消費者金融の上手な借金返済にはコツがある!確実に減らす方法

 3.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 3.3  (3)

この記事を評価する

決定

借金を減らすには何かコツがあるのか、と返済しながら考えている人は多いのではないでしょうか。現実的に考えましょう。

1回でも借金してしまうとなかなか完済出来ないのが借金です。お金は魔力を持っており、今回だけ借りるつもりが延々と続いてしまいます。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

借金の上手な返済方法はあるの

借金の上手な返済方法はあるの

借金には上手な返済方法があるのか。気になるところですね。結論から言えば「ないことはない」といったところでしょう。

しかしその返済方法はよほどの精神力を持つかまたは忍耐力や肉体的な苦痛を伴うものが多いですね。

第一上手な返済方法があると言うなら借金返済で行き詰まってしまう人はいないはずです。

健康食品と同じで、「これさえ飲めば元気になる」というのなら厚生労働省が医薬品としてとっくに認可しているはずですし、医者も特効薬として処方するはずです。

毎月やってくる返済日、そして用意しなければならない返済金。返済しても返済しても一向に減らない借金。一体いつになったら借金を完済することができるのか、とため息を吐いてしまいます。

今回の記事をご覧になっている人はおそらく借金の返済に困っている、または悩んでいる人だと思います。なるべく参考になるような現実的な方法をご説明したいと思います。

関連記事をチェック!

3609view

借金を返せない、なんとかしたい人必見!一気に早く借金を返す方法

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考えなけ...

■借金返済のノウハウを身につけて最速返済

カードローンの返済種類

カードローンの返済種類

カードローンの返済種類は銀行や消費者金融業者など貸金業者によって実に様々な方法があります。

基本的には毎月決められた日に返済する「期日返済」と、カードローン利用者の都合に合わせ、お金に余裕があるときに返済する「任意返済」の2つがあります。

期日返済についてはご存知ですよね。毎月30日返済と決めればその日に返済する方法です。

貸金業者によっては毎月返済するのではなく「35日ごと返済」を採用しているところもありますね。

毎月支払日が決まっている期日返済であればわかりやすいのですが、35日ごと返済とはいったい何のことでしょう?

35日ごと返済とは、支払日と支払日の間に35日間の猶予を設けている返済方式のことです。

毎月一定の日にちを期日として返済してしまうと、その日にたまたま返済することができなかった場合には延滞利息がかかってしまいます。

それを防ぐ意味で例えば返済日を毎月20日と設定しても、35日ごと返済にすれば5日間の猶予があるわけです。

来月20日の日に急な出張が入り返済することができなかったというときでも25日までに返済すれば延滞利息がかかりません。

関連記事をチェック!

1185view

借入の返済方法の種類

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 借入返済方法とは 銀行などから融資を受けるときに、その融資の返済方法についてあらかじめ契約書におい...

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法

カードローンでお金を借り返済するのに、銀行や消費者金融業者の窓口まで行かなければならないのか。

それはずいぶん面倒だな、となりますが返済方法にはカードローン利用者が便利なようにいくつか方法があります。

貸金業者によって全ての返済方法を採用しているとは限りませんが、一般的に利用されている返済方法いくつかご紹介しましょう。

自社ATMから返済する

最もよく考えられるのが金融機関の設置してある自社のATMから返済する方法です。

銀行カードローンであれば銀行の各支店に設置してあるATMから返済することが可能ですね。

消費者金融カードローンなら、各企業が独自のATMを無人契約機の設置場所に併設してあることが多いですよ。

しかし各ATMの稼働時間が全て24時間とは限りません。

メガバンクが発行している銀行カードローンであればATMは24時間稼働していることが多いですが、その他の銀行カードローンになると21時頃には閉店してしまいます。

消費者金融カードローンについても同じことが言えますね。しかも設置してあるATMまでわざわざ行かなければならないというのはとても面倒で、時間を気にしなければならないのも煩わしさを感じてしまいます。

関連記事をチェック!

4378view

アコムの借入&返済!百円、千円単位が可能なATM

全国どこに住んでいる人でも利用できるアコム。 借入や返済に利用できるATMも多く、数あるカードローンの中でも利便性の高さはトップクラスです。 アコムの借入&返済は最低いくらから可能なのか、また、手...

