キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

他社借入がある人がカードローン審査で通るには

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

結論から言えば他社借り入れがあっても、他社カードローンの審査に通ります。次の借り入れ先が銀行カードローンに限らず消費者金融も同じです。

審査に通るには信用情報に問題がないことは前提として、現在の他社借り入れ件数と総量規制の範囲内に収まっているかどうか確認する必要があります。

大手消費者金融の審査に通るには、他社借り入れ件数は4件以内であることが重要視されます。また、消費者金融では総量規制以上借り入れしていれば審査には通りません。

銀行カードローンでも、借り入れ限度額を超えているとして、借り入れできない可能性が高いです。

他社借り入れがあって審査に通る基準

次の借り入れ先として消費者金融を選ぶ場合、他社借り入れがある状態で審査に通るためには総量規制を意識しなければなりません。

消費者金融の貸付は総量規制対象貸付です。

すでに借り入れ金額が年収の1/3以上あると、信用情報に問題がなくても審査には通りません。

現在の借り入れ金額が総量規制の範囲内であること

他社借り入れがある状態で審査に通るため第1の条件は、現在の借り入れ金額が総量規制の範囲内であることです。

総量規制は、個人が消費者金融など無担保無保証で借り入れしている上限金額を年収の1/3までと法律で規制しています。

したがって現在の借り入れ金額が総量規制の範囲内であれば、他社借り入れがあっても審査に通る可能性があります。

具体的に例をあげれば、年収(総支給額)300万円なら100万円が総量規制の上限額ですね。

現在の借り入れ金額が50万円なら、他社カードローンに申し込んでも50万円の枠がありますので、信用情報に問題がない限り審査に通ります。

審査に通るかどうか「お試し審査(お借り入れ診断)」をしてみよう

現在借り入れがあるのに、他社カードローンの審査に通るかどうか試す方法があります。

それは銀行や消費者金融カードローン各社に設置してある、「お試し審査(お借り入れ診断)」で確認する方法です。

銀行や消費者金融によっては名称が「1秒審査」や、「3秒診断」、「お借り入れ診断」など色々ありますが、現在の借り入れ額と年収を入力するだけで、カードローンで借り入れできる可能性があるかどうか判断してくれます。

「お試し審査(お借り入れ診断)」によって「カードローンの審査に通る可能性があります」と表示されれば、とりあえずは審査に通る可能性があることを示しています。

現在の借り入れが総量規制の対象となるかどうかの判断

借り入れには、

  • クレジットカードのキャッシング
  • 銀行カードローン
  • 銀行の担保ローン
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • ショッピングローン

など様々なものがありますね。

上記のものは全て借り入れの範疇に入りますが、借り入れには総量規制の対象となるローンとならないローンがあります。

たとえ借り入れでも総量規制の対象とならなければ、他社カードローンに申し込む際に申告する必要はありません。また年収の1/3の借り入れ件数として考える必要もありません。

ですからあなたのカードローンなどの借り入れが総量規制対象なのかどうか、確認する必要がありますね。

総量規制対象になる借り入れ

総量規制対象となる借り入れの代表例は以下の通りです。

  • 消費者金融カードローン
  • 消費者金融の目的別ローン
  • クレジットカードのカードローンキャッシング
  • クレジットカード会社の目的別ローン

どの借り入れれを見ても、ノンバンクの借り入れであることが分かりますね。また担保なしの借り入れであることもお分かりでしょう。

総量規制対象の除外となる借り入れ

総量規制対象の除外となる借り入れの代表例としては以下のものがあります。

  • 不動産購入のための融資
  • 自動車購入のための融資
  • 高額医療費の融資
  • 有価証券を担保とする融資
  • 不動産を担保とする融資
  • 売却予定不動産で返済できる借り入れ

