三井住友銀行おまとめローンのメリットは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

銀行や消費者金融のおまとめローンは、複数の借り入れを一本化する商品で、利用者に様々なメリットがあります。

しかし、銀行ではおまとめローンと言う商品が少なく、フリーローンなどを代替え商品として利用できます。

そこで、メガバンクの三井住友銀行で、おまとめローンを利用するときの注意点をみていきましょう。

おまとめローンのメリットとは

三井住友銀行カードローンは、おまとめローンとして利用することができますが、他のおまとめローンと比べてどのようなメリットがあるのかを紹介します。

借入限度額が大きい

おまとめローンの借入限度額は、金額が低いと複数の借り入れを一本化できない可能性があります。

三井住友銀行カードローンは、契約極度額が800万円と大きく、事業性資金以外の一般的な借入を一本化するには十分な金額といえるでしょう。

金利が低い

三井住友銀行カードローンの金利は4.0~14.5%であり、例えば消費者金融大手のアイフルのおまとめローンの金利4.5~18.0%と比べると低水準といえます。

借り換えによって金利が低くなると毎月の返済額も減りますので、金利が何%であるかはおまとめローンを選ぶときの大事な基準となるでしょう。

クレジットカードの返済にも使える

一般的なおまとめローンは、クレジットカードのリボ払い分は借り換えできても、ショッピング利用分は借り換えできないという制限があります。

しかし三井住友銀行カードローンなら、利用目的が事業性資金以外であれば自由なので、クレジットカードのショッピング枠利用分も合わせて借り換えができます。

返済口座をつくる必要がない

一般的な銀行ローンは、借入先の銀行に返済口座をつくる必要がありますが、三井住友銀行カードローンはATMから直接返済することができ、新たに返済のための口座をつくる必要がありません。

ただ、ATM返済では、うっかり入金を忘れてしまう可能性もありますから、口座引落での返済方法をおすすめします。

ローン契約機で土日でも申込可能

三井住友銀行カードローンは、ローン契約機(ACM)で土日祝日でも契約することが可能です。

また、グループ傘下である大手消費者金融プロミスのローン契約機でも申し込みができるため、近くに三井住友銀行のローン契約機がない人でも、即日融資を受けられる可能性があります。

関連記事をチェック!

894view

おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。 毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか? おまと...

おまとめローンで注意したいこと

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用するメリットの話をしましたが、以下のことには注意が必要です。

まず、三井住友銀行カードローンは、大手消費者金融のような無利息期間はありません。

また、もとの金利が低い借り入れを一本化すると、逆に金利が高くなってしまう可能性がありますので、借り換え前のローンが無利息期間でないか、また借り換え後の金利の方が高くないかを事前に確認する必要があります。

一本化できても、債務整理と違って借入額が圧縮されるわけではないという点も意識したいところです。

借り換えによって返済額が減るのはあくまで金利の差額分ですので、債務整理の様に元金が減ったり利息がなくなったりはしないからです。

また、借り換え前のローンは解約しない限り追加で借り入れができるので、つい利用してしまうことも考えられます。

追加の利用が重なれば、一本化しても返済の負担が逆に増える可能性もありますので、借り換え前のローンについてはよほどの理由がない限り解約したほうがいいでしょう。

審査に落ちる理由

三井住友銀行カードローンの申込手順についてお話しましたが、万が一審査に落ちてしまった人はいくつかのポイントがあります。

まず大事なことは、借入本数が多すぎないかどうかです。

既存の借り入れが4本以上の人は、審査に通るのが難しくなります。

なぜなら、借り入れが4本以上の人は、収入に対しての借入残高が大きくなる傾向にあるためです。

したがって、借入本数を減らして再申込することで、審査に通る可能性が上がるかもしれません。

また、借入本数と同様に大事なのが、借入希望額が多すぎないかです。

借入希望額が年収に対して過大であれば、審査は厳しくなります。

銀行は総量規制の対象外であり、収入に対する借入上限額の明確な基準はないのですが、一般的に借入できるのは年収の半分程度までと思っておいたほうが無難でしょう。

そして、返済の遅延があると審査に通過するのが難しくなるでしょう。

おまとめローンで一本化する前のローンに返済の遅れがあると、審査に通る可能性が低くなります。

銀行は返済の遅延情報を必ず確認しますので、返済が遅れたことがある人は、遅れのないように返済してから再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

なお、おまとめローンを申し込みしたという情報は、信用情報機関に登録され、さらに銀行でも確認されますので、一度に複数の金融機関に申し込みした人は、銀行から資金繰りが危ないのかなというマイナスの印象をもたれます。

おまとめローンの申し込みでは、「数を打てば当たる」ことはありませんので、一度に複数の金融機関に申し込むことは控えましょう。

関連記事をチェック!

394view

おまとめローンの審査に落ちた..通らない理由は?

借入本数が複数あると返済が大変です。 そのため、返済を楽にする最後の手段としておまとめを利用する人や検討している人も多いのではないでしょうか? ローンをひとつにまとめるためには審査が必要ですが、お...

関連記事をチェック!

269view

【おまとめローン二回目】あなたはどちら?再利用それとも再審査?

おまとめローンが二回目といっても、ふたつのパターンが考えられます。 一度利用したことがある人が、もう一度おまとめローンを利用したいと考えている場合と、おまとめローンの審査に一度落ちてしまったが、...

まとめ

三井住友銀行カードローンで既存の借り入れを一本化できれば様々なメリットがあります。

インターネットで気軽に仮申込できますので、現状の返済状況が苦しいのであれば、まずは申し込みしてみることをおすすめします。

もし審査に落ちた場合は、現在の返済状況を見直し消費者金融で一本化するか、またはどうしても返済が厳しい場合は債務整理を検討するといったことも視野に入れてみましょう。

関連記事をチェック!

375view

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びようもあ...

関連記事をチェック!

1176view

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類があり...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談