【手取り30万でも貯金ゼロ】貯蓄体質へ変わるための家計改善術とは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

贅沢しているつもりはないのに、なぜかお金が貯まらない。

今年こそ貯金を増やしたいと思いつつ結局挫折してしまう、という人は少なくないのではないでしょうか。

そこで今回、無理せずラクにお金が貯まっていく、家計改善と貯蓄の仕組み作りについて、事例を通してご紹介していきたいと思います。

貯蓄ができない30代男性の家計事例

(事例)

松田 友昭さん(仮名)31才・会社員・独身・手取り給与30万、手取りボーナス80万
もともとお金に無頓着で、飲みの付き合いや趣味などにあるだけ使ってしまっている。
ボーナスからも車のローン、カードのボーナス払い、その他の支出により貯金が0円の状態。
この先、結婚することや老後のことを考えて、30才を過ぎて貯金ゼロはさすがにやばいのでは、と最近焦り始めた。

【改善前の毎月の支出】

手取り給与¥ 300,000
住居費(駐車場込)¥ 76,000
食費¥ 60,000
水道光熱費¥ 14,000
通信費¥ 13,000
雑費¥ 6,000
生命保険¥ 21,000
趣味・ゴルフ¥ 25,000
交際費¥ 26,000
被服費¥ 18,000
車ローン¥ 17,000
カード(リボ払い)¥ 24,000
支出合計¥ 300,000

優先させたい支出・削ってもいい支出を考える

給与・ボーナスともに使い切ってしまっている今の状況から、貯蓄できるようになるためには、まずは無駄な支出を削減することが大切です。

しかし、何が無駄な支出で、何が削りたくない支出なのかは個人でそれぞれ違います。

まずはどのような支出にいくら使っているかを把握したうえで、支出に優先順位をつけ、削ってもいい無駄だと思われる支出と、削りたくない支出の確認をしていきましょう。

【改善後の毎月の支出】

手取り給与¥ 300,000 
住居費(駐車場込) ¥ 76,000 
食費¥ 60,000 
水道光熱費¥ 14,000 
通信費¥ 5,000▲8000円:格安スマホに変更
雑費¥ 6,000 
生命保険¥ 4,000▲17000円:医療保険を残しすべて解約
趣味・ゴルフ¥ 25,000 
交際費 ¥ 16,000▲10000円:飲み会は週一回の参加に減らす
被服費¥ 18,000 
車ローン¥ 17,000 
カード・リボ払い¥ 0▲24000円:保険の解約返戻金で一括返済
支出合計¥ 241,000毎月59,000円の黒字予定

家計改善のポイントと解説

まず、通信料の見直しを行いました。友人などとの通話で月1万円以上支払っていましたが、格安スマホに変更することで大幅に料金を削減できました。

機能や使い勝手は変わることなく、通話無制限でも月5,000円ほどと、お手軽なプランもあるので自分にあったプランを探してみましょう。

次に保険の見直しを行いました。

松田さんは独身なのに、職場に来る生保の営業レディからすすめられ、よく内容が分からないままに死亡保険や介護保険などの保障に加入していました。

内容を確認し自分には必要の無い保障だと判断できたため、医療保険を残しすべての保険を解約しました。

解約した死亡保険には貯蓄性があったため、受け取った解約返戻金で残っていたカードのリボ払いを全て完済しました。そして最後に交際費の見直しを行いました。

松田さんは、もともとそれほどお酒を飲むことが好きでもないのに関わらず、何となく先輩や同僚に誘われるままに、週に1・2回ほど会社の飲み会に参加していました。

仕事の仲間でもあり、付合いが悪いと思われるのも困るので、今後は週に1回、一次会のみ参加することにしました。

食費や趣味、ゴルフの費用、被服費は減らしたくないというご本人の希望により、現状のままの予算で継続することにしました。

お金が自動的に貯まる仕組みをつくる

家計の見直しを行うことで、毎月59,000円の黒字になる見通しがつきました。ただ、このままでは黒字になったことに安心し、再度支出が増えてしまうことも考えられるため、毎月お給料が出たらすぐに貯蓄用の口座にお金が移るような仕組みを考えることにしました。

ます、定期預金の自動積立を申し込みました。これは、毎月指定した日に指定の金額を普通預金口座から定期預金口座へ自動的に積立をおこなうものです。

松田さんの場合、お給料日が毎月25日のため、毎月26日に3万円、6月と12月のボーナス月にはプラスして10万円ずつ積定期預金に積み立てる設定をしました。

次に、長期的な資産運用もはじめてみたいという松田さんの希望により、つみたてNISAもスタートすることにしました。

つみたてNISAとは、毎年40万円を上限に投資信託を購入していく制度です。本来なら、運用により出た利益に対して20%の税金がかかりますが、つみたてNISAはこの税金が最長で20年間非課税になるおトクな制度なのです。

松田さんはネット証券で口座を開設し、毎月月末にお給料口座から口座振替で2万円の積立をおこなう設定をしました。

あわせて、毎月5万円の貯蓄ができるようになったため、年80万円のボーナスから車のローンの返済と定期預金の積立を除いた残りの30万円については、自分の好きに使えるようなルールに決めました。

お金の使い方を考える

これで、毎月自動で貯金できていく仕組みができましたので、あとは口座に残ったお金で予算に合わせてお金を使っていけば、自然と貯金ができていくことになります。

ただ、松田さんの場合は今までカードでの支出が多く、普段の買い物やリボ払いで家計の支出が分かりにくくなっていたこともありましたので、今回新たに銀行口座のデビットカードを作成しました。

デビットカードはクレジットカードとは異なり、口座から即時引き落としされるのが特長ですので、口座の残高以上にお金を使ってしまうことはありません。

今後は、少し大きな買い物などはクレジットカードでのボーナス払い、普段の買い物などはデビットカードを利用するなど、賢く使い分けてカードを使っていくことをオススメしました。

まとめ

松田さんのケース、いかがでしたでしょうか。
ご本人によりますと、不要な支出を減らせたことで不安が解消され、そして少しずつ残高が増えていく預金口座を毎月見ていくことで、貯金できる喜びに目覚めたということでした。

また、細かく家計簿をつけるようなことが大の苦手なので、今の方法はとても自分に合っていると感じているそうです。

無理な節約や、貯金はなかなか続かないもの。

家計を見直し、無駄な支出を削減しながら貯蓄できる仕組みをつくることが、資産を増やしていく近道になるはずです。

ファイナンシャルプランナー
名古屋FP家計相談センター 代表
佐治 富美子(さじ ふみこ)

日本FP協会認定FP(AFP)、2級FP技能士、住宅ローンアドバイザー、証券外務員ニ種、ロングステイアドバイザー。

お金の知識がなく不安な会社員時代をすごした自身の経験から、誰でも安心してお金の相談をできるサービスを提供したいという想いを胸に、金融機関での勤務を経て、2011年にFPとして独立。
名古屋FP家計相談センターを設立。

現在は「楽しく貯めて賢く増やす家計の仕組み作り」をテーマに、家計改善、住宅購入、保険見直し、資産運用などの相談業務、セミナーを中心に活動中。家計の相談実績は500件以上。

ホームページ

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談