不動産購入のための融資とは、いわゆる住宅ローンです。自動車購入のための融資とは、いわゆる自動車ローンです。

なお自動車ローンでも、ノンバンクが無担保で貸し付けるマイカーローンについては総量規制対象となりますので注意が必要です。

総量規制除外となる銀行借り入れについては、他社借り入れ件数としてみなされないため、他社カードローンの審査で影響を受けることはありません。

しかしながら金融機関によっては、銀行の融資であっても返済能力があるかどうかの判断として審査の対象となることもあります。

総量規制対象外となる借り入れ

総量規制には除外となる借り入れの他に、対象外となる借り入れも存在します。

  • 銀行による融資(銀行カードローンを含む)
  • クレジットカードのショッピング利用料金
  • 信販会社のショッピングクレジット

上記の借り入れは総量規制対象外です。

よって現在の借り入れとして銀行カードローンや、クレジットカードのショッピングローンを含んでいる場合は、他社借り入れ件数にカウントする必要はありません。

他社借り入れ件数が4件以上だと審査に影響がある

借り入れがある状態でカードローンに審査に通るかどうかの判断は、他社借り入れ件数も大きく関係してきます。

借り入れ件数が多いと利用者は多重債務者とみなされ、返済能力が低い、または借り入れの管理ができていないとカードローン会社から判断されてしまいます。

将来にわたってリスクの高い申込者であると思われてしまうのです。

たとえ現在の借り入れが年収の1/3だとしても、すでに4件以上の借り入れがあると大手消費者金融では審査には通りません。

銀行系消費者金融のプロミスやアコム、レイクALSAや SMBC モビットカードローンの借り入れは、総量規制対象貸付ですのでご注意ください。

「銀行」の名前が付いていても消費者金融であることには変わりはありません。銀行カードローンと消費者金融の違いについても、区別しておく必要があるでしょう。

また楽天カードについても、楽天銀行の貸付ではありません。

楽天カードはクレジットカード会社です。クレジットカード会社のキャッシングは、既にご説明の通り総量規制対象貸付です。

他社借り入れ件数による審査の通りやすさ

具体的に他社借り入れ件数が何件ならカードローンの審査に通るのか、一覧表にまとめましたのでご覧ください。

借り入れ件数審査の通りやすさ
借り入れ件数:0審査に通る
借り入れ件数:1ほぼ審査に通る
借り入れ件数:2パートやアルバイトでは審査に通りにくい
借り入れ件数:3契約社員や派遣社員では審査に通りにくい
借り入れ件数:4正社員で大手企業・公務員でないと審査に通りにくい
借り入れ件数:5大手消費者金融の審査には通らない

消費者金融はパートやアルバイトでも審査に通りますが、他社借り入れ件数は2件以内にしておく必要があるでしょう。

また雇用状態が正社員でない派遣社員や契約社員となると、他社借り入れ件数が3件では審査に通るは難しいです。

正社員でないと収入に安定さがないため、信用力や返済能力と言った観点で劣ってしまいます。

よほどの大手企業や公務員でない限り、他社借り入れ件数が4件以上では審査に通らないと考えておきましょう。

借り入れ件数が4件以上でも、どうしてもお金を借りたいなら、比較的審査基準が甘いと言われている中小消費者金融に申し込むと審査に通る可能性が上がります。

もちろん既にご説明した総量規制の範囲内に借り入れが収まっていなければならないことは言うまでもありません。

しかしあまり他社借り入れ件数が多い状態で、さらに借り入れを重ねるのは返済額多くなるだけでなく、最終的には返済地獄や借り入れ地獄になるだけです。

場合によっては債務整理をしなければならないことにもなってしまいます。信用情報に傷をつけないためにもおまとめローンを検討しましょう。

他社借り入れがあっても審査に影響がない借り入れ

他社借り入れであっても、審査にはあまり影響がない借り入れがあります。

住宅ローンや自動車ローンは審査に影響はない

カードローンの審査の際に、住宅ローンや自動車ローンの借り入れがあっても、カードローン審査そのものにはそれほど影響しません。

銀行による融資のため金利が低いことや、返済期間が長いこともあって、利用者無理なく返済していけると金融機関が判断するからです。

カードローン審査において最も影響を受けるのは、カードローンやフリーローンのように、無担保でお金の使い道が決まっていないローンです。

住宅ローンには担保がありますし、自動車ローンは担保となる自動車を購入しています。

このようなローンの場合には、たとえ返済が滞ったとしても自動車を売却してローンの返済に充当できるため、銀行にとってリスクが低いと判断できます。

銀行カードローンは総量規制対象外でも審査に影響がある

新たな借り入れ先として消費者金融を選ぶ場合、すでに借りている借り入れが銀行カードローンだとしても、借り入れ審査に影響が出ることが多いです。

なぜなら返済能力の有無は、必ずしも総量規制対象となる融資だけで審査しているわけではないからです。

もちろん新たな借り入れ先として銀行カードローンを選ぶ場合でも同じです。

最近になって銀行カードローンの過剰融資が社会問題化しているように、銀行は自主規制として貸付可能とする判断を総量規制に当てはめるようになっています。

したがって他社借り入れがある状態で審査に通るためには、銀行カードローンと消費者金融、及びクレジットカードのキャッシングの借り入れの合計が年収の1/3になっているようにしましょう。

