キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

ファミマでお金を借りるならファミマTカードやカードローン

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

業界第3位として全国に店舗を展開している大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」を、日常的によく利用しているという人も多いのではないでしょうか。

しかもファミマに設置されているATMのE-netを利用すれば、ローンカードでお金を借りることができます。

また、ファミマTカードのキャッシング枠の利用も可能です。

ファミマTカードの特徴は?

ショッピングの利用で手数料無料

ファミマTカードの場合は、一般的なクレジットカードのように支払いを規定の回数に分割するのではなく、リボリビング払いのカードです。

ファミマTカードに契約した時点では、利用残高によって返済額が決まるミニマム・ペイント(最小支払額)になっています。

自動的にリボルビング払いになりますが、返済額をミニマム・ペイント以上の金額であれば自由に設定することができ、また一括払いも可能です。

なお、ショッピング枠の毎月の支払金額は次のようになります。

利用残高支払金額
1~100,000円3,000円
100,001~150,000円4,500円
150,001~200,000円5,000円
200,001~250,000円7,500円
以降5万円増すごとに1,500円加算

なお、ファミマTカードでは、ショッピング1回目の支払いは手数料がかかりません。

つまり1回目の支払金額を多めにすることで、利息を少なくすることができます。

本来は1回支払いが理想ですが、高額商品を購入したときなどは最初に多めの支払いをするように心がけましょう。

なお、2回目以降の支払いでは実質年利18.0%となります。

また、ファミマTカードをファミリーマートなどで提示することで、Tポイントがたまります。

クレジット機能を使うほか、提示するだけでポイントがたまる、とても便利なカードです。

ファミマTカードキャッシング枠の金利と返済額は?

ファミマTカードのキャッシングの利用では、借入した当日から日割りで利息が発生します。

金利は実質年利14.95~17.95%となっており、金利が低いわけではありませんので早めに返済して利息を抑えるとよいでしょう。

なお、キャッシングもミニマム・ペイメントという方式で借入します

ミニマム・ペイメント方式とは利用した月の、月末の利用残高に応じて、月々の最小支払額が決まるリボルビング払いです。

最小支払額以上なら自分の経済状況に合わせて、多く支払うことや、全額を支払うことも可能です。

ミニマム・ペイメントのみでの返済では完済までに時間がかかりますので、お金に余裕があるときは返済額を増額するようにしましょう。

関連記事をチェック!

借金の金利の相場を知っておこう

借金をすれば必ず金利がかかります。親や友達など個人間融資であれば無利息ということもあるでしょうが、金融機関からお金を借りれば必ず利息が必要です。 利息は金利によって計算することができます。また金...

毎月の支払い方法はミニマムペイメント方式

ファミマTカードの支払いは、「ミニマムペイメント方式」と言って、毎月の利用金額に合わせて最少返済金額が決まり、その金額または、その金額以上の返済額を毎月支払っていく「リボ払い」に自動的に設定されています。

例えば、ショッピングで20万円の利用残高がある場合、最少返済金額は「7,500円」、キャッシングで20万円を借りた場合の最少返済金額は「10,000円」という感じです。

また、支払い方法はファミリーマートに設置されているfamiポートを使って、店頭で支払う方法と、毎月に口座引き落としのふたつのパターンがあります。

また、先ほどお伝えしたリボ払い額以上の金額を支払いたい場合には、famiポートなら端末上で金額変更ができますし、口座引き落としの場合でも、会員ウェブサイトから金額変更が可能です。

毎月の返済金額は?

ファミマTカードは自由返済型のリボ払いカードです。

月々の支払金額は最小の支払金額以上なら、自由に決められるのです。

余裕のある月は多めに支払ったり、利用残高の全額支払いをしたりもできます。

毎月の最小支払額

利用残高返済金
1~50,000円3,000円
50,001~100,000円4,000円
100,001~150,000円6,000円
150,001~200,000円8,000円
200,001~250,000円10,000円
250,001~400,000円12,000円
以降10万円ごとに3,000円加算

なお、ミニマム・ペイメントのみでの返済では完済までに時間がかかりますでの、お金に余裕があるときは返済額を増額するようにしましょう。

ファミマTカードキャッシング枠の限度額は?

