キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

アコムの審査は勤続年数が短いと不利?審査を有利にするコツも紹介!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

勤務先が変わって一番つらいのが、給料日が変わることだという人も多いのではないでしょうか。

給料日が変わるだけならともかく、締め日まで変わるので下手すれば、2か月給料が入らないことも珍しくないようです。

そのような時に頼りたいのがキャッシングですが、審査では勤続年数が短いと不利なのか気になるところです。

勤続年数が短いけどアコムの審査を受けられる?

よく「借入時の審査には勤続年数も関係してくる」という、言葉を耳にします。

勤続年数が長い方が審査に有利だということですが、仮に短いとしても融資金額が少額であれば問題がないような気がします。

しかし、それは飽くまでも「借りるものの意見」であって、重要なのは「貸すものがどう判断をするのか」と言う点です。

どんなに給与所得が高額であったとしても、社内規定で勤続〇年以上と決められているのであれば、審査に落ちてしまいます。

それでは消費者金融大手のアコムでは、勤続年数への考え方はどうなっているのかを見てみましょう。

アコムは積極的に融資を行っている

まずは、アコムの申込み条件を見てみましょう。

  • 20歳以上の安定した収入があり、返済能力があると判断でき、アコムの判断基準を満たす

条件として公式に提示されているのは、この年齢と安定した収入、そして基準を満たすことの3点になります。

このことを見ると、どこにも勤続年数については記載されていません。

少し「ひょっとしたら当社基準という中に勤続年数の基準があるのでは」と考えてしまいますが、もしそうならば最初から記載さていると、アコムとしても余計な手間を省くことができるのではないでしょうか。

勤続年数に縛りがあれば、最初から記載されていると、無駄な申込みを防げますし、審査の手間も省けます。

そこを記載していないということは、アコムとしてもさほど勤続年数は重要視していないと推測できます。

関連記事をチェック!

アコムの審査基準~本審査と仮審査の違い【元担当者が語る】

消費者金融や銀行カードローンで借り入れを行う場合は、必ず審査を受けなければなりませんが、その審査には「仮審査」と「本審査」と呼ばれる2段階の審査がある場合があります。 仮審査と本審査の違いは何な...

審査にとおりやすい勤続年数はどのくらい?

アコムは勤続年数に対して、柔軟な姿勢をとっていますが、それでも限度というものがあります。

例えば「昨日から勤務しています」「勤務して1か月程度です」というレベルですと、やはり審査に落ちてしまう可能性は高いものです。

最低でも3か月程度の勤務実績は、必要になると考えておきましょう。

しかし、困ると言いたくなる人もいるでしょうが、その気持ちも分かるのですが、多くの金融機関では最低勤続年数を1年と、年単位にしているのが主流です。

その中でも、アコムでは1年未満でも対応しているのですので、数か月頑張って勤続年数を作り、アコムに申込みを行うという流れが最も融資実行までの近道と考えるといいでしょう。

