資産運用の意義と原則、リスクとリターン

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

皆さん、こんにちは。FPオフィスのOOKAWAです!

今回は「資産運用の意義、リスクとリターン」というテーマで述べたいと思います。

資産運用をする意義とは

いきなりですが、なぜ資産運用を行うのでしょうか?

「貯蓄から投資へ」という国の政策もあるでしょうが、究極的には自分の夢を叶える為です!

つまり「将来、ああしたい・こうしたい・・・」という夢は、皆さん誰もが持っていますよね?でもその夢を実現させるには、お金は欠かせません。

では自分の夢を実現させるのに必要なお金は、どうやって稼げばいいのでしょうか?

お金を残すには「収入を増やす」「支出を削る」「お金を運用する」、この3つしか方法はありません!

収入を増やすと言っても、サラリーマンの場合は、せいぜい残業して残業代を稼ぐぐらいでしょう?

ましてやこの御時世、給料が上がったと騒いでも微々たるものでしょう?そうすると、収入を増やす事はままならない、という事になります。

次に支出を削る事ですが、これもなかなか難しい問題です。

日常の生活費以外にも、独身の人でしたらこれから結婚費用を貯めなければいけないでしょうし、妻帯者であれば、自宅の住宅ローンや子供の教育費・車のローンもあるかもしれません。

そう考えると、支出を削る事もままならない、という事になります。

ではどうするか?

自分の夢を実現する為のお金は資産運用で稼ぐ、つまりお金に働いてもらうしか方法がない! という事です。

じゃ、いつ、どんな商品に、いくら投資すればいいのか?

これを考えるのが資産運用であり、「自分だけが働くのではなく、お金にも効率よく働いてもらう!」これが資産運用を行う意義です。

どうです? 理解してもらえたでしょうか?

連絡さえあれば、いつでも「FPオフィスOOKAWA」が、あなたの資産運用のお手伝いをしますからね(笑)。

資産運用の原則(リスクとリターン)とは

まあそれはさておき、資産運用を行う意義について理解できましたら、次は資産運用を行う時の大前提となる「資産運用の原則(リスクとリターン)」について、述べます。

世間一般でいう「リスク」とは、危険な意味ですよね?

ところが資産運用でいう「リスク」とは、予定通りにならない=結果がブレる事をいいます。

つまり当初予測した価格より高くなったり、低くなったりするブレを「リスク」といいます。

そして、このリスクを計数化したものを「標準偏差」といい、「%」であらわします。

これ以上になってきますと数式が出てきて、眠くなってきますから今はこの辺でやめておきますね(笑)。

ではリスクには、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 信用リスク
  • 価格変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 流動性リスク
  • 為替リスク
  • 地政学的リスク

等、このように一言でリスクといっても様々なリスクがあります。

又一般的には、「リスクとリターンは、トレードオフ(2者択一)の関係にある」と言われています。

つまり「ハイリターンを目指すとハイリスクになりますし、ローリスクを目指すとローリターンになる」という事です。

その為、自分が投資しようと考えてる商品のリターンばかりに目を向けるのではなくてどのようなリスクがあるのか?それを正確に把握した上で投資する事が、資産運用の第一歩なのです!

そこで、さっき述べた様々なリスクをコントロールする時に最も効果的な手段が「分散投資」です。

分散の方法もいろいろありますが、代表的なものは下記の2つです。

  1. 投資対象の分散:値動きの異なる金融商品同士を組み合わせる方法
  2. 投資時期の分散:ドルコスト平均法に代表されるように、価格変動リスクに対応する為に、金融商品の購入する時期をずらして購入する方法

そして全体(ポートフォリオと言います)として、最もリスクが小さく、又リターンが大きくなるように、異なった金融商品を上手に組合せて運用する事が「ポートフォリオ運用」です。

又、分散投資と並んでよく言われるもう一つの原則が、「長期投資」です。

これは一言でいうと、「利息が利息を生む」つまり複利効果が最大限発揮できるように長期間投資を行う、という考え方です。

以上、個人投資家である皆さんの場合は、特に「長期・分散投資」が資産運用を行う時の大原則ですからね!

皆さんがこれから冬のボーナスを運用すべく資産運用を考える時は、まずこのような資産運用の大原則をよく勉強して、十分理解してから行って下さいね(笑)!

ファイナンシャルプランナー
大川正吾

1級FP技能士、CFP。
宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、住宅ローンアドバイザー、1級DC(企業年金総合)プランナー。

S55年 3月:神戸大学経営学部卒業後、㈱ダイエー入社。主に東京本社にて、経理・財務・管理業務に従事。
H16年 1月:母介護の為、やむなく㈱ダイエーを退社。実家へ帰り、相続・不動産の賃貸管理・資産運用・確定申告等の業務に従事。
その後、今まで修得した様々な資格・知識・経験等を、人の為に活かすべく「FPオフィス OOKAWA」を設立し、ファイナンシャル業務を展開し、現在に至る。

お客様からの「ライフプラン」「資産運用」「不動産」「税務・相続」等に関する相談に日々従事しています。
具体的な活動実績は、日本FP協会の「CFP認定者検索システム」に記載しています。

 3.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 3.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談