消費者金融無人契約機での申込みの実態

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

消費者金融の大手になると、無人契約機を設置していますよね。

無人契約機とはその名の通り、ATMをちょっと大きくしたような機械であり、無人契約機が設置されているところには消費者金融の社員はいません。

消費者金融からお金を借りるのにパソコンやスマホから申し込む人も多いですが、お金を借りるスピードとしては無人契約機のほうが早いです。

今回は、無人契約機での申し込みの実態についてご紹介します。

自動契約機の検索方法

自動契約機を利用するためには、まずは自動契約機がどこにあるのかを把握しなければなりません。

自動契約機は、大きめの駅の近くの雑居ビルの中・商店街の近く・幹線道路沿いなど、利便性のよい場所に設置されていることが多いので、そういったところを探せば高確率で見つけられるでしょう。

ただ、そんな当てずっぽうな方法で探すのではなく、各消費者金融では自動契約機を探すための方法を提供してくれています。

以下に、代表的な消費者金融での自動契約機の検索方法を挙げていきましょう。

アコム

アコムの自動契約機「むじんくん」は、アコムの公式ホームページの「店舗・ATM検索」から探せます。

「フリーワード検索」「エリアで検索」「路線から検索」「都道府県から検索」といろいろな検索方法があるので、もっとも探しやすそうな方法を選んで検索していただくといいでしょう。

アコム:店舗・ATM検索

プロミス

プロミスでも公式ホームページの「店舗・ATM」から、自動契約機の検索が行えます。

現在地を入力することで、周辺の自動契約機を表示してくれるので、すぐに行ける自動契約機がどこにあるかを探すのに便利ですね。

また、プロミスは同じSMBCグループである、三井住友銀行のローン契約機でも契約を行えます。

三井住友銀行のローン契約機は、三井住友銀行のホームページから検索できるので、そちらも活用していただくといいでしょう。

プロミス:店舗・ATM検索
三井住友銀行ローン契約機検索

SMBCモビット

SMBCモビットでは、公式ホームページの「ローン申込機 設置場所検索」から、自動契約機の場所が検索できます。

「施設から地図で検索」「都道府県を選んで地図で検索」「キーワードで検索」などの方法から、検索が可能です。

また、プロミスと同じく三井住友銀行のローン契約機でも契約できます(三井住友銀行のローン契約機の検索ページへのリンクは、プロミスの説明の際に貼りましたので割愛します)。

SMBCモビット:ローン申込機検索

自動契約機のメリット

消費者金融では、自動契約機以外にもインターネット経由・郵送などいろいろな方法で申し込み・契約を行うことが可能で、自動契約機はあくまでも申し込み・契約を行うための、1つの手段です。

自動契約機を利用することのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

秘密でキャッシングできる

家族や会社の同僚など、周囲の人に内緒でキャッシングを行おうと考えている人は多いと思いますが、自動契約機はそのような人が申し込みや契約を行うために、非常に適しています。

郵送で申し込みを行えば、消費者金融から送られてくる書類でバレてしまう可能性がありますし、インターネット経由で申し込みを行っても、申し込み中の画面を見られてしまうかもしれません。

しかし、自動契約機は完全に一人になれる個室の空間なので、申し込み・契約を行っていることが他の人にバレる心配はありません。

その場でローンカードが発行される

消費者金融の契約をすると、一般的にはローンカードが自宅郵送されますが、上述したような周囲に秘密でキャッシングをしたい人としては、それは困るかもしれません。

また、融資を急いでいる人の場合、できるだけ早くローンカードを受け取りたいと考えるでしょう。

自動契約機を利用すれば、契約を行ったその場でローンカードが発行されるので、そういった点もさまざまな人のニーズを満たすのではないでしょうか。

自動契約機での申し込みの流れ

では、実際に自動契約機を利用して申し込んで、契約・借り入れを行うまでの流れについて説明していきましょう。

1.申し込み(記入)

自動契約機で申し込みを行う場合、まずは自動契約機の画面に出てくる入力項目にしたがって、氏名・年収・希望借り入れ額などを入力していきます。

特に難しい点はないと思いますので、画面の指示に従っていけばスムーズに進めていけると思います。

万が一困ってしまうようなことがあったとしても、自動契約機の中は監視カメラで見られています。

利用者が困ったような雰囲気を出している場合は、オペレーターのかたが「何かお困りでしょうか?」というように声をかけてくれるので、安心ですね。

2.審査

必要事項を入力して送信すれば、審査が始まります。

消費者金融の審査はスピーディーに行われることが多く、「最短30分」というようなことを謳っているところもあります。

ただ、審査結果を待っている間は自動契約機の中で待機しておかなければならないので、時間を潰せるようなものを用意しておいたほうがいいでしょう。

自動契約機の中でボーッとマンガを読んでいたら、入力内容についての確認で突然オペレーターのかたから話しかけられてビクッとする、というのは自動契約機の利用者あるあるです。