他社借り入れで嘘をつくと審査に通らない

他社借り入れ件数や金額が多い状態は明らかに審査に不利です。しかし借り入れを申し込む際に嘘をつくと審査に落ちてしまいます。

なぜなら他社契約情報は個人信用情報機関に全て情報が登録されているからです。

カードローン各社は必ず信用情報機関に加入し、借り入れ申込者の個人信用情報を取得します。

契約するかどうかの判断と、お金を貸すならいくらまで貸して良いのかの判断をするためです。

よってたとえ嘘をついて借り入れ件数を少なく申告しても、また他社借り入れ金額を少なく申告しても必ずばれてしまいます。

嘘をついてまでお金を借りようとする申込者に信用が置けないと判断されてしまうため、他社に申し込む場合は正確な借り入れ件数と金額を記入しましょう。

個人信用情報機関は3つある

金融機関が加入している信用情報機関は次の3つです。

  • 全国銀行個人信用情報センター(略称KSC)
  • 日本信用情報機構(略称JICC)
  • シー・アイ・シー(略称CIC)

銀行が加盟するのは KSCで、 消費者金融カードローン各社とクレジットカード会社が加盟しているのは JICC と CICです。

信用情報機関はそれぞれCRINと呼ばれるネットワークによって、金融事故を中心として情報を共有しています。

また JICC と CIC はFINEと呼ばれる相互交流ネットワークシステムが貸金業法によって義務付けられているため、より密接なカードローン情報共有を行なっています。

そのため契約している金融機関がどこになっていても、必ずローン審査やクレジットカードの審査では、申込者のお金に関する件数や金額などの契約情報は全て丸見えであると考えておきましょう。

一定期間保有される個人信用情報

ローン契約やクレジットカードの契約などの、申込者のお金に関する契約情報は一定期間信用情報機関の保有されます。

他にもどのような信用情報が登録されているのかまとめてみましたのでご覧ください。

登録情報登録期間
契約情報解約してから5年
返済情報最長5年
カードの強制解約解約されてから5年
任意整理5年
自己破産5年から10年
個人再生5年から10年
申込情報6ヶ月

保有される期間に幅があるのは、信用情報機関によって保存する期間が異なるからです。

例えば自己破産や個人再生の情報は CIC では5年で消えますが、 KSC では10年保存します。

相互交流ネットワークシステムによって情報共有されるため、10年間保存されると考えておきましょう。

したがって、個人信用情報に返済トラブルや債務整理情報が載っている間は、カードローン審査に通らない可能性が高いです。

信用情報に不安なら開示請求しよう

過去に金融機関とトラブルを起こして、現在自分の信用情報がどのようになっているのか調べることが可能です。

カードローンの借り入れ件数や、限度額、返済状況、金融事故情報など、申込者の情報を見ることができます。

信用情報に不安を持っているなら、審査を行う前に各信用情報機関に対して情報開示請求しましょう。

情報開示請求によって、審査に通りやすいのか通りにくいのか自分でもある程度判断ができます。

他社借り入れ件数が少なくても審査に落ちる基準

現在の借り入れが総量規制の範囲内で、しかも他社借り入れ件数が少ないとしてもカードローン審査に落ちてしまうケースがあります。

借り入れ審査は他社借り入れだけで見ているわけではありません。

申込属性が良くないと審査に落ちる

申込属性とは、

  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 勤務先

などの情報のことで、申込者の返済能力がどのくらいあるのか判断する材料です。

他社借り入れ件数が多くても、大企業に勤めているまたは公務員であれば審査に通りやすいですが、安定した収入が望めない契約社員や派遣社員となると他社借り入れ件数が少なくても審査に落ちやすくなります。

自営業者は信用力と返済能力に、安定性がないと判断されやすいです。審査に通りやすくするためにも、個人信用情報に取引履歴の実績を作っておきましょう。

信用情報に異動情報があると審査に落ちる

過去の他社への返済で、金融機関とトラブルがあったことが信用情報に登録されていると審査に落ちます。

長期返済滞納や債務整理情報は、いわゆるブラック情報と言われ金融機関が審査において最も嫌う情報です。

ブラック情報は正式に言うと「異動情報」と言います。異動情報は登録されると5年から10年は消えません。

携帯電話料金の支払い遅れで審査に落ちるのは本当?