コンビニATMや提携ATMから返済する

同じATMでも提携してある銀行ATMから返済することも可能です。

カードローンを返済するために契約した金融機関のATMまで行く必要がありませんので大変便利です。

やはりこれにも欠点があり、提携銀行ATMとなると利用時間が制限されてしまうことがあります。地方都市になると19時までというところも珍しくありません。

その点コンビニATMなら大変都合いいですよ。

返済時間を気にする必要がなく24時間365日、いつでも返済することができます。大抵のカードローンはコンビニATMであればどこでも使えるようになっています。

会社の残業で遅くなっても、深夜早朝に関わらず返済できるというのはとても便利ですよね。

たまにATMのメンテナンスを行っていることもありますので、その場合は他のコンビニを利用すればそれほど不都合さを感じることもないでしょう。

口座振替で返済する

カードローンの返済を口座振替にしておけば返済期日を忘れることなく支払うことができます。

お金を期日前までに入れておけば自動的に引き落としされるため、返済期日に遅れることなくきちんと支払いたい人にとってはメリットが大きいです。

しかし自動引き落としは通帳に記帳されてしまい、あなた以外の人が通帳を見てしまうとカードローンでお金を借りていることが分かってしまうことがデメリットです。

それが例え銀行カードローンだとしても「どうして毎月銀行の引き落としがあるのか」と問い詰められてしまう可能性があります。

消費者金融カードローンならなおのこと「不審な引き落とし」とみられてしまうでしょう。

どうしても家族にカードローンを利用していることを内緒にしておきたいのなら、自発的にATMから返済するのが確実です。また口座振替を利用するのであれば、通帳の発行がないネット銀行を利用すればいいでしょう。

引き落としされているかどうかの確認はIDとパスワードがなければ他人に知られることはありません。

関連記事をチェック!

140view

アコムの返済は口座引き落としが吉!

アコムには、多彩な返済方法があります。 しかし、絶対的におすすめの返済方法は“口座引き落とし”です。 口座引き落としを選ぶべき理由、そして、返済額が借り入れ残高に反映されるタイミングについて解説し...

ネットバンキングで返済する

金融機関によってはインターネットバンキングを利用して返済する方法があります。

インターネットバンキングなら自宅にいながら相手口座に振り込むことができるため、24時間いつでも返済することができます。

金融機関が指定する銀行口座であれば曜日に関係なく返済することができます。土日祝日でも手続きを行えばすぐに返済することが可能です。

パソコンがなくても金融機関が用意してあるアプリを利用して簡単に返済することもできますね 。

ただしこの場合も通帳に記帳してしまうと家族にバレてしまうリスクが伴いますので、インターネットバンキングで返済する場合はネット銀行を利用しましょう。

銀行振込で返済する

カードローンの返済を銀行振込によって行うこともできますが、窓口で振込するにせよATMから振り込みするにせよ、どちらにしても通帳がある口座を利用して返済するのはカードローンを利用していることがバレてしまうため危険です。

どうしても銀行振込で返済する場合は現金で振り込みすれば通帳に記帳されることはありません。

カードローン返済のためにわざわざ銀行まで行って振り込むというのも面倒ですよね。他の方法で振り込みできないなどやむを得ない場合に限って行うのが賢明です。

関連記事をチェック!

189view

銀行振込による借入のメリットや手順は?

カードローンというと、ATMを利用して借入する方が多いと思いますが、銀行振込による借入も大変便利です。 今回は、カードローンの銀行振込による借入について紹介していきます。 銀行振込による借入とは?...

現金書留で郵送返済する

金融機関側に直接現金書留で送金するのも返済方法のひとつです。

現金で返済するのですから証拠も残らず、たとえ郵便局に行くところを誰かに見られたとしても不審とは思われないでしょう。

集配を行っている中央の郵便局であれば土日祝日に関係なく夜間でも窓口が開いていますので、コンビニ同様に利用価値があります。

現金書留は手数料が高いという点が難点ですが、危険を承知で便箋などに紙幣を包んで普通郵便で送る方法もあります。

ただし確実に送ったという証拠が残らないため、何か郵便事故があったときに困りますね。また相手が受け取ったことを証明することができません。

証明させるには最低でも簡易書留にしなければならず、そうなってしまうと現金書留とあまり料金が変わらなくなってしまいます。

返済手数料を考慮しよう

返済手数料を考慮しよう

いくつかある返済方法には手数料がかかるのとかからない方法があります。

もちろん郵便であれば切手代はかかってしまいます。現金書留なら最低でも600円前後の切手代がかかってしまいますね。

銀行振込なら窓口で振り込むかATMで振り込むかで大きく異なってきます。窓口で振り込む場合は金額によって800円以上かかることもあり大変不経済です。

返済に便利なコンビニATMや提携ATMから返済する場合は、返済する金額によって108円から216円程度の手数料がかかってしまうことがあります。

銀行カードローンの場合はATM手数料がかからないことが多くメリットとなりますが、消費者金融カードローンになるとほとんどがATM手数料を必要とします。

消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて金利が高めに設定されている分、ATM手数料まで支払うとなると余計に負担が大きくなってしまいます。

