あなたの金銭感覚を本来あるべき姿へ~収入と支出の2つを見直すだけで、借金の返済がらくになる方法~

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

手元の収入が増えれば・・

「あの欲しかったものが買える」「借金の返済で困ることがなくなる」「つらい思いはしなくなる」と感じたことはありませんか?

お金があれば解決できることは沢山あるかもしれません。

でも、お金が泉のごとくあふれ出るようなことは現実的ではありません。

仮にお金を借りて一時的に工面できても、どこかのタイミングで歪は生まれてしまうものです。

だからとって借金することが悪いというわけではありません。

ようは、支払い不能になるお金の使い方にならない方法を手にすればいいのです。

収入と支出の2つを見直すだけで、借金の返済が2倍速でらくになります。

読み返すことで自然とお金が増えていくこと実感できるようになってくることでしょう。

借金の返済で悩む日がなくなる

給料日・・・。

借金の借り入れが多い人は憂鬱な気持ちになることでしょう。

毎回、給料日直後に引き落としされると、なんのために働いているのかも分からなくなって、借金返済のために働いているという意識が強くなるものです。

返済の悩みを解消するには、借金を返済できるプランを立てるのがポイントです。

借金の返済額は、元金と利息を合わせた額です。

毎月ドーンと引かれると喪失感が残りますが、利子は生活費の中で払い、元金は節約したお金で返済すものと分けて考えておくと、返済計画が立てやすくなります。

つまり、計画的に返済できるようになれば、「お金がないから払えない」という感情は生まれにくいといえるのです。

収入と支出のバランスを整えたら借金返済が楽になる

借金は生活を豊かにする道具ですが、人には「毎月の支払いに耐えしのげる返済可能額」というものがあります。

家計が苦しい理由を聞くと、

  • 育費が増えた
  • 会社の方針で残業の見直しで給料が1割減った
  • 返済が厳しくなった
  • 葬式に参列する機会が増えた
  • 消費者金融、クレジットカードの限度額がいっぱいになってきた

いろいろ理由はありますが、借金の返済が負担に感じる要因は、家計費の流れを把握できなかったことにあります。

事前に「毎月の支払いに耐えしのげる返済可能額」を知っていれば、借金の返済で困ることもなかったはずです。

家計費は入りと出のバランスが偏ると、簡単に崩れてしまいます。

返済の負担を感じないようにするためには、お金の「入りと出のズレを修正」するにつきます。

まずは、ご自身のお金に興味を持つ。

それが突破口になります。

家計が苦しくなると他に収入を求め、「共稼ぎをすれば収入が増えるだろう」「副業すれば生活はしていけるだろう」と思っていても思っていたほど収入が増えなかったということはよくある話です。

収入を増やせば必ずしも返済できるお金が作れるというわけではありません。

労働時間が増えた結果、本業に支障をきたすようになってきた。

外食や総菜を利用することが多くなってきたなど、何らかの代償を支払うリスクを負うこともあります。

そもそも人間は、苦しい状況にならないと新しいことに挑戦できない傾向あるといわれていますから、気づいた時には副業したぐらいでは「返しきれない借金に膨れ上がっていても不思議ではありません」。

ここに入のズレがあるのです。

収入を増やせる人の思考は「いずれは なんとかなるだろう」という判断基準を持たず、何に時間とお金を投じるべきなのか、しっかりとした軸をもっています。

副業すれば何とかなるだろう。という「あいまいな判断」は入りのズレを生みます。

不確定要素を含んだ収入よりも、持続的な収入が増やせる方法、努力した分だけリターンが見込まれるようにすれば収入は得やすくなるといえるのです。

あなたのお金の使い方は毎日が同じでしようか?

仮に、あなたが給料日の直後に飲みに誘われて断れない性格であれば「支出にブレがある」かもしれません。

新年会、暑気払い、忘年会など、年に数回のお付き合いであれば何の問題もありませんが、毎月の飲食、家族との外食が給料日直後に、「財布の紐」が緩みやすいタイプであれば、気をつけるようにしたほうがよろしいでしよう。

ふところ具合、お財布の膨れ具合によって、お金の使い方に変化が起きるということは、『支出の軸にズレがある証拠』です。

月に一回は自分へのご褒美みたいなことを続けている人は、支出が膨らみやすく、臨時収入が入っても手元には残らない経験をされていることでしょう。

これを防ぐ方法として有効なのが、「毎日、使う金額を一定」にすることです。

予算内ならどんなものを買ってもかまいません。

収入の増減にかかわらず、毎日、使うお金を一定にすることができれば、収入が増えるごとに返済に回せるお金が多くなっていくはずです。

入りズレ、出のズレに動じないよう精神力をつくれれば、返済の不安も小さくなるでしょう。

借金の返済できるお金はつくれる

これまでに紹介した「入りのお金」と「出るお金」をコントロールするだけです。

実践しにくいテクニックや覚えにくい複雑なテクニックは一切含まれておりません。

収入に比べ支出の割合が小さければ、借金を重ねる割合も徐々に減ってくるはずです。

返済のパフォーマンスを上げるには、入りと出の金銭感覚を身につけて、借金の返済不安にブレがないように心がけていくだけ。

無理に収入を増やせずとも、収入を3%増やして、手取り額を節税で3%を改善、生活費にしめる手取り額の割合を3%見直せば、月末に手元に残るお金はかんたんに2倍にすることができます。

借金返済のためには、家計費の全体にフォーカスする心構えです。

ファイナンシャルプランナー
村井一則

2012年12月に札幌市北区西茨戸にFP事務所を設立。 家計相談の傍らでWEBライターとしても執筆中。各社、マネー情報サイトへ記事を提供。 私は借金問題に詳しいFPとして、「借入相談」や「家計見直し」をメインとして個人家計コンサルタントを中心にお仕事させていただいております。 借金専門のファイナンシャルプランナーをしている理由は、私自身の『借金地獄』の苦悩した経験を体系化して、借金で苦労している人の役に立ちたいと考えたからです。 借金相談では、浪費が「やめたいけど、やめられない」心の闇を探り、解決策を模索する相談を心がけています。 あなたの抱える問題が解決し、不安が解消する為のお手伝いをさせていただきます。
 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談