キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

カネにならない仕事が意外と大切?積極的に行うべき理由とは?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

会社員で働いていると、サービス残業や時間外労働などカネにならない仕事を強いられることがあります。

カネにならない仕事はできる限り避けたいと考えますが、本当に避けて良いのでしょうか。

意外とカネにならない仕事をすることが、人生において大切となります。今回はカネにならない仕事の重要性について解説します。

会社員ならカネにならない仕事を積極的にするべき

会社員で働いていると、会社の習慣や慣習で金にならない仕事を要求されることがあります。

実は会社の中で成長するためには、このようなカネにならない仕事を積極的に行うことが重要です。

自分の給料にもつながらない仕事を、なぜ積極的にする必要があるのでしょうか。

ここでは、カネにならない仕事を、会社員が行う重要性を解説します。

サービス残業や休憩時間のオーバーを気にし過ぎない

サービス残業や休憩時間のオーバーが行き過ぎて、過労死やブラック企業として社会問題に取り上げられることがあります。

しかし、時間内にきちんと終わることを重要視し過ぎると、会社内での関係性をうまく作れずに苦労することが多いです。

サービス残業や時間外労働が毎日3、4時間以上続いているような状況であれば、それは行き過ぎているため相談した方が良いでしょう。

しかし、1、2分の短期間の勤務時間を気にし過ぎてしまうと、先輩や同僚から「あいつと仕事がやりにくいな」と思われやすいです。

サービス残業や休憩時間を少しオーバーしても、自分自身に給料は入ってこないためカネにならない仕事と言えます。

しかし、先輩の仕事を切りが良いところまで手伝ってあげたり、同僚や後輩の遅れている仕事を助けたりすることで、信頼関係を作ることができます。

自分の仕事には直接影響は出ないかも知れませんが、仕事のやりやすさや経験値を積むという意味では、価値のあることのため無理のない範囲で積極的に行いましょう。

面倒くさいと思われる仕事を積極的に行う

会社内で面倒くさい仕事をやらないかと、先輩から言われることがあるでしょう。

会社のイベントや持ち回りの管理業務などが、このような面倒くさい仕事に当てはまりやすいです。

イベントなどの面倒くさい仕事は、特別手当が出ることも少ないため、カネにならない仕事であると言えますが、このような仕事を積極的に行うことが大切です。

ふだんやらない業務の仕事は、他の部署の人と関係性を作ることができるため、自分のことを知ってもらう機会にできます。

また、面倒くさい仕事はないがしろにされやすい仕事であるため、一生懸命取り組むことで目に見える成果を出しやすいです。

面倒くさい仕事である方が、他の人と差別化ができるので、自分の手に負える範囲内で積極的に行ってみましょう。

周りの信頼を得ることが昇給につながる

昇給するために、必要なことは何でしょうか。

仕事で精いっぱい成果を上げることも大切ですが、一番に昇給につながることは他人に認められることです。

自分自身の給料を決めているのは、人事部や直属の上司であることが多いでしょう。

幾ら仕事ができたとしても、給料を決めている人から評価を得ることができなければ、なかなか思うように昇給できないこともあります。

逆に周囲の人と積極的に関わりを持ち、自分の実力を知ってもらうことで、成果が直接昇給につながることも珍しくはありません。

このことを聞くと、自分の給料に関わる人にゴマをすれば良いと勘違いしやすいですが、決してそういうわけではないです。

うわさや話は、同僚や後輩の口からも上司の耳に入ります。

自分の仕事に関係ある人全てと、積極的に良い関係性を築くことが大切です。

稼ぐためにはカネにならない仕事をすることも大切

人間関係を築くことが大切であると先ほど紹介しましたが、そのためにはカネにならない仕事といかに向き合うかが非常に大切です。

お金になる仕事だけを選びながら、業務を行ってしまうと周りから「カネもうけに走っている」と認識されてしまいます。

お金のためだけに働いている人に対しては、周りから信頼されることはありませんし、信頼を得ることができなければ結果的に稼ぎを増やすことができなくなります。

本当にお金を稼ぎたいと思っているのであれば、カネにならない仕事と上手に向き合って業務にあたることが大切です。

カネにならない仕事を通して経験やスキルを手に入れよう

仕事で得ることができるものが、お金のみであると考えてしまうと、カネにならない仕事を行うことに抵抗が生まれるかも知れません。

しかし、仕事で得ることができることは、お金だけではなく経験やスキルも同時に手に入れることができます。

お金は使ってしまえばなくなってしまいますし、時代によって価値が変わってしまいます。しかし、経験やスキルは一度身に付けてしまえば、なくなることはありませんし、価値が減ってしまうことも少ないです。

特に若いうちであれば、将来に向けて今のうちからスキルを身に付けて行くことで、転職や独立の際に大きな武器にすることができます。

カネにならない仕事も、自分に対する自己投資だと思って積極的に取り組み、スキルアップをすることが結果的に稼ぐ力につながるのです。

カネにならない仕事で独立したいときには?