一括返済で済ませることができればATM手数料を気にすることもありませんが、24回や36回など分割して返済するとなるとその度に手数料がかかってしまい、場合によっては年間に5,000円程度余計にお金を必要とします。

消費者金融カードローンなら、金融機関が設置してある自社ATMを利用すれば手数料はかかりません。

またインターネットバンキングを利用して返済した場合、金融機関が指定する銀行口座であれば手数料を無料としているところも多いです。

選択できる返済期日がイイネ

選択できる返済期日がイイネ

カードローンの契約内容によっては返済期日が指定されている場合もありますが、とくに消費者金融業者になると返済期日を自由に設定できることがあります。

返済期日が指定されていると、偶然にも給料の前日が返済日だったりするとちょっと損した気分になりますよね。

出来れば返済日を給料日の翌日か翌々日あたりに設定しておくと、1カ月分先払いする必要がありません。

返済期日に1日でも遅れてしまうと延滞金がかかってしまい、もったいないですよね。既にご説明の通り返済期日を35日ごと返済することができるなら、余裕を持って返済することができます。

例えば10万円を借りて1日返済遅れてしまうと、消費者金融カードローンなら約55円延滞金を支払わなければなりません。30万円を借りているなら1日あたりの延滞金は約164円です。

それぞれ返済するまで日数分延滞金かかってしまい、もったいないですね。当然返済に遅れてしまうと金融機関側からの信用を勝ち取ることはできません。

将来カードローンの利用限度額を増額したいという希望があるのなら、返済を延滞してしまうことは大きなマイナス材料です。

関連記事をチェック!

361view

学生ローンの返済に遅れるとどうなる?

学生ローンでお金を借りたいと思っても返済に遅れたときのことを考えると、なんだか怖いなあと不安になりますよね。テレビや映画のようにヤクザまがいの怖いお兄さんが取り立てに来るのではないか、お金を借りている...

クレジットカードで作った借金とは?

クレジットカードをショッピングでしか利用していない人には、「クレジットカードで借金を作る」と言われてもイメージがわかないかもしれません。

実は現在のクレジットカードには、簡単にクレジットカード会社から借金ができる機能が付随しています。

例えば、毎月の買い物の支払いを、翌月一括払いにしているという人が大半かも知れませんが、多くのクレジットカード会社では一括払いの他に分割払いやリボ払いなど、長期間の分割払いができます。

また、クレジットカードには付属の機能として、カードローンのように現金を借入れすることができるキャッシング機能もあるのです。

どちらも決められた限度額まで利用ができるため、人によっては100万円以上の高額な借金がクレジットカードを通じて行えます。

しかしクレジットカードで作った借金もカードローンと同じように、毎月の利息を支払わなければならないため、借金として家計にあたえる影響は変わりありません。

クレジットカードの返済方法

クレジットカードで作った借金は会社ごとに返済方法が異なりますが、基本的には決められた金額を口座から引き落としされるか、ATMから振込を行うかのどちらかです。

また、クレジットカードの支払方式としては、一括払い以外では残高スライド式のリボ払いとしているところも多く、クレジットカードの借金の金額に応じて毎月の返済金額が変動します。

また、リボ払いの場合にはATMからの追加返済に応じているケースもあり、早めに返済を終わらせたいときには、積極的に追加返済を行って借金を減らすことも可能です。

クレジットカードのキャッシングやリボ払いはおまとめローンの対象なのか?

クレジットカードの金利はカードローンよりも高いことが多いため、高額の借金になると利息の返済だけでも大きな負担となります。

カードローンであれば、おまとめローンで借金を一本化することにより利息を減額できますが、クレジットカードの借金はおまとめローンでまとめられるかどうかは、消費者金融や銀行ごとに違うのです。

基本的にはクレジットカードのキャッシングはおまとめローンの対象となりますが、ショッピングのリボ払いは対象とならないケースがあります。

以下に代表的なおまとめローンで、クレジットカードの一本化ができるかをまとめました。

 ショッピングのおまとめ
アイフル可能
プロミス不可
東京スター銀行可能

もしも、クレジットカードでの借入金額が100万円を超えるほどの高額であれば、おまとめローンを利用した方が利息を減らせる可能性が高いため、借り換えを前向きに検討してみてもよいでしょう。

関連記事をチェック!

2284view

おまとめローンでショッピングローンをまとめる方法

複数の会社からカードローンを借りている場合、おまとめローンでそれを一本化することで、金利面や毎月の負担を軽減できる効果に期待できます。 しかし、毎月支払いが必要なものの中に、クレジットカードのショッ...

関連記事をチェック!

