ファクタリングと融資はどちらが有利?特徴と選び方を徹底解説!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

ファクタリングとは、将来入金される売上げを現金化することです。

また、最近では資金調達のひとつとして、中小企業にも浸透しつつあります。

ただし、ファクタリングと銀行融資の違いが、不明確な経営者もいるようです。

そこで、それぞれの特徴や選び方について、まとめたので今後の資金調達の参考にしてください。

つなぎ資金融資に最適なファクタリング

ファクタリングは売掛金を業者に買い取ってもらうことで、事業性資金を調達する方法です。

融資のように金融機関から、お金を借りるわけではないため、銀行融資、ビジネスローンとは違う特徴を持ち合わせています。

以下ではファクタリングと銀行融資、ビジネスローンを幾つかの特徴で比較しています。

 ファクタリング銀行融資ビジネスローン
融資金額△(売掛金の金額による)×
担保不要必要会社による
審査スピード×
返済期間返済の必要なし長い短い
必要書類少ない多い普通
信頼性低い(会社による)高い低い

上記の表を確認してもらえたら分かるように、ファクタリングにしかないメリットやデメリットも多くあるので、違いを把握することは非常に重要です。

そこで、まずはファクタリングや、融資の特徴をおさらいしましょう。

現金化スピードが最も早い

ファクタリングのメリットは何と言っても、売掛金の現金化スピードが速いことにあります。

多くの企業は仕事をしてもすぐにお金にならず、売掛金として取引を行われるため、請求をしてから数日後に初めて売上げが入金されます。

しかし、売上げが入金されるまでの間に、仕入れなどのお金を先行して支払をしなければなりません。

売上があるのにかかわらず、現金が手元にないという状態は多くの会社に共通する悩みで、会社によっては現金が用意できないため倒産することもあります。

そこで、ファクタリング業者へ売掛金を譲渡することで、すぐに現金を受け取って資金繰りを安定させられるのです。

ただし、デメリットとして売掛金全額を受取ることはできず、入金される金額は業者への手数料分が目減りした金額となります。

必要書類

資金調達をするときには申込みの書類以外にも、会社に関する書類が幾つか必要ですが、融資を受けるときと、ファクタリングを行うときには書類に違いがあるか気になります。

そこで、始めの比較ポイントとして、必要書類の種類や量から確認していきましょう。

融資

融資を行うときに必要な書類は金融機関ごとに異なりますが、大きく必要な書類は決まっています。

まず、申込者の本人確認書類と登記謄本や、定款などの会社を証明する書類が必要です。

さらに、売上や経営状態が分かる書類として、決算書類や月次決算書や試算表、財務諸表を準備しなければなりません。

他にも、融資を受けたお金をどのように利用するのか、また返済に関する試算表なども金融機関によっては必要書類として要求されます。

また、銀行からの融資は審査が厳正に行われるため、必要書類の内容に不備があったときには、容赦なく審査落ちされてしまいます。

審査の通過率を上げるためには、銀行の担当者に対してプレゼンを行う必要もあるため、その資料も準備しなければなりません。

銀行融資には10を軽く超えるような書類の種類を作成しなければならないため、書類の準備だけでかなりの時間が必要になるでしょう。

ファクタリング

ファクタリングの審査は銀行融資の審査に比べて、敷居が低いと言われています。

その理由として、ファクタリングの審査は、銀行審査より必要書類が少ないからです。

法人の概要が分かる書類と過去の決算書、簡単な資金繰り表が準備できれば、一般的なファクタリング会社であれば他に必要書類を要求されることは余りありません。

銀行からの融資のように返済に関する試算表や事業計画書、担当者との面談の資料などはほぼ不要です。

必要書類が少ない理由には、銀行融資と審査の項目の違いがあります。

銀行審査は申込した会社の資金繰りや業績予測、担保や保証人の有無といった様々な基準を確認します。

ファクタリング審査は、取引先(売掛先)がきちんと払えるかどうかに絞られます。

したがって、申込会社の経営状態を細かく確認する必要がないため、必要書類の数も少なくなるのです。

ただしファクタリング審査では売掛債権の存在を確認するため、決算書だけでなく取引先との契約書や請求書、また売掛金の入金指定口座のコピーといった書類は必要となります。

