クレジットカードについて調べる方法とは?開示請求の方法も紹介!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードを複数枚所有していると、どのクレジットカードで何を支払っているか分からなくなります。

財布の中にあるカードが増えすぎて整理したいとき、クレジットカードの利用状況を調べたくなるでしょう。

また、過去に返済を滞納したことがあると、各種ローンの審査で不利になります。間違った情報が登録されることもあるため、クレジットカードの様々な情報を調べて見ましょう。

この記事はこんな人におすすめ

今回の記事は、下記のような人に特におすすめです。

  • クレジットカードの利用履歴などが知りたい人
  • 各種ローンの審査に落ちた原因が知りたい人
  • クレジットカードの限度額を増額したい人

指定信用情報機関は三つ

各金融機関は、日本国内に三つある指定信用情報機関に加盟することが義務付けられています。

指定信用情報機関には、クレジットカードの利用状況などの信用情報が登録されており、審査のときに参照されています。

また、業種によって加盟している、個人信用情報機関が異なります。

個人信用情報機関ごとに、どのような特徴があるかを見ていきましょう。

CIC(株式会社シーアイシー)

CICは主にクレジットカードを、取り扱う企業が加盟しています。

設立時にクレジット会社が共同で出資していることから、現在でもクレジット会社の加盟が多い状態です。

なお、クレジット会社だけでなく、携帯電話会社も加盟しています。

携帯電話会社は無関係だと思うかも知れませんが、分割で本体を購入する人がほとんどですから特に不思議なことではありません。

JICC消費者金融

KSC銀行

それぞれ、提携をしている金融機関が違うため、クレジットカードやカードローンなど利用している金融商品ごとに、情報を保管している個人信用情報機関が違います。

情報開示を請求する場合、自分が利用しているローン商品や、今後利用を予定しているローンに合わせて、個人信用情報機関を選ぶことが必要です。

JICC(日本信用情報機構)

JICCは主に消費者金融が、加盟している指定信用情報機関です。

貸金業法に基づいて営業している金融機関が加盟しており、信販会社やリース会社なども加盟しています。

加盟会員数は1,389社で、最大規模の信用情報機関となります。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

主に銀行が加盟しているのがKSCです。

JICCやCICと同じように信用情報が登録されていますが、異動情報が登録されている機関がKSCの方が長い場合があります。

具体的には、新規申し込みをした履歴はJICCやCICが6か月に対して、KSCは1年間となります。

また、自己破産をしたという情報もJICCやCICでは5年に対して、KSCでは10年となっております。

三つの情報は相互交流される

指定信用情報機関は複数の法人が、それぞれ別の情報を保管しているため、基本的には他の指定信用情報機関に登録されている情報を知ることはありません。

例えば、CICに加盟しているのはクレジットカード会社や、一部の消費者金融の情報であるため、銀行カードローンの利用状況までは把握することはできません。

しかし 、延滞や金融事故などの重要な情報は、CRINというネットワークを通じて、指定信用情報機関3社で共有されます。

つまり、どこか1社で金融事故を起こしてしまうと、全ての金融機関に知れわたってしまい、審査に影響がでるということです。

関連記事をチェック!

600view

クレジットカード会社が加盟する信用情報機関とは

クレジットカード会社が加盟している信用情報機関はどこなのかご存知でしょうか。CICだけに加入しているわけではありません。 クレジットカードに申し込んできた人の信用格付けを正確に行うために信用情報機関...

