キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

アイフルの返済シュミレーションを活用しておまとめローンに失敗しない方法

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンなどを便利に利用していると、少しずつ借入件数が増えて、気が付くと毎月の返済が苦しいなんてことがあります。

こんな時に便利な「おまとめローン」ですが、事前に返済シュミレーションを利用するのが大切です。

おすすめのアイフルの返済シュミレーションの活用方法やメリットについて解説します。

おまとめローンとは?

そもそも「おまとめローン」というのをご存知でしょうか。

おまとめローンは、カードローンやクレジットカードのキャッシングを複数利用していて、毎月の返済が苦しいと悩まれていたり、件数の多さにストレスを感じている方に、是非とも活用をおすすめしたい商品です。

最初におまとめローンの特徴を解説します。

借入を一本化

おまとめローンとは、その名前の通り、複数の借入を1つにまとめてしまうためのローンです。

そのため、おまとめローン以外にも、1本化融資などとも呼ばれることがあります。

カードローンなどの借入は件数が多いと手続きが煩雑になることがあります。

毎月の返済を銀行口座からの引き落としで余裕を持って出来ていれば良いですが、ATMで手続きしていたり、ぎりぎりの資金繰りで回されている方は注意が必要です。

カードローンごとの返済日に合せて1月の間に何度も手続きしたり、返済に必要な額を銀行口座に入金するなど、面倒な対応が発生してしまいます。

そうなると、絶えず返済に追われているような感覚になったり、ストレスを感じる方もいるでしょう。

また、住所変更や、お金がなくて入金を遅らせてしまうような時には、全ての借入先に連絡が必要となり、さらに手間暇がかかってしまいます。

おまとめローンで借金を一本化すると、こういった煩雑な手続きを削減することができます。

返済負担が軽減

さらに、おまとめローンには毎月の返済負担を軽減する効果も期待できます。

おまとめローンで複数の借入を一本化する際に、既存のカードローンよりも低い金利でおまとめできれば、その後の支払利息を減少できます。

利息が少なくなれば、支払総額も減少しますので、返済負担の軽減が期待できます。

また、おまとめローンで借入する際には、返済期間をご自身の希望に応じて設定することができます。

おまとめローンで借り換えする際に、返済期間を延長して、その分毎月の返済額を低く抑えるということができるのです。

返済シュミレーションとは?

返済シュミレーションとは、実際におまとめローンで借り換えをした場合に、どういった返済予定になるのかを試算するためのものです。

通常、おまとめローンでは、借入時に返済期間を選択できます(最長期間は各おまとめローンの商品内容や、審査結果によって決められますので、その範囲内で選択)。

そのため、おまとめローン借入後の返済期間を何ヶ月に設定すれば良いのかを返済シュミレーションで確認できます。

返済シュミレーションでは、借入額(おまとめする総額)と、借入期間、そしておまとめローンの金利を設定することで、借り換え後の毎月の必要返済額や、将来の総返済額を確認できます。

そのため、返済シュミレーションを見れば、ご自身が毎月継続していくことが可能な返済額になるかどうかを確認できます。

なお、返済シュミレーションは、計算機やパソコンの表計算ソフトなどで実施することも可能ですが、計算が複雑です。

しかし、おまとめローンを取り扱っている金融機関のホームページ上で、計算が可能なサービスを無料提供していることがありますので、こういったサービスを利用するのがおすすめです。

大手消費者金融のアイフルでも返済シュミレーションが提供されています。

活用すると良い理由

それでは、なぜおまとめローンを活用する前に、返済シュミレーションを利用するのが良いのでしょうか。

それは、返済シュミレーションが不十分な状態でおまとめローンを活用すると、失敗につながるおそれがあるためです。

返済額の増加を防ぐ

おまとめローンを活用する際に良くある失敗の1つが、利用前に比べて、むしろ返済総額を増加させてしまうという失敗です。

おまとめローンを利用する方のなかには、「毎月の返済が苦しい」、「借入先を減らしたい」と思っている方が多くいます。

そのため、おまとめするためには、「借入期間を延長する」ことを優先したり、借り換えするために少しなら金利が高くなっても我慢するという方もいます。

おまとめローンで借り換えする際に、借入期間を長くしたり、金利が高くなることで、借り換え前よりも利息の支払い額が増加してしまい、総返済額が増加することがあるのです。