審査期間

ファクタリングの一番のメリットは、審査の早さと言えるでしょう。

次はファクタリングと融資では、審査期間がどの程度違うのかを確認していきましょう。

融資

融資の中でも銀行融資は審査期間が非常に長く、特に信用保証協会の保証付き融資を申込みしたときには、1か月半程度審査期間が必要なこともあります。

ビジネスローンや法人向けカードローンであれば、審査期間が1週間以内で終わるものも多いため、急ぎの借入れにも対応できます。

しかし、借入上限金額が少なく、金利も高いので長期間の借入れには向いていません。

ファクタリング

ファクタリング業者は、帝国データバンクなどの情報機関から、売掛先の業績を確認します。

そして、業績が問題なければ、手数料を差し引いた金額を申込会社に振り込みます。

最短で即日入金してくれるファクタリング業者もありますので、経営者は緊急時の資金調達方法として知っておくと良いでしょう。

融資と比較して短期間で資金調達可能ですが、3社間ファクタリングの場合には審査期間が長くなることがあり、取引先企業の対応によってはさらに長期化する可能性もあります。

急ぎで資金調達したいときには、2社間ファクタリングでの契約がおすすめです。

取引先信用力を高めたいなら

ファクタリングは日本ではまだまだ知名度の高くない資金調達法であるため、取引先にファクタリングを利用すると伝えてしまうと、「あの会社は資金繰りが厳しいのではないか?」と信用を落としてしまう危険性があります。

しかし、取引先の信用力を下げることなくファクタリングを利用する方法もあるので、信用リスクを回避するファクタリングの利用法を紹介します。

三社間ファクタリングは信用リスク大

ファクタリングには、自分の会社とファクタリング業者の2社間で契約する2社間ファクタリングと、それに取引先も契約に加わる3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングの場合、売掛金は取引先から自分の会社、そしてファクタリングの業者の順番に渡ります。

これに対し、3社間ファクタリングの場合は売掛金が取引先から、直接ファクタリング業者に渡るのが特徴です。

2社間ファクタリングは第三者である取引先に、ファクタリングの事実がばれないというメリットがあります。

したがって、取引先からの信用を下げたくないときには、2社間ファクタリングを選択することでリスクを下げられます。

逆に、3社間ファクタリングを利用するときには、取引先から余り良い印象を持たれずに、信用リスクが増す危険性があるのを理解しておきましょう。

しかし、ファクタリングの中にはリコース付きのものがあり、この場合には取引先が倒産した場合は、自分がファクタリング会社へ立替払をして、売掛先への回収義務を負うというデメリットもあることを覚えておきましょう。

ただし、基本的には2社間ファクタリングは、リコースがないものが多いです。

融資に至るまでの契約形態

ファクタリングと銀行融資は同じ資金調達でありながら、契約形態や必要コストが異なります。

その違いをまとめましたので、自分の会社にとってどちらが有利であるか確認してみてください。

融資

ファクタリングと、銀行融資は契約形態が違います。

それは、銀行融資がとお金の貸し借りの契約(金銭消費貸借契約)となるのに対し、ファクタリングは売掛債権という「モノ」を上げたりもらったりする契約(譲渡契約)だからです。

一見すると大きな違いがないように思えますが、融資のときには資金調達として受け取ったお金を返済しなければなりません。

返済が必要ということは、返済に対するシミュレーションや試算を出したり、毎月一定の利息の支払いや返済を行ったりする必要があります。

ファクタリング

ファクタリングの場合には、借入ではなく譲渡の契約であるため、キャッシュフロー計算書上で現金として計上ができます。

したがって、融資とは異なり現金の扱いとなるため、経営指標を良くする効果があるのです。

また、返済の必要もないため毎月の返済にかかるコストや経費を抑える効果もあり、ファクタリングならではのメリットを受けられます。

ファクタリングは、資金調達でありながら、借入れではないという点は重要であるため、良く覚えておいてください。

運転資金繰りに適しているのは?