CICの開示報告書請求方法

自分がどのクレジットカードを持っているのか、過去のクレジットカードの利用実績がまだ残っているのか、などの情報が知りたいときには指定信用情報機関のCICで確認ができます。

情報開示に関する内容を、詳しく見ていきましょう。

開示手数料

開示手数料は基本的には1,000円ですが、窓口で開示してもらう場合に限り500円となっています。

全国に窓口があるわけではないため、窓口での開示を利用できるのは一部の人に限られます。

開示手数料は1,000円と考えておくとよいでしょう。

インターネット開示がおすすめ

CICは他の指定信用情報機関よりも、多くの開示請求方法を用意しています。

利用者のニーズに合わせた開示請求を行うことが可能で、申込方法は以下の4つです。

申込方法支払方法手数料
パソコンクレジットカード1,000円
スマホクレジットカード1,000円
郵送定額小為替証書1,000円
窓口現金500円

インターネットを使った開示請求は、毎日どこからでも申込みができるため、非常に便利でおすすめです。

ただし、手数料の支払に利用できるクレジットカードが限られており、対象のクレジットカードを持っていない場合にはインターネットによる情報開示を申込むことはできません。

クレジットカードを持っていない場合は、郵送など他の手段を利用しましょう。

なお、郵送時の支払方法に使う定額小為替証書は、郵便局で購入ができます。

それでは、インターネット(スマホ)を利用した、開示方法を具体的に見ていきましょう。

最初のSTEPは、「お手続き前の確認事項」をしっかりと読むことです。

確認事項が読み終わったら、受付番号の取得を行います。

受付番号の取得時の注意点は、クレジット契約に利用した電話番号から電話をすることです。なお、受付番号の取得は0570ー021ー717で行うことができます。

受付番号を取得したら、1時間以内に「お客様情報の入力」にすすみます。

このときに、受付番号を入力してください。もし1時間を越えてしまうと、受付番号の取得をやり直さなければなりません。

これらが終わると、開示報告書をダウンロードすることができます。

受付時間は8:00~21:45(年末年始も可能)ですが、スマホの一部機種でPDFが表示されないことがありますので気を付けてください。

CICのホームページでサンプルをダウンロードしてみて、利用できるかを事前に確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

774view

CICの開示請求を郵送でする方法

消費者金融やクレジットカード、携帯電話会社などでは、利用者の信用情報をCICに登録していることが多いです。 また、CICは単に信用情報を登録・保管するだけでなく、信用情報を提供するサービスもおこなっ...

開示報告書はPDFでダウンロードできる

申込方法によって、開示報告書の受取方法が変わります。

郵送や窓口で申込をした場合には、開示報告書は書面で発行されます。

誤って紛失してしまった場合には、再び開示請求をしなければなりません。

しかし、インターネットで開示請求を行った場合には、開示報告書はPDFで受取ることになります。

ダウンロード可能期間が96時間であるため、ダウンロードをしそこなったり、誤って消去したりしても時間内であれば再ダウンロードが可能です。

ただし、スマホやパソコンの機種によっては、PDFを開くことができない場合もあります。

事前にPDFが開けるか確認し、開けなければアプリをダウンロードするなどして準備しておきましょう。

開示報告書でチェックが必要なポイントとは

開示報告書には、様々な情報が書かれているため、ぱっと見ただけではどこを確認すればいいか分からないでしょう。幾つかの事例を紹介しますので参考にしてください。

異動情報

項目26に異動と記載されていれば、金融事故を起こしていることになります。

開示報告書内の返済状況の項目に「異動」と表記されている場合、クレジットカードの滞納が長期間にわたってしまい、ブラックリストに登録されていることを指します。

したがって、開示報告書に「異動」が記載されている間は、各種金融商品に新規で申し込みをしても審査に通ることは困難でしょう。

しかし、異動状態が解消されてから、5年が経過かすれば情報が消えます。

異動の情報が消えるのを待ってから、新たなローンの申込をしましょう。

関連記事をチェック!

4436view

【馬太郎が】CICの信用情報開示申請~報告書の見方も徹底解説~

信用情報ってよく聞く言葉ですが、実際どんなものでしょうか? 今回は私(馬三郎)と馬太郎のCICの信用情報を開示し、情報の意味など画像つきで見方を説明します。 CICにスマートフォンで開示申請してみ...

