キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

契約社員でもカードローンの契約は可能!審査通過のポイントを解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

現代では、契約社員もカードローンの契約が可能となりました。

但し誰でもよいわけではなく、利用できる人には条件があります。

ここでは契約社員がカードローンの審査に通過するために、知っておきたいポイントを解説します。

契約社員でカードローンを検討中のかたは必見です。
  • 多くの出費を予定している契約社員のかた
  • どこから借りたらよいかわからないかた
  • 本当に借りられるか不安なかた

審査に通過しやすいカードローンとは

契約社員がカードローンを契約する場合、一般的には銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすい傾向にあります。

これは銀行と異なり、消費者金融は個人を対象として融資を行ってきたという、歴史的な背景も関係しています。

従って消費者金融は個人向けの貸し出しノウハウを多く蓄積しており、銀行カードローンが消費者金融を保証会社とする理由の1つともなっています。

ただし、近年では銀行のなかでも「パート、アルバイト可」というように、個人向け融資に積極的なところも出てきました。

契約社員のかたは、このような銀行を選ぶと借りられる可能性が高くなります。

この点では、カードローンの選択肢が増えたといえるでしょう。

低金利のカードローンは審査落ちする場合も

低い貸出金利のカードローンは、銀行カードローンに多いです。

銀行は信用力が高いため、だれにとっても魅力的な申し込み先となります。

しかし、実際に申し込むと審査落ちする場合も少なくありません。

これは、銀行カードローンの貸出金利が低いことが原因の1つです。

カードローンの貸出金利は、返済できないリスクが高いかたに対して、より高い利率が適用されることになっています。

そのため貸出金利が低い銀行カードローンでは、申込者の返済能力をより厳しく審査するため、契約社員は不利となる場合も少なくありません。

個人向け融資に積極的な事業者の選び方

各社のカードローンには、申し込み可能なかたの記載があります。

この欄を見ると、正社員以外の雇用形態で働いているかたでも申し込めるカードローンは多いです。

但し記載されている雇用形態は、審査を通過するための最低ラインを示しているに過ぎません。

従って契約社員がカードローンの審査に通過しやすくするには、契約社員だけでなくパート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態に対応するカードローンを選ぶことが重要です。

なかでも「パート・アルバイト可」というカードローンには、パートやアルバイトのかたも申し込んできます。

このため契約社員は相対的に有利となりますから、審査に通りやすくなることが期待できます。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になるでしょう。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローン...

おすすめカードローン一覧と利用条件

契約社員がカードローンを利用するには、どこに申し込むかということが重要です。

大手比較サイト「価格ドットコム」に寄せられた口コミ情報によると、審査に通過しやすいカードローンとして、消費者金融をあげるかたが多いです。

しかし口コミをよく分析すると、銀行のカードローンのなかにも審査に通過しやすいものがあります。

ここでは契約社員が審査に通過しやすいカードローンについて、一覧で紹介していきます。

消費者金融の利用条件

審査に通過しやすいカードローンの代表的なものは、消費者金融です。

ここでは主な消費者金融について、金利や利用限度額、年齢制限をまとめました。

各社とも契約社員はもちろん、パートやアルバイトでも申し込みが可能です。

消費者金融金利
(実質年率)
利用限度額年齢
アイフル3.0%~18.0%800万円以内20歳~69歳
アコム3.0%~18.0%1万円~800万円20歳~69歳
プロミス4.5%~17.8%500万円以内20歳~69歳
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円~800万円20歳~69歳

また契約に必要な年収については、各社とも非公開としています。

但し価格ドットコムに寄せられた口コミ情報によると、各社とも年収200万円未満の方でも借りられたという報告が複数寄せられています。

従って上記にあげた各社の場合、年収が200万円を超えていれば、年収を原因として審査落ちする可能性は低いと考えられます。

銀行でも利用しやすいカードローンがある

銀行のカードローンは、一般的に消費者金融よりも審査が厳しいといわれています。

ただし銀行によっては、パートやアルバイトも申し込めるカードローンもあります。

銀行は金利が低いことが魅力ですから、契約社員のかたは以下のカードローンもあわせてご検討ください。

金利利用限度額年齢
楽天銀行1.9%~14.5%10万円~800万円20歳~62歳
イオン銀行3.8%~13.8%10万円~800万円20歳~64歳

どちらのカードローンでも、価格ドットコムに年収200万円未満のかたでも借りられたという口コミが寄せられています。

なお銀行の場合、即日融資はできません。

審査結果が出るまで数日かかるケースも多いため、余裕を持った申込みをおすすめします。

関連記事をチェック!

