キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

本当に怖いリボ払いのデメリット

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

リボ払いのデメリット

リボ払いはクレジットカードで買い物をした際にクレジット会社が立替えた代金を毎月少しの金額ずつ支払っていくこととする支払い方法のことをいいます。

高額なものであっても分割して支払っていくことができますので、一見すると便利な支払い方法であるといえますが、このリボ払いのことを「怖い」や「使わないほうがいい」と考えている人も多くいます。

通常人が何かを利用して「怖い」と思うのは、デメリットをより多く体験することによって思うことですので、リボ払いを利用する前にはしっかりとデメリットを考えなければなりません。

リボ払いのデメリットで挙げられるものとしては、

  • 手数料がかかる
  • 金利が高い
  • 大抵の店で利用することができることで使い過ぎてしまう
  • 利用残高に応じて毎月の支払い金額が変動することがある
  • 支払期間が長期化しやすい
  • 支払総額が多くなりやすい

このようなデメリットが挙げられ、主に金利が高いことと利便性の高さから結果的にデメリットに繋がっているものがあります。

デメリットの方が多い

メリットとデメリットについて考えましたが、リボ払いはデメリットの方が多いという結果となりました。

リボ払いの性質上、本来であれば一括で支払うことになる立替えた代金を分割して支払うことになりますので、それに対して金利がかかってしまいます。

この金利は一般的に15%でありますので、利用し続ける限り金利による手数料を支払います。

これを、利便性が高いがためにリボ払いすることが習慣となってしまえばいつまでたっても利用残高が減ることなく、最終的には支払う総額がとんでもない金額となります。

また、一定となるはずの支払額も「残高スライド方式」という支払方式を利用していれば、利用残高に応じて支払額が変わり、それまで5,000円で支払っていたものが残高によっては20,000円となることもあります。

内容を知らない人が多い

リボ払いは欧米では一般的なものとなっておりますし、今では日本でもクレジット会社がその内容と共に積極的に勧めていますので、その内容はわかりやすくなっています。

しかし、その内容を本当に理解しているという人はあまりいなく、知らないという人が多いのが現状です。

デメリットが多いリボ払いを、内容をよく知らない人が利用するとどうなってしまうのかは火を見るよりも明らかですので、こういったことも「怖い」ということに繋がっているのではと考えられます。

関連記事をチェック!

借金返済地獄はリボ払いから始まる

欧米では主流になっているリボ払いは、日本でもクレジットカードの支払い方法として利用者が多くなっています。 ですが、リボ払いによって返済に困っている人も多くなっているのが現状です。 今回は、...

関連記事をチェック!

カードの支払いをリボ払いにすると危険?払えない場合はどうなるの?

クレジットカードのリボ払いは、毎月の支払いが一定の額になることで支払いやすいというメリットがあります。 しかし、利用しすぎると手数料が増え続け、結果的に支払いが困難になってしまうというケースが増...

カードローンに似ている

リボ払いはコンビニなどでも利用することができますし、毎月少ない金額を支払っていきます。

さらに、利用すると金利がかかります。

ここまでを整理すると、皆さんもよく知っているローンに似ていることに気づきます。

そのローンとは「カードローン」です。

カードローンもコンビニのATMでいつでも借りることができますし、毎月少ない金額を返済していきます。

さらに金利も少額な利用限度額であれば14%~18%の高い金利で借りることになります。

ですので、リボ払いをイメージするのに最も適しているのがカードローンであり、その内容はかなり似ています。

カードローンとリボ払いの違い

カードローンとリボ払いは似てはいますが、もちろん違うところもあります。

先ほどもお話しましたとおり、リボ払いはローンではありませんのでまずそこが違うということはもちろんですが、このほかにも「利用目的」に大きな違いがあります。

利用目的は、リボ払いは買い物をした際の購入代金に対して利用することができますが、口座引き落としをしている支払などには利用することができず、基本的に店で利用することになります。

対してカードローンは、ATMからお金を引き出してしまえば自由(事業性資金には使えない)に使うことができます。

つまり、リボ払いでは利用することができないものがあり、カードローンでは基本的にどんなものに対しても利用することができるということで、ここに大きな違いがあります。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングと消費者金融の9つの違いとは

銀行などの金融機関以外のところからカードローンを借りる場合の主な借入先は、クレジットカードのキャッシングと消費者金融が挙げられます。 では、クレジットカードのキャッシング消費者金融のカードローン...

多重債務者のようになる可能性もある

今やクレジットカードを1人で複数枚持つことが当たり前の世の中となっています。

その持っているカードのほとんどでリボ払いをすることができますので、たとえ1つのカードで利用限度額が一杯となってしまったとしても他のカードでリボ払いすることができます。

また、多く持ちすぎているためにどのカードでリボ払いをしていたのかがわからなくなり、結果的に複数のカードでリボ払いをしていたということもあります。

リボ払いの利用限度額は人によって異なりますが、少額な利用限度額でも何枚も持っていれば結構な金額となります。

カードローンを複数借入してその返済に追われている人のことを多重債務者と呼びますので、複数のリボ払いによってその支払いに追われている人も一種の多重債務者といえます。

リボ払いでは自転車操業できない

多重債務者でよく聞く言葉が「自転車操業」ですが、これはローンの返済のために別のローンから借り、さらにその返済をするためにまた別のローンから借りて返済をする状態のことをいいます。

