医療ローンはフリーターでも借入可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

美容整形など、保険適用外の医療行為はとても高額になりますが、そんな時に頼りになるのが医療ローンです。

今回は、整形したいフリーターを例に挙げ、医療ローンの審査について解説し、さらにフリーターのためのローンの選び方についてもご紹介したいと思います。

医療ローンってどんなローン?

まず、そもそも医療ローンというのは何なのかというところから解説していきます。

医療ローンというのは、医療費の支払いに使えるローン商品です。

主に保険適用外の治療を行っているクリニックなどが、信販会社と提携して用意し、クリニックを通して申し込むというものが多く見られます。

例えば、美容整形や医療脱毛、審美歯科などの保険適用外の治療でよく利用されています。

医療ローンの契約を結ぶと、必要なお金は信販会社が一括でクリニックに支払います。

そして、患者さんは信販会社へ分割で支払っていくことになりますが、ここには金利(分割手数料)が上乗せされます。

未成年やフリーターも利用できるの?

では、医療ローンは未成年やフリーターでも利用できるのでしょうか?

医療ローンいうのは、つまりは借金ですので必ず審査が行われます。

審査に落ちてしまうと医療ローンを利用することはできません。

医療ローンの多くは、「満20歳以上の安定した収入のある人」を対象としていますので、未成年者本人が単独で医療ローンの契約を結べるケースはないと考えて良いでしょう。

18歳以上なら本人が利用できるというものもあるかもしれませんが、その場合でも保護者を連帯保証人にする必要があります。

というわけで、未成年者の治療のために医療ローンを利用したい場合は、保護者が借り入れるか、保護者を連帯保証人にして契約するのが一般的です。

20歳以上のフリーターはどうかというと、厳しいけれど審査次第ということになります。

なぜ厳しいのかというと、審査では返済能力があるかどうかを判断しますので、「安定した収入がある」かどうかがまず重要になってくるからです。

医療ローンで整形しようとしたら審査落ち!?

実際に、医療ローンを利用して整形しようと思っていたのに審査落ちしてしまったという人も少なくないと思います。

あるフリーターの女性が、医療ローンを利用して美容整形をしようとしていました。

しかし、実際に医療ローンに申し込んだところ、審査落ちしてしまい、美容整形は断念せざるを得ませんでした。

いったいこの女性はなぜ審査に落ちてしまったのでしょう?

審査落ちの原因はフリーターだからなの?

審査落ちの理由は、問い合わせても教えてもらえません。

では、いったい何がいけなかったのでしょう?

先ほど少し触れましたが、審査では、返済能力があるかどうかを判断します。

そのため、安定した収入がなくては医療ローンの契約をすることはできません。

この女性の場合は、収入は安定的に得ていましたが、短いスパンで仕事を変えていたので、勤続年数が数カ月と短かめでした。

勤続年数が長く安定的に収入を得られていることが、返済能力の有無の目安になりますので、アルバイトで生計を立てているフリーターなどは、どうしても審査の際には不利になります。

そのため、この女性の場合、勤続年数の短さが不利に働いた可能性が考えられます。

審査落ちしないためには?

審査落ちしないためには、たとえフリーターであってもひとつの仕事を長く続けていて、毎月安定的に収入を得ているということが大切です。

また、加えて審査されるのが、クレジットカードやローンの利用履歴や、過去の金融事故がないかといったところになります。

しかし、フリーターの場合、若さゆえにまだクレジットカードもローンも利用したことがないという人もいますし、逆に、フリーターゆえに収入が安定せず、クレジットカードやローンを多用し、過去に延滞などの金融事故を起こしているという人もいるでしょう。

これらのことから、フリーターは審査には通りにくいと言えますので、審査落ちしないためには、事前準備が必要です。

  • 長く勤めて継続的に安定収入を得る
  • クレジット・ローンの返済実績を作る
  • クレジットカードや携帯電話料金などを絶対に滞納しない

医療ローンの審査基準とは?

では、医療ローンの一般的な審査基準について整理したいと思います。

  • 満20歳以上であること・・・満18歳以上で申し込める場合も連帯保証人が必要
  • 安定継続した収入があること・・・勤続年数が長く、安定した収入を得ていることが必要
  • クレジット・ローンの利用実績があること・・・借り入れと返済の実績があることで返済能力を判断
  • 他社からの借り入れ・・・現状で他社からの借り入れが多くないかを確認し返済能力を判断
  • 過去に金融事故を起こしていないこと・・・滞納したり債務整理をしたりしていないか信用情報を調査

関連記事をチェック!

