キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

横浜銀行フリーローンの審査に通る3つのポイント&上手な使い方

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

フリーローンというと、比較的低い金利で借りられ、使い道も自由な個人向けのローン商品のことをいいます。

ここでは横浜銀行のフリーローンに注目してみたいと思います。

横浜銀行のフリーローンの審査に通るための3つのポイントと、フリーローンの上手な使い方について一緒に見ていきましょう。

横浜銀行フリーローンの特徴

横浜銀行のフリーローンは、来店不要でパソコンやスマホから24時間365日、いつでも申し込みをすることができます。

審査もスピーディーなので、申し込みから最短4営業日で借り入れが可能です。

限度額は最大1,000万円までと高額ですし、使い道も自由なので、とても使い勝手の良いローン商品だといえます。

では、具体的な借り入れの条件と申し込みの流れを解説しましょう。

申し込み対象者

横浜銀行フリーローンに申し込むことができるのは、以下の条件をすべて満たしている方です。

  • 満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方またはその配偶者
    (※パート・アルバイトの方、年金受給者の方も申し込むことができますが、学生は不可となっています。)
  • 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市・高崎市・桐生市にお住まいまたはお勤めの方
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • 横浜銀行、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報取り扱いに同意できる方

関連記事をチェック!

SMBCコンシューマーファイナンスの保証審査は厳しいの?

SMBCコンシューマーファイナンスは、多くの銀行カードローンの保証審査を行っています。 保証審査で気になるのは、審査基準の厳しさですよね。 SMBCコンシューマーファイナンスと言えば、プロ...

借り入れ条件

横浜銀行フリーローンの借り入れ条件は以下のとおりです。

  • 使用目的:自由(事業資金以外)
  • 借入形態:証書貸付
  • 借入金額:10万円単位で10万円以上1,000万円以内
  • 借入期間:6カ月単位で1年以上10年以内
  • 金利:固定金利
    借入金額金利
    100万円以下年14.6%
    100万円超200万円以下年11.8%
    200万円超300万円以下年8.8%
    300万円超400万円以下年6.8%
    400万円超500万円以下年4.8%
    500万円超600万円以下年4.5%
    600万円超700万円以下年4.0%
    700万円超800万円以下年3.5%
    800万円超900万円以下年3.0%
    900万円超1,000万円未満年2.5%
    1,000万円年1.9%
  • 返済方法:元利均等返済/借入金額の50%または25%を6か月ごとのボーナス時増額払いにすることも可能
  • 担保・保証人:不要
  • 保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(保証料不要)
  • 手数料:取扱い手数料3,240円(税込)、全額繰上返済手数料:3,240円(税込)
    ※借入金額が100万円以下の場合は手数料不要

申し込みの流れ

①.インターネットのほか、ファックスまたは郵送、電話で申し込み

②.以下の書類提出に関するお知らせをショートメールで受信

  •  本人確認書類
    (運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカード・在留カード・特別永住者証明書のいずれか)
  •  収入証明
    (借入限度額が60万円以上となる場合に必要/源泉徴収票・納税証明書・確定申告書・住民税決定通知書のいずれか)

③.書類をアップロード・郵送・ファックスのいずれかの方法で提出

④.審査

⑤.最短翌日に審査結果が指定の電話番号宛に連絡される

⑥. WEBまたは郵送またはファックスで契約手続き

⑦.振り込みにより借り入れ完了

関連記事をチェック!

収入証明書はどこで手に入る?新卒や個人事業主は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半...

横浜銀行フリーローンの審査のポイント

横浜銀行のフリーローンの審査に通るには、3つのポイントがあります。

ポイント1:返済能力があるか

申込内容から返済能力があるかどうかが審査されます。

年収や勤続年数、年齢や家族構成などから、返済能力の有無が判断されるのです。

また、他社からの借り入れがどれくらいあるのか、金融事故はなかったか、信用情報も確認されます。

関連記事をチェック!

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

ポイント2:申込内容に間違いがないか

申し込み時に入力(記入)した内容と、提出した書類の内容に間違いがないかを厳重にチェックされます。

ここに間違いがあると、虚偽申請だとみなされる可能性がありますので、申し込みの際には入力(記入)ミスがないよう慎重に申し込み手続きをしましょう。

ポイント3:在籍確認

横浜銀行のフリーローンに申し込むと、審査の過程で必ず電話による在籍確認が行われます。

本人が電話に出なくても、在籍していることを確認できればOKです。

在籍しているのかどうか確認できないままですと、審査には落ちてしまいますので、在籍確認が取れるかどうかはとても重要となってきます。

関連記事をチェック!

フリーローンの審査基準

「フリーローンとカードローンは違うの?」と思う人もいませんか。どちらもお金の使い道には、決まりはなく生活費や娯楽費でローンを利用できます。 しかし、ふたつのローンには違いがあり、審査基準も若干異...

横浜銀行の審査に落ちる原因&対策

横浜銀行の審査に落ちてしまう人には、どのような原因があるのでしょう?

また、審査落ちしないために事前に対策できることはあるのでしょうか?

信用情報に傷がある

まず、必ず審査落ちする人というのは、信用情報に傷がある人です。

過去に債務整理をした経験がある人や、3ヶ月以上延滞をしている人、複数社に短期間のうちに借り入れの申し込みをした人などが該当します。

信用情報に載ってしまった内容は一定期間消えません。

債務整理をした人は5年~10年情報が残ってしまいます。

短期間に複数社に借入申込をしたケースについては、6カ月程度で情報が消えますので、6カ月経過後にあらためて申し込みをし直しましょう。

関連記事をチェック!