資金調達を行う理由には、運転資金の調達と設備資金の調達に分けられます。

この内運転資金の調達を行うときには、金額的にファクタリングと融資のどちらでも利用できることが多いため、どちらを利用するべきか悩みやすいです。

そこで、次は運転資金繰りを行うときには、ファクタリングと融資どちらの資金調達法が向いているか確認していきましょう。

融資

銀行融資は一般的に借入れしてから少なくとも、半年はたたないと追加融資を受けられません。

運転資金の調達は業績が戻るまで、複数回行われる可能性があり、追加融資を受けられないことはデメリットとして働きやすいです。

ファクタリング

融資に対してファクタリングは、売掛金が発生するたびに利用ができます。

ファクタリングは融資でなく、飽くまで自分の会社に入ってきた売掛債権というモノを業者に売るだけです。

したがって、連続して取引が必要となる運転資金の調達には、ファクタリングの方が適していることが多いです。

ここまでの話を聞くと銀行融資よりファクタリングの方が良いと思うかも知れませんが、これからはファクタリングのデメリットも登場するので、デメリットについて理解するように注意してください。

手数料負担が大きいのは?

次の比較は手数料負担について、ファクタリングと融資どちらの方が大きいかについてです。

ファクタリングと融資では契約形態が異なるため比較がしにくいですが、トータルで見てどちらの手数料負担が大きいか確認していきましょう。

融資

銀行融資の金利は事業性融資なら1.0%~5.0%、またビジネスローンでも10.0%~18.0%です。

ただし、融資の金利は年率であるため、毎月の支払いは利率を大体12分の1した数値となります。

銀行融資は高額となりやすいですが、金利も1桁代であるため、利息や手数料の負担はそこまで高額ではありません。

毎月の返済金額さえ用意できれば、手数料や利息で困ることは少ないでしょう。

ファクタリング

ファクタリングの手数料は、銀行融資の利息に比べて高いです。

ファクタリングの手数料は少なくても10.0%であり、業者によっては20.0%を超えるところもあります。

さらに、ファクタリングの手数料は年利ではなく、個別の売掛債権に対しての利率ですので、年利に直すとさらに高くなります。

例えば、運転資金が足りずに毎月ファクタリングを利用したとすると、10%の手数料でも年率換算で120%となってしまいます。

また、ファクタリングの手数料は利息制限法の範囲外となりますので、20%以上の高利率にしても違法ではありません。

ファクタリング会社によっては、他社よりも明らかに高い手数料を提示してくることもあるため、相場より高すぎないかに気を付けましょう。

ファクタリング利用者からのよくある質問

ファクタリングは国内での普及がまだまだであるため、利用者からの疑問や気になることの解説が行えていない部分があります。

そこで、ここからはファクタリング利用者から、良く上がってくる質問に対して回答していきます。

「税金滞納者ですが、利用できますか?」

過去に返済遅延や債務整理の履歴があったり、税金の未納があったりする会社は銀行融資を受けられません。

ただし、ファクタリングなら、審査に通る可能性があります。

なぜならばファクタリングは融資ではないため、ファクタリング業者は銀行や貸金業者が共有する信用情報(ブラック情報)を調べようがないからです。

さらに、税金の支払は法律上融資の返済より優先されるのですが、ファクタリングは融資でないので原則として税金の支払と関係ありません。

しかし、先ほど話しした提出する通帳コピーで遅延情報がばれると、売掛先が倒産したときに買い戻し(立替払)ができない会社というマイナスに評価されますので注意しましょう。

ファクタリング会社によっては、税金の滞納者であっても審査に通過できると書いている会社もあるため、気になる人はこのような会社に申込みすると良いでしょう。

「節税メリットはありますか?」

ファクタリングを利用しても、銀行融資と違い負債が増えることはありません。

具体的な仕訳としては、既に発生している売掛金とファクタリング業者からの入金額との差額が手数料部分となり、債権譲渡損という勘定となります。

また、債権譲渡損の部分は消費税の課税売上げとはなりませんので、若干ですが節税効果があります。

関連記事をチェック!

