信販系リフォームローンのメリット・デメリット徹底解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

インテリアなどのショールームに行き、リフォームを決めると、業者からローンを勧められることがあります。

このようなローンは銀行のローンではなく、ジャックス、オリコ、セディナなどの信販会社のローンです。

リフォーム業者の窓口でローンに申し込むことができ、業者も勧めるので、よく考えずにこのような信販系のリフォームローンに申込をしてしまう人も少なくありません。

しかし、信販系のリフォームローンにはデメリットも多いので、少し立ち止まって考えた方がよいでしょう。

信販系リフォームローンのメリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか?

また、銀行のリフォームローンとの違いはどのようなものでしょうか?

リフォームローンに申込をする前に、信販系リフォームローンについて理解を深めておきましょう。

信販系リフォームローンとは?

信販系リフォームローンとは、簡単に言えば銀行や信用金庫などの金融機関からのローンではなく、ジャックスやオリコなどの信販会社からリフォーム資金を得るためのローンです。

信販会社のリフォームローン

信販会社とは、ジャックス、オリコ、セディナなどの、モノの購入代金の立て替えを行ってくれる会社です。

これらの信販会社は、車、バイク、ブランド品、旅行、貴金属、楽器など現金一括で購入することが難しい高額商品の購入代金の立て替えを行っていますが、リフォーム資金に関しても、上記3つの信販会社をはじめとしてローンの取り扱いがあります。

業者に申し込むことで借入可能

信販系のリフォームローンは、信販会社に直接申し込むことができません。

提携店であるリフォーム業者に直接申込をする必要があります。

したがって、リフォーム業者がジャックスとしか提携していない場合には、オリコやセディナなどに申込をすることができない仕組みとなっており、どこから借りるのかということは、どの業者に申し込むのかということに左右されることになります。

業者には提携している信販会社のリフォームローンの申込書があり、業者の窓口で申込書に記入をすることによって、信販系リフォームローンの申込を行うことができ、手続きは銀行ローンよりも簡単になっています。

総量規制対象外

信販会社からの借入は原則的に総量規制の対象になり、年収の3分の1を超える借入をすることはできません。

しかし、総量規制の対象になるのは、無担保かつ使い道自由なローンだけですので、リフォームという特定の目的にしか使うことができないリフォームローンは、信販会社からの借入であっても総量規制対象外です。

そのため、年収の3分の1を超える高額なリフォームであっても、信販系リフォームローンでしっかりと対応することが可能です。

信販系リフォームローンの3つのメリット

信販系リフォームローンには、銀行のリフォームローンにはないメリットが大きく分けて以下の3つあります。

  1. 手続きが簡単
  2. 審査が銀行よりも早い
  3. 審査時間が短い

特に、手続きが簡単という点は、銀行のリフォームローンと比較して、かなり大きなメリットということができます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきたいと思います・

①手続きが簡単

先ほど述べたように、信販系リフォームローンの申込はリフォーム業者へ直接行います。

通常、リフォームローンの申込には、業者の見積書などが必要になりますが、このような手続きも全て業者が行ってくれるので、借主は特別な書類を用意する必要がありません。

また、審査通過後に契約手続きを行った後は、信販会社がリフォーム資金を直接リフォーム業者へ支払うことになるので、自分で融資金をリフォーム業者に振り込むなどの手続きを行う必要が一切ありません。

お金を借りた後は、毎月返済を行っていくだけになるので、手続きは非常に簡単です。

②審査が銀行より緩い

銀行のリフォームローンよりも審査基準が緩いというのも、信販系リフォームローンのメリットです。

後述しますが、銀行のリフォームローンは金利が低く保証会社がついているので、信販系リフォームローンよりも審査はだいぶ厳しくなります。

銀行の審査に落ちてしまったという人でも、信販系リフォームローンであれば、融資を受けることができる可能性があります。

③審査時間が短い

信販系リフォームローンの審査は早ければ当日中に判明します。

遅くとも3営業日程度では審査の結果が出るので、銀行のリフォームローンよりもかなり早く審査結果を知ることができます。

信販系リフォームローンのデメリットは金利の高さ

信販系リフォームローンは、審査基準や審査スピードはもちろん、手続きの簡単さという点では、銀行のリフォームローンと比較してかなりのメリットがあります。

しかし、唯一のデメリットとしては金利が高いことをあげることができます。

そもそも、ジャックスやオリコやセディナなどのリフォームローンは銀行のリフォームローンのようにあらかじめ金利が公表されているわけではありません。

加盟店舗や購入する商品や工事の内容によって、金利手数料は個別に設定されているのが、信販系ローンの特徴で、これは自動車を買う時にディーラーローンを組んでも同じようになっています。

一般的に適用される金利は10%弱となることが多いようで、銀行のリフォームローンの金利が2%~4%程度であることと比較すると、利息(手数料)負担の大きさは、信販系リフォームローンの方がかなり大きくなります。

リフォームを検討している人は、まずは銀行のリフォームローンに仮申込をして、審査に通過できない場合に、信販系ローンを利用するという順番の方が、最初から高金利のリフォームローンを組んでしまうということを防ぐことができます。

