キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

デビットカードが利用停止になった!原因は?どうすればいい?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

年齢や過去の金融事故などで、クレジットカードを持てない人にとって、非常に便利なのがデビットカードです。

インターネットの買物で使用でき、利用と同じタイミングで、銀行口座から引き落とされるため、使いすぎ防止から活用する人もいます。

しかし、突然に利用停止になることがありますので注意する必要があります。

デビットカードが利用停止になる5つの原因とは?

デビットカードを使おうとしても、突然使えなくなってしまうと、非常に困った事態です。

しかしこのような場面に、立たされる可能性は十分あります。

デビットカードが利用停止になってしまうのは、5つの原因が考えられます。

まずは、その原因に当てはまっていないかを見てみましょう。

一番多い「残高不足」

デビットカードとクレジットカードの大きな違いは、カード利用分の支払いをいつするのかと言うことです。

クレジットカードの場合ですと、毎月1回締め日を設け、締め日までに利用した合計金額を請求というのが流れですが、デビットカードの場合は多少のタイムラグがあるものの、基本的に利用した日に口座から引き落としされます。

つまり、銀行口座に入っている預金残高が利用限度額となるので、購入したい商品よりも残高が低ければ利用停止になってしまいます。

デビットカードで、もし何の心当たりもないのにカードが使えないという事態になったときには、まず指定していた銀行の残高が幾らあるのかを確認することが最優先となります。

VISAデビットが残高不足のときはどうなる?

利用限度額にひっかかった

先に「銀行口座の残高=カード利用限度額」と話しましたが、例外もあります。

それは1日の利用限度額です。

各カード発行元によって、1日の利用限度額はバラつきがありますが、平均すると10万円~50万円程度で設定されていることが多いです。

そのためどんなに銀行口座に預金額があったとしても、1日の利用限度額を超えた場合にはカードが利用停止となってしまいますので注意しておきましょう。

情報漏えいなどセキュリティ面からの利用停止もある

「預金残高も問題ない」「1日の利用限度額も問題ない」となれば、次に疑うのはセキュリティ面での利用停止です。

例えば一定回数以上、暗証番号を、間違えた場合などに起こる現象です。

第三者による違法な手続きとみなされ、利用停止になってしまいます。

一見、面倒なようにも感じられますが、大事な預金残高を守るために必要な手続きなのです。

また、万が一発行元のカード会社が、情報漏えいにあったと判断した場合も同様です。

不正利用を防ぐために、一時的にカードの利用ができなくなる場合があります。

利用方法に問題あり

利用方法と聞くと「使い方が悪いのか?」と思ってしまいますが、それだけではありません。

利用者ではなく、デビットカードが起因となり、利用停止になってしまうことがあるのです。

例えばカードの磁気トラブル、ネットワーク障がいなどが、これに当たります。

特にカード自体に問題がない、ということであれば、利用者の問題も出てきます。

例えば提示したデビットカードが不正だったり、カードの名義人と異なったりした場合には、提示された店舗で利用ができないと判断することもあるので気を付けておきましょう。

不正利用されたかも?

先に話したセキュリティにもつうじますが、不正利用された場合も同様です。

暗証番号を何回も間違え自動的にロックされてしまったり、1日の利用限度額を既にオーバーしていたり、残高不足であったりする可能性は大いに出てきます。

特に「あまりデビットカードは使わないし、口座預金にも余裕があるはず」と思っている人は、不正利用で使われた可能性が否定できませんので注意が必要です。

返品の返金処理の問題

デビットカードで何かしらの商品を購入したものの、あとでキャンセルしたという場合もカードが利用停止になってしまうことがあります。

何もキャンセルをした、返品をしたからと言ってそれだけでカードが使えなくなってしまうという話ではありません。

もしデビットカードを利用し、商品をキャンセルや返品を行った場合は、カード会社が返金の手続きを行いますがタイミングによっては、二重請求が入ったりする可能性が出てくるのです。

まだ預金口座の残高がゆとりある状態ならば問題ないのですが、もし二重請求が入り残高不足になったなどの場合で、カードが使えないという状態になってしまいます。

通常のクレジットカードと比較した場合、デビットカードの返金対応は1か月~数か月時間を要することがあるので、そのタイムラグで認識していた預金残高と異なり、カードが使えないということもあります。

デビットカードをもう一度使いたい!利用停止を解除するには?

