キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

返済してすぐ借りるを続けたいなら!

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンの一番大きな特徴であり、メリットと言えるのが、返済してすぐ借りるの繰り返しができる点です。

しかし、ある日突然、借入ができなくなったという話は珍しくありません。

これは下記のような理由が影響してのことです。

  • 借入額が総量規制に引っかかっている
  • 短期の延滞や遅延がある
  • 短期で連続借入している
  • 他社カードローンと契約した

そこで今回は返済してすぐ借りるを継続する際の注意点について、徹底解説していきます。

返してすぐ借りるを継続するための注意点

カードローンを契約当初と変わらない条件で利用するためには、まずは契約先からの信用を失わない必要があります。

信用を失えば返済能力も疑われることとなり、借入限度額が減額されたり、利用停止処分となる可能性も出てきます。

逆に利用中に信用度が上がれば、借入限度額も増額され、適用金利が低くなるといったメリットを生み出します。

よって、カードローンの一番のメリットとなる、返してすぐ借りるを好条件で継続したいのであれば、契約先からの信用度を上げる必要があるでしょう。

それではその好ましい状況を生み出すためにも、それを阻むことになる阻害要因について説明していくことにします。

これは返してすぐ借りるを継続するためにも、絶対に避けなければならない注意点となるので、よく理解するようにしてください。

借入額が総量規制いっぱいになっていないか

いきなり借入限度額が減額されたり、利用停止処分となったけれど、まったく理由がわからないというケースは珍しい話ではありません。

返済もちゃんと行っているのに、一体何が問題なんだと頭をかしげるかたもいることでしょう。

このケースで最も考えられるのは、借入額が総量規制に達していることです。

個人信用情報はなにも申込審査の時だけ確認されるわけではありません。

契約後の利用中も定期的に確認が行われています。

よって、他社カードローンと契約して借入を行えば、その情報は一目瞭然で確認できるのです。

そこで各カードローンの借入総額が総量規制で決められた、年収の3分の1に達している、もしくは達しそうだという場合には、借入限度額が減額されて借入できなくなったり、利用停止処分とされるケースが出てきます。

カードローンを発行している消費者金融は、総量規制を超える貸付けを行えば、法的罰則を受けることになるので、当然の措置というわけです。

短期の遅延を繰り返していないか

カードローン契約先からの信用度を著しく落とすことになるのが、延滞や遅延といった返済問題です。

滅多にない遅延であればさほど問題視はされませんが、度重なる遅延は、信用度、返済能力ともに落とすこととなり、借入限度額の減額や利用停止処分が下されることになるでしょう。

延滞ともなれば有無を言わさず、確実に利用停止処分となります。

延滞が解消されても、借入限度額は間違いなく減額されるでしょう。

短期で連続借入していないか

ちゃんと返済していても、短期間で借入を繰り返せば、貸倒となる危険度の高い利用者と判断され、利用停止処分とされてしまいます。

これは短期間で借入を繰り返す利用者は、統計的に見ても貸倒となる確率が高いと証明されているからです。

こういった利用者はギャンブル依存や、キャバクラ依存といったかたが多く、返済する当てのない借入を平気で送り返します。

事実、そういった使い道でもなければ、短期間に繰り返して借入することもないでしょう。

そういった使い道ではなく、本当に短期間でお金が必要になったというかたもいるでしょうが、契約先カードローンはそう判断することを忘れないでください。

限度額いっぱいで返済、借入の繰り返しはNG!