信販系リフォームローンは、銀行ローンよりも金利が高いので、銀行審査に落ちた人でも、信販系で審査に通過できることもあります。

減額回答がないこともデメリット

信販系リフォームローンには減額回答がありません。

例えば500万円の申込をして、300万円までならOKという回答がないのです。

このため、もしかしたら300万円のリフォームなら取り扱いができた人でも、申込金額が多すぎることによって審査に落ちてしまうという可能性は十分にあるのです。

銀行のリフォームローンとの違い

リフォーム業者は、提携している信販系のリフォームローンを勧めてきます。

しかし、ここまで説明したように、信販系リフォームローンにはメリットもデメリットもありますので、実際に申込をする前に、銀行のリフォームローンとの違いをしっかりと理解してきましょう。

銀行と信販系の違いは以下のようなものがあります。

銀行は手続きは自分で行う

銀行のリフォームローンは以下のような流れで手続きを行います。

  1. リフォーム業者とリフォームの相談を行い、見積書をもらう
  2. 銀行のリフォームローンに申し込む
  3. 審査通過後に、リフォーム業者と振込日と振込先口座番号を確認し、銀行へ伝える
  4. 契約後融資実行
  5. 銀行が業者に直接振込を行う
  6. 返済開始

このように、銀行のローンは銀行ともリフォーム業者とも自分が窓口になって交渉を行わなければなりません。

信販系リフォームローンであれば、交渉窓口は業者1つですので、銀行のリフォームローンの方が手続きは面倒ということができるでしょう。

銀行は審査に1週間以上必要

銀行のリフォームローンは保証会社がついており、保証会社の仮審査通過後に、銀行の本審査という流れになります。

このため、全ての審査が完了するまでには1週間以上の時間が必要になります。

信販系リフォームローンの審査が最短即日で終了することを考えれば、この点もデメリットと言えるでしょう。

急にお風呂が壊れてしまったなど、緊急を要するリフォームの場合には、信販系の方がスピーディーに問題解決ができるでしょう。

信販系は金利が定まっていないことが多い

先ほど述べたように、信販系リフォームローンは金利が決まっていないことが多いので、商品の比較がしにくいと言えます。

また、金利が決まっていなければ返済額のシミュレーションもできませんので、この点は金利があらかじめ決まっている銀行のリフォームローンの方が返済計画のイメージを立てやすいでしょう。

銀行は保証会社ありで審査が厳しい

銀行のリフォームローンは保証会社の保証を得られない限りは審査に通過することはできません。

リフォームローンの保証を行って、保証会社に入る保証料収入は、銀行リフォームローンの金利の3割程度ですので、金利3%のリフォームローンであれば、わずか1%しか保証会社の収入にはなりません。

このため、信販系よりも審査はかなり厳しくなり、信用情報や年収や勤務先などの属性情報からリスクが高いと判断された人が審査に通過することは難しいでしょう。

信販系は高齢になってからでも申込が可能

信販系のリフォームローンは高齢になってからの申込でも審査に通過できる場合がありますが、銀行のリフォームローンは60歳を超えてからの審査通過はまず不可能です。

高齢者でリフォームの必要性が生じた場合には、信販系一択になってしまうでしょう。

信販系リフォームローンの審査基準

信販系リフォームローンの審査基準を確認しておきましょう。

信用情報に傷がない

信用情報に傷がないことは最も重要です。

特に以下のような金融事故情報があった場合にはまず審査に通過することはできません。

  • 自己破産や個人再生などの債務整理の情報
  • 61日または3ヶ月を超える長期延滞
  • クレカや携帯電話契約の強制解約
  • 保証会社による代位弁済

こららの情報が信用情報に記録されている人をブラックと言い、絶対に審査通過は不可能です。

また、信用情報には、ローンやクレジットカードへの申込情報が過去6ヶ月分記録されており、ここで申込情報が多い人を「申込ブラック」と言い、申込ブラックの人も審査通過は難しくなります。

最後の申込から6ヶ月以上経過すれば申込情報は信用情報から消えるので、申込情報が消えてから信販系リフォームローンへの申込を行うようにしてください。

他社借入の返済に遅れていない

信用情報には過去24ヶ月分のローンやクレカの支払状況が記録されています。

この情報に遅れが多く記録されている人は、「信販系リフォームローンの返済に遅れるかもしれない」と思われてしまうので、当然ながら審査通過が難しくなります。

「たまたま入金を忘れてしまった」程度の軽微な遅れであれば、大きな問題にならないことも少なくありませんが、毎月のように支払いに遅れていると審査に通過することは難しくなるでしょう。

なお、ここには、スマホ機器代金の分割契約の支払状況も記録されています。

「携帯代金くらい遅れても問題ない」と安易に考えている人が多いですが、機器代金を分割にしている人は、支払いに遅れが多いと、その支払遅れが信用情報へ記録され、審査で不利になることが多いので、十分に注意してください。

収入が安定している

リフォームローンは返済が10年以上の長期になることも多いので、収入の安定性も重要です。

具体的には勤続年数3年以上あった方が審査で有利になるでしょう。

また、いくら少なくても借入希望額以上の年収はあった方がよいでしょう。

適正額は年収の2分の1程度までと言われていますので、年収の対して借入額が少なければ少ないほど、審査では有利になります。

まとめ

信販系リフォームローンは銀行のリフォームローンと比較して、審査が緩く手続きが簡単というメリットがありますが、金利が高いのが難点です。

利息負担を軽くしたいのであれば、銀行ローンに申込をしてから、審査に落ちたあと信販系に申し込む方がよいでしょう。

業者さんには信販系を薦められることも多いですが、少し立ち止まって、信販系のメリットとデメリットを十分に勘案した上で借入を検討してください。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談