支払い状況

書面の下にある入金状況を確認すると、支払い状況を確認することができます。

入金状況の欄に、「$」が記載されている場合は入金を、「A」と記載されている場合は入金されなかったことを示しています。

「A」が何度も続いた場合には、長期延滞として異動情報が登録される可能性があります。

入金しているはずなのに、Aと表記されている場合にはCICではなく金融機関に問い合わせてください。

また、項目22の報告日が最後に情報を更新した日が確認できます。

また、項目25で残債額を確認できますので、間違いがないか確認しましょう。

カードの利用情報

項目12から21を確認することで、契約内容を確認することができます。

限度額などの確認もできますが、クレジットカードの会員ページでも確認できる情報のため開示して確認する必要はないでしょう。

また、項目35から47を確認することで残高や最後に入金をした日などの利用情報が分かります。

JICCで開示請求を行うとより確実

クレジットカード会社は、キャッシングのサービスを行っている会社も多いため、CICだけではなくJICCにも加盟している可能性があります。

もし、現在利用しているクレジットカードの発行元が、CICではなくJICCに加盟していた場合には、JICCで情報開示をしなければ信用情報を確認することができません。

したがって、新規ローンの申し込みなどで、審査に備えて情報開示をする場合、CICだけではなくJICCにも開示を行う必要があります。

手数料はJICCの分も追加で必要になりますが、確実に審査に通過したい人におすすめです。

関連記事をチェック!

3804view

【馬太郎はブラックリスト?】JICCの信用情報を開示する方法と見方を教えます

こんにちは、馬太郎です。今回はJICCへスマートフォンで開示申請をしたので、その情報を紹介します。 ちなみにCICの信用情報を開示をした時の記事はこちら。 最初に、JICCへの開示申請は以下の...

本人情報の紹介履歴は審査に影響しない

CICに情報開示を行うと、クレジットカード会社から悪い印象で見られたりするなど、デメリットがないか不安になる人もいるでしょう。

しかし、CICで開示請求を行ったとしても、審査で不利になるなどのデメリットは何もありません。

開示請求を何度行っても、後の金融商品の申込みに影響をあたえることはありませんので、定期的に自分の信用情報を確認することもおすすめです。

ただし、開示請求は行うたびに、手数料が必要となります。

1回1,000円と高額ではありませんが、何度も行うとそれなりの出費になります。

要所要所で開示請求を行うとよいでしょう。

関連記事をチェック!

133view

神田でJICCの信用情報開示手続きができるってホント?

JICC(株式会社日本信用情報機構)の東京開示センターが、神田にありましたが北上野に移転しています。 直接、JICCを訪れれば、すぐに信用情報を照会することができます。 今回は、JICC窓口で信用...

クレジットカード審査に重要な「クレヒス」って何?

クレヒスを簡単に説明すると、クレジットカードをどのように使ったかということです。

何を購入するためにクレジットカードを使ったかまで、細かい情報ではありませんので、計画的に利用している分には何に利用していても問題はありません。

具体的には、指定信用情報機関に登録されている、クレジットカードに関する情報のことをクレヒスと呼びます。

どんなブラック状況がNGなの?

ブラックリストに載ると、クレジットカードを作れないとか、カードローンの審査に通過できないという話は有名です。

実際には何をすれば、ブラックリストに載るのでしょうか。

まず、返済日に数日遅れたというレベルでなく、61日以上または3か月以上も返済が滞った場合に長期延滞という状態になります。

また、任意整理や自己破産などの、債務整理を行った場合もブラック状態です。

その他に、複数のカードローンに短期間に申し込みを行うと、申し込みブラックという呼ばれる状態になります。

したがって、審査に通ればどこでもいいからと、同時に複数の金融機関に審査を申し込みするべきではありません。

銀行系カードローンを延滞していると悪影響

三つの指定信用情報機関はCRINというネットワークを通じて、延滞情報などを共有しています。

つまりCICが提携をしていない金融機関で起こった金融事故も、CICに情報が回ってしまうということです。

銀行のカードローンはクレジットカードの審査には無関係だろうと、甘く見てはいけません。

CICに加盟していれば、JICCやKSCの延滞情報を、参照することはできるということを忘れないようにしましょう。

auショップでの契約も確認

一般的に、金融事故と聞くとクレジットカードや、カードローンでの取引で起こるものと思われやすいですが、実は携帯電話で滞納したときも、金融事故として扱われる可能性があります。