そもそも勤続年数が審査される理由とは

そもそも勤続年数が審査される理由ですが、安定した収入を得ているのか判断基準となるためです。

どこの金融機関も同じですが、収入だけが高くても審査にとおることはありません。

金額も確かに重要ですが、借りた以上は毎月返済を行わなくてはなりません。

「先月は給料が高かったから返済できたものの、今月は収入が少ないから無理」では、話がとおらないのです。

むしろいくら給与所得があるのか、という点よりも、毎月コンスタントに似たような給与所得があるのかという点を審査では重要視されます。

勤続年数が短いと、どの時期にどの程度の給与所得があるのかが分からないのです。

せめて3か月、可能ならば1年とおして給与所得がどの程度あるのかを見極めないと、本当に安定した収入を得ているのか分からないのです。

そのため勤続年数も、審査対象に含まれます。

勤続年数は銀行カードローンの方が厳しい

「消費者金融も厳しいんだな」という印象を持ったかと思いますが、もっと厳しいのは銀行カードローンです。

やはり金利が低く貸付上限も消費者金融と比較すると高いので、貸す銀行としてもリスクが大きくなってしまいます。

リスクが高い分、審査も慎重にならざるを得ません。

金融機関は金利が利益となっています。

その金利が低いということは、銀行に入る利益も少ないということです。

ただでさえ薄利でカードローンを展開しているのに、そのうえ貸したお金さえ回収できないとなれば大損になります。

そのような状況を防ぐためにも、審査条件も厳しくなってきますし、勤続年数に対する審査も厳しいのが現状です。

アコムの審査に落ちやすい人はこんな人

アコムで審査対象になるのは、勤続年数だけではありません。

仮に勤続年数の項目だけクリアしたとしても、他の項目でつまずけば融資にはつながらないのです。

それではどのような人が審査に落ちやすいのか、具体的な例を挙げて見てみましょう。

安定継続した収入がない人

先に話したように、金融機関では収入金額よりも、いかに安定しているのか?そしてその収入は今後も継続するのか?という点を重要視します。

例えるならば公務員とベンチャー企業の営業マン、どちらがより安定してなおかつ今の給料がコンスタントに継続するでしょうか。

給料の額面ではベンチャー企業の営業マンが上回っていたとしても、その給与形態が完全歩合制ならば、翌月は給与がいくらになるのか誰も検討がつきません。

いくらその月に給料が少なくても、返済金額が変わることはありませんから、安定した返済が見込めるのはどちらかと考えるならば公務員の人に貸付けを行うのが一般的でしょう。

貸した以上は利子も含めた金額を、毎月返済しなくてはなりません。

いくら年収が高くても、安定継続していない収入であれば、審査に落ちる可能性の方が高いと言えます。

過去に金融事故を起こしている人

アコムに申込みを行うと、同時に個人信用情報機関へ申込みの照合をかけます。

この時点で既に過去、金融事故を起こしているかどうか判明します。

「過去に自己破産とかしていないから大丈夫」と、安易に考えてはいけません。

何も自己破産などの債務整理だけが、金融事故ではないのです。

例えば以前、スマートフォン端末代金を分割支払いで契約をし、月の携帯料金を滞納していた経験はないでしょうか。

スマートフォン端末代金を分割支払いにした時点で、信用情報機関に記録されます。

そして分割請求は、月の利用料と合算され請求が入るので、携帯料金の遅れがそのまま他社支払い遅れと表示されてしまうのです。

この記録は約5年残りますので、5年前が学生でよく携帯料金支払いが遅れていた、という人は注意が必要です。

関連記事をチェック!

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよ...