携帯電話の料金を分割払いで支払っている場合、利用者の支払い状況も信用情報に記録されます。

毎月しっかり払っていないとカードローンの審査に落ちてしまいます。

携帯電話料金の延滞が原因で審査に落ちるケースは意外と多いですね。

上のツイートにもあるように、携帯電話料金の支払いを滞納してしまうと、信用情報にキズが付くということを知らない人は意外と多いでしょう。

思わぬところでカードローンの審査に落ちてしまう原因を作ってしまわないように、携帯電話料金の支払いは滞納しないようにしたいですね。

短期間に複数申込みすると審査に落ちる

短期間のカードローン複数申し込みは、相当お金に困っている、と見られてしまうため審査には通りません。

申し込み情報だけがあって契約情報がない人のことを「申し込みブラック」と言います。

申し込みブラックは、審査担当者から申込者の返済能力や信用能力がないと判断されてしまいます。

申込情報は6ヶ月で消えますので、借り入れ審査に落ちてしまったら6ヶ月待つことをお勧めしますが、少なくとも最初の申し込みから2ヶ月程度は間を空けましょう。

他社からの借り入れ以外にも審査落ちの原因がある

他社からの借り入れは審査に大きく影響を及ぼしますが、他にもこんなことが原因で審査に落ちる可能性があります。

個人信用情報のないスーパーホワイトは審査で落ちやすい

30歳を過ぎて初めて消費者金融カードローンを作ろうとした際に、信用情報に利用実績がなく審査に落ちてしまいます。

つまりスーパーホワイトのため、「過去に自己破産などしたのではないか?」と思わず勘ぐられるからです。

こういったツイートにもあるように、クレジットカードはできるだけ20代のうちに少なくとも1枚は作っておいて、カードローン審査で落ちないように実績を作っておきましょう。

スーパーホワイトとは?

いままで一度もローン組んだことがなく、クレジットカードの利用、カードローンの利用がない人のことを言います。

また自己破産などの債務整理をしても、5年から10年程度で過去の金融事故歴が個人信用情報から削除されるため、銀行カードローンや消費者金融の審査に通りません。

関連記事をチェック!

3社以上での多重債務でも借りれるおまとめローン

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 3社以上でも借りられる おまとめローンは複数のローンから借入しているものを1つ...

他社借り入れがあっても審査に通る条件

逆に他社借り入れがあっても審査に通る条件とはどのような条件なのか、具体的にご説明していきます。

申し込み属性を良くする

勤続年数が短い人は最低でも1年以上経過してから申し込むと良いです。

また雇用形態はアルバイトよりはパート、パートよりは派遣社員や契約社員になるほど審査に有利です。

申込者の雇用形態を少しでも正社員に近づける努力をしましょう。

他社借り入れ件数と金額を減らす

もう少しで借り入れ完済ができそうな借り入れは返済してしまいましょう。そして契約を解約しておきましょう。

こうすることで借り入れ件数を減らすことができます。

例え借り入れ完済できないとしても、できるだけ借り入れを減らすことも審査に通るためのコツです。

借り入れを一本化(おまとめローン)する

他社借り入れ、金額が多く、審査に通らない可能性が高いと判断できれば、借り入れを減らすためにも複数ある借り入れを一本化しましょう。

おまとめローンはプロミスやアコムなどの大手消費者金融でも扱うことができる商品で、総量規制の例外貸付として年収の1/3を超えた借り入れでも借り換えすることが可能です。

また、金利を下げることや毎月の返済額を減少させる効果もあります。

銀行の低金利カードローンへの借り換えで、消費者金融などの借り入れをまとめると、返済額をかなり減らせる可能性が高くなります。

審査に通るためには、借り入れ限度額がオーバーになっていると思われないように、カード借り入れをおまとめすることを事前にオペレーター伝えておきましょう。

カードローンの複数同時申し込みはしない

短期間の間にカードローンの複数同時申し込みはしてはいけません。

複数同時申し込みによって必ずしも審査に落ちるとは限りませんが、少しでも審査に通りやすいように同時申し込みは2社までに制限しましょう。

審査に通ればどこでもいいやと、3社以上に申し込みてしまうと「申し込みブラック」と判断されてしまい、審査に通りにくくなってしまいます。

申し込みが2社なら、審査基準は消費者金融によって違うため、 一方がダメでももう片方が審査に通る可能性がありますね。

他社借り入れ情報は正確に書く

借り入れ審査は必ず信用情報機関から個人信用情報を入手します。ですから必ず他社借り入れ情報については件数も金額も正確に申告しましょう。

他社借り入れがあるから少なく書けばいいや、と嘘を書いてしまうと、信用の置けない利用者であると判断されてしまい審査に通らなくなってしまいます。

たとえ審査に通ったとしても、消費者金融は必ず途上与信を行っています。途上与信とは審査に通ったカード利用者の信用情報に変化がないかどうか、定期的に金融機関がチェックする審査です。

