キャッシング、カードローン、マイカーローンなどあらゆるローンを解説。日本最大級の借入れ情報サイト「借入のすべて」

リボ払いの残高があるとローンの審査に通らないって本当?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

クレジットカードカードのリボ払い。

「毎月一定額の支払いで済むので、家計の管理がしやすい」、「利用額を気にせずカードを使うことができる」などという理由で利用している人は数多くいます。

しかし、「リボ払いは借金だから、リボの残高があると、ローンの審査で不利になる」と思っている人が少なくないようです。

実際に、ローンの審査でリボ払いの残高があることで不利になるケースがあります。

特に、審査難易度が高い住宅ローンなどの審査では、リボ払いの残高があることによって審査に通過できないこともあります。

しかし、全ての審査でリボ払いの残高があるこで不利になる訳ではありません。

リボ払いの残高はどのような審査で不利になり、逆にリボ払いの残高が審査に影響しないケースはあるのでしょうか?

リボ払いの残高は総量規制には含まれる?

リボ払いとは、クレジットカードを買い物で使用した際に、利用残高に応じて決められた毎月の一定額を支払っていくという方法です。

例えば、利用残高100万円以下は毎月20,000円のリボ払いと決められたクレジットカードであれば、100万円までの利用であればいくらクレジットカードを利用しても毎月20,000円の支払いで済むのです。

カード会社に買い物代金を立て替えてもらっているのですから、お金を借りていることと同じです。

また、カード会社は銀行ではないので総量規制対象の貸金業者です。

では、クレジットカードのリボ払いは総量規制対象になるのでしょうか?

リボ残高は割賦販売法に該当

リボ払いの残高がある人の信用情報には、リボの残高は「割賦販売法の利用残高」に分類されています。

リボ払いはモノやサービスの代金を分割購入するためのもので、実際にお金を借りている訳ではないので、総量規制を決めている貸金業法には分類されず、割賦販売法に分類される契約です。

貸金業法とは無関係で総量規制対象外

リボ払いは割賦販売法上の契約です。

総量規制を定めているのは貸金業法ですので、貸金業法に該当しない契約です。

つまり、リボ払いは総量規制対象外ということになります。

審査に通過できるかどうかということは置いておいて、法律上は、クレジットカードのショッピング枠は年収や3分の1を超える限度額を設定することもできますし、その限度額をリボ払いによって利用することも可能です。

よく「リボ払いが年収の3分の1を超えていると総量規制に抵触して借りられない」などと言いますが、実際には年収の3分の1を超えてもリボ払いを利用することができますし、そもそもリボ払いの残高は総量規制の対象外ですので、カードローン審査などで、リボの残高が総量規制に抵触することもありません。

キャッシング枠は総量規制対象

クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外です。

ショッピング枠をリボ払いで利用していたとしても総量規制上の問題は生じません。

しかし、クレジットカードは、ショッピング枠とは別に、実際にATMなどから現金を借りることができる枠であるキャッシング枠という枠も作ることができます。

こちらに関しては総量規制対象となっています。

キャッシング枠も返済方法を、一括、分割、リボ払いと選択することができますが、どのような返済方法を選択したとしても総量規制対象になります。

ショッピング枠はどのような支払方法でも総量規制対象外ですが、キャッシング枠は支払方法に関わらず、総量規制対象となると覚えておきましょう。

総量規制とは無関係でも審査には影響する

クレカのリボ払いの残高は総量規制対象ではありません。

では、クレカのリボ払いの残高は、ローンの審査には全く影響しないのでしょうか?

そんなことはありません。

総量規制とは無関係でも、クレカの残高や支払い状況などから、様々なお金に関する性格を審査されてしまうのです。

信用情報には以下の情報が記録されています。

  • 支払状況
  • 毎月支払額
  • 限度額
  • 利用残高

これら4つの情報から、申込者の信用を審査で判断しているのです。

支払状況が悪いと審査には通らない

信用情報にはクレカのリボ払いの毎月ほ支払状況が過去24ヶ月分記録されています。

ここで、あまりにも遅れた記録が多い人は、ローンの返済にも遅れる可能性が高い人ですので、審査に通らないことがあります。

返済負担率が重要になる審査では不利になる

住宅ローンやリフォームローンなどの借入金額が大きくなるローンの審査では、年間の返済額が年収の何%なのかを示す、返済負担率という考えが非常に重視されます。

例えば住宅ローンでは、返済負担率は35%までというのが限度です。

つまり、年収500万円の人であれば、その35%である175万円までの返済額までしか許容されません。

信用情報にはリボ払いの毎月支払額が記録されているため、例えばリボ払いを毎月2万円支払っている人は、175万円までしか許容されないうちの、24万円をすでにリボ払いの支払いで使っているということが分かってしまいますので、住宅ローンの返済に許される返済額は175万円-24万円=151万円になってしまいます。