その日に借りれる!即日融資可能なカードローン

お金に困っている人の中には、急いで金策をしなければならない状況の人も多いかと思います。 金策をする際に頼りになるのは、消費者金融や銀行で取り扱われているカードローンですが、お金を借りるためには審...

契約社員が借りる場合の審査項目

契約社員がカードローンを借りる場合は、いくつかの審査項目があります。

代表的な項目には、以下のものがあげられます。

  • 年収や勤続期間
  • 他社での借入や返済状況
  • 借入希望額
  • 在籍確認

年収や勤続期間、他社での借入額などは、正直に記入する必要があります。

また借入希望額と在籍確認については特に注意すべきポイントがありますから、その内容を詳しく解説します。

借入希望額は、無理なく返せる額がポイント

カードローンを申し込む際には、借入希望額を記入する欄があります。

この額は借入希望額に記入した金額も参考となりますが、最終的には審査によって決まります。

総量規制により借入額は年収の3分の1以下と定められていますが、審査においてこのことは1つのチェックポイントに過ぎません。

あくまでも審査では、無理なく返せる金額かがポイントとなります。

従ってできるだけ多く借りる目的で多額の借入希望額を記入することは、あなたの返済能力を疑われるおそれがあるため、おすすめできません。

融資可能額が減額される程度ですめばよいのですが、審査に通らない可能性もありますから、借入希望額にはなるべく少ない額を記入しましょう。

在籍確認は原則として行われる

カードローンの申込みを行った場合、審査においてお勤めの会社に個人名で電話をかけ、本当に在籍しているかをチェックする「在籍確認」が行われます。

在籍確認は審査の重要な項目の1つですから、原則として省略することはできません。

但しカードローン事業者によっては、健康保険証を本人確認書類の1つとして提示することで、在籍確認を完了とする場合もあります。

これは健康保険証に社名と入社年月日が記載されているため、会社に在籍していることと在籍期間を証明する書類となることが理由です。

但し健康保険証で在籍確認を完了させる取り扱いをするかどうかは、カードローン事業者の裁量に任されています。

このため、健康保険証を提示したから必ず在籍確認をなしにできるとは限りません。

契約社員が審査に通過するポイント

契約社員がカードローンの審査に通るためには、考慮すべきポイントがいくつかあります。

主にチェックされる項目には、年収や勤続期間があげられます。

また他社で借り入れている金額や、融資可能額などもあげられます。

あわせてカードローンの返済やクレジットの支払い状況が良好かもチェックされますから、日頃から支払いはきちんと行うようにしましょう。

年収や勤続期間のハードルは高くない

カードローンを契約する上で、あまり高い年収額は求められない事業者が多いです。

消費者金融ならば、年収が200万円以上あれば問題にされないことが多いです。

この金額は、貧しくても自立した生活を送っておられるかたならクリアできるでしょう。

むしろ審査においては、年収よりも重要視される項目があります。

それはたとえ少額でも、月々安定した収入があることです。

また入社後1年以上など、一定の勤続期間があることも重要です。

他社での借入額や返済状況も重要

カードローンの審査では、他社での借入額や返済状況もチェックされます。

借入額についてはカードローンだけでなく、クレジットカードのキャッシングも対象となります。

また実際に借りている額だけでなく、融資可能額もチェックされますので注意が必要です。

さらに、あなたがきちんと返済できているかという点もチェックされます。

カードローンなどの借金はもちろん、クレジットカードの利用分やスマホの分割払いもチェックされますから、注意が必要です。

これらの情報は、カードローン事業者が個人信用情報機関へ照会して入手します。

申込書には他社からの借入額を記載する欄がありますから、カードローンやキャッシングなどの借金をしているかたは、もれなく正しい額を記入することが重要です。

関連記事をチェック!