例えば、携帯電話の機種代金を分割払いで契約をする場合、分割の支払を保証会社に保証してもらいます。

保証会社も個人信用情報機関と提携を行っているため、返済状況や滞納の情報を個人信用情報機関に提供しています。

したがって、携帯電話の端末代金は使用料と一緒に請求されていますので、支払いが遅れるとクレジットカードと同じように個人信用情報として記録されるのです。

関連記事をチェック!

1618view

携帯料金の滞納がCICに登録され、最悪ブラックになる!?

携帯料金の滞納がまさかCICに登録されるなんて知らなかった、と言う人も多いのではないでしょうか。 最近のスマホ機器代は高く、携帯料金と一緒に請求してもらう分割払いで、契約することが一般的です。 携...

カードの所持数をチェックするには?

クレジットカードを複数枚所持している人がほとんどだと思いますが、使っていないカードがある場合には解約することをおすすめします。

クレジットカードには個人情報がつまっていますし、知らぬ間に他人に悪用される可能性もあります。

店員にお得だと言われてクレジットカードを作っている内に、自分が何枚のカードを所持しているか分からなくなったという人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの中には年会費がかかるものもありますので、使っていないカードを放置しておくだけで無意味な支払いを続けている可能性があります。

クレジットカードの所持枚数を、把握しておくことは重要なことです。

クレジットカードの所持数の確認も、CICに情報開示することで確認することができます。

なお、解約から5年以内であれば、解約したカードの情報も確認することができます。

解約してあるかを確認するには、項目31に「完了」と記載されているかどうかで分かります。

個人信用情報を抹消することは可能?

信用情報を消してくれる業者が存在するという情報がありますが、登録された個人信用情報を抹消することはできません。

仮に抹消できると持ちかけられたら詐欺ですので、しっかりと断るようにしてください。

ただし、間違った情報が登録されている場合には、抹消することができます。間違った記録の抹消を以来する場合、申請先はCICではなく間違った情報を登録している金融機関です。

クレジットカード会社や個人信用情報機関の手違いで、金融事故を起こしていないにもかかわらず、事故情報が残っていたという人もいるようです。

また、金融事故を起こしてから5年が経過しているのに、クレジットカード会社の申告が行き違ってしまい、事故情報が消えていないということもあります。

定期的に、自分の個人信用情報に問題がないか確認しておくとよいでしょう。

ブラック情報が消えるまでの年数

一度、ブラックリストに登録されたからと言って、一生履歴が消えずに残るわけではありません。

一定期間が経過するとブラック情報は消えるので、新たにクレジットカードを作るのは情報が消えるのを待ちましょう。

なお、CICでは長期延滞に関する情報を延滞している分の、支払いが終わってから5年が経過すると消します。

延滞し始めてから5年ではないので注意してください。

また、自己破産が認められてから、5年で消去となります。

カード会社の照会履歴は6か月

クレジットカードや、カードローンの申込を立て続けに行うことで、信用情報を悪くしてしまうことを申込ブラックと言います。

申込ブラックとなる条件は金融機関ごとに異なるため、はっきりとした基準は分かりません。

しかし、一般的な目安として1か月に3社以上の申込を行うと、申込ブラックと判断されるので注意をしましょう。

なお、信用情報に登録さるのは申込みをしたという履歴ではなく、各金融機関が審査のために照会した履歴となります。

照会履歴は滞納や、債務整理と違い半年しか保管されません。

したがって、2、3社で審査落ちになった場合には、6か月以上の期間を空けてから申し込むとよいでしょう。

社内ブラックの情報は永久に残る?