デビットカードが利用停止になった理由に、何かしら心当たりはあったのではないでしょうか。

しかし本音を言えば、「原因も気になるが、とにかく手持ちのデビットカードが早く使えるようになるには、どうしたらいいのかを知りたい」ではないでしょうか。

手持ちのデビットカードを再度使えるようにするためには、利用停止を解除する必要が出てきます。

原因によって対処方法は異なる

当たり前ですが、原因が違えば対処できる内容も変わってきます。

そのため先に原因は何なのかというお話をしていましたので、まずは自分のカード利用のときに、突然カードが利用停止になってしまう原因を追究してみましょう。

その原因内容によって、対処方法があります。

それでは原因ごとに利用停止を、解除する方法を見てみましょう。

残高不足の場合

残高が明らかに不足している場合ならば、急ぎ預金口座に現金をいれておくと解決です。

要は残高が足りなかった訳ですので、残高を増やせば今までどおり活用できます。

デビットカードのメリットは、現金払のように即座に口座から引き落としされることです。

使いすぎを防止できますし、カードを使うことでクレジットカードのようにポイントを貯めることもできます。

しかし、裏を返せばそのメリットが、デメリットにもなる訳です。

例えば現金払の人が買い物をして、「財布を忘れた」という場合にはどうなるでしょうか。

財布を持ってきて、現金で支払いをしなければ、買い物は完了できません。

銀行口座に買い物できる分のお金が入っていなければ、買い物なんてできませんので、必要に応じて利用する金額を預入すればいいのです。

利用限度額でひっかかった場合

1日の利用制限でひっかかってしまった場合には、利用限度額を変更すれば解決です。実は1日の利用限度額はカード会社が設定しているのではなく、自分自身で設定をしていることが大半です。

「した覚えがない」という人は、恐らくカード会社が設定した初期設定のままになっている可能性が高いものです。

また「初回の段階で設定をしたから覚えていない」という人も、少なくはありません。

カード会社によって手続き方法はバラつきがあるので、代表してジャパンネット銀行での利用限度額変更方法を見てみましょう。

【ジャパンネット銀行での利用限度額変更手続き】

  1. ホームページからログインを行い、「VISAデビット」を選択し、次に「ご利用限度額変更」を選択します。
  2. 現在の利用限度額が表示されるので、希望する限度額を入力します。
  3. 「ワンタイムパスワード」を入力します。
  4. 同意して「次へ」をクリック、「完了」という文字が出れば、その場からカード利用は再開されます。

1日の利用限度額は簡単に変えることができるので、必要なときに限度額を上げて使わない場合には、また下げてという手続きを取っていれば、使いすぎも防止できます。

また、万が一不正利用があった場合にも安心でしょう。

利用方法に問題ある場合

カードの利用方法に問題があった場合には、主にカードの時期不良が原因であることが多いものです。

こればかりは個人でどうにかできる問題ではありませんので、早急にカード会社へ連絡を行い、新たなカードを発行してもらうしかありません。

またカード利用は、契約者本人しか使用することはできません。

幾ら家族とはいえ勝手に利用できませんので、名義が家族のものであればその人とともに買い物を行うことを心掛けていきましょう。

セキュリティや返金処理問題は待つしかない

第三者からの不正利用があった場合や、返金処理で何かしらのトラブルが生じた場合には、問題が解決するまで待つほかありません。

自分が原因でならばともかく、なぜ他人が勝手に使用したことで自分の買い物が思うようにできないのかという憤りもありかも知れませんが、じっと我慢するしかないでしょう。

これ以上の被害を出さないために、必要な時間なのです。

どの程度時間を要するものなのかは、金融機関のオペレーターの人も明確には分かません。

利用停止の解除方法は?