他社借入額が大きい人

信用情報で得られる情報は、金融事故だけではありません。

現在他社にいくら借入をして、残金はいくらなのかも確認されています。

ここで返済に遅れが生じていても審査落ちの原因になりますし、遅れていないにしても他社借入が余りに大きく収入に見合っていなければ同様に審査落ちの原因となります。

またアコムは消費者金融業ですから、総量規制の対象です。

年収の3分の1以上の借入れはできませんので、申込みの時点で3分の1以上の借り入れがあれば融資の可能性はゼロになってしまいます。

勤続年数が少なくても審査にとおるコツ

勤続年数が短いのは、確かに審査では不利な状況です。

しかしどうあがいても、勤続年数を変えることなんてできませんから、できる限り他の方法で審査にとおる手段を考えなくてはいけません。

勤続年数が短い場合は、審査にとおるコツは3つです。

まずは今から紹介する、3つのコツから試してみてください。

1. 借入額を必要最小限にする

借りることができる金額が多ければ多いほど、貸すアコム側としてもリスクが高くなってしまいますから、その分審査も厳しくなってしまいます。

ポイントは「ちょっと危ういかもしれないけれど、まあこの金額なら」と、思ってもらえる程度の金額を希望することです。

ここで欲を出してはいけません。

本当に必要な金額だけ、希望金額として出しましょう。

もしまだ勤続年数が1年未満であれば10万円程度にとどめておいた方が安全です。

2. フリーコールで相談する

「どうしても不安」という場合には、申込みを行う前にアコムフリーコールへ連絡し、相談を行うのも方法です。

アコムのフリーダイヤルは幾つか番号が存在しますが、申込み前の相談であれば0120-07-1000(24時間受付)へ電話をして、現状を伝えてみるといいでしょう。

そこで疑問や不安が解消されれば電話口で引き続き、申込みをすることも可能です。

「女性スタッフがいい」ということならば、女性専用ダイヤル0120-39-9197(24時間受付可能)でも対応してもらえます。

フリーコールに事前に相談したことで、直接審査に何かしら影響を及ぼす訳ではありません。

しかし、事前に状況などを説明し、それでも問題なしと判断されれば安心して申込みを行えますので、安心材料として活用するといいでしょう。

関連記事をチェック!

アコムの相談窓口まとめ!問い合わせ先を一挙公開

初心者に優しいことを“売り”にしたアコムですが、相談窓口だけは分かりにくいという欠点があります。 トラブルを解決したいときなどは、なるべく早く相談窓口に問い合わせたいですよね? 相談したい...

3. 複数社への同時申し込みはNG

「アコムの審査にとおるのか不安だから」と、保険代わりに他社へ同時申込みを行うことはやめておきましょう。

信用情報機関では、他社へ〇月〇日に何件申込みをしたのか、という履歴も残っています。

余りにも直近に複数申込みをした事実が判明すれば、審査時に「金銭面で余裕が全くないのではないか」と不安視されてしまういます。

またその申込みで新たに他社と契約をすすめている段階であれば、現時点よりも借入が増えるということです。

どこの金融機関がどの程度貸すのかまだ分からない状態であれば、申し込みがされた金融機関が、無理して貸さなくてもいいのではないかと判断してしまう可能性があります。

不安になる気持ちも分かりますが、あまり審査時にいい影響を与えませんから、同時期に複数申込みをするのは控えておきましょう。

関連記事をチェック!

消費者金融カードローンの申込履歴が審査に悪影響を及ぼす可能性

どうも馬太郎です。カードローンに何度も申し込んでいると、申込履歴がカードローン審査、さらには住宅ローン審査に悪影響を与えないか心配になってきます。 今回は申し込み履歴が実際どのような悪影響を及ぼ...

もし勤続年数を偽って申告したら・・・

「勤続年数くらいちょっとごまかしても問題なさそう」と、安易な気持ちで虚偽の報告をしても、必ずバレますので正しい情報を申告するようにしてください。

アコムは保証人も担保もつけない、いわゆる「信用貸し」なので、申込み時点で噓をついていることが判明すれば、信用に値しないと審査にとおることができなくなってしまいます。

また虚偽の申告がないように事前に、社保などで勤続年数を確認するようにしていますが、それでもまれに虚偽の申告がバレずにそのまま融資になってしまうことがあります。

もし借入れした後に、勤続年数を偽っていたことが判明した場合にはどのようなことになるのでしょうか。

ペナルティがある

万が一、借入をした後に虚偽の申告があったと判明した場合には、利用残高を一括返済しなくてはいけません。

「無理です。分割で」と相談しても、首を縦に振ってもらえる可能性は低いでしょう。

なぜなら「虚偽の申告=詐欺行為」とみなされるのですから、アコムとしてもこれ以上付き合うメリットがないのです。

また虚偽の申告を行った事実は、信用情報機関にも記録されます。

そこで他社に申込みを行ったとしても、以前虚偽の申告を行った人だとすぐに判明されますので、審査にとおる可能性がなくなってしまいます。

一見、無慈悲にも見える行為ですが、虚偽の申告を行うということはこの程度のリスクがあるということです。

このリスクを背負ってまでもする行為ではありません。

審査に少しでも有利になればと、安易に虚偽の申告を行うことはやめておきましょう。

関連記事をチェック!