社内ブラックとは、カード会社独自の基準で設定されているブラック状態を指します。

信用情報機関とは別に記録されており、情報が消えることはありません。

しかも、社内ブラックはグループ会社で共有されるため、同じグループで販売されている金融商品の審査に通過できなくなってしまいます。

社内ブラックは信用取引を利用する上で、とても影響力の大きいことですので、金融事故を起こしてはいけません。

アコムで延滞してはいけない理由

クレジットカード会社や銀行は審査を自社で行っていることは少なく、多くの場合は保証会社に委託をしています。

そして、消費者金融のアコムは、非常に多くの金融機関で保証会社を担っています。

もし、アコムで延滞してしまうと、アコムで社内ブラックとして登録されることになり、永久にブラック状態が続きます。

すると、アコムが保証会社として審査している、全てのローンに悪影響を及ぼすことになってしまうのです。

したがって、アコムで延滞をしてしまった後は、保証会社がアコムではない金融機関を選んで審査を受けなければなりません。

選択肢を減らすことになりますので、アコムを利用している人は十分に注意しなければなりません。

どこのクレカ会社と契約しているか調べる方法

クレジットカードの発行元は、カードの裏面に記載されています。

しかし、2つ会社が記載されていることもあるため、確実な方法としてCICに開示請求をするとよいでしょう。

なぜ発行元の会社を調べる必要があるかと言うと、クレジットカードは発行元によって提供しているサービスが違うからです。

VISAやJCBが発行元と勘違いしている人もいるようですが、発行元は全く別の会社となります。

例えば、楽天カードでは、JCBやVISAを選ぶことができます。

重要なのは楽天が提供している、カードであることなのです。

クレジットカードに関するトラブルの問い合わせは、JCBなどではなく発行元ですることになります。

何かあったときのために、発行元の連絡先を確認しておくことが重要でしょう。

また、新たにクレジットカードを作るときに、同じ系列の会社が発行しているカードに申し込んだ方が審査に通過しやすくなります。

もちろん、延滞などをしていれば話は別ですが、発行元を知っておくことのメリットは大きいと分かるでしょう。

所有しているカードの情報が全て分かる

CICから受取りをする開示報告書で、確認できる代表的な情報は以下の通りです。

携帯電話の分割払い情報

開示報告書で確認できる項目
保有しているカード名
カードの申込日
カードの返済状況や返済残高
キャッシングの利用情報

また、クレジットカードの申込時に記入した氏名や生年月日、電話番号、勤務先の情報なども、開示報告書から確認が行えます。

もし、電話番号などが変わっているのに変更の手続きを取っていない場合には、できるだけ早く変更するようにしましょう。

基本的にはCICの開示報告書で、把握できないクレジットカードの情報はありません。返済や滞納の情報も月ごとに記録されているため、細かく把握することが可能です。

解約後5年が経過していると情報は消える

CICに保管される情報は、最長でも5年間までしか保管されません。

したがって、クレジットカードを解約後、5年間が経過している場合、利用していたクレジットカードの情報を調べることができなくなります。

また、クレジットカードに申込時の照会履歴など、一部の情報は5年より短い期間で消えてしまいます。過去の情報を全て確認できるわけではないので、定期的に確認することもおすすめです。

クレカの審査に落ちる人の特徴

クレカの審査に落ちる人には、共通の特徴があります。

CICで信用情報を調べることで、自分が審査に落ちる特徴を持っているのかを判断ができます。

どのような項目が審査に悪影響なのかを確認して、審査に通りやすくなるように改善していきましょう。

他社からの借入が多いと審査に通りにくい

他社からの借入が多いほど、審査には通りにくくなっていきます。

なお、借入金額だけではなく、借入件数が多いことも審査では不利になる要素です。

例えば同じ100万円の借金がある場合でも、借入先が1社である場合と借入先が4社である場合には、4社から借入を行っている方が審査には通りにくくなります。

借入先が多いということは、ローンの返済のために新たな借入を行っていると判断されてしまう可能性があります。

しっかりとした返済計画を立てていないと思われ、審査に通りにくいでしょう。

もしも、キャッシング枠やカードローンの限度額に余裕があるならば、複数社からの借入をひとつにまとめた方がよいでしょう。

異動発生日から何年後に申し込むべきか?