2480view

リボ払いをおまとめローンで一本化したい!どうやって解決できる?

手持ちの現金がない場合などに便利なのが、月々の返済額も少額で抑えられる、クレジットカードのリボ払いです。 しかし月々の返済額が少ないということは、完済までの時間が長くなり、気が付けば借金が増えしまう...

リボ払いの利用は要注意!

クレジットカードのリボ払いは、毎月の支払い金額を少額にできるため、手元に現金がないときに気軽に高額な買い物ができて非常に便利です。

しかし、リボ払いは計画的に利用しなければ、様々な面で損をしてしまう危険性があります。

ここでは、クレジットカードのリボ払いの利用を注意しなければならない理由を解説します。

リボ払いの利息は高い!

リボ払いの大きな注意点は、カードローンと同じように毎月利息の支払いが必要で、利息額がローン商品よりも高い点にあります。

リボ払いの利息はクレジットカード会社によって異なりますが、多くの会社が法定金利ギリギリの18%に設定しており、住宅ローンなどのローン商品はもちろん、銀行系のカードローンよりも高金利です。

一括払いと同じ感覚で利用してしまうと、利息の返済に追われてしまい、ショッピングの利用金額の返済がすすまず苦労するので気を付けなければなりません。

自動リボ払いになっていないかをチェック!

クレジットカード会社によっては、基本の支払い方法がリボ払いとなる「自動リボ払い」が採用されているケースがあります。

この場合には、自分で支払い方法の変更をするか、毎月追加返済を行って一括返済にしなければなりません。

クレジットカードの契約時に見落としやすい項目ではありますが、利用料金の支払い方法が自動リボ払いになっていないかは、事前に確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

144view

クレジット会社はリボ払いが1番儲かる

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 クレジット会社の収入源は4つ 最近のクレジット会社はリボ払いを積極的に勧めて来ています。 リ...

時効で借金から逃げるのは無理

時効で借金から逃げるのは無理

ヤフー知恵袋などを見るとトンデモ回答を見つけることができます。

借金をなかなか完済できないとして何か良い方法がないかと調べているだと思いますが、それらの回答の多くは無責任なものが多いですね。

回答の中には「借金を返済せずに時効を狙えばいい」。ん?時効とはなに?

罪を犯しても逮捕されることなく一定期間逃げ延びることができればその罪は時効になる。おそらくご存知の人も多いかと思います。

実は借金にも時効があり、消費者金融業者などからの借金については5年間次のような条件を満たすと借金を返さなくてもいいとなります。

  • 返済期日の翌日から5年で時効
  • 5年の間に何も督促されない
  • 何も連絡がない
  • 一切返済していない
  • 裁判などを起こされていない

以上の条件をすべて満たせば借金を返済しなくてもよくなります。でもお金を貸した業者はプロですから、5年の間に何もアクションを起こしてこないということはありえません。

しかし貸金業法が改正された2010年頃のドタバタで偶然にも顧客データから消えてしまった、ということもないとは言えません。

ところが現在にあっては、顧客データは全てコンピュータで管理され、アナタの情報だけが消えてしまうということはないことです。

たとえあったとしても、 単に5年間という期間が過ぎればいいだけではありません。時効の援用と言って、業者側へ時効が成立したことと、支払う義務がないことを内容証明郵便物で伝えなければなりません。

ひとつでも手順を間違えてしまうと時効は成立せず、裁判にかけられ最悪財産の差し押さえ(給料も含む)されてしまうのがオチです。

現実的な借金の減らし方

現実的な借金の減らし方

ではここで現実的な方法としてどうすれば借金を減らすことができるのか考えることにしましょう。

当たり前のことですが借金は返済をしなければ減りません。毎月きちんと返済していくことが将来にわたって借金を完済することができる最善の方法であることは間違いがないところです。

返済額も少ないよりは多い方がいいわけで、どんどん返済していけば確実に借金を減らすことができます。

借金依存体質から抜け出る?

でもお金というのはどうしても逃げることのできない魔力を持っていますよね。

借金返済に疲れてしまう。

変な話ですが借金を返済するということはかなり精神的にも肉体的にも苦痛を伴うものです。

借金をしたのはアナタの自己責任でしょう?と相手を責めることは簡単ですが、してしまった借金のことでいくら責めても時間は元には戻りません。

相手から言われるのではなく、もうこれ以上借金を減らさないというアナタの借金依存体質を改善しなければ借金を減らすことはできませんよ。

  • お金さえあれば欲しいものは何でも買える
  • 楽しく優雅な生活ができる
  • 借金は借金して返せばいい

以上のような考えを持っているうちは借金を減らすことはできませんね。ストイックになれとまでは言いませんが、かなりそれに近いような生活をしなければ借金を減らしていくことは無理な話です。