ファミマTカードの借入限度額は150万円です。

限度額は審査によって決められますので、誰でも150万円のキャッシング枠を利用できるわけではありません。

また、消費者金融のカードローンと同じように、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となります。

総量規制とは2010年6月に導入されたもので、貸金業法に基づく金融商品では年収の3分の1までしか融資することはできないと定めた法律です。

他社からの借入と合計して、年収の3分の1以上になってはいけません。

既に他社のカードローンを利用している場合などは、クレジット枠の審査に通過できないこともあるので注意が必要です。

関連記事をチェック!

極度額と限度額の違いを知ってる?

カードローン借入する契約書には極度額が記されていますよね。でもその額を利用することはできません。不思議ですね。 キャッシングをする場合の極度額と限度額とは何がどう違うのか、カードローンを利用する...

支払い方法の変更について

ファミマTカードの返済方法は、初期設定ではミニマム・ペイントになっていますが、他の返済方法に変更することが可能です。

ミニマム・ペイントから変更できるのは、「翌月のお支払金額変更(全額・増額)」と「ずっと全額支払い」です。

翌月の支払金額を変更した場合は、翌月だけの支払金額が変更になるため、翌々月の返済金額に関しては再度設定する必要があります。

また、ずっと全額支払いからは「ミニマム・ペイント」と「翌月のお支払金額変更(減額)」に変更することができます。

クレジットカードは一括で払える範囲での利用が原則となります。

ずっと全額払いに設定しておき、年末年始などで出費が多くなる月などで減額を検討するとよいでしょう。

カードローンも利用できる

ファミリーマートに設置されているE-netでは、ファミマTカードだけでなく、様々な金融機関のカードローンを利用することができます。

みずほ銀行のようなメガバンクをはじめ、アイフルなどの大手消費者金融や、多くの地方銀行のカードローンにも対応しています。

ファミマTカードのクレジット枠の金利は14.95~17.95%です。

銀行カードローンの金利と比べると金利は高く設定されています。

お金を借りるのであればファミマTカードよりも、銀行カードローンを利用した方が金利を低く抑えることができます。

金利で利息はどれくらい違う?

メガバンクとして知られるみずほ銀行が販売しているカードローンは金利は高くても14.00%です。

ファミマTカードの金利17.95%と比較すると、その差は4.00%近くになります。

たった4.00%と感じる人もいると思いますが、完済までに支払う利息金額では大きな差となります。

仮に10万円借りたとしてそれぞれの金利で、利息がどれくらいになるかを検証してみましょう。

ファミマTカードのミニマム・ペイントでは、10万円の借入時は毎月の返済です。毎月4,000円ずつ返済したとして計算します。

金利14.00%で返済した場合は、完済までに30回の返済が必要で利息は18,908円です。

金利17.95%で返済した場合は、完済までに32回の返済が必要で利息は26,175円です。

7,000円以上の差が出ますので、金利の違いがどれくらい影響するかがわかるでしょう。

なお、今回は利息の計算のために、三井住友銀行のホームページで返済シミュレーションを利用しています。

カードローン利用時の返済計画のために、銀行のホームページを利用してみてもよいでしょう。

無利息期間のあるカードローンも便利

銀行カードローンよりも金利が高く設定されている消費者金融のカードローンですが、無利息期間が設定されているものを利用すると利息を少なくすることができます。

数万円程度の借入ならば、無利息期間の間に返済することも可能です。

利息が発生しませんので、金利が高いというデメリットはなくなります。

また、無利息期間内に返済できなかったとしても、無利息期間中に返済すれば利息がかかる元金を減らすことはできます。

短期間で返済ができれば、銀行カードローンよりも利息を抑えることもできます。

無利息期間がある消費者金融の利用も検討するとよいでしょう。

まとめ

住まいの近くにあり、利用しやすいファミマに設置されているE-netでは、ファミマTカードや各種カードローンの利用が可能です。

お金を借りるなら金利の低さがメリットの銀行カードローンや、無利息期間のある消費者金融のカードローンの利用もおすすめです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談