嘘をついて借金をすると一瞬で信用を失う

金融機関から融資を受ける場合、「信用があること」は、とても大切なことです。 信用は簡単には出来ませんが、失うのは一瞬です。 信用を失ったら金融機関と取引を続けることは出来るのでしょうか? ...

よくある噓とバレる理由

虚偽申告で多いのは、先に話した勤続年数のほかに「年収」「勤務先」「他社借入状況」などです。

どれも審査に直接影響するものなので、少しでも審査にとおりたい一心で、つい虚偽の申告を行いやすいものです。

しかし悪気がなかったとしても、虚偽の申告をしたという事実には変わりありません。

しかし単純な疑問として、なぜ虚偽の申告だとバレてしまうのでしょうか。

その理由も併せて見てみましょう。

年収

アコムは消費者金融業ですので、貸付には総量規制が深く関わってきます。

借入れできる上限が年収の3分の1以下と決まっていますので、年収が高ければ理論上、借入金額も増やすことができます。

実際はすべての審査項目の総合判断ですから、年収が高いというだけで借入れが増やせる訳ではありません。

しかし年収が高ければその分、借入れができる機会が増えるということは事実です。

そのため年収部分を実際の金額よりも、上乗せして申告する人が多くなっています。

しかし、契約前に必ず提出を求められるのが所得証明書です。

特にアコムでの借り入れが50万円を超える場合と、他社借入総額が100万円を超えている場合には、必ずアコムに提出をしなくてはいけません。

公的な書類ですので、この収入証明書に記載されている金額を改ざんすれば、「詐欺罪」「偽造私文書等行使」もしくは「公文書偽装等行使」になってしまいます。

もし公になれば最長で、25年の懲役が待ち構えているのです。

しかもアコムは大手の消費者金融ですので、今まで嫌というほど本物の所得証明書などの書類を見ています。

自然と偽物を見分けるノウハウを持っていますので、ここをだますことは非常に困難であると言えるでしょう。

勤務先

勤務先は特に派遣雇用の人に多い、虚偽内容です。

本当は単なる出向先なのに「ふだんはここにいるから」と給与を支払う会社ではない企業名を申告したりしてしまうのです。

この事実は保険証と所得証明書を提出すれば、すぐに事実が判明します。

当たり前ですが雇用されている、企業が勤務先です。

ふだんどこの企業にいるのかなどは在籍確認の時に伝えればいいだけで、申込時の勤務先とは何ら関係ありません。

「どちらなのかよく分からない」という人は、まず手元にある保険証と所得証明書を確認してみましょう。

そこに記載されている会社が正しい勤務先と覚えておいてください。

他社からの借入れ

申込時に自己申告で、現在の他社借入件数と金額を入力する項目がありますが、ここでの入力も事実かどうかはすぐに判明します。

申込時に必ず行われるのが、信用情報機関での情報です。

ここに現在の他社借入状況がすべて記載されているので、事実なのか虚偽の申告なのかすぐに分かるようになっています。

人間ですので間違いはありますので、1万円単位のズレは許容範囲です。

しかし「他社借入なし」や余りにも現状とかけ離れた数字を記載していた場合には、「だますつもりだったんだな」と認識されてしまう可能性が高いです。

もしくは「自身の借入総額すら把握できていないのか」と、思われてしまうでしょう。

いい印象を与えることはないと認識しておきましょう。

関連記事をチェック!

アコムの審査で嘘ついたらどうなる?

アコムに申し込むときに記入する申込書で嘘の記入は審査に大きく影響してしまいます。正確な記入を心がけるようにしたいですね。 無職なのに以前の勤務先を記入する嘘とか、年収や勤続年数の嘘ははっきり言っ...

まとめ

アコムでは勤続年数が少なくても、積極的に審査は行ってもらえます。

しかし余りにも短すぎると審査に落ちてしまいますので、最低でも3か月程度は勤続実績をつけた状態での申込みが望ましいでしょう。

虚偽の申告をしても必ずバレますし、余りにもリスクが高くなります。

くれぐれも虚偽の申告だけは、避けるように申込みを行いましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談