貸金業業界に精通している人ならお分かりかもしれません。

仮に5年の間で完済ができないと、借金を始めてから6年から7年で生活に行き詰まると考えています。借金を重ねている件数や金額にもよりますが、だいたい上記の年数で複数借金を抱えることになり身の破滅を招くということです。

繰り上げ返済で徐々に減らす

繰り上げ返済で徐々に減らす

借金を確実に減らしたいと思うのなら、最低限繰り上げ返済を行うべきです。繰り上げ返済は貸金業者によって任意返済や随時返済など言い方があります。

つまり毎月返済する金額の他にATMなどから自主的に返済していくのです。臨時収入(ボーナスなどを含め)があったら、たとえ1万円や2万円といった金額でも返済しておけば確実に借入残高を減らすことになります。

臨時収入がなくてもちょっとでもお金に余裕ができたら、たとえ5,000円でも構いませんので、繰り上げ返済を行いましょう。

返済を返したいならやるべきこと

返済を返したいならやるべきこと

さてここからが本題です。借金を減らす方法にはコツがあります。ただ漫然と業者から指定された最低返済額のみを支払っていたのではなかなか借金を減らすことはできません。

貸金業者から見れば長期間の返済になることはリスクを産むことにもなりますが、利息収入を上げるための手段でもあります。毎月きちんと返済してくれる優良なお客さんなら、返済期間は長ければ長いほど多くの利息を支払ってくれます。

収入を増やして借金を減らす

収入を増やして借金を減らす

誰でも考えることですが、繰り上げ返済をするには臨時収入を待っているだけではなかなかできませんよね。収入を増やさなければなりません。

肉体的な疲労が残らないように、働くシフトを考えましょう。Wワークに精を出すあまりからだを壊してしまったのでは元も子もありません。

  • 時給900円x3時間=2,700円
  • 月に4日働くと2,700円x4日=1万800円

最低限以上のような働き方をすれば、1年間で12万9,600円を繰り上げ返済することができますね。

毎月の返済額にプラスして繰り上げ返済するのですから、借金を減らす方法としてはかなり確実で効果的な方法です。

借金返済のための副業を考える

借金返済のための副業を考える

借金返済の一番の近道は収入を増やすことになりますので、収入を増やすために副業をするのもいいですね。

ここでは、借金返済のために行う副業に関してご紹介していきます。

レギュラーバイトで働く

借金の返済は長く続きますので単発のアルバイトを続けるよりも、定期的に行うバイトをするのが有効ですね。

続けることができる事で、手にすることができるお金も計算できま、借金の返済に充てるお金も決まった額を予定することができます。

まずは、支払い続けることができるバイトをしていくのがいいですね。

生活苦でバイトする場合の3つの注意点とは?

得意分野を活かすクラウドソーシング

外で働くようなバイトができない場合には、在宅でできる仕事を探すといいです。

今はネットを使ってクラウドソーシングに登録をすることで、多くの仕事を見つけることが可能になっています。

自分の得意分野の仕事を請け負うことができますので、帰宅した後で都合がいい時間を使って収入を得ることができます。

絵を描くことが得意であれば、企業からロゴマークの作成が依頼されている仕事に応募するといいですね。

もしWEBページの作成が得意であれば、ホームページの改編の仕事などもあります。

自分の得意な分野で、継続的に活動ができれば毎月多くの収入を得ることも可能です。

女性なら水商売

女性の方で、社交的で人と話すことが嫌いでなければ、夜の水商売をすることができます。

給料の単価も高く、土日だけ働くだけでも多くの収入を手にすることができます。

ただし、家族がいる場合には、家族の人から理解してもらうことも必要です。

また、勤務地の近くの場合には会社の上司などにばれないようにする工夫も必要です。

関連記事をチェック!

4584view

今すぐお金が欲しい!女性が短期間でお金を稼ぐ方法

女性は男性に比べて何かとお金がかかります。そのために今すぐお金を欲しいと思っている女性も多いことでしょう。 お金を借りることに抵抗を感じている女性、何かの理由でブラックになってしまった女性がお金を短...