自分の好きなこと、やりたいことを仕事にして行きたいと考える人は、年々増加傾向にあります。

YoutuberやECサイトを経営している人の中にも、自分の好きなことを活かして生計を立てている人が多いです。

しかし、中にはどうしてもカネにならないことを、仕事にして生きて行きたいと考える人もいるでしょう。

このようなカネにならないことを仕事にしたい場合には、どのようにしたら生計を立てることができるのでしょうか。

ここでは、カネにならないことをカネにするコツを紹介します。

好きなことを仕事にすることは可能だが

一昔前では仕事にすることが難しかったことも、現在では仕事にできる世の中になってきました。例として紹介しやすいものに、Youtuberが挙げられます。

Youtuberとして活躍している人たちは、自分の趣味を紹介したり、気になることを実際に行ったりして収入を得ています。

動画として取らなければ、ただの自分の自己満足で終わってしまいますが、Youtubeという動画投稿サイトで共有することで立派な仕事になるのです。

また、インターネットが発達したことによって、自分の芸術作品を多くの人に見てもらえるようになりました。

文学や絵画、音楽など、幅広い人に興味を持ってもらうことで、ファンを作り仕事につなげている人も多いです。

しかし、実際にこのような仕事で稼いでいる人は、全体の一握りにすぎません。多くの人は日の目を見ずに仕事にできない状況が続いています。

クリエイティブな仕事はカネになりにくい

元々、芸術的な仕事、特にクリエイティブさが求められる仕事は、カネにすることが難しいと言われています。

過去の偉人に目を向けてみても、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」や樋口一葉の「たけくらべ」がヒットしたのは、死後になってからで存命中は収入が少なかったようです。

現在でもインターネットを使って、他の人に作品を見てもらうことは簡単になりましたが、その分ライバルも多く、仕事として稼ぐことが難しいことには変わりがありません。

また、管理職と違って自分の手で作品を生み出しているうちは、残念ながらお金を稼ぐ観点だけで見ると大きく劣ってしまいます。

現代社会において、人や作品を管理、運用している方が仕事としては、稼ぎやすいのは間違いがありません。

誰に対して需要があるかを把握しよう

クリエイティブなことは、カネにならない仕事になりやすいと紹介しましたが、実際にクリエイティブなことを仕事にしている人は世の中にたくさんいます。

なぜ、クリエイティブなことを、仕事にできているのでしょうか。

それは、誰に対して作品を提供しているかを考えて行っているからです。

Youtuberで成功している人は、自分のやりたいことをただやっているだけではなく、いかにして相手に共感してもらえる内容にするか、またYoutubeを見ている人の、興味のある内容を行うかを常に考えています。

自分の作品を周りの人に興味を持ってもらえるように、努力を欠かしていないからこそ成功をしていると言えます。

自分のことしか考えられないとカネにならない

クリエイティブなことを仕事にして、失敗している人を見てみると、相手のことを考えずに自分のやりたいことだけを行っている傾向があります。

自分の好きなことが旅行であるとしても、旅行に行っている情報を動画やブログに垂れ流しにしても、残念ながら収入にはつながりにくいでしょう。

しかし、はやりの映画の聖地やニュースに取り上げられる話題のスポットなど、世の中の人が気になる場所へ旅行に行ったことを動画にすれば、収入が増えるかも知れません。

あなたの好きなことを、伝える相手の立場に立って考えることができれば、好きなことを仕事にできる可能性は増えて行きます。

それでもカネにならない仕事をしたいときには

カネにならないと分かっていても、どうしても仕事にしたいと考えている人は、収入を他のことで得ることも考えた方が良いでしょう。

例えば、月に5万円しか稼げない場合には、残りの10~15万円をアルバイトや副業で稼ぐことも視野に入れることが大切です。

自分の好きなことで生きて行くためには、自分の生活をするためのお金は自分でどうにかしなければなりません。

くれぐれもお金の助けを人に求めないようにしましょう。

自分の生活を自分で維持できないのであれば、少し厳しいですが生活を行える仕事に切り替えることを考えてください。

カネにならない仕事は達成感を得られるかが重要

世の中にはカネになりやすい仕事と、カネになりにくい仕事に分かれています。

例えば、証券会社などで多額のお金を動かす仕事につけば、簡単にサラリーマンの生涯年収を手に入れられるでしょう。

しかし、お金になる仕事が必ずしもやりがいや、達成感が残るわけではありません。

お金に一切ならない仕事では生きて行くことができませんが、お金もうけに走り過ぎて充実感のない仕事についても、人生の生きがいや楽しみが欠けてしまいます。

カネにならない仕事であったとしても、達成感や充実感を得るためにバランス良く行うことが、人生を充実させる大切なポイントです。

まとめ

サービス残業や時間外労働など、カネにならない仕事はあなたが働いているうちに何度と起こりますが、目くじらを立てて避けていると、かえって収入が増えない原因になってしまいます。

カネにならない仕事でも自分のスキルアップと割り切って、積極的に取り組むことで職場の信頼を勝ち取り、昇給や稼ぎにつながって行くのです。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談