カードローンを安全に利用するには、必要以上に借入をしないことが大前提です。

これを守らなければ、知らない間に借り癖がついてしまい、あっという間に多重債務者となってしまいます。

そしてその警鐘となるのが、限度額いっぱいでの返済と借入を繰り返し始めた時です。

この状態になれば、多重債務者の一歩手前と考えた方がいいでしょう。

多重債務者になりやすい

カードローンの借入限度額いっぱいまで借りて、返済して枠が開けばまた借入する。

カードローン利用者の中には、こういった状態のかたが多く見られます。

通常、借入限度額いっぱいの借入をすれば、返済に努めようと考えるのが普通です。

しかし、返済して枠が開けばまた借入するを繰り返しているかたは、十分な借入ができないことから、さらなる借入枠を求めて他社カードローンに申し込もうとする傾向が強く見られます。

そして新しく契約したカードローンも借入限度額いっぱいまで借りてしまい、また違うカードローンに借入枠を求め、同じことを繰り返すようになってしまうのです。

契約できるカードローンも総量規制という法律によって借入上限枠が決められているため、最終的にはなくなってしまい、後は返済だけがのしかかる多重債務者のでき上がりです。

多重債務者となれば、返済負担が大きくなり、最終的には債務整理でしか対処できなくなるケースも多く見られます。

借入限度額に余裕を持って、返済してすぐ借りるのならば問題ありませんが、カードローンの借入限度額いっぱいまで借りて、返済して枠が開けばまた借入する状態は多重債務者となる危険性を大きく秘めています。

最悪な結果を招かないためにも、決してこのようなカードローン利用だけは避けるよう心掛けてください。

利用停止になりやすい

カードローンの借入限度額いっぱいまで借りて、返済して枠を開けてまた借入する状態の危険性はよく理解してもらえたかと思いますが、この危険性は当然ですがカードローン会社も認識しています。

つまり、多重債務者となり、貸倒する危険性のある利用者というカテゴリーに区分されるわけです。

こういった利用者は要注意人物として、監視対象とされることになるでしょう。

よって、自社の返済状況だけでなく、他社からの借入・返済状況も定期的に監視されることになり、危険だと判断されれば即時、利用停止処分が下されることになります。

これは1社のみのカードローン会社に限った話ではなく、利用している全カードローン会社で同じ対応が取られることになるでしょう。

貸倒の危険性があると判断されれば、カードローン会社の対応は迅速に行われます。

借入限度額いっぱいまで借りて、返済して空いた枠の借入を繰り返しているかたは、契約先のカードローン会社からは危険視されていることをよく覚えておきましょう。

当日借りて当日返済すれば利息はどうなる?

基本的にはカードローンの借入は、毎月決められた約定日に返済することになります。

しかし、借りてすぐに返済できるだけのお金が入ってくることもあるでしょう。

そんな時には高い利息を支払うことになる約定日に返済するよりも、一括返済した方が得だと考えるかたもいるのではないでしょうか。

これはカードローンを利用する上で、一番賢い方法と言えます。

そこで気になるのが、利息はいつ発生するかという点です。

これを把握しておけば、支払う利息を最低限に抑えることができます。

それでは利息がどう発生するのかについて、説明することにしましょう。

利息が発生するのは翌日から!