生活費を節約して借金を減らす

生活費を節約して借金を減らす

Wワークをしながら、生活費を見直すということも多くの繰り上げ返済をするには有効でしょう。生活費を見直すと言っても極限まで行ってしまうとストレスが溜まってしまいます。ストレスは精神的にも肉体的にも良い影響を与えません。

無理のない程度で生活費を見直すということが重要です。例えば次のようなことはある程度簡単なのではないでしょうか。

  • 飲料水を水筒に切り替える
  • コンビニ弁当をやめ手作りにする
  • アルコール飲料を少なくする
  • 食材は大型スーパーを利用する
  • できるだけ水道光熱費を節約する

会社に置いてある自動販売機や、通勤途中でコンビニに立ち寄って缶コーヒーを買うことをやめるだけでもお金は浮いてくるものです。飲み物はステンレスボトルなどを利用して自宅から持っていくようにすれば節約になりますね。

ランチも外食やコンビニ弁当を止め、自宅で作ったものを持っていく。たかが知れている金額といっても、行うべきことを行えば結構まとまった金額になりますよ。浮いたお金は繰り上げ返済に回すことで借金は減らすことができるのです。

関連記事をチェック!

6217view

収入少なくて生活費が足りない時のオススメ副業と節約方法

生活費が足りない時は、いつまでにお金が必要なのか考えてから動きましょう。副業するかどうかは、それから考えても遅くありません。 まずは【借金VS公的資金(貸付)VS副業】の、資金調達スピードに...

金利の低いローンに切り替える

借入先にもよりますが、消費者金融カードローンを利用しているなら銀行カードローンで借り換えてしまうということも借金を減らす方法には有効な手段です。

消費者金融カードローンの金利は年18.0%が平均的です。それに比べて銀行カードローンは年14.5%前後のところが多いです。わずか3.5ポイントの差と言っても、決してバカにはなりません。

・10万円(30日利用)借入の差額
:288円の差

・30万円(30日利用)借入の差額
:864円の差(単純計算)

・50万円(30日利用)借入の差額
:1,440円の差(単純計算)

以上単純計算になりますが、たった1カ月でこれだけの差が出てきます。借金の返済が一括返済と言うならそれほどの差でもありません。しかし毎月返済となれば銀行カードローンを利用することで効率よく借金を減らすことができますね。

関連記事をチェック!

3023view

借り換えカードローンで借りる

借り換えローンのメリットは 支払先が固定されるので、精神的に楽になれる 低金利での借り換えとなり、月々の返済額が減る という部分になります。 借り換えを行う場合、資金用途を「借...

おまとめローンを利用して完済

複数借金を一本化する「おまとめローン」を利用する方法も確実に借金を減らすには良い手段となるでしょう。

長期間の返済とはなりますが、毎月の返済額を抑えることが期待できます。でも長期間の返済は総支払金額が大きくなることから、損得勘定から行けばあきらかに「損」してしまいます。

しかし重要なのは毎月の返済額をどのようにすれば減らすことができるのか、という点と将来にわたって借金の完済を目指すことができるのかと言う2点です。

おまとめローンを組んだからといっても繰り上げ返済ができないとはなりません。Wワークや生活費の見直しで浮いてきたお金を毎月少しでもいいので返済していけば、比較的短期間で借金を完済することも可能です。

しかしおまとめローンは審査が厳しいというデメリットもあり、誰もが利用できるとは限りません。申し込むにしても年収条件や、雇用形態で審査落ちとなることもあります。

審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

関連記事をチェック!

303view

低金利、安心感、審査で選ぶ優良おまとめローン

おまとめローンとは おまとめローンを取扱っている業者は多くありますが、その業者によっておまとめローンの内容は異なります。 その数あるおまとめローンの中でどこの業者のおまとめローンがいいのかと聞かれ...

借金を早く減らす方法はラクじゃない

借金を早く減らす方法はラクじゃない

今までご説明してきたように借金を早く減らす方法は決してラクなことではありません。節約生活を続けていてもいずれ生活に疲れてしまいます。

Wワークにしても続けていくことは並大抵の努力ではありません。たまにはのんびりしたいと思うことも出てくるでしょう。欲しいものだってずっと我慢してきたわけですから かなりのストレスが溜まっていると考えることができますね。

借金返済方法の極意は現実を知る

借金返済方法の極意は現実を知る

本当に借金を減らしていくことができるのか、ということはWワークや生活の見直し、借金の借り換えおまとめローンをする前に考えておかなければなりません。

そもそも借金を返済することが難しい状況に置かれているなら、どんなに辛い努力をしても残るのは虚しさだけです。

いくら頑張って働いてみても、いくらストイックな生活をしてみても返せないものは返せない、と開き直ってみるのも借金を減らすには効果的となることもあるのです。

借金を返していけるかどうか現実と向き合うことがとても重要となってきます。

こんな人は債務整理で借金を減らす

こんな人は債務整理で借金を減らす

借金を減らすことができる人は「疲れ」に対して耐性を持っていることや、上手にストレスを発散する方法を知っている人でしょう。もちろんのことながら借りている借金の額もそれほど多くないことが重要です。

