銀行系カードローンはクレジットカードの審査に悪影響?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードの審査に影響する

クレジットカードを申し込んだ際に受ける審査では、銀行系カードローンの利用状況は審査にどのような影響を与えるのでしょうか。

銀行系カードローンとは、銀行の子会社などでその銀行のグループに属している消費者金融が提供するカードローンのことをいいますが、消費者金融からの借入となれば、ほとんどの人がすでに知っているように貸金業法の総量規制が関係してきます。

ですので、銀行系カードローンを利用している場合にはクレジットカードの審査において影響を与えることになります。

「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つがある

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあり、ショッピング枠のみの審査とキャッシング枠も付加したときの審査は大きく異なります。

ショッピング枠とは、店で買い物などをした際にクレジット会社がその代金を店にお金を立替えてその後に利用者がその分の代金を一括または分割してクレジット会社に支払うというものです。

対してキャッシング枠とは、契約している枠の範囲内においていつでもお金を借りることができ、それを毎月少しずつ返済していくというものです。

ショッピング枠はお金を立替えてもらうものであり、キャッシング枠はお金を借りるものであることから、クレジットカードは1枚で2つの機能を利用することができます。

キャッシング枠を付加する申し込みの審査は厳しい

キャッシング枠の付加を希望して申し込みをした場合には審査は厳しくなります。

ショッピング枠の審査に加えてお金を貸しても大丈夫な人なのかという審査も加わりますので、審査が厳しくなるのは当然のことです。

このときに注意しなければならないことが「総量規制」です。

キャッシング枠は総量規制の対象

総量規制ではクレジットカードのキャッシング枠からの借り入れは規制の対象としており、キャッシング枠も「年収の1/3の借り入れ」の中に入ります。

ですので、クレジットの申し込み時点において銀行系カードローンなどで年収の1/3ぎりぎりまで借り入れしている、1/3までは少ししか余裕がないほど借り入れをしているまたはすでに1/3を超えているなどの場合には審査に通ることはほとんどありません。

また、すでに借り入れしているものの返済に遅れなどがある場合にも審査に通ることは難しく、過去に債務整理をしたという場合には審査に通りません。

キャッシング枠の審査は銀行系カードローンの審査とさほど変わらない審査が行われていますので、信用が低ければ審査に通ることは厳しくなってしまいます。

ショッピング枠のみの審査は通りやすい

申し込みをしたクレジットカードがショッピング枠のみを希望した際には比較的審査は通りやすいといえます。

ですが、いくら通りやすいといっても銀行系カードローンなどの借り入れが多いというような場合には審査において、立替えた分の代金をきちんと払ってもらえるのかと疑問を持たれてしまいますので、借入残高によっては悪影響を与えてしまうこともあります。

初めてクレジットカードを持つという人は借入残高さえ問題なければほとんどの場合審査は通りますが、すでに別のクレジットカードを利用しているという人の場合にはショッピング枠の支払い状況によって審査に通らないことがあります。

別のクレジットカードにおいてショッピング枠の支払いがされていない、または過去に支払いが遅れてカードの利用を停止させられたことがある場合には、ショッピング枠のみの申し込みであっても審査に通ることは厳しいです。

クレジット会社からすると代金の立替えもその人の信用を基に立替えしますので、立替えた代金がきちんと払われないというリスクがあれば立替えしたくありません。

ですので、今現在や過去において遅れて代金を支払ったことがある場合には審査に通らない可能性もあります。

関連記事をチェック!

306view

クレジットカードのキャッシング枠について知っておきたいアレコレ

ショッピングの際に1枚あれば何かと助かるクレジットカードですが、クレジットカードが利用できるのはショッピングのときだけではありません。 実はクレカには、ショッピング時に利用できるショッピング枠の他に...

関連記事をチェック!

475view

クレジットカードの審査に他社借入は影響するの?

クレジットカードに申し込もうとすると、入力画面に「他社のお借入れ」という記入欄がでてきます。 他社借入れやキャッシング枠について正しく理解していないと、審査に影響がでることもあります。 こ...