転職したばかりですぐにカードローンでお金を借りられる?

転職したばかりなのに、急にお金が必要になって大ピンチなんてこともあります。 このような場合には、なんとかお金を借りなければしのぐことができませんね。 しかし、お金を借りるには勤続年数がある...

カードローンを申し込む際の注意点

ここまで解説した通りカードローンには審査がありますから、誰でもカードローンを利用できるわけではありません。

従ってあなたがカードローンを無事契約するためには、いくつかの注意点があります。

たとえば申込書類は正確に、誤字脱字もないことが求められます。

また融資可能額も多額にせず、必要なぶんだけを申し込むことも重要です。

加えて、他社のカードローンやクレジットの返済を順調に行うことも欠かせません。

特にスマホの分割払いを利用しているかたはクレジット契約をしていることになりますから、支払いの遅れがあってはいけません。

申込書類の記入は正確に

カードローンの審査において、申込書類がきちんと書かれているかという点は重要なチェックポイントとなっています。

特に他社での借入先や借入金額は審査に重要な情報であるとともに、信用情報機関へ照会することで記入内容が正しいかどうかのチェックも行われます。

もし内容に誤りがある場合は、審査落ちの原因となります。

また申込書には、誤字脱字がないように注意を払って記入することが必要です。

なぜなら誤字脱字があると、審査の際に「この人はルーズな性格の人だ」と解釈され、きちんと返済しない人とみなされる恐れがあります。

これにより、審査に通過しない原因となる可能性もあります。

従って申込書を使って申し込みをする場合は、書き間違えたら新しい用紙に記入しましょう。

またWebサイトから申し込む場合は変換ミスに注意の上、見直しをしてから送信することが重要です。

関連記事をチェック!

嘘をついて借金をすると一瞬で信用を失う

金融機関から融資を受ける場合、「信用があること」は、とても大切なことです。 信用は簡単には出来ませんが、失うのは一瞬です。 信用を失ったら金融機関と取引を続けることは出来るのでしょうか? ...

他社の支払いもきちんと行おう

カードローンは、あなたが期日通りにきちんと返済してくれるという信用を前提として、お金を貸す金融商品です。

このため「契約社員が審査に通過するポイント」でも解説した通り、他社での返済状況が良好かどうかはきわめて重要です。

カードローンやクレジット、スマホの分割払いなど、返済日が決まっているものはきちんと期日通りに返済するようにしましょう。

もしあなたが「他社にはきちんと返済していないけれど、御社のカードローンはきちんと返します」と明言したとしても、カードローン事業者は信用しません。

このため、毎月きちんと返済しているという実績を残し続けることが重要です。

関連記事をチェック!

携帯料金の支払遅延で信用情報キズがつく?

携帯料金の支払い遅延で信用情報にキズがつくことご存じでしたか?たかが携帯料金と思っていたら大きな間違いです。遅延日数によってはローンやクレジットカードの審査に落ちることもあるくらいなんですよ。 ...

まとめ

契約社員の皆様は、基本的には消費者金融でカードローンを契約することが可能です。

また一部の銀行ではパートやアルバイトでも申し込み可能なカードローンがありますから、このような銀行に申し込むことも選択肢の1つとなります。

契約社員は年収が低いことがネックと思われがちですが、これらのカードローンは年収200万円程度あれば契約可能です。

月収が17万円あるかたなら年収200万円を超えますから、多くのかたは収入で審査落ちする可能性は低いでしょう。

但し契約した時点では借入可能額が低く抑えられる可能性はありますが、これはいたしかたありません。

いずれにしても申し込みの際には、職業や年収、雇用形態などを正確に記入することが必要です。

また誤字脱字に注意し、他社からの借入額も正確に記入することも重要です。

もし実際よりも多い金額を記入した場合、虚偽記載とみなされて審査落ちとなるおそれがあります。

正直に記入すれば少額でも借入ができたのに、嘘を書いたためにカードローンの契約ができなくなることは避けなければなりません。

お金が必要なときだからこそ、落ち着いて正しく申し込みをすることをおすすめします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談