461view

期日現金の場合はファクタリングが有効?仕訳方法も紹介!

売掛金で取引をしていると、売掛先から次の支払期日は現金で渡すと言われることがあります。 しかし、期日現金は手形のように、期日前に現金化することができません。 ファクタリング会社を利用すれば...

期日現金の場合はファクタリングが有効?仕訳方法も紹介!

「売掛金額以上を借りれますか?」

銀行の運転資金では、目安として売掛金の3か月分程度の金額を借り入れできます。

しかしファクタリングでは、売掛金の金額以上の資金調達はできません。

その上、先ほど話しした手数料を差し引かれて入金されますので、自分が期待していた金額に満たない可能性がありますし、ファクタリングを継続利用すればさらに手数料が重なってしまいます。

もしも、ファクタリング以上の金額を借りたいときには、売掛金担保融資の方が高額の借入れができる可能性があるため検討してみてください。

「手形割引会社と何が違うのですか?」

ファクタリングと手形割引は、将来入金される売掛債権を現金化するという点では同じです。

しかし、手形割引は融資と同じであるため、約束手形の振出人が支払できないときには、利用者が弁済しなければなりません。

代わりに、手形の割引料は1.0%~3.0%程度であり、しかも日割計算されるためファクタリングの手数料より格安です。

このように、ファクタリングの一番のデメリットは調達コストの高さです。

経営者としてはそのコストを払ってでも資金調達しなければならないか、また長期的な資金繰りは安全かどうかを、ファクタリングを利用する前に確認しましょう。

関連記事をチェック!

28view

手形割引とファクタリングは仕組みが違う?仕訳の方法も紹介!

現金が急に必要になったときに、自社の売上げを現金に変換する方法として、手形割引やファクタリングが有名です。 しかし、この手形割引とファクタリングは内容が似ている部分が多く、違いが分かりにくいこと...

手形割引とファクタリングは仕組みが違う?仕訳の方法も紹介!

ファクタリング利用時の4つの注意点

ファクタリングの利用時には、銀行融資のときとは違う注意点が幾つか存在します。

そこで、ファクタリングならではの注意点を4つに分けて紹介するので、利用を検討する前に確認してください。

1.担保の登記方法

先ほど話しした2社間ファクタリングの場合、自分の会社が売掛金の支払いを一旦受け取りますので、ファクタリング会社が売掛金を回収し損ねる可能性があります。

そこで、ファクタリング会社が、売掛金に対して担保登記をします。

不動産や法人の登記と同じように、売掛金の所有者を法務局に申請することを担保登記と呼びます。

担保の登記には費用が必要となり、ファクタリング会社によっては利用者負担となるため、融資では必要なかった経費がかかることになります

また登記の種類は、将来発生する売掛金を担保にする譲渡担保(じょうとたんぽ)と、既に存在している売掛金を担保にする債権譲渡(さいけんじょうと)の2種類あるということを覚えておいてください。

実は、このふたつの中では、債権譲渡の方が好ましいです。

なぜならば、債権譲渡の場合は融資と見なされるため、法律で決められた以上の手数料が発生しないからです。

なお、売り掛け担保融資の場合は、債権譲渡となります。

登記の原因は手数料に影響しますので、ファクタリング会社にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

2.取引先の倒産

売掛先が倒産したときに、自分の会社が責任を負うかどうかについて話しします。

ただし、ファクタリングでリコース契約をした後に、譲渡担保の登記をしている場合は、担保に差し入れた売掛金(モノ)に対し、自分の会社が所有及び管理する義務があります。