もし途上与信で他社借り入れ情報の嘘がばれてしまったら、カードの強制解約やカードローン借り入れの一括返済請求をされてしまうでしょう。

お借入れ診断をしてみる

他社借り入れがあっても審査に通るかどうか、各カードローン会社の公式ページに設置してある「お借入れ診断」をしてみるのも手です。

お試借り入れ診断によって「借りれる可能性がある」と結果が出たとしても、実際の審査に通るかどうかまでは判断できません。

しかし他社借り入れ金額が年収、年齢や雇用形態などを入力するだけで、融資できるかどうか簡単に判断してくれます。

なおお借入れ診断は個人信用情報を見ていませんので、申し込み情報にカウントされることはありません。

他社借り入れと審査に関するQ&A

ここでは、借り入れと審査に関するよくある質問についてご説明していきたいと思います。

奨学金は借り入れ審査に影響する?

日本学生支援機構が貸付している貸与型の奨学金の借り入れは、カードローンを含めた他のローンに影響することはありません。

もちろん総量規制対象外の貸付です。

奨学金を借り入れした事実はKSCに登録されますが、JICCやCICにデータ共有されることがありませんので、消費者金融やクレジットカード会社は知るすべがないのです。

ただし奨学金の支払いを3カ月以上滞納した場合は金融事故としてKSCに登録され、金融事故情報はその他の信用情報機関にもデータ共有されてしまいます。

真面目に奨学金を支払っている限り、住宅ローンや自動車ローンなども含めたローン契約、および消費者金融の利用に支障をきたすことありません。

リボ払いは借り入れ審査に影響する?

クレジットカードのショッピング利用代金のリボ払いは総量規制の対象外となるため、各種ローンの審査に特別深刻な影響を与えるということはありません。

支払い残高が年収の1/3に含まれることはありませんので、カードローンなどでお金を借りるにしても返済を滞納しない限り神経質になる必要はありません。

リボ払いは、今やショッピング利用代金の支払い方法として認知されていることも考えれば、リボ払いがローンの審査に影響を与えてしまったのでは、多くの人がローンを組めなくなってしまいますね。

家族の借り入れ状況は審査に影響する?

結論から言えば、家族の借り入れ状況は借り入れ本人の審査に影響することはありません。

確かに、銀行や消費者金融・クレジットカード会社などの金融機関は、途上与信としておよそ3カ月ごとに信用情報機関から利用者のデータを取得することが義務付けられています。

しかし、借り入れ申込者本人からローンの申し込みがあったとしても、本人の家族が誰なのか金融機関は知ることができません。

たとえ知ることができたとしても、申込者本人の同意なくして勝手に信用情報機関からデータを取得することは禁止されています。

極端な話、夫がブラックだったとしても、連帯保証人になっていない限り妻や子供の借り入れ申し込み審査に影響することはないのです。

銀行借り入れは借り入れ審査に影響する?

申し込む金融機関によって異なります。

銀行借り入れ情報はKSCに登録されますが、消費者金融やクレジットカード会社が利用するJICCとCICには情報共有されません。

登録されるとすれば、銀行カードローンなどの保証会社が消費者金融やクレジットカード会社になっている場合に、保証契約としてJICCとCICに情報が登録されます。

もちろん、銀行借り入れは総量規制の対象外ですから、借り入れ件数や年収の1/3に含まれることもありません。

ただし、銀行カードローンに申し込む場合は、借り入れしている情報が分かってしまいます。

借り入れる金額が年収の1/3以上になる場合は、自主規制として審査に影響を及ぼす可能性も否定できません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご説明の通り他社借り入れがあっても新たなカードローン審査に通る可能性は十分にあります。

銀行カードローンに限らず消費者金融においても同じことが言えますね。

ただし審査に通るためには借り入れが総量規制以内であることが重要です。

また借り入れ件数についてはどんなに多くても4件以内にしておくことが条件でしょう。

以下に他社借り入れがある状態で審査に通るかどうかをまとめてみましたので、是非参考にしてください。

他社借り入れがあっても審査に通るかどうかの判断
  • 借り入れが総量規制以内かどうか
  • 迷ったら借り入れ診断を行う
他社借り入れ件数
  • 大手消費者金融なら他社借り入れ件数は4件以内
  • 4件以上の借り入れは、中小消費者金融かおまとめローンを検討する

 

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談