カードローンの利息は実質年率という金利計算で算出されます。

実質年率というのは借りたお金を1年間借りた際に、いくらの利息が発生するかという考えがベースになっているため、利息は借りてから返済するまで1日単位で計算されます。

よって、300,000円を実質年率18.0%で10日間借入した場合の利息は下記のとおりです。

300,000円 × 18.0% ÷ 365日 × 10日 = 1,479円

ここで問題となってくるのが、一体いつから利息が発生するのかという点です。

実はカードローンに限らず、金融機関からお金を借りた場合、利息が発生するのは借りた日の翌日からになります。

上記の利息計算の場合だと、借りた日の翌日から10日後に返済した利息というわけです。

これは貸金業法だけでなく、民法においてもあらゆる契約の原則として、契約の効力が発生するのは翌日とされています。

金融機関との金銭貸借契約だけでなく、あらゆる契約においてそうなっているので、これは覚えておくといいでしょう。

利息0円は時間帯が影響する

利息が発生するのが翌日からだとすれば、借りた日に返済して金利ゼロにすることも可能です。

実際、午前中にお金が必要になり、手持ちがないためカードローンで借入したが、夕方にはバイト代が入って返済できる状態になった。

このようなケースも出てくるでしょう。

しかし、同日に返済したからといって、必ず金利ゼロとなるわけではありません。

それは返済にかかわる銀行の営業時間が関係してくるからです。

一部のネット銀行のように24時間対応してくれるところもありますが、それ以外の銀行の営業時間は午後3時となっています。

それ以降の時間であればATMで返金処理が終わっていたとしても、カードローン会社への返金は翌日となってしまい、当日返済したとしても利息が発生してしまいます。

土日を挟めばさらに利息は多くなってきます。

金融機関を介した返済となる場合には、返済する時間帯が影響してくるので、返済する際には当日扱いとなるかどうかを確認することをおすすめします。

また確実を期するならば、申し込み時に24時間対応のネットバンク返済ができるところを選んでおくか、アコムのように24時間対応の自社ATMが用意されているところへ申し込むようにしましょう。

これならば午前0時までに返済すれば、金利ゼロでカードローンを利用できます。

このような使い方をする機会は滅多にないでしょうが、もしもの時のために策を講じておくのも賢いカードローンの利用方法と言えますね。

返済してすぐ借りる際の注意点

それでは最後に返済してすぐ借りる際の注意点について説明します。

こういった利用を継続しているかたは、覚えておくと便利なのでしっかりと頭に入れておくようにしてください。

返済日に追加借入はできない

返済日に返済を済ませ、その日に借入をしたいということもあるでしょう。

しかし、返済日の追加借入ができないところが多いのが実情です。

利用するカードローン会社によっても違いはありますが、まず、返済日に追加借入はできないと考えておいた方がいいでしょう。

前もって借入が必要なことがわかっているのであれば、返済日前に借入をするようにしてください。

ATM手数料に注意!

これは借入や返済をATMで行うかたに、特に理解しておいてもらいたいのですが、月内に借入を複数回行う場合はATM手数料が意外にかかってしまいます。

コンビニに行ったついでに、というかたは多いのではないでしょうか。

銀行カードローンのような提携ATM利用でも手数料無料ならば気にする必要はありませんが、消費者金融カードローンの大半はコンビニATMをはじめとする提携ATM利用時には下記の手数料が発生します。

  • 1万円以下 108円(税込)
  • 1万円超え 216円(税込)

よって、返済に3万円、借入に2万円を同時利用すれば、一度に432円もの手数料を支払うことになるのです。

しかも、カードローンの大半が最低借入額を1万円以上に設定しているので、借入を行えば必ず216円の手数料を支払うことになります。

そう考えれば利便性の高い提携ATMではありますが、決して安いとは言えない手数料を支払っているのは問題ですよね。

こうしたデメリットを回避するためにも、カードローン申し込みの際には、提携ATMの利用手数料が無料なところを選ぶことをおすすめします。

借入限度枠はすぐに復活しない!

カードローンで返してすぐに借りるを繰り返しているかたは、知らない間に借入限度額に達してしまっていることも珍しくありません。

特に小額借入の繰り返しは、高額借入した覚えがないことから、まだまだ借入限度額に枠があると勝手に思い込んでしまいがちです。

このような場合は返済すればその分だけ枠が空き、再度、借入することができますが、借入枠は返済してもすぐには空きません。

返済日の後直ぐに借入しようとしても借入できません。

借入枠が復活するまでには入金後、最低でも2日間はかかると認識しておいた方がいいでしょう。

先に説明したように借入限度額いっぱいまで借りて、返済と借入を繰り返すといった利用方法はおすすめできません。

まずは十分に借入限度枠が得られるまで、返済のみに努めるべきでしょう。

しかし、それでもというかたは返済後から借入枠が復活するまでには、2日ほどのタイムラグがあると覚えておきましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談