3.在籍確認

消費者金融の審査に必須の在籍確認ですが、申し込み者が自動契約機の中で待機している以上、本人が在籍確認の電話に対応することは不可能です。

ただ、在籍確認は必ずしも本人が対応しなければならないというわけではなく、「申し込み者本人が在籍していると判断できる対応」を行ってもらえればOKです。

自動契約機を利用する場合は、あらかじめ職場の人に「自分あての電話がかかってくるかもしれない」ということを、伝えておくといいでしょう。

4.必要書類をスキャナーで提出

消費者金融によってタイミングは異なりますが、自動契約機では必要書類をスキャナーで提出します。

必要な書類は本人確認書類や収入証明書類であり、持っていなければわざわざ取りに帰らなければならないので、必要書類を携帯したうえで自動契約機を利用するようにしましょう。

本人確認書類として利用できるのは自動車運転免許証やパスポート・健康保険証等、収入証明書類として利用できるのは源泉徴収票・確定申告書・給与明細書等です。

なお、「スキャナーで読み込むなら偽物でもバレないのでは」と考えて、偽造免許証を利用するようなことは絶対にやめてください。

実物を提出しないとは言え、偽物は簡単に見破られてしまいますし、偽物の書類で申し込みをしたことがバレてしまえば、その段階で審査落ちになってしまいますよ。

5.契約と借り入れ

無事審査に通過すれば、あとは契約を残すのみです。

自動契約機から契約書が発行されるので、署名・捺印して提出すれば契約完了となり、その場でローンカードが発行されます。

たいていの場合は、自動契約機のすぐ横にATMが備え付けられているので、発行されたローンカードをATMで利用すれば、すぐに借り入れが行えます。

自動契約機のデメリット

先ほど、自動契約機のメリットについてお伝えしましたが、逆に自動契約機のデメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。

1.待ち時間が意外に長い

自動契約機を利用する場合、申し込みを行ってから契約が完了するまでは、ずっとそこにいなければなりません。

最短30分程度で審査が終わることを謳っている消費者金融が多いとは言え、それはあくまでも「最短」の場合です。

審査が込み合っていたり、申し込み内容の確認が必要だったり、在籍確認がスムーズに行われなかったりといった場合は、もっと時間がかかってもおかしくありません。

下手すると1~2時間程度(場合によってはもっと長い可能性も)同じ場所で拘束されるというのは、自動契約機を利用するデメリットと言えるかもしれません。

2.スペースが狭い

同じ場所で拘束されることがデメリットになりやすいのは、自動契約機が設置されているスペースが決して広くはないことも、原因の1つです。

ある程度動き回ったりできるスペースがあれば、少しの間拘束されていても体を動かせますが、自動契約機ではそれもできません。

独房に押し込まれたような気持ちになりながらずっと待ち続けるのは、決して気持ちのいいものではありませんね。

3.カメラで監視される

個室で誰にも見られていないなら、待ち時間を自分の自由に過ごしたいところですが、自動契約機には監視カメラが設置されています。

そのため、常に見られていることを意識しておかなければならないので、それがストレスに感じる人もいるでしょう。

よほど奇想天外な振る舞いをしない限りは、自動契約機での態度が審査結果に影響を与えることはないと思いますが、申し込み者としては少しでも優等生的な態度を取っておきたいはずですからね。

待ち時間が嫌ならWEB完結

上述したようなデメリットが我慢できない場合は、他の申し込み方法を選ぶ必要があります。

借り入れを周囲に内緒にしたい人は、自動契約機を利用しない場合は、WEB完結での申し込んでカードレスで利用するのがおすすめです。

プロミスのアプリローン

プロミスでは、「アプリローン」を利用することで、申し込みから借り入れまでのすべてをアプリで行えます。

専用アプリとセブン銀行ATMがなければ取引ができませんが、セブン銀行ATMはセブンイレブンを中心に幅広く設置されているので、利便性は申し分ないでしょう。

通常のプロミスを利用する場合と同様に、初回利用者限定の30日間無利息のサービスも利用できますよ。

レイクALSAのカードレス契約

レイクALSAでも、公式アプリの「e-アルサ」があれば、セブン銀行ATMを利用することで「スマホAT取引」でのカードレスでの契約が可能です。

スマホATM取引は、深夜の時間帯でも借り入れ・返済ができるのが魅力的ですが、曜日によって利用できる時間帯に違いがあるので注意しておきましょう。

月曜日5時00分~23時50分
火曜日・水曜日0時15分~23時50分
木曜日1時30分~23時50分
金曜日・土曜日・日曜日0時15分~23時50分

なお、第三日曜日だけは利用可能時間が0時15分~20時00分までとなっています。

この他にSMBCモビットでも、「WEB完結申込」が利用できるなど、大手消費者金融を中心にWEB完結・カードレスで契約が可能なところは、たくさんありますよ。

自動契約機の審査で失敗する人の特徴

自動契約機で申し込みを行うと、審査が行われます。

自動契約機の審査で失敗してしまう人の特徴について、説明していきましょう。

オペレーターの質問に答えられない

無人契約機でお金を借りようとしている人は大概テンパっていますから、緊張のあまりオペレーターからの質問にうまく答えられない場合があります。

オペレーターの質問によっては、会社の従業員数が何人か、資本金がいくらあるのか、営業支店はどこにあるのかなど、詳細にわたって答えなければならないこともあるでしょう。