良い影響を与えることもある

銀行系カードローンがクレジットカードの審査に与える影響はなにも悪い影響だけではありません。

利用している銀行系カードローンにおいて返済をきちんとしていることや過去に完済したことがある銀行カードローンがあるといった場合には審査のプラス要素となることがあります。

返済をきちんとしているということは、お金を借りていたとしても毎月返済に充てることができるように生活していることや、返済に対して高い意識を持っているということを過去の実績から証明することになるからです。

また、過去に完済したことがあるという場合には、カードローンなどに依存することなく計画的に返済していくことができる人であることを証明することができます。

このことを「返済実績」といい、審査においては返済実績が良好であれば審査に良い影響を与えることができます。

これはクレジットカードの審査に限らず、銀行カードローンや銀行系カードローンの審査においても同じことがいえますし、これらを審査するところがその人の信用を判断するためにはこういった過去の情報も審査の基準となっています。

クレジット会社も信用情報機関に照会している

現在の借り入れ状況や返済実績が審査に影響を与えることになりますが、クレジット会社はどのようにしてこのような情報を入手しているのでしょうか。

日本には「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」「JICC(株式会社日本信用情報機構)」「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」という3つの個人信用情報機関があります。

銀行や消費者金融、クレジット会社ではこれら個人信用情報機関の1つまたは複数に加盟しており、申し込みがあれば加盟している情報機関に対して情報を照会して個人の信用情報を見ることができます。

登録されている情報としては、その人の氏名や生年月日、住所、勤務先名、勤務先住所、運転免許証番号などの個人を特定するための情報や、契約している会社名、契約日、金額、借入残高や入金状況などが登録されています。

また、CICではクレジットカードの審査に必要な年間支払見込額や割賦部分の支払状況などが登録されており、CICに加えてJICCではキャッシング残高などの情報がほぼリアルタイムで更新されています。

クレジット会社が主に加盟しているのは主にCICであり、CICに照会した情報を基に審査をしています。

関連記事をチェック!

268view

クレジットカード会社が加盟する信用情報機関とは

クレジットカード会社が加盟している信用情報機関はどこなのかご存知でしょうか。CICだけに加入しているわけではありません。 クレジットカードに申し込んできた人の信用格付けを正確に行うために信用情報機関...

申込書は正確に細かく記入する

クレジット会社はCICなどの情報機関に照会をしているから申込書に記入しなくても問題ないのではと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。

むしろ正確に記入しなければ本来審査に通るはずだったものが通らないこともあります。

クレジット会社が情報機関に照会するのはなにも信用情報を得るためだけではありません。

申込書に記載された内容と照会した情報を照らし合わせて申込人が嘘の内容を申告していないかも同時にチェックしています。

本当であれば無担保ローンの借り入れがあるにもかかわらず、件数と金額をなしとした場合には「嘘をつかなければならないほど厳しい状況なのでは」と判断されてしまう可能性があります。

ですので、借入残高がわからない、記入するのが面倒などといってデタラメな件数や金額を記入することや、借入はないと記入することは信用を落としてしまう可能性がありますので注意が必要であり、正確に細かく記入しなければなりません。

会社によって借入状況に含めるものは違う

申込書に記入する「他の借入状況」に記入する件数や金額は申し込むクレジット会社によって件数や金額に含めるものは違います。

基本的には無担保ローンの件数や金額を記入しますが、クレジット会社によっては「銀行からの無担保ローンは除く」などといったように含める無担保ローンの種類を限定している会社もあります。

このようなことは記入例などの注意事項欄などに記載されていることが多いですが、わかりにくいということもよくあります。

わかりにくいところではありますが、審査をするうえでは重要な項目となっていますので、きちんと申し込みをする前に注意事項などをよく読んで理解するか、クレジット会社に直接聞くことをしてはっきりさせてから申し込みをするようにしましょう。

まとめ

銀行系カードローンを利用している場合にはクレジットカードの審査に影響は出ます。

ですがそれは悪い影響だけでなく良い影響も与えることができますので、銀行系カードローンの利用状況次第であるといえます。

もしもクレジットカードの審査に落ちてしまった場合には、自分で何が原因となったかを精査することや個人信用情報機関に登録されている自分の情報を確認するなどをして落ちてしまった原因を特定してから通るための対策を考えていく必要があります。

審査に落ちるほとんどの人は何が原因となっているかは大体わかっていることが多いですので、まずはその原因となっているものを解消させてから再度申し込むことをおすすめします。

間違っても審査に通るまで何社も申し込みをして「申し込みブラック」とならないように、きちんと計画したうえで申し込みするようにしましょう。

関連記事をチェック!

62view

クレジットカードのキャッシング機能ランキング!利率や特典徹底比較!

クレジットカードは便利な存在ですが、特にキャッシング機能付きの場合は、ショッピングだけでなく、お金を借りたいと思ったときにもすぐに現金を用意することができる有り難い存在です。 そんなキャッシング機能...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  2. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  3. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれる、即日融資できるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

カードローン申込体験談