このように、リボ払いの支払いがあることによって、返済負担率オーバーとなってしまい、ローン審査に通過することができなくなってしまうことがあるのです。

カードの利用状況も審査されている

信用情報にはクレカの限度額と、クレカの利用残高も記録されています。

例えば限度額100万円に対して、利用残高が99万円のように、限度額一杯まで常に利用しているような人は、自分の給料の中だけで生活することができず、クレカに頼って生活しているということが分かります。

つまり、毎月の現金収入に余裕がないということですので、このような人がローンの返済に回す余裕があるとは考えにくいので、審査に通過することは難しくなります。

絶対落ちたくないローンに申し込む前にすべき3つのこと

住宅ローンなどの、家族全員の生活に影響するようなローンの審査に自分のクレカの利用が問題になって落ちてしまったら、夫婦の仲が悪くなってしまうかもしれません。

実際に旦那さんの借金が原因で住宅ローン審査に通過することができず、大きな夫婦喧嘩になってしまうということは決して珍しいことではありません。

先ほど説明したように、クレジットカードのリボ払いが原因で審査に通過することができないケースは十分に考えられます。

住宅ローンなど、絶対に審査に落ちるわけにはいかないローンの申込前に、リボ払い利用者はどのような対応をするべきでしょうか?

3つの対処方法をご紹介しますので、リボ払いの残高がある人は、ぜひ実践してみて下さいね。

キャッシング枠を閉鎖する

クレジットカードにキャッシング枠を作っている人は、使っていないのであれば、枠を閉鎖しましょう。

キャッシング枠は使っていなくても、住宅ローンの審査で「他社借入」と判断されてしまうことがあります。

考えてみれば、すぐにでもお金を借りることができてしまうため、当然と言えば当然です。

このため、使っていないキャッシング枠があれば閉鎖し、使っているキャッシング枠もできる限り完済してから閉鎖するようにしましょう。

同じように、カードローンも使っていないローンがあるのであれば、解約しておいた方がよいでしょう。

リボ払いの残高を完済しておく

リボ払いの残高がある場合には、できればローンの申込前に完済しておく必要があります。

先ほど説明したように、リボ払いの毎月支払額は、住宅ローンなどの返済負担率計算の際に、返済額として考慮されてしまうので、審査では確実に不利になるためです。

また、限度額一杯の利用残高があるということは、返済によって空いた枠をまた使用するということを繰り返している訳ですので、生活がかなり苦しいと判断されてしまいます。

このため、リボ残高全てを完済するのは難しくても、一部だけでも返済しておいた方が多少なりとも審査にはプラスになるでしょう。

絶対に支払いに遅れない

リボ払いなどのクレカの利用状況は信用情報に過去24ヶ月分記録されています。

ここで遅れが多い人は審査でかなり不利になりますので、絶対に支払いには遅れないようにして下さい。

また、信用情報には、期日に遅れたという記録が付く一方、過去24ヶ月分、期日を守ったという記録も付きます。

ここで、遅れが少ない人は「支払期日は守る人」というポジティブな評価をされて審査に有利になりますので、できれば過去24ヶ月支払期日を守った状態で、ローンの申込を行った方が審査では有利になります。

カードローン審査では影響しない

クレカのリボ払いの残高は総量規制対象外です。

このため、カードローンなどのそれほど審査が厳しくないローンの審査ではクレカのリボ払い残高はそれほど影響しません。

特に、総量規制対象の消費者金融カードローン審査で最も重視されることは、総量規制対象の借入があるかどうかということですので、総量規制対象外のクレカのリボ残高があるからと言って、必ずしも審査で不利になる訳ではありません。

むしろ、審査では支払状況がチェックされますので、支払いに遅れないことに注意してクレカを利用してください。

まとめ

クレジットカードのリボ払いの残高は、一見すると借金のように思えますが、実際に現金を借りている訳ではないので、総量規制対象外です。

このため、クレカのリボ残高が原因で総量規制に抵触するということはありません。

むしろ、クレカのリボ残高で注意したいのは以下の3点です。

  • 支払状況の遅れ
  • 返済負担率
  • 限度額一杯のクレカの利用

これらの3点に注意しておけば、リボ残高があるということが直接的な原因となって審査に落ちてしまうということは、それほど心配しなくてよいでしょう。

ただし、リボ払いは金利が高いので、金銭的な負担が大きくなってしまいます。

あまり多用すると借金地獄になってしまうので、計画的に利用するようにしてくださいね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!在籍確認なしでアイフルから借り入れできたww電話を避ける流れ

    皆さんこんにちは、馬三郎です。 このページではアイフルを在籍確認なしで利用できるのかどうか、もしできるのであればその方法を説明します。 私は以前アイフルと契約しましたので、その時の体験をもとに、アイフルの在籍確認について・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 追記:後半に短期間で100万円作る方法・ア・・・

  3. カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て

    借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンに何回・・・

  4. おすすめのカードローン会社一覧(全160社)

    全国150社以上のカードローン会社を最後に一覧にしてまとめました。 カードローン会社は消費者金融・銀行・信販会社の3種類 以下の3つの業者がカードローンを発行しており、これらをまとめてカードローン会社と呼びます。 消費者・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談