自転車操業は借入と返済だけを繰り返していくだけとなりますので、借入の総額はいつまでたっても減らないばかりでなく、さらに借入を増やしてしまうこともあります。

このような自転車操業をリボ払いでしようとしても、リボの支払分をリボ払いすることはできません。

また、お金を残すために支払いできる普段のものをリボ払いにしたとしても、リボ払い自体の利用限度額がそこまで多くありませんのですぐに底をついてしまいます。

従って、多重債務者のように長期的に自転車操業することができませんので、複数のリボ払いをしている人はある意味ローンの多重債務者よりも支払いが厳しいといえます。

リボ払いのメリット

リボ払いは間違った使い方をすると非常に危険ですが、正しく使えば当然メリットもあります。

リボ払いのメリットとして考えられるのは、

  • 高額なものでも買いやすくなる
  • 毎月の支払が一定になる
  • 毎月の支払いが少額で済む
  • 支払計画が立てやすい
  • 一括払いで使い過ぎたものを分割することもできる

このようなメリットが挙げられ、メリットを見る限りではクレジットカードならではの利便性の高さがさらに色濃く出ています。

リボ払いはローンではない

リボ払いのことを調べているとよく「リボ払いで借金が○○万円となった」などというように、リボ払いがあたかもローン(借金)であるかのように書かれているものもあります。

しかし、借金という漢字を見てもわかるように、借金とはお金を借りるということです。

リボ払いはクレジットカードのショッピング枠を利用した際の支払い方法ですので、その代金はクレジット会社から「借りている」のではなく、「立替え」をしてもらっています。

立替えてもらった代金は借金とはなりませんので、リボ払いはローンではないということです。

総量規制の対象とはならない

クレジット会社は貸金業者となりますので、クレジット会社から借入したものは総量規制の対象となり、年収の1/3までしか借りることができません。

クレジットのキャッシングを利用すると、それは総量規制の対象となるということはすでに知っているという人も多いはずです。

では、リボ払いは総量規制の対象となるのかといいますと、先ほどローンではないと紹介していますのでもうわかっているという人が多いとは思いますが、リボ払いは総量規制の対象とはなりません。

リボ払いの利用限度額自体は1社当たり100万円までが上限となっていることが一般的ですので、会社員であれば1社で年収以上とはなりませんが、複数のクレジット会社の合計で年収以上のリボ払いを利用することも法律上は可能となります。

リボ払いを有効に使うためには

リボ払いには多くのデメリットがあり、カードローンとよく似た性質を持っていますので、「怖い」と思うもの無理はありません。

ですが、その利便性の高さを利用しない手はないですので、リボ払いはどのように利用していくといいのかということを考えていきます。

考えられることとしては、

  • 利用するものを限定する(電化製品購入など)
  • 1度利用したら支払いが終わるまで新たなリボ払いはしない
  • 毎月の支払額をできるだけ多くする
  • 毎月の支払いだけでなく繰り上げや残高一括払いをする
  • クレジットカードは必要最低限しか持たない

ということが挙げられます。

「怖い」と思う人はいつまでも支払いが終わらないと思っている人であり、利用するものを限定してその支払いが終わるまでは新たなリボをしないようにすることで解決することができます。

また、支払った総額がとんでもない金額になっていたという人は毎月の支払い金額を多くすることや繰り上げしながら支払っていき、そのうえで残高を一括で支払うことで手数料負担を抑えることができます。

強い意志が必要となる

ローンによって多重債務者がおまとめローンで返済をしていくためにはこれ以上の借入をしないという強い意志が必要になります。

これと同じように、リボ払いでも強い意思を持たなければリボ払いを使い続けてしまいます。

便利なものほどデメリットが多いというのは基本的な考え方でありますので、リボ払いでも強い意思を持たなければそのデメリットによって破滅へと進んでいってしまいます。

ですので、便利だからという理由だけでリボ払いを利用することは大変危険であり、それが原因でトラブルになっているということを認識しなければなりません。

まとめ

リボ払いのことをよく理解していない人が利用していることによってそのデメリットが前面に出てしまい、それが「リボ払いは怖い」ということに繋がっています。

どのようなものでもよく理解しないまま利用しなければ上手く利用することができませんので、まずはリボ払いとはどのようなものなのかということをよく知ることから始めなければなりません。

そうすることによってトラブルとなることを最小限に抑えることができますし、メリットを最大限に生かして自分に合った利用をすることができるはずです。

要するに使い方次第ということで、使い方が悪ければ「怖い」となりますし、使い方が良ければ「便利」となります。

便利なものを便利に使うためにもリボ払いについてよく理解しなければなりません。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシング機能ランキング!利率や特典徹底比較!

クレジットカードは便利な存在ですが、特にキャッシング機能付きの場合は、ショッピングだけでなく、お金を借りたいと思ったときにもすぐに現金を用意することができる有り難い存在です。 そんなキャッシング...

関連記事をチェック!

おすすめキャッシング会社一覧と比較ポイント

キャッシング会社の一覧と特徴をご紹介します。 業界通になる必要はありませんが、選びかたの基準はある程度知っておく必要があります。 キャッシング会社のカテゴリー キャッシング会社を大き...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談