キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

ゴールドカードの支払に遅れるリスク

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「憧れのゴールドカード」そう思って、頑張って勤続年数を長くして年収が上がるのを待ってやっとゴールドカードを所有することができたという人も多いのではないでしょうか?

しかし、ゴールドカードであるからこそ、支払いの遅れは厳禁です。

場合によっては、ゴールドカードから一般カードへの格下げや、2度とゴールドカードを作ることができなくなってしまうこともあります。

この記事ではゴールドカードの支払いに遅れることのリスクを解説していきます。

ゴールドカードの支払遅れのリスク

「クレジットカードの支払いにおくれても数日なら大丈夫」とか「60日以内ならブラックにならない」と安易に考えている人も多いのではないでしょうか?

確かに、通常、一般カードであれば正解ですが、ゴールドカードの場合には、数日の遅れでも確実に社内の信用状況は悪化していきます。

なぜゴールドカードを持てるのか

ゴールドカードを持つことができる人は基本的に以下の2つの条件を満たしている人だけです。

①年収が高い
②勤続年数が長く、所得や勤務先が安定している

このような人は一般的にお金があるとみなされているため、限度額が一般カードよりも多いゴールドカードを発行しても、支払いには問題ないと判断されているのです。

ステータスが低下する

では、ゴールドカードの支払いに遅れてしまうと、社内的にはどのようになってしまうのでしょう。

いくら年収が高くても、支払いに遅れることが多いと「支払いに問題ない人」とは見なされなくなります。

むしろ、年収が高いのに、支払いにはルーズなわけですので、だらしがない人などというレッテルを張られてしまうことが多いようです。

つまり、社内的にステータスが低下してしまうのです。

実際に、一般カードの支払いに遅れる人は「お金がない」という金銭的な理由が多いのに対して、ゴールドカードの支払いに遅れる人の中には「入金がめんどくさい」という理由にもならない理由を述べている人が多くなっています。

ゴールドカードは途上与信が厳しい

クレジットカードは契約者の審査を定期的に行っています。

この審査を「途上与信」といいますが、ゴールドカードの場合には途上与信が一般カードよりも厳しい傾向にあるようです。

延滞でゴールド保有の根拠が崩れる

カードに契約した段階では、その人がお金の支払いにルーズかどうかまではわかりませんし、申込段階からルーズであることがわかっている(遅れの記録が多い)人はそもそも最初の申込段階から審査には通過できません。

年収が多く職業も安定しているという情報があるからこと「支払いには問題がない人だろう」と判断し、ゴールドカードの審査に通過することができるのです。

しかし、支払いに遅れると、契約時に判断した「支払いには問題ない人だろう」という前提が崩れてしまうことになってしまいます。

ゴールドカードは利用限度額が一般カードよりも大きいため、契約後も支払いに問題ない人かどうかを定期的に審査しているのです。

年に数回の遅れで途上与信否決も

ゴールドカードの支払いを年に3~4回遅れただけで途上与信の審査に引っかかってしまうことも少なくないようです。

特にアメックスやダイナースなどのステータスが非常の高いカードほどその傾向は強いようです。

場合によっては、途上与信の結果として強制解約などとなってしまうこともあります。

ゴールドカードは、ステータスの高い人だから持つことができるカードですので、カード会社が支払能力がないと判断した場合には、一般カードよりも強制解約となるケースが多いようです。

支払いに遅れた記録

支払いに遅れると信用情報と社内の情報に記録されます。

これはゴールドでも一般カードでも同じですが、ゴールドカードの場合には社内情報が途上与信に大きな影響を及ぼすことになるようです。

信用情報に記録される

クレジットカードの支払いの記録はCICという個人信用情報機関に登録されます。

支払いに遅れると「A」という記録が付きます。

ゴールドカードの場合には、期日に支払うことが当然のカードですので、毎月記録しているカード会社もあれば、2~3か月遅れが続いた段階で「A」という記録が付くカードもあり、
場合によっては支払いの記録を全く行わないカードもあります。

いずれにせよ、「A」の記録が多い人は他のローンやクレジットカードの審査に悪影響となってしまいます。

信用情報への支払状況の記録は過去24か月分しか行っていません。

したがって、最後の遅れから25か月以上経過すれば、信用情報的には全く問題ないことになります。

関連記事をチェック!

信用情報機関に滞納,遅延,延滞情報が記録されるのはいつ?

カードローンの返済を忘れていた、返済日に口座に入金していなかった、などといった経験をしたことがある人は案外多いのではないでしょうか。 カードローンの支払いが遅れると「延滞」となってしまい、遅延損...