債務整理や長期延滞が信用情報に登録されると、ブラックリストに載るため審査にはほとんど通らなくなります。

クレジットカードを作りたい場合には、金融事故を起こしたという情報が消えるまで待ち続ける必要があります。

CICでは異動情報は5年で消えますが、異動発生日から5年後に申し込めばよいわけではありません。

長期延滞の場合には、延滞状態が解消されてから、5年間は異動情報が登録され続けます。

自己破産の場合には5年経過すれば十分と言えますが、申し込む前にCICで情報開示を行って異動情報が登録されていないかの確認を行いましょう。

補足:クレジットカードの限度額の確認方法

クレジットカードの限度額を知らない人が意外と多いようです。

利用限度額は長期的に利用していると、自動で増額することもあります。

限度額が増えたことを書面ではなくメールで知らせるケースも増えているため、しっかりと確認せずにいたら増額されていたということも多いのでしょう。

ここでは、自分のクレジットカード利用限度額の確認方法や、限度額が上がる仕組みなどを紹介します。

マイページにログインするのがベスト

クレジットカードの利用限度額は、代金の請求書やマイページから幾らであるかを確認ができます。

最近では請求書や利用明細が、書面で郵送されることは少なくなりました。

アプリで確認するなど、ネットを使うケースが多いでしょう。

したがって、限度額はマイページにログインして確認することがおすすめです。

マイページにほとんどログインしないという人もいますが、マイページに重要なお知らせが届いていることもあります。

限度額や利用状況の確認をするためにも、定期的にマイページにログインするようにしましょう。

限度額をランクアップするコツ

高額な買い物でもクレジットカードで決済が行えるよう、限度額を高くしたいと考えている人もいるでしょう。

限度額を高くするためには、優良な顧客としてクレジットカード会社から、認識されることが大切です。

優良顧客とは、定期的にクレジットカードを利用していて、なおかつ毎月の返済を欠かさずに行っている利用者を指します。

優良顧客に認められることで、クレジットカード会社から、限度額の増額の案内がきたり、増額申請をしたときの審査に通りやすくなったりします。

一般的には1年以上の継続的な利用と返済で、優良顧客と認められやすいと言われています。

増額申請を行う場合には、1年以上の利用期間を設けることをおすすめします。

ショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードにキャッシング機能を付けている場合、キャッシングとショッピングの限度額を共有していることが多いので注意が必要です。

多くの場合は、ショッピング枠の一部分を、キャッシング枠として利用できるようにしています。

例えば、ショッピング枠の限度額が、100万円でキャッシング枠の限度額が20万円だとします。

この場合、20万円のキャッシングを利用していると、ショッピング枠は80万円までしか使うことはできません。

100万円のショッピング枠と20万円のキャッシング枠を、両方ともフルに使えるわけではないので注意してください。

まとめ

利用中のクレジットカードに関する情報は、CICに開示請求を行うことで簡単に調べることができます。

ただし、CICだけでなくJICCに加盟しているクレジットカード会社もあるため、確実性を求めるなら両方の指定信用情報機関に情報開示請求を行うとよいでしょう。

特に滞納や債務整理の情報は、クレジットカードの審査に影響があるので審査前に調べておくことをおすすめします。

信用情報には間違った情報が登録されている場合もあるため、定期的に調べるようにしてもよいでしょう。

なお、間違った情報が登録されている場合は、金融機関に問い合わせることで消去することができます。

正しい情報が登録されている場合は、5年など定められた期間が経過するまで待つしかありません。

利用計画をしっかりと立てて、金融事故を起こさないように利用するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談