誰が見てもこの借金は返すことができないのではないか、いくら節約生活をしても無理なのではないかという借金を抱えてしまったのなら、債務整理という方法を選択することが結果的には借金を減らすことにつながります。

債務整理をしてしまうことで信用情報にキズがついてしまうことに恐れてはいけません。信用情報にキズがついてしまう期間はおよそ5年から8年程度です。その間は「反省期間」として収入に見合った生活をするようにしましょう。

心配する必要はありません。借金返済が少なくなることや、場合によってはなくなることもあります。そうすれば生活にゆとりが出てくるでしょう。ゆとりが出た分は貯金に回すようにしましょうね。

急にお金が必要になるということは反省期間の間にも起きてくることです。そのときはカードローンの契約をすることはできないのですからお金を蓄えておくことは必要です。

家計費が毎月赤字なら借金返せない

家計費が毎月赤字なら借金返せない

借金を返済するかどうか見極めるのに簡単な方法があります。

それは最初に借金をしてから5年間で借金を返すことができるかどうかの判断にもつながります。多重債務とならない限り、消費者金融カードローンでも5年あれば50万円位の借金は返済することは可能です。

しかし5年経っても借金を返済することができないのであれば、おそらく今後も借金は完済することは難しいでしょう。なぜなら5年間返済し続けているのに借金が減らないというのは、利用枠ができる都度借入を行っていたからです。

なぜ借入を行っていたのか考えれば答えは簡単です。

ギャンブル以外でお金が必要なシーンは生活費が足りないということですね。収入から一切の生活費を差し引いた残りがマイナスになっているため、カードローンに借入枠ができてしまうとどうしても借りなければ生活費が足りないとなるわけです。

返済できる具体的な見極め方

返済できる具体的な見極め方

現在のアナタが今ある借金を返済できるかどうかもっと具体的に見極めたいと言うなら、銀行が利用している「返済能力」の基準となる返済比率を計算してみるとよくわかります。

その計算である程度見極めをつけ、これ以上多重債務にならないように対策を練ることが、しいては借金を減らすことにつながります。

返済比率を計算してみよう

返済比率を計算してみよう

返済比率とは銀行が住宅ローンの申し込みを受けた時に、申込者に返済能力があるのかどうか見極める計算方式のことを言います。計算式はいたって単純で次のようになります。

・返済比率=A/Bx100

:Aは1年間に支払う借金の総額
:Bは税込年収

簡単に言えば年収に対して年間どのくらいの借金を返済しているのか、その比率のことを言います。もう少し具体的に計算例を上げれば次のようになります。

・カードローンの返済
:毎月5万円(年額60万円)

・自動車ローンの返済
:毎月5万円(年額60万円)

・クレジットカードの利用料金
:毎月3万円(年額36万円)

他にも返済しているローン返済額があればそれも計算の中に入れましょう。なお生活費や家賃、水道光熱費などは計算に入れる必要はありません。

年収が仮に300万円として計算してみます。すると計算式は次のようになります。

・返済比率=156万円/300万円x100

これを計算すると返済比率は52%です。

返済能力があるかどうかの基準は返済比率が40%と銀行は考えます。以上のような返済があり、年収が300万円なら返済能力はゼロです。

少々厳しい言い方かもしれませんが、この状況で借金を返済していくことは将来にわたって保証されるものではありません。どこかでどうしてもお金が足りなくなり新たに借金をしてしまい、多重債務に陥る危険性が高いと言えます。

早急にフィナンシャルプランナーに相談するか、弁護士や司法書士に依頼して債務整理することが望ましいと言えます。

関連記事をチェック!

5942view

借金限度額(借金できる金額)は年収のいくらまで借りれる?

カードローンは、申し込み者のおよそ2人に1人は審査に落ちているのが実情です。 理由のひとつに、限度額を超えた高額の申し込みが挙げられます。借金の上限を知って、適切に申し込みましょう。 銀行で借り入...

借金返済をそのままにしたらどうなる?

カードローンの返済が遅れるとカードローン会社から電話等の督促が行われますが、中にはその連絡を無視してそのままにしてしまう方も少なくありません。

しかし、この行為は百害あって一利なしで、絶対に行ってはならないのです。

カードローン会社は返済が遅れてもその理由がはっきりしており、入金日の確認が取れれば大事にはしません。

ですが一切連絡がとれず、返済も行われないでは利用者に返済の意思がないと判断するしかありませんから、カードローン会社は最終手段に出ることになります。

カードローン返済をしなかった場合の流れ

カードローンの借金返済が数日遅れたくらいならば問題はありませんが、その返済遅れが長期に渡ればカードローン会社もそのままにしておくことはできません。

その際にカードローン会社が取る最悪の対応が強制退会と一括返還請求です。

ここまでくれば利用者はこのカードローン会社の対応に従うしかなく、一括返済できないとなれば裁判所の許可を得て、給与等の個人の持つ財産が差し押さえられることになります。