信用情報CICの金融事故歴は何年残る?【弁護士でも削除は不可】

クレジットカードや各種ローンの支払いで金融事故を起こした場合、CICに何年金融事故情報が残るのでしょうか。金融事故情報が載っている限りお金に関する契約の審査に通ることはまずありません。 しかし金...

申込内容に虚偽がある

単に入力ミスをしたのか、嘘の内容で申し込んだのかはわかりませんが、申込内容に虚偽があると、審査には落ちます。

申し込み時に記載した内容と、追って提出する書類の内容に異なる点があったり、申告した他社からの借入額と実際の借入額の間に大幅な金額の相違があった場合などは、申込内容に虚偽があると判断され、審査には落ちてしまいます。

申し込みの際には、正確な内容をミスなく入れるようにしましょう。

関連記事をチェック!

嘘をついて借金をすると一瞬で信用を失う

金融機関から融資を受ける場合、「信用があること」は、とても大切なことです。信用は簡単には出来ませんが、失うのは一瞬です。 信用を失ったら金融機関と取引を続けることは出来るのでしょうか?また嘘をつ...

在籍確認が取れない

横浜銀行では、必ず電話による在籍確認を行っていますので、在籍確認が取れない場合も審査には落ちてしまいます。

申し込み時に勤務先電話番号を入れる際には、代表番号などではなく、在籍確認が取れる所属部署の直通電話番号を入力(記入)してください。

ほかにも、できるだけ自分が電話に出やすいようにしておくとか、職場の人に横浜銀行から電話がある旨を伝えておくなど、事前に対策をとっておきましょう。

年収に対し借入希望額が多すぎる

年収に対する借入希望額が多すぎれば、バランスが悪く返済能力がないと判断されます。

同じ年収で同じ借入額を希望していても、扶養家族のいる人といない人では審査結果が異なります。

家族構成などを鑑み、年収に対する借入額とのバランスを見て、返済能力がないと判断されれば審査には落ちてしまうのです。

多くとも年収の2分の1または3分の1程度の金額で希望するのが妥当かと思います。

横浜銀行フリーローンのメリット&デメリット

それではここで、横浜銀行のフリーローンを利用するにあたって、そのメリットとデメリットについて整理しておきたいと思います。

横浜銀行フリーローンのメリット

  • 来店しなくても申し込み可能
  • 審査結果は最短翌日にわかりスピーディー
  • 比較的低金利
  • 限度額が最大1,000万円と大きい
  • 使い道自由でおまとめもOK

横浜銀行フリーローンのデメリット

  • 営業エリアが限定されているため誰でも利用できるわけではない
  • 取り扱い手数料や全額繰上げ返済手数料がかかる
  • 1回で全額振込により借り入れるため、カードローンのように繰り返しカードで便利に出し入れすることができない

横浜銀行フリーローンはこんな人におすすめ

横浜銀行フリーローンのメリット&デメリットをふまえると、横浜銀行の店舗で手続きをする時間のない人や、急いでいる人におすすめです。

なんといっても来店不要ですし、申し込みから借り入れまで最短4日というスピード感は魅力的ですよね!

また、比較的低金利で最大借入限度額も1,000万円と高額ですので、他にも借り入れがあって、おまとめしたいという人にもおすすめです。

フリーローンとカードローンの違い

横浜銀行にはフリーローンのほかにカードローンもありますが、両社は似て非なるものです。

どんな違いがあるのか比較してみましょう。

証書貸付と当座貸越

フリーローンは証書貸付、カードローンは当座貸越によりお金を借りることができます。

フリーローンにおける証書貸付というのは、1度の借り入れについて契約書を取り交わし、その金額を借り入れたら、あとは返済するのみで、その契約の中で追加融資を受けることはできません。

それに対してカードローンにおける当座貸越とは、限度額を定め、限度額の範囲内であれば、カードを使ってATMから何度でも借り入れと返済を繰り返すことができるというローンです。

審査の難易度の違い

カードローンよりもフリーローンの方が、金利が低くて1回の借入金額が大きくなるため、審査の難易度は高めだといえます。

関連記事をチェック!

カードローンとフリーローンの違いとは

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか?このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローン(多目的ローン)があります。 「カードローンはよく聞くけど...

フリーローンとカードローンの使い分け

一括でまとまったお金が必要で、金額がある程度決まっている場合やおまとめしたい場合は、比較的金利の低いフリーローンを利用するのがおすすめです。

それほど金額が大きくはなく、場合によっては追加融資が必要になりそうだというケースや、余裕のある時に繰り上げ返済したいというのであれば、限度額の範囲内で自由に借り入れと返済を繰り返すことができる、カードローンの方が使いやすいでしょう。

どちらのローンが良いかは、使い勝手に応じて異なりますので、両者の特徴を知って上手に使い分けましょう。

関連記事をチェック!

http://www.boy.co.jp/?横浜銀行カードローンの申込み方法

最近はネットの普及により、日本全国いろいろなカードローンがネット上で申し込むことが出来るようになりました。 その中でも今回は、日本国内の地方銀行の中で最大規模を誇る横浜銀行のカードローンの申し込...

関連記事をチェック!

横浜銀行と信用情報機関の関係は?申し込むときの注意点を紹介

横浜銀行のカードローン利用するとき、審査では個人信用情報を確認されます。 申込みするときは注意する点が幾つかあるので、しっかり把握しましょう。 あらかじめ何に気を付ければいいか分かっていれ...

まとめ

今回は、横浜銀行のフリーローンの審査に通るための3つのポイントと、フリーローンの上手な使い方について解説しました。

横浜銀行のフリーローンは、スピーディーな借り入れができますので、お急ぎの方におすすめです。

事前に審査に通るための3つのポイントをしっかりおさえておけば、審査に対する不安もかなり払拭することができるのではないでしょうか。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談