したがって、ファクタリング会社から、損害賠償を起こされる可能性もありますので注意しましょう。

2社間ファクタリングでリコース契約を結ぶことは基本的にはありませんが、契約書を読みこみしていなければ後々トラブルにつながるため、契約前に確認しておきましょう。

3.売掛金の譲渡禁止条項

売掛先との契約書に、譲渡禁止条項の記載があると売掛金の登記ができません。

つまり、売掛金担保融資や、担保付2社間ファクタリングがそもそも利用できないのです。

譲渡禁止の条項は売掛先の書面で解除ができますが、会社によってはファクタリングを利用されたくないために、譲渡禁止の条項を設けている可能性もあるので慎重に交渉しなければなりません。

詳しい交渉方法や実際に資金調達できるかどうかについては、弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。

4.資金不足解消にはならない

ファクタリングは現金の調達やキャッシュフローの改善に効果的ですが、残念ながら直接的な資金不足解消にはつながりません。

ファクタリングの仕組み上、将来受け取る予定の売掛金代金を早めに受取っているだけなので、結果的に現在の会社の資産が増えるわけではないのです。

さらに、ファクタリングには決して安くない手数料の支払いも必要なため、現在の資産を減らす行為になります。

もしも、会社の資金が不足していたり、赤字経営が続いていたりする場合には、ファクタリングを利用しても根本的な解決にはならないでしょう。

ファクタリングと事業性融資はどちらが有利?

ここまでファクタリングのメリットと、デメリットについて話ししました。

そこで、実際に中小企業の資金調達方法として、どちらが有利かについて会社の状況ごとに、まとめましたので参考にしてください。

業種や創業時期で比較!

ファクタリングは売掛金を現金化するため、売掛金(請求書)が存在しない現金回収の業種は利用できません。

例えばカード払いをしていない飲食店や、美容室などです。

また、ファクタリングの手数料は銀行融資の利息より高く、売掛金の金額が小さければ手数料率(掛け目)がさらに高くなります。

したがって、大口の注文を受けている建設業や製造業が、銀行融資を断られたり受けられても金額が少なかったりする場合はファクタリングが有効と言えるでしょう。

なお、創業間もない会社は資金繰りが安定していないため、創業融資を利用したり、恥を忍んでも親族から借り入れしたりすることをおすすめします。

取引先にばれたくない場合は?

ファクタリングは、元々は大手企業でも用いられている、立派な資金調達方法のひとつですが、銀行融資を断れたから利用するといった、マイナスのイメージがあるのも事実です。

もしファクタリングの利用を売掛先にばれたくない場合は、自分の会社とファクタリング会社だけで契約できる2社間ファクタリングを検討しましょう。

ただし、2社間ファクタリングの場合は売掛金に対して登記する可能性があり、その登記費用は自分の会社が負担しますので注意しましょう。

さらに、少額の資金やつなぎ資金が必要なときには、ビジネスローンや手形割引などを利用することで、取引先にバレることなく資金調達ができるでしょう。

ファクタリングが利用できないときは?

