キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

消費者金融のカードローンやキャッシングはいくらまで借入できるのか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

急にお金が必要になった場合や、いざという時の備えとして、消費者金融のキャッシング商品は便利に使えます。

ところで、消費者金融っていくらまで借入できるかご存知でしょうか。

消費者金融からの借入可能額について解説します。

最大借入可能額はあてにならない

各消費者金融のカードローンなどの商品紹介を見ると、それぞれの最大借入可能額が紹介されています。

例えば、大手消費者金融のアコムの場合、公式ホームページなどで、代表的な商品である「カードローン」は最大借入可能額800万円と紹介しています。

同様に大手消費者金融であるプロミスのフリーキャッシングであれば、アコムよりは劣るものの、最大で500万円の借入が可能となっています。

その他の大手消費者金融も同じであり、500万円~800万円程度を上限としている会社が多いようです。

しかし、こういった商品案内を見て、それでは、消費者金融なら500万円以上の借入ができると考えるのは早計です。

実際に消費者金融から500万円以上ものお金を借入できる方はほとんどいません。

各社が紹介している借入可能額は、あくまでも商品内容としての「最大借入額」であり、誰もが実際に審査に通って、この最大借入額が利用できるわけではありません。

むしろ、最大額まで借入出来る方は稀だと言えます。

総量規制の範囲内

消費者金融からいくらまで借入できるのかを確認するうえで、非常に重要な前提条件に「総量規制」があります。

総量規制というのは、消費者金融を始め、クレジットカード会社や信販会社など、貸金業法に基づいて事業を行っている金融機関を対象として、個人に無担保で融資して良い金額を「年収の3分の1」に制限する法律です。

この年収の3分の1という制限は消費者金融1社あたりの金額ではなく、全ての貸金業者からの借入の合計が対象となります。

仮に年収300万円の方が、消費者金融A社から既に50万円を借入しているとしましょう。

さらに、別の消費者金融B社に対して借入を申込する場合、法律上の上限額は50万円(=年収300万円÷3-既存借入50万円)ということになります。

この総量規制が消費者金融からの借入額に大きな影響を与えます。

例えば、先ほどのアコムの場合、カードローンの最大借入可能額は800万円でしたが、総量規制を前提とすると、実際に800万円を借入できる可能性のある方は、年収が2,400万円以上ある方ということになります。

同じく、プロミスで500万円の借入が出来る方も、最低で年収が1,500万円以上ある方ということになります。

もちろん、これだけの高額の年収を得ている方も日本には存在しますが、そういった方が消費者金融から借入することはほとんどないでしょう。

少なくても、消費者金融からいくらまでなら借入できるかを考える方の大部分は、日本の平均的な年収水準である400~500万円前後、もしくはそれ以下であると推測されます。

そのため、消費者金融の会社が設定する最大借入額が利用できる方はほとんどおらず、通常は総量規制の範囲内が借入できる限度額となります。

関連記事をチェック!

総量規制で年収300万円はどのくらい借入できる?

総量規制という法律により、借入できる金額には制限があります。 総量規制で制限される金額や、総量規制に含まれない借入もありますので、実際にどれだけ借入できるか解りにくい方もいるでしょう。 年...

初回借入時はさらに低い

消費者金融から借入できる金額の上限は年収の3分の1が上限となります。

しかし、初めて利用する消費者金融の場合、この総量規制の上限すら借入できないことがあります。

最初は50万円程度まで

過去に利用したことのない消費者金融で初めて借入申込する場合、総量規制で定める年収の3分の1に余裕があっても、そこまで借入できないということがあります。

消費者金融のカードローンやキャッシングというのは無担保・連帯保証人なしでの借入が基本です。

そのため、消費者金融にとってもリスクの高い融資となります。

さらに、カードローンは一度契約すると、中長期的に利用でき、何度でも反復して借入することができるため、融資する会社にとって、審査後の一度きりの融資となる証書貸付などに比べて、さらにリスクの高い融資になるのです。

消費者金融は融資したお金を返してもらえなければ、利益どころか損することになりますので、慎重に審査します。

しかし、いくら慎重に審査したとしても、書類審査では十分な内容は解りません。

そのため、消費者金融では、初めての利用者には、低めの融資枠に限定して審査に通すことがあります。

そのため、大部分の方は、最初に消費者金融で借入できる金額は10万円~50万円の範囲内というのが比較的多いケースでしょう。

関連記事をチェック!

アコムを利用する場合の初回限度額はどのくらい?増額はできるの?

アコムのカードローンは、借入や返済を比較的自由に行うことができるので、大変便利なサービスです。 しかし、限度額がありますので、無限に借入できるわけではありません。 今回は、アコムの初回限度...