関連記事をチェック!

【馬太郎が】JICCの信用情報を開示してみた!見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示...

社内情報は半永久的に記録

支払状況は信用情報の他にも社内のデータにも記録されます。

信用情報が24か月分しか記録しないことに対して、社内のデータは基本的に半永久的に記録され続けます。

ゴールドカードは途上与信が厳しいカードと説明しましたが、途上与信の審査は信用情報ではなく、社内のデータを元に行います。

したがってステータスの高いカードは信用情報への記録は行わずに、社内データで途上与信を行うことになります。

「遅れの記録は24か月経過で消える」と考えている人も、社内のデータは残っているため、遅れから24か月を超える期間が経過していても、ゴールドカードの途上与信で否決となってしまう可能性は十分にあります。

ゴールドカードのペナルティ

ゴールドカードの支払いに遅れるといくつかのペナルティがあり、場合によっては一般カードよりも厳しいペナルティが課せられる可能性があります。

督促

カード会社にとって上客であるゴールド会員ですが、支払いに遅れたときの対応はゴールドでも一般でも変わりません。

書面または電話で督促が行われます。

遅延損害金

ゴールドカードであっても支払いに遅れた場合には所定の遅延損害金が遅れた日数分発生します。

遅延損害金はカード会社によって異なりますが、一般的には以下のようになっています。

  • ショッピング枠:14.5~14.6%
  • キャッシング枠:20.0%

関連記事をチェック!

遅延損害金とは

遅延損害金とは何なのか、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は必ず知っておいた方が良い知識です。 お金を借りたら利息をつけて返済するのが一般的な習わしですが、返済期日まで...

クレジットヒストリーへ記録

信用情報へ遅れたという情報が記録されます。

信用情報へ支払いに遅れたかどうかの記録される情報をクレジットヒストリーといいます。

期日通りに払うと「$」遅れたという記録は「A」と記録されます。

一般的に$マークが多い人ほど期日を守る人と判断され、他のローンやクレジットカードの審査には有利になりますが、ステータスの高いカードほど期日通りに支払っても$マークが記録されないことがあります。

なぜなら、ゴールドカードを持てる人は期日通りの支払いが当たり前であるためです。

このため、このようなステータスの高いカードを所有している人にとってクレジットヒストリーは、Aという悪い情報が記録されるだけのリスクにしかならないことが多いのです。

自分のカードがクレジットヒストリーのそのように記録されるのかはステータスの高いカードほど対応が異なるため、詳しくはカード会社へ確認してみましょう。

カードの格下げ

ゴールドカードは途上与信の厳しいカードですので、60日以内の遅れであっても遅れが継続する場合には、契約途中でゴールドカードから一般カードへと格下げとなってしまうこともあります。

強制解約

ゴールドカードなどのステータスの高いカードは、カード会社にとって一部のステータスの高い人だけに発行する特別なカードです。

遅れが多い人は問答無用に会員資格を失う、つまり強制解約となってしまうこともあります。

一般カードは基本的に60日以内の遅れであれば強制解約となることはありませんが、ゴールドカードは一般カードよいも会員資格が厳しいため、この資格も満たしていないと判断された人は、年に数回の遅れでも強制解約となってしまうことが少なくないようです。

自信がないなら一般カードが無難

憧れのゴールドカードですが、途上与信は確実に一般カードよりも厳しくなります。

ゴールド会員というステータスの高さだけを求めて無理にゴールドカードを契約しても支払いが継続できない場合には、会員資格を喪失してしまうだけになってしまいます。

一般カードであれば、数回の遅れで強制解約となるようなことはほとんどありませんので、支払いに遅れない自信がない人は背伸びせずに一般カードを契約しておいた方が無難でしょう。

もちろん、一般カードでもゴールドカードでも支払いには遅れがない方がよいということは大前提です。

まとめ

ゴールドカードは①年収が高い②勤務先が安定しているなどの支払いに問題がないと判断できる人だけが持つことができる特別なカードです。

特別なカードであるからこそ、契約途中の途上与信は一般カードよりも厳しく行われます。

このため、年に数回の遅れでもカードの格下げや強制解約といったペナルティを課されてしまう可能性が高くなります。

最近では年収200万円から保有することができるゴールドカードも登場していますが、このようなカードは契約するのは簡単でも、途上与信は同じように一般カードよりも厳しく行われます。

ゴールド会員だからこそ、自分のステータスを落とさないように支払いは期日通り行うように徹底しましょう。

なお、支払いに自信がない人、普段から支払いにルーズな人は無理をせずに一般カードに契約しておいた方がよいでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談