原因そしてその原因にあった対処を行ったならば、あとは解除することになります。

通常のクレジットカードならば時間を要する解除ですが、デビットカードの場合は指先ひとつで解除を行うことができます。

これも各カード会社によって手続き方法が若干異なりますので、同じくジャパンネット銀行での解除方法を見てみましょう。

  1. ジャパンネット銀行ホームページからログインを行う。
  2. 再開したいカードを選択。
  3. 画面下の「利用停止/再開」をクリック。
  4. 変更後の設定をプルダウンから選択。
  5. ワンタイムパスワードを入力。
  6. 設定を選択。
  7. ステータスの確認、問題なければ解除完了。

以上が、解除の流れになります。

なおこの手続きを行ってもなおステータスが、「利用停止」のままになっていることがありますので気を付けてください。

情報の漏えい、また、未払金がある場合には、どんなに処理を行っても利用停止のままになってしまいます。

これらに該当するのであれば、どんなに手続きをしても解除にはなりませんので、注意しておきましょう。

デビットカードが利用停止にならないようにする

非常に便利なカードですから、やはり使えないのは不便ですし、何より解除をするにも手間が発生してしまいます。

快適にデビットカードライフを楽しむ最低条件として、デビットカードが利用停止にならないようにすることが一番ではないでしょうか。

それではデビットカードが利用停止にならないようにするには、どうしたらいいのかを具体的に見てみましょう。

利用前に引き落とし口座残高をチェックしておく

カードを利用する前に是非行っておきたいのが、銀行口座の残高チェックです。

カード使用の直近で確認すれば、「幾らまでなら使える」という上限も分かりやすくなりますし、数字を客観的に見ることで衝動買いの抑止力にもつながります。

ガソリンスタンドは要注意!

使ったその場で引き落としされるのが特徴でもあるデビットカードですが、唯一リアルタイムに引き落としされないものも存在します。

それがガソリンスタンドでの給油です。

各ガソリンスタンドによっていつ請求を行うのかバラつきがありますので、その場では引き落としされません。

利用した日から1週間~3週間後に請求が入りますので、その時点で残高不足になればカードが利用停止されてしまいます。

ガソリンスタンドを活用した場合には、口座残高に余裕を持たせた状態を続けておくことをおすすめします。

不正利用に気づいたらすぐに「利用停止」しよう!

デビットカードを使用する前に通帳の残高を確認したら、明らかにおかしい数字の動きがあったということだと、不正利用の可能性が出てきます。

少しでも「あれ?これは…」という動きがあれば、即座にカードの利用停止を行いましょう。

手続き方法は解除方法と同様です。

自身で行うことができますので、まず手続きを先にしておいて、その後カード会社へ状況の説明をして、今までのカード利用の回数や金額を確認しましょう。

余裕を持った使い方をしよう

すべてにおいて言えることですが、余裕を持った使い方を心掛けておくだけでも、予期しないトラブルは未然に防げます。

例えば先に話したようにカード利用前には必ず銀行の残高を確認する、口座残高は0になるまで使わないなど、自分自身でカードを使用するに当たっての、ルールを決めておくといいでしょう。

慣れないうちは面倒に感じてしまいますが、慣れればそれほど手間ではないので、利用停止になってしまった場合の対処方法を思えば、先にルールを作って余裕のある使い方をしておくことをおすすめします。

まとめ

現金払とクレジットカードのいいとこ取りでもあるデビットカードですが、一度利用停止になってしまうと、その使い勝手の良さから非常に不便な生活になってしまいます。

もし利用停止になってしまった場合には原因を確認して、その原因にあった対処法を取る必要が出てきます。

できる限り事前に残高などを確認し、必要のないトラブルを未然に防いでいくことをおすすめします。

デビットカードの使い方を分かりやすく説明!コンビニや海外でも使えるの ?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談