そうならないためにも、返済できない時にはカードローン会社との話し合いが必要になってくるのです。

それでは簡単にカードローンの借金返済が遅れた場合、カードローン会社がとる対応の流れを紹介しておきましょう。

その流れは下記のとおりです。

  1. ハガキや携帯電話に返済催促の連絡が入る
  2. 返済予定日を決定
  3. 返済予定日に返済できなかった場合は、ハガキで自宅に督促状が送付される
  4. 返済が3ヶ月以上となれば信用情報機関に事故情報が記録される
  5. 督促状送付後も返済が行われなければ強制退会となり、一括返還請求が行われる
  6. 一括返還請求に応じず返済を行わなければ裁判所に差し押さえ請求が出される
  7. 裁判所決定により財産の差し押さえが実行される

カードローンの借金返済が長期間行われず裁判所に差し押さえ請求が出されれば、まず裁判に勝つことはなく確実に財産の差押命令が出されることになります。

そうなれば周囲バレば確実で、給与も差し押さえられることになるので、会社にもカードローンを利用して返済不能に陥ったことが知られてしまいます。

こうなってしまえば利用者は多大な被害を被ることになるので、借金返済をそのままにしておくことがいかに危険な行為であるのかがお分かりいただけるでしょう。

正攻法で返済できない場合は?

借金返済が厳しいなと感じる場合には、早めに先ほど紹介したような手段を取るのが一番ですが、手を打つのが遅かった場合にはこの手段は利用できない状況に落ちいているケースが大半です。

その場合には下記のような手段も検討してみる必要があるでしょう。

  • 借入先に返済方法を相談する
  • 親族や知人から借りる

返済が厳しいことをカードローン会社に相談すれば返済方法について対応してくれる可能性もありますし、最悪、親族や知人から借りて借金を返済して、借りた人に毎月返済するのもひとつの手です。

しかし、これら手段もダメとなれば、最終手段とも言われる債務整理に頼らざるを得ない状況だと言えるでしょう。

親にお金を借りる上手な頼み方

債務整理で借金返済

債務整理とは返済が難しくなった方が借入先との話し合いで得た下記のような手段により、返済を進めていくための救済措置です。

  • 借金の減額
  • 金利の引き直し
  • 支払い猶予

また、債務整理には下記のようにいくつもの手段があり、借金の大きさや個人の経済状況に応じて最定期な方法を採ることになります。

  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産

利用する債務整理によって受けられる返済免除は違ってきますが、カードローン会社との話し合いとなる上、任意再生以外は裁判所を介した決定となるため、基本的には弁護士もしくは司法書士といった専門家へ依頼する必要が出てきます。

また債務整理を行うと信用情報機関へその記録が保管されます。

債務整理は返済能力がないことの証ともなるので、その記録が消去される5年から10年の間は金融機関からの借り入れやローンの審査は一切通らなくなります。

この点は十分に理解しておくようにしましょう。

カードローンの返済地獄に陥らないためのポイント

それでは最後にカードローンの返済地獄に陥らないためのポイントを紹介しておきましょう。

まずは本当に必要な時以外には借り入れをしないことが第一条件となってきます。

これさえ守っていれば借金が膨らむこともなく、複数社から返済不能に陥るような高額借り入れをすることもありません。

そこでそれを念頭に置いた上で、さらに心がけてもらいたいポイントは下記のとおりです。

  • 身の丈似合わない高額借入はしない
  • 繰り上げ返済などで返済期間を短くする
  • 複数業者から借りない
  • 借金返済のために新規借り入れをしない

これらポイントは今回「カードローンで借金の返済地獄に陥る原因」の話の内容を端的にまとめたものになります。

今一度借金返済が滞った場合にどのようなリスクを負うことになるのかを思い出して、カードローン利用時には上記ポイントを念頭に置きながら、本当に必要な時にしか借り入れしないことを徹底するようにしましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は借金を減らす方法について超現実的に考えてみました。

気合とか根性とか、そのような精神力でなんとかなるものではありません。一時的なものなら精神力さえあれば借金を減らすことは決して難しいことではありません。

しかしながら借金を完済することまでを考えれば、金額によっては5年程度続けなければならず、もっと借金額が多いならそれ以上の期間あらゆる苦痛に耐えなければなりません。

人生のリスタートを切るためには、できるだけ早く借金を減らすことができるのかどうか判断する必要があります。なんとかなるさ、のような考えは捨てなければなりませね。

 3.3  (3)
+ この記事を評価する
×
 3.3  (3)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)