キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

”もしかして-生涯未婚男性”のリタイアメントプラン

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

仕事が終わってひと息ついて寛ぐところはどこでしょうか。やはり多くの人にとってそれはわが家と家族団らんの場が多いでしょう。

一方で比較的最近の調査では、生涯独身者は男性23.37%、女性14.06%となっています*。生涯独身者とは50歳時の未婚者を指しています。

リタイアメントプランは一般的に子育ての終わる50代から立てるわけですが、もしかすると生涯未婚の可能性の高い50歳代未婚男性に的を絞って考えてみましょう。

*国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2017)」

50歳代の未婚男性は考えます

男女ともに未婚者は積極的独身派と、結婚したいが未婚の2つ分かれるかもしれません。

積極的独身派(結婚しない自分の人生を選択する)もいるのでしょうが、結婚願望はあるが、相手に恵まれなかったケースも多いと想定されます。

あるデータ*では50歳代の結婚願望男性は32.8%に対して、女性は24.5%となっています。

男女ともに、残りの70%近い人は、結婚を考えないで人生の後半から終盤を過ごそうとしていることになります。

*株式会社インテージリサーチ『結婚・婚活に関するアンケート』

50歳代未婚男性の資産等の状況

リタイアメントプランには資産の状況を把握することが必要ですが、そんな50歳代の未婚男性の資産状況はどうなのでしょうか。

2人以上世帯と比較して確認してみましょう。

 50代未婚男性2人以上世帯
金融資産の有無の比率有り 53.6%有り 82.5%
金融資産保有額1300万円1481万円
年間手取り収入345万円665万円
住居の状況 持家率41.9%持家率 75.9%
遺産への考え方使いきる 43.7%老後の世話・子どもへ 55.4%

出典 家計の金融行動に関する世論調査 金融広報中央委員会 平成28年を編集

この表は平均値ですから、実際は2極化して大きな差があると想定されます。

金融資産の有無では、50代未婚男性は有りが53.6%となっていますので、残りの46.4%が金融資産無しになります。

約半分は少しリッチで残りの半分は日々を楽しむか、その日暮らしということになります。

また、年間手取り収入が345万円ですから、2人以上世帯の665万円と比べて大幅に少なく、またその中身も2極化していると想定されます。

従って、50歳代の未婚男性の中では、比較的富裕な人とそうでない人のライフプラン・リタイアメントプランは少し違ってくるという前提になります。

単身世帯の65歳以降の生活費

総務省「家計調査報告(家計収支編)─平成29年」によりますと、単身世帯(76.1歳)の月間支出は約15.4万円となっています。

すこし余裕のある生活を考えると20万円程度になります。

ただ、このデータの支出の内訳で住居費は約1.5万円になっていますから、上表の持家率の41.9%を考えた場合、住むエリアによりますが、さらに7-8万円のプラスが必要な人が多くなります。

ここでは、5つのパターンを考えましたが、それぞれの年間ベースの生活費は次のようになります。

くらしのパターン年間20年間(85歳まで)
自宅有り・標準のくらし185万円3700万円
自宅有り・余裕のくらし240万円4800万円
賃貸・標準のくらし280万円5600万円
賃貸・余裕のくらし330万円6600万円

65歳以降の収入の見込みと収支

60~65歳まで給与所得があった場合の平均的な年金額は、平成30年度で、月15.6万円になっています。これは平均値ですから、勤務年数や給与額によって増減します。

また自営業などで国民年金加入の場合は、月6.5万円程度になります。(今回は対象外)

厚生年金受給者を想定してその年額と20年間分を計算すると、年187万円、20年で3744万円になります。

上表のくらしのパターンの生活費と組み合わせると下表のように、「自宅有り・標準的なくらし」を除いて、不足額が発生します。

くらしのパターン20年間の生活費20年間の年金計不足額
自宅有り・標準のくらし3700万円3744万円なし
自宅有り・余裕のくらし4800万円1056万円
賃貸・標準のくらし5600万円1856万円
賃貸・余裕のくらし6600万円2856万円