オペレーターが質問しているのは、本人からの申し込みであることが間違いないことを確認するためであって、決して借り入れ申し込み者をいじめるつもりではありません。

ただ、上手に答えることができないと「なりすまし」契約を疑われてしまって、審査落ちになってしまうことも考えられます。

動きが怪しい

自動契約機には監視カメラが設置されているので、オペレーターのかたは質問しつつ申し込み者の様子を観察しています。

そのため、どことなく落ち着かない・挙動不審であるといったような態度の場合は、「何かを隠している・偽っているのではないか」と考えられてしまいます。

自動契約機の利用が初めての場合は、ソワソワする気持ちも分かりますが、その態度が原因で審査落ちになってしまったのでは、たまったものではありません。

オペレーターのかたに見られていることを意識して、堂々とした態度をキープするようにしましょう。

借り入れ件数などの嘘をつく

自動契約機での審査かどうかに関わらず、借り入れ件数や年収など、審査に関わる内容に関して嘘をついてそれがバレてしまった場合は、即刻審査落ちになる可能性が高いです。

ついうっかり間違えてしまった場合は、内容を修正するだけで済むこともありますが、オペレーターのかたは審査のプロですから、ついうっかりなのか意図的に間違えたのかは、簡単に見敗られてしまうでしょう。

申し込みを行う場合は、ありのままの自分で勝負しなければなりません。

自動契約機で即日融資を受けるためのコツ

消費者金融の自動契約機を利用して申し込みを行う人の中には、即日融資を受けたいと考えている人もいるはずです。

自動契約機で即日融資を受けるためのコツについて、説明していきましょう。

取り扱い終了間際に行かない

自動契約機は24時間営業しているわけではなく、会社や場所によって異なりますが21時や22時には営業終了となります。

そのため、自動契約機の営業時間ギリギリに行ってしまうと、申し込みから契約までの手続きを完了させられず、即日融資が受けられない可能性が考えられます。

審査に時間がかかった場合のことを考えて、少なくとも営業終了時間の1時間ほど前までには、自動契約機に行くようにしたいですね。

ただ、自動契約機を他の人が利用していた場合は、その分タイムロスが生じるので、その点も考慮するとできるだけ早く行くに越したことはないでしょう。

必要書類は用意しておく

審査の途中では、必要書類を自動契約機のスキャナーに読み込ませる形で提出しなければなりません。

必要書類を持っていない状態で自動契約機を利用してしまうと、自宅に取りに帰る羽目になり、大幅なタイムロスが生じます。

特に、本人確認書類はすべての人が提出しなければならないため、準備するのは忘れにくいのですが、収入証明書類を忘れる人は意外と多いです。

少額の借り入れなら収入証明書類の提出は必要ありませんが、消費者金融の判断で少額の借り入れでも、収入証明書類の提出が求められる場合があります。

念には念を入れて、本人確認書類と収入証明書類のどちらも用意した状態で、自動契約機に行くようにしましょう。

勤務先の情報を調べておく(住所など)

審査の過程で、オペレーターのかたから勤務先について質問されることがあります。

本人確認のために行われることなのですが、特に大きな会社で働いている人は、本社の住所や電話番号などを覚えていることのほうが少ないでしょう。

そういったことを質問されても大丈夫なように、あらかじめ勤務先の情報を調べてメモしておくと、オペレーターのかたからの質問もスムーズに対処できますよ。

最後に

消費者金融の自動契約機は、周囲に内緒で借り入れを行いたい人や、即日融資を受けたい人にとって非常に便利です。

申し込みから契約までの流れも基本的に一本道であり、画面に出てくる案内やオペレーターのかたからの指示に従って進めていけば、迷うことはないでしょう。

ただ、スペースが狭いなどの自動契約機ならではのデメリットもないわけではないので、そういったデメリットが気になるかたは、WEB完結・カードレスでの契約がおすすめです。

自動契約機の特徴を理解して、上手に利用できるといいですね。

関連記事をチェック!

1026view

【体験談】自動契約機らららむじんくんのここが怖いよ!

どうもこの記事の執筆者の、馬太郎です。 私は急な出費でお金が必要になったときに、むじんくんでカードローン審査からカードの発行し、借り入れまでを行いました。 私が審査担当者に伝えた電話番号が誤っ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談