ファクタリングは売掛金を利用して行う資金調達法であるため、売掛金がないなどの理由で利用できない会社もあるでしょう。

このような会社でも、銀行融資以外に利用できる資金調達法は幾つかあります。

特に少額の資金で良い場合には、ビジネスローンや銀行系のカードローンを利用して資金調達がおすすめです。

ここでは、ファクタリングや、銀行融資以外の借入方法を紹介します。

ビジネクスト

ファクタリングは中小企業にも浸透してきていますが、その利用は最後のとりでと考えます。

それは、ファクタリングの手数料はまだ規制がすすんでおらず、中小企業にとっては負担が大きすぎるからです。

特に継続的に資金調達を行いたい場合には、手数料の負担が大きいためファクタリングの利用は不利であると言えます。

そこで、少額の資金を短期間の内に調達したいときには、ビジネクストのビジネスローンがおすすめです。

ビジネクストは担保不要で最小50万円からの小口融資を行っており、審査結果も最短即日に知らせてもらえるためスピード感も抜群にあります。

ビジネクストには他にも法人向けのカードローンやクレジットカードの取扱いもあるため、資金調達に困ったときには確認してみると良いでしょう。

銀行系列のカードローン

銀行系列のカードローンを事業に使うという手段を、考えたことがある人もいるのではないでしょうか。

たしかに、銀行系カードローンは消費者金融や、ビジネスローンと比較して低金利で事業に利用しやすそうです。

しかし、残念ながら事業性資金としてカードローンを利用することは、ほとんどの銀行で禁止されています。

したがって、カードローンを事業や法人の運営に利用はできず、利用していることがバレると一括返済や法的措置を取られるかも知れません。

もしも、個人向けのローンを利用したければ、フリーローンであれば銀行によって個人、法人どちらでも利用可能なものを取扱っている可能性があるので、調べてみることをおすすめします。

消費者金融系カードローン

消費者金融系のカードローンも残念ながら、銀行系と同じく事業や法人の活動として利用できません。

しかし、SMBCプロミスなど一部の消費者金融には、事業者向けのカードローン商品を用意しているので、気になる人は公式ホームページなどを見てみましょう。

ただし、どの消費者金融のローン商品も、法定金利ギリギリに設定されているため、銀行のローンよりも高金利である点には注意が必要です。

ファクタリング会社の例

ファクタリング会社は現在日本にも、数百単位で会社が存在するため、どの会社を利用すれば良いか比較するのが難しいです。

そこで、ファクタリング会社をひとつ例に出し、どのような点を比較するのか、また紹介した会社のメリットや特徴はどこかを確認していきましょう。

株式会社 MEDS JAPAN ( メッズジャパン )

今回紹介する会社は、ファクタリングプロを経営するMEDS JAPAN(メッズジャパン)です。

メッズジャパンは公式ホームページに記載されているように、2004年より経営しており、ファクタリング会社にしては15年という長めの経営実績のある会社と言えます。

また、会社概要や資本金の情報などを、しっかりと記載されている点も評価が高いです。

さらに、MEDS JAPANの特徴は手数料が安いという点にもあります。

ファクタリングをする場合は、少しでも手数料が低い業者を選ぶことが大切です。

MEDS JAPANの手数料は1~10%と他社と比較しても、比較的低金利であるため経営に負担となりにくいです。

また、上限金利が明言されている点は非常に良い点で、相談時に高い手数料を持ち出される心配がありません。

ただし、ファクタリングの手数料は売掛金に対するパーセンテージだけでなく、事務手数料や登記費用など様々な名目があります。

MEDS JAPANにはこれらの諸費用にかんする記載がないため、申込時に確認をしなければなりません。

他社と比較するときにも、表面の手数料に惑わされずに総額を確認する必要がありますので注意をしてください。

また、資金調達プロなどのファクタリング紹介サイトを利用することで、業者ごとの手数料を比較できますので覚えておきましょう。

最後にアドバイス

中小企業のファクタリングは、銀行融資に比べて調達コストが高いのが現状です。

ただし、売掛金が大口で将来的に資金繰りが安定するのであれば、有効な資金調達手段と考えます。

もし目先の売掛金を現金化しても業績改善のめどがたたない場合は、債務整理の検討をすることも視野に入れるようになるでしょう。

関連記事をチェック!

73view

ファクタリング会社のおすすめランキング!会社選びのポイントとは?

資金繰りでファクタリングを利用しようとしても、ファクタリング会社は現在数百以上の会社があるため選択するのが難しいです。 また、ファクタリングはまだ法整備もすすんでおらず、反社会的勢力も進出しています...

ファクタリング会社のおすすめランキング!会社選びのポイントとは?

関連記事をチェック!

134view

Pmgのファクタリングは安心して利用できるか?

ファクタリング会社をインターネットで検索していると、よく目にする企業のひとつにPmgがあります。 Pmgは東京だけではなく、大阪にも支店があるファクタリング会社です。 売掛金をすぐに現金化...

Pmgのファクタリングは安心して利用できるか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談