相続への備え(遺言の活用)

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

相続の問題点

相続対策を検討するにあたって、まず問題点を整理すると、

①「困る問題」

②「もめる問題」

③「税金の問題」

の3つに分けることができます。

①の困る問題としては、どんな財産がどれだけあるかわからない、手続きが膨大で大変といったことがあげられます。

対策としては、財産の「把握」と「整理」、そして「一括管理」がポイントになりますが、そのツールとしては「エンディングノート」の活用が有効です。

また、遺言は②のもめないための最大の対策であり、加えて遺産分割手続きをスムーズに進める効果があります。

③の税金対策は、それぞれの財産の状況に応じて「保険」、「贈与」、「不動産」を適切に活用することがポイントとなります。

今回は、このうち「遺言」の活用についてお話します。

「大争族時代」

高齢化に伴い、相続件数は年々増加しており、それに比例してもめる件数も増えています。

家庭裁判所に相談する件数は年間で約18万件と、10年間でおよそ倍に増加しています。

また財産別では、5000万円以下が70%以上と多数を占めており、「争族問題」は財産の多寡にかかわらず発生していることになります。

「相続人の仲が良くない」、「家族関係が複雑」、「財産は自宅の土地建物が大半」、といった場合は特にもめるリスクが高く、しっかりとした対策が求められます。

遺言の効果

相続財産の分割については、遺言があれば原則として遺言に従います。

遺言がない場合は、相続人で話し会って分け方を決めることになります。

つまり、遺言があれば、それで決まり、なければ相続人同士で話し合う必要が出てきます。

遺言の効力としては、以下の点があげられます。

①財産を思うように分けられる

  • 築き上げた財産を贈りたい人に贈りたいものを贈ることができる
  • 息子の嫁や孫など、相続人以外の人にも贈ることができる
  • 出身校や自治体、非営利団体などへ寄付をすることができる

遺言がなければ、自分の意志を反映することが困難です。

②もめるリスクを減らすことができる

  • 遺産分割の協議が不要

話し合う必要がないため、もめるリスクは格段に低くなります。

③相続手続きを簡単に進めることができる

  • 相続人が誰か確定する必要がなく直ちに相続手続きを進められる
  • 手続きに必要な書類は少なくて済み、手間がかからない

遺言がなければ生まれたときから死去までの全戸籍を調べ相続人を確定し、法定相続人全員で話し合う必要があります。

<遺産分割手続きの流れ・・・金融資産>

 遺言がない場合遺言がある場合
相続人の確定
  • 被相続人の戸籍を揃える
    (生まれてから死亡までの全戸籍)
  • 相続人が誰か確定する
不要
遺産分割協議
  • 相続人全員で遺産分割について話し合う
  • まとまらなければ家裁に調停を申し立てる
不要
遺産分割
  • 決まった内容を「遺産分割協議書」にまとめ、相続人全員が署名、押印する
不要
相続手続き
  1. 「遺産分割協議書」 
  2. 被相続人の戸籍(除籍)謄本 
  3. 全相続人の戸籍謄本 
  4. 全相続人の印鑑証明書 
  5. 金融機関所定の申請書を揃えて、金融機関などで手続きを行う
  1. 「遺言書」
  2. 被相続人の戸籍(除籍)謄本
  3. 受贈者(相続人)の印鑑証明書を揃えて金融機関などで手続きを行う

このように遺言書は、もめるリスクを減らすだけでなく、遺産分割の手続きが大きく削減されたり、取りそろえる書類が少なくて済むといった効果があり、相続を受ける者にとって、負担が大きく軽減されます。

遺言書の作成

遺言書には主なものとして自分で書いて作成する「自筆証書遺言」と公証役場の公証人に作成してもらう「公正証書遺言」の2つがあります。

安心なのは、無効になりにくく、紛失改ざんの危険がない「公正証書遺言」です。

そして、公正証書遺言の作成にあたっては、公証人と直接やり取りするよりも司法書士や行政書士などの専門家に依頼して作成するのがおすすめです。

戸籍謄本や固定資産評価証明書など必要書類の手配や、公証人との打ち合わせ、適切な遺言の文案作成などをプロに任せることができます。

公正証書遺言の作成費用は、公証役場の手数料と専門家への報酬で、公証役場に支払う費用は財産の額によって決まります。

特に、子供がいない、必ずこのように分けたい、遺言がなければもめるのが必定、遺族の負担をできるだけ軽減したいといった場合は、費用をかけても専門家に依頼して適切な公正証書遺言を作成することが大変有効な備えになります。

ファイナンシャルプランナー
木下 俊治

きのしたFPオフィス代表。

ファイナンシャルプランナー(CFP)、1級FP技能士、
相続診断士、DCプランナー2級、住宅ローンアドバイザー、販売士1級など。
神戸市出身、西宮市在住。

地元の生協で、地域担当、店舗部門、人事や運営に携わり、定年前にFPの資格を取得後、コープの保険の窓口で保険の見直し相談やセミナーを担当、現在は独立し、地域の公民館や消費生活センターなどで相続、介護、ライフプランセミナーや個別相談を行っています。

生活者の目線で「楽しく」、「わかりやすく」、「役に立つ」がモットーです。
週末は孫の少年野球の応援で多忙の毎日です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. (即日融資)2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談