契約後の増枠も可能

なお、カードローンの借入可能額は一旦契約した後でも、審査を経て、増額することが可能です。

前述の通り、消費者金融では始めての取引先に対し、事前に把握できないリスクを懸念して、本来の総量規制の制限を下回る融資しか行わないことがあります。

しかし、小口からであっても、取引開始後の利用状況を見ることで、利用者の信用力が高まることがあります。

例えば、契約後のカードローンで定期的に借入を行い、その後の約定弁済や一括弁済を契約違反せずに誠実に行う方は、消費者金融にとっても優良な顧客となります。

こういった利用者であれば、消費者金融も、もっと利用を増やして欲しい、他の消費者金融で借入している分を全て自社に移して欲しいと考えます。

一方、消費者金融にとって望ましくない利用者とは、借入後の返済で延滞する方や、契約はしたけど全く利用がない方です。

特に延滞してしまう方は、将来的な返済に不安もあるため、積極的に利用して欲しいとは考えません。

なお、カードローンの借入限度額を増枠させたい場合、通常、コールセンターなどの会員用窓口に電話連絡すれば可能です。

例えば、アコムの場合、「アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)」に電話連絡することで、最短即日で限度額の増額可否を審査してくれます。

なお、増枠申込を行う場合、以下の点を注意しておきましょう。

①増枠後の借入額が総量規制の制限内にあること(年収の3分の1)

②カードローンの初回契約後、6ヶ月以上経過していること

③カードローンの利用実績があり、かつ返済で延滞していないこと

契約後の増額であっても総量規制の影響を受けます。

そのため、年収の3分の1を超えて増枠することはできません。

また、増枠の場合、消費者金融では、契約後の利用状況を審査の材料とするため、6ヶ月以上の期間を空けておく必要があります。

関連記事をチェック!

アコムの限度額を変更する方法

アコムのカードローンを利用している人の中には、融資限度額を変更したいと考えている人もいるのではないでしょうか。 ですが、アコムのカードローンを増やしたくても、その方法がわからない人も多いと思いま...

審査で見るポイント

消費者金融のカードローンで借入申込した場合、最初にいくらまで借入できるようになるかは審査結果次第です。

審査結果が悪ければ、金額が少なくなるどころか、全く借入できない可能性もあります。

そうならないために、審査のポイントを知っておくことが大切です。

安定収入がある

カードローン審査でもっとも大切なことは、借入後の返済原資となる安定収入があることです。

安定収入とは、定期的な職についており、毎月収入があることです。

就業していれば、パートやアルバイトでも借入は可能ですが、日雇いや短期バイトで安定しないものは借入が難しくなります。

勤続年数が6ヶ月以上

勤続年数とは現在の就業先で継続して働いている期間です。

勤続年数が長い方は、安定的に働ける方と見られる一方、短い方は不安定と見なされます。

消費者金融の審査に通過するためには、最低でも6ヶ月以上の勤続年数があることが望まれます。

既存借入の状況

審査では、既に存在する借入の状況についても調査されます。

既存借入は、個人信用情報という信用調査機関が提供するサービスによって確認可能です。

この時、借入に対して延滞したことがある場合や、短い期間の間に新規借入・申込が続いているような場合には審査に通るのが難しくなってしまいます。

関連記事をチェック!

アコムの審査に落ちる基準は?落ちたときの対策方法を徹底解説!

消費者金融アコムはインターネットやスマートフォンで申込できるだけでなく、借り入れできるかどうかの事前診断もしています。 そのため、申込しやすいキャッシング会社のひとつといえます。 ただし、...

借り過ぎに注意

本記事では、消費者金融のカードローンなどで、いくらまで借入ができるかを解説してきました。

しかし、最後に重要なこととして、カードローンは計画的に利用する必要があることを確認しておきましょう。

カードローンは便利に使える商品であるため、油断していると借りすぎてしまい、その後の返済が厳しくなることがあります。

そうならないためには、消費者金融が認めてくれた借入限度額を安易に一杯まで使うのではなく、ご自身にとって無理なく返済できる金額など、計画的に考える必要があります。

つまり、「いくらまで借入できる」の考え方だけでなく、「いくらなら返済できる」の視点から借入を利用するようにしましょう。

まとめ

消費者金融からいくらまで借入できるかについて解説しました。

借入可能額に大きく影響するのは総量規制であり、最大でも「年収の3分の1」までに限定されます。

加えて、始めて利用する消費者金融の場合、最初に認められる借入可能額は50万円以下となることが多く、利用実績を積上げることで大きな金額を借入できる可能性が出てきます。

借入限度額の増枠を認められるためには、6ヶ月以上の利用実績と、借入後の返済で延滞しないことが大切です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談