1083view

医療ローンの審査に通るためにはどうすればいい?

医療ローンは美容整形などを中心に、インプラントや視力矯正のレーシック手術などに利用されています。別名メディカルローンとも呼ばれていますが、扱っている金融機関はほとんどがクレジットカード会社です。 そ...

関連記事をチェック!

10392view

ローンが通らない理由を調べるには信用情報開示が一番

ローンに申し込んで審査に落ちても落ちた理由を教えてくれることはありません。 ローンが通らない理由を知りたいと懇願しても審査基準はブラックボックスとなっているため教えてくれることはないのです。 ...

医療ローンを利用するメリット&デメリット

美容整形などに医療ローンを利用することには、メリットもあればデメリットもあります。

医療ローンのメリット

医療ローンを利用する最大のメリットは、まとまったお金がなくても、その時解決したい問題をタイムリーに解決できるところです。

コンプレックスを抱えてふさぎこんでいたのが、美容整形により人生が一転したという人はたくさんいますが、お金がなくてはそれも叶いません。

また、クリニックが提携している医療ローンなら、その場で手続きができて手間が少ないというメリットもあります。

クリニックによっては、金利(分割手数料)を一定期間負担してくれるようなケースもありますので、一度医療ローンの内容をよく確認してみましょう。

医療ローンのデメリット

医療ローンのデメリットとして、ひとつには、そのクリニックで医療ローンを組んでしまうと、クリニックを変更するのが難しくなってしまうということがあります。

また、医療ローンは決して金利(分割手数料)が低いわけではなく、むしろ高めに設定されているところも多いというのもデメリットのひとつです。

他のローンを利用する方がおトクな場合も!

医療ローンは、前述のとおり金利(分割手数料)が高めであることも多いので、内容をよく確認し、他のローンと比較してから利用することをおすすめします。

クリニックでローンを利用するとなると、提携の医療ローンしか使えないと思い込みがちですが、実は他のローンを利用するという方法もあるのです。

クリニックの提携ローンでなくとも、他の金融機関で借りたお金をクリニックへ一括払いすればいいのですから。

特にフリーターの場合は、できるだけ審査に通りやすく金利が低めのローン商品を選んで申し込みをするといいですね。

フリーローン

例えば、銀行や消費者金融で用意されているフリーローンはどうでしょう?

フリーローンというのは、自由な目的で借りることができるローン商品です。

必要な金額をまとめて借り入れることができ、医療ローンに比べると比較的低い金利が設定されていることが多いです。

フリーローンの審査では、勤続年数と安定収入が重視されますので、フリーターがフリーローンの審査に通るのはなかなか難しく、大きな金額での借り入れはできないかもしれません。

しかし、それなりに長く勤めている人であれば借り入れできる可能性はあります。

カードローン

カードローンも同様に、使い道は自由です。

カードローンの場合は、限度額の範囲内で必要な金額をカードで出し入れすることができます。

これは、一括でまとまった金額を支払うようなケースだけでなく、審美歯科などで定期的・継続的に高額な支払いが発生するケースで使いやすいですね。

カードローンも勤続年数や安定収入が重要なので、フリーターが不利であることに変わりありませんが、フリーローンと比べるとカードローンの方が審査には通りやすいといえます。

関連記事をチェック!

502view

整形費用をカードローンから借りるのは良い?

「気になる部分を整形してコンプレックスから解放されたい」、「キレイになれば自信が持てて自分の生活も大きく変わるかも」と考えている女性は多いことでしょう。 しかも最近は女性だけでなく、男性の中にも美容...

まとめ

今回は、整形したいフリーターを例に挙げ、医療ローンの審査基準や審査落ちの原因などを解説し、フリーターのためのローンの選び方についてご紹介しました。

美容整形や脱毛など、保険適用外の医療行為を受けたい場合には、医療ローンが利用できますが、他のローンを利用する方法もあります。

いずれのローンを利用する場合にも、勤続年数がとても重要となりますので、フリーターであっても、ひとつの仕事を長く続けることが大切です。

そのうえで、より審査に通りやすく金利の低いローン商品を選びましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談