毎月の返済額が少なくなったからと言って、負担が減ったと安心していてはいけません。

結果として、返済期間を延ばしているだけで、長期的に返済負担が増加しているようでは、むしろ返済が困難になる可能性があるのです。

計画を立てやすくなる

返済シュミレーションを実施すると、借り換え後の返済計画を立てやすくなります。

返済シュミレーションを実施すると、毎月いくらの返済を、その後、何年間継続する必要があるのかを目で見て理解できます。

カードローンを利用している方のなかには、借入後、毎月の約定弁済を行っているけども、その返済がいつまで続くのかが良く解っていないという方もいます。

これでは、将来の資金計画も立てられません。

返済シュミレーションを通して、将来の返済額が確認できれば、返済計画を立てやすいですし、現状の収入と見比べて、無理なく継続できるかを確認することができます。

金利の重要性を理解できる

前述の通り、おまとめローン利用時には、金利を軽視して、返済期間だけを重視して借り換えしてしまう方がいます。

事前に返済シュミレーションを活用すると、借入時の金利が変動することで、返済総額がどれだけ増減するのかを確認できます。

そのため、おまとめローンに関しての金利の重要性や、返済総額に対する影響を確認することができます。

アイフルのおまとめローン

アイフルのホームページ上で提供されている返済シュミレーションを活用することをおすすめしました。

アイフルは返済シュミレーションを実施していることからも解る通り、おまとめローンを取り扱っていますので、アイフルのおまとめローンについてもご紹介しておきましょう。

アイフルのおまとめローンには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の2種類があります。

2つの違いは、過去にアイフルを利用したことがある、もしくはアイフルで借入している方が利用するのが「おまとめMAX」で、アイフルを利用したことの無い方が「かりかえMAX」になるという違いです。

使用する商品が異なるだけで、実際に借入できる上限額や、金利水準に違いはありません。

アイフルのおまとめローンでは、最大800万円までの金額を、適用金利(年率)3.0%~17.5%の範囲内で借入することができます。

アイフルのおまとめローンでは、貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社など)からの借入だけでなく、銀行からの借入も対象にすることができます。

また、アイフルのおまとめローンは「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」になりますので、もちろん審査は必要ですが、総量規制による制限(年収の3分の1以内)に関係なく、必要額を借入できるのも特徴です。

債務整理も検討

おまとめローンを活用すれば、複数にまたがってしまった借入を1つにまとめることができますので、返済などに関する手続きを減少させたり、金利を下げることで返済総額を減らせる可能性があります。

しかし、前述の通り、誤ったおまとめローンの活用は失敗につながり、むしろ返済総額を増加させてしまうことがあります。

返済シュミレーションを活用して、ご自身がおまとめローンを活用した場合に失敗につながる可能性が高いと判明した場合や、無理なく返済を継続することが難しいと判明した場合には、おまとめローン以外の方法を検討することも必要です。

そんな時、借金問題を解決する方法の1つとして債務整理があります。

債務整理なら、裁判所の協力を得て、利息や元本の一部を免除してもらえる可能性もあります。

債務整理には、免除後の残債を引き続き返済継続していく「個人再生」や「任意整理」、そして、短期的に借金問題を解決するための「自己破産」などがあります。

返済シュミレーションの結果、将来的な返済が難しいと考えられる場合には、債務整理も視野に入れて、弁護士や司法書士などの専門家に相談されてみるのが良いでしょう。

まとめ

おまとめローンは借入件数が増加してしまった方にとって、以降の返済を継続しやすくなるための商品として有効です。

しかし、安易におまとめローンを利用すると、失敗につながり、むしろ返済負担が重くなってしまうこともあります。

おまとめローンの失敗を防ぐためには、事前に返済シュミレーションを活用して、将来の返済計画をたてておくのが良いでしょう。

返済シュミレーションはアイフルなどのおまとめローンを取り扱っている金融機関のホームページなどでも利用できますので、是非、有効活用されることをおすすめいたします。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
新生銀行カードローン レイク
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談