齢:32歳 利用した貸金業者数:7社(内闇金2社) 任意整理を決意した時 当時、消費者金融から多くの借入がありました。5...

まとめ

computer-1275680_640

いかがでしたでしょうか。今回はおまとめローンについて内容と、心構え、メリットやデメリットについて簡潔にご説明させていただきました。

おまとめローンを組む人は金利が下がる、下がらないに関わらず、まとめる借金額によっては長期間返済していかなければならないということを自覚する必要があります。

おまとめローンに対して不安を感じているなら、まずは借金を完済する方法にどのような方法があるのか、法律の専門家からアドバイスを受けるようにしたいですね。

金利負担を軽減!審査に通る借り換えカードローン

借り換えを行う場合、資金用途を「借り換え」と申告する必要があります。利用目的に借り換えの記載がない場合、申込完了後に必ず電話で「借り換えしたい」旨を伝えましょう
カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談