不足額への備え

約1000万円から3000万円の不足額が生じますが、その不足額に備えるには様々な方法があります。

① 会社等の勤務先の退職金 想定額 0~2000万円(退職金なしの場合もある)
② 貯蓄した金融資産    想定額 0~2000万円
③ 65歳以降も働く

の3つの選択があり、実際にはこれらを組み合わせることになります。

2人以上(夫婦)世帯の老後資金は一般的に1億円と言われていますので、単身世帯の老後資金は、2人以上世帯と比べて少なくて済むわけですが、他に課題があります。

高齢期(80歳以上)の未婚世帯の課題

65歳でリタイアしたとして、60代~70代は病気などしなければ、比較的安定して過ごすことができますが、80歳以降の高齢期は独身世帯ならではの課題が起きてきます。

① 病気や心身の障害が起きた時の介護の人や費用
② 住まいの問題     高齢期の賃貸住宅の入居や介護施設への入所
③ 資産の承継や処分   誰にどんな形で遺すかが問題

これらのことは、2人以上の世帯でも当然考える必要のあることですが、相談・依頼する親族等がいる場合は別にして、独身者の場合は一人で考え・行動しなければならないことが多いので、少し早めから考えて準備が必要でしょう。

そのために考える単身世帯のリタイアメントプランのポイントは次の通りです。

人生100年時代の独身高齢者のリタイアメントプランのポイント

この2~3年すっかり世の中に定着した言葉ですが、「人生100年時代」、考えていた以上に、長く生きる時代になりました。そんな時に必要な準備は、何でしょうか。

少し多めの高齢期資金

85歳までの老後資金と不足分の確保法について、前段で触れましたが、さらに10年分を積みました資金プランが必要になってきました。

年間生活費を85歳までと同額にすると10年間で1800万円~3300万円となりますので、年金受給分を差し引きすると、0~1500万円の追加資金が必要になります。

高齢期になった際、自宅で最後まで過ごせるのが最も理想ですが、その人に合った高齢者住宅や介護施設への入居も必要になってきます。

その際、賃貸住居の借用自体の問題や、保証人などの問題が発生しますので、以下のサポートの制度や「身元保証会社」を使うことになり、追加の費用が発生します。

相談相手や支援のしくみの活用

単身者が高齢になった場合の相談や支援の方法はいくつか考えられます。

  • 親族や知人に相談・支援を受ける
  • 成年後見制度(任意後見制度)を利用する
  • ファイナンシャル・プランナー等専門職のアドバイスを受ける
  • 福祉制度の支援を受ける

親族に支援して貰う場合は、遺産を支援してくれた親族に遺して、それに応えるという ことになります。

一方で、成年後見制度を利用するとか、ライフプラン・マネープランに詳しいファイナンシャル・プランナー(FP)に相談するという方法もあります。

お金のこと、福祉制度にくわしい点では、FPに相談するのが、良いかもしれません。

支援のしくみを利用するための資金の準備

成年後見制度やFPを利用する場合は費用が発生します。

親族に遺産で遺すか、費用として支出するかの違いで、いずれにしても老後資金として、生活費とは別に準備をしておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

経済的に余裕があって、70代・80代をアクティブに過ごす未婚男性も多く、人の生き方・ライフプランは100人いれば100通りです。

その人らしい生き方が望ましいのですが、ライフプランと裏付けとなるお金の計画を立ててみましょうというのが今回の提案です。

50代はまだまだ人生を前向きに立て直せる時期ですから、アクティブなプランも含めて考えていきましょう。

ファイナンシャルプランナー
植田英三郎

家電メーカーに37年間勤務し、退職後はMBA(大阪府立大学 経済学研究科大学院)にて経営情報システムを専攻。

CFPファイナンシャル・プランナー :2007年日本FP協会 兵庫支部所属、兵庫支部幹事(2018年~現在)
2013年福祉住環境コーディネーター2級取得
2014年にウエダFPオフィスを開業。<専門領域>

リタイア後の生活・老後の設計・高齢者の住まいと介護施設・資産運用アドバイス・保険の見直し
NPO法人やボランティア団体